« 181204-05北海道馬の旅レポ⑤ | トップページ | 今日も2歳馬2頭が負けまして。。。 »

2018年12月22日 (土)

若手騎手2人が2018年を締めくくる

今日は…歯医者に行ってきました。麻酔は辛かったですけど、数日間苦しんでいた歯の痛みからは解放されました。歯医者に行くことは勇気が要りますが、治療してよかったです。
久しぶりにゆっくり寝られそうです。

そして、明日は・・・阪神競馬場遠征は断念。大学生の息子のチームが大学選○権で敗退・・・帰宅することになりましたので。

自宅でじっくり応援したいと思います。

2018/12/23(日)
3R
2歳未勝利
芝1600m (右 外)
天気:曇 / 馬場:稍重 / 発走:10:50
5回阪神8日目 2歳
[指定] 16頭
本賞金:500、200、130、75、50万円
1 ビップモーリー 牡2 55 国分恭
2 グッドレイズ 牡2 54 川又
3 リライト 牡2 55 松山
4 マイサンシャイン 牡2 55 浜中
5 コンボルブルス 牡2 55 酒井
6 メイショウビジュー 牝2 54 四位
7 マテラサンオウ 牡2 55 松若
8 ワダツミ 牡2 55 鮫島良
9 リネンワンライン 牡2 55 鮫島駿
10 アナザードリーム 牡2 55 藤岡康
11 マレシャル 牡2 55 古川
12 ベルヴォワ 牝2 53 坂井
13 トゥールナージュ 牝2 54 中井
14 コパノカーリング 牡2 55 和田
15 セクシーサンキュー 牡2 52 三津谷
16 トウケイキンノホシ 牡2 53 富田

レース評…混戦模様・小波乱

短評・・・ゲートが課題・スタート克服鍵

予想コメント
基本的には印はありません。

調教
2018/12/19(水)
栗坂 稍 中井 57.5-42.3-27.9-14.0 馬也
やや良化 評価C

厩舎コメント
飯田雄三先生は『ひと叩きされて動きはいいよ。ゲートが心配だけど、しっかり練習しているので期待している』。。。と言った感じの話をされていました。

クラブからのコメント
飯田雄三先生は『土曜の牝馬限定戦は抽選対象だったので、日曜日のレースへ。ゲート練習では、そこまで悪い癖は出ていませんが競馬場だとどうかな?調教パートナーである中井裕二騎手に任せた』といった内容の話を聞いております。

★★★直前の調教はサラッと流す程度。中間は発馬練習に時間を割きました。
馬なりでそこまで時計が出ていませんが、軽快な動きで状態は良いと思います。ポイントはゲートをしっかりと出られるかどうか。
前走は出遅れが響いて6着。出遅れも出遅れ・・・1頭だけダクを踏んでいるのか?と思うくらいのゆっくりスタートでした。それでも、道中巻き返して、直線では集中力を切らさずしっかりと伸びてきましたが、前との差は埋まらず。
道中のレースセンスであるとか、直線での捌きとかはなかなか見所があり、「スタートさえ決めれば」と、感じるところはあります。中井裕二騎手に変わりますが、この馬にとってはいいこと。
勝ち切るところまで行けるか分かりませんけど、人気以上の能力のを持っていることは間違いありません。アッと驚く結果を期待してますけどね。。。

否定ばかりしている人たちを黙らせられるよう・・・

もうひとレース。

6R
2歳新馬
芝1400m (右)
天気:曇 / 馬場:稍重 / 発走:12:40
5回阪神8日目 2歳
混[指定] 18頭
本賞金:700、280、180、110、70万円
1 フィーユドー 牝2 52 富田
2 ラジュンジェレ 牝2 52 森裕
3 エイシンオズ 牝2 53 荻野極
4 ダイヤクイン 牝2 54 藤岡康
5 ウェーブクリスタル 牝2 51 服部
6 シードラゴン 牝2 54 吉田隼
7 プルメリアグレース 牝2 53 川又
8 ヒシマデイラ 牡2 55 浜中
9 ブライトホーン 牝2 54 菱田
10 グランヴィクトリア 牝2 54 長岡
11 ローマンウォリアー 牡2 55 丹内
12 ラブミーチャーム 牝2 52 横山武
13 アスタールビー 牝2 54 和田
14 ダズリン 牝2 54 松山
15 シャクラ 牡2 55 松若
16 タガノゴマチャン 牡2 55 国分恭
17 ラー 牡2 55 酒井
18 インディゴブルー 牝2 53 坂井

レース評…小波乱・波乱含み・混戦模様

短評・・・追切動き良く・乗り込み十分

予想コメント
▲や△あたりが少々。重たい印もあったりします。

調教
2018/12/19(水)
栗坂 稍 長岡 53.0-39.0-24.9-12.6 一杯
仕上上々 評価B

厩舎コメント
杉山晴紀先生のコメント。。。『除外で1週延びたことで1本追えた。ゲートは速いしスピードもある。前々で競馬をすることができれば楽しみ。。。』みたいな話。

クラブからのコメント
杉山晴紀師から『ジョッキーも動きの良さを強調していたし、終いは12秒台前半が出てもいいくらいの勢い。除外で1本追えたことで仕上がりも良くなった。調教で跨っていて癖も掴んでいる長岡禎仁騎手に決めました。追った後の息の入り方が少し気になりますね。いずれにしてもレースが楽しみ』といった内容のコメントを頂戴しています。

★★★好配特捜班にも掲載されていましたが、坂路追い切りでは自己ベストをマーク。仕上がりの良さは間違いないでしょう。C.ルメール騎手なら1番人気になりそうな気配でしたが、長岡禎仁騎手になることで人気は無くなると思っていましたが。。。そうでもないみたいですね。
今回は有馬記念の裏開催で、有力騎手が居らずそれならば調教で乗っている騎手で。。。会員にしか分からないいい情報ですね。
前に行く馬であれば、乗り難しさはなく騎手の優劣もはっきりしない。。。そうであれば、能力のあるグランヴィクトリアが台頭する。
楽しみです。
僕にとって、初の2歳新馬勝ちがこの仔で記録できることを期待しています。

|

« 181204-05北海道馬の旅レポ⑤ | トップページ | 今日も2歳馬2頭が負けまして。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若手騎手2人が2018年を締めくくる:

« 181204-05北海道馬の旅レポ⑤ | トップページ | 今日も2歳馬2頭が負けまして。。。 »