« ダンケシェーンが暑さを吹き飛ばす快走を | トップページ | 飛野牧場からダービー馬が »

2019年5月25日 (土)

激熱の函館を迎える

今日はダンケシェーンが見所十分の5着に健闘。このクラスでの勝ち上がりも見えてきて、嬉しく思います。横山和生騎手も頑張って乗ってくれていますね。横山典弘騎手に戻ったらあっさり勝つのか?それともこのまま横山和生騎手の方が成績が安定するのか・・・興味深いところです。

さて、我がファミリーは函館だけ勝ったことがなく、ここ数年全場勝利にリーチをかけ続けていますが・・・あと一歩及ばず。。。

函館の成績
(0-2-1-15)
と言うことで、2着2回(アメージングムーンの新馬戦、昨年のアイムワンの未勝利戦)が光ります。ヴォルカヌスも新馬戦で3着に健闘しています。
因みにハイチーズも新馬戦4着なので。。。新馬戦に限定すると(0-1-1-1)着外も4着ですからいい成績といえるでしょう。

さて、、、令和最初の函館は・・・超激熱のアツ盛りが予想されます。

新馬戦にはヴァクストゥームアメージングサンの2頭がスタンバっており、2頭で3勝は堅いと見込まれています。

そして、ペネトレーターが早々に函館行きを発表。本日敗れたダンケシェーンも北海道に拠点を移すことも十分に考えられます。

スプレーモゲレイロは術後1戦して北海道で休養中。ここ最近の情報から函館で走ることができそうな雰囲気です。

ペネトレーターも勝てると思いますってレベルではなく、そのまま昇級後に1勝クラスも行けちゃいそうな自信です。

現在、我がファミリーの成績は。。。
(2-2-1-1-3-22)
勝ち数は昨年に既に並んでいます(超低レベルですけど)し、内容も悪くありません。

函館で・・・5勝以上したら・・・一口馬主生活史上最高の年になることでしょう。

ヴァクストゥームアメージングサンで3勝と言うことは初の重賞勝ちもついてくることになりますから。

この夏に、初函館制覇と初2歳新馬勝ちと初重賞制覇と。。。3つの目標をクリアしてくれることでしょう。

熱い初夏になりそうだ。

|

« ダンケシェーンが暑さを吹き飛ばす快走を | トップページ | 飛野牧場からダービー馬が »

コメント

園田競馬と笠松競馬で馬名募集してるので、それぞれのホームページ見てください。

投稿: ガッチャン(自称競馬博士) | 2019年5月27日 (月) 19時32分

随分函館競馬場には行ってませんが、今年も予定が合わない…アメージングは出走レースと鞍上も決まり準備万端ですね。ヴァクストゥームはゲートに20秒繋がれ我慢のメンタル調教が終わったばかりで予定は発表されていないのがヤキモキしますね。今週のクラブメールにはハッキリしてほしいですね。話題性で藤田菜七子騎手にお願いできないかなぁ…なかなか美浦の所属騎手には跨がってもらえないしね。トゥールナージュももしかしたら函館行くかもしれませんね。芝で一発カマシテほしいです。函館から札幌までの未勝利戦および新馬戦楽しみです(^-^)

投稿: ソイル太郎 | 2019年5月27日 (月) 20時32分

ガッチャン(自称競馬博士) さん

園田競馬場は行ったことがないですが、笠松競馬場は何度か行っていますし、地元感が強いですので気合が入ります。もちろん園田も頑張ります!!

いつもありがとうございます。

投稿: まーひー | 2019年5月27日 (月) 21時19分

ソイル太郎さん

僕は一度も行ったことがありません。函館と福島・・・行ってみたいと思っていますが・・・
6月7月は毎週末出張で地獄の忙しさ。。。函館に応援に行けるのは・・・1日か2日。それも強行軍での遠征しかないです。
ヴァクストゥームについては予定が出ないのも仕方がないですね。予定と違った方向に一度向いてしまったワケですから。しっかり再調整してデビューに向けて頑張ってくれているので感謝しています。
トゥールナージュも函館ですか。。。そうなんですね。僕はそのまま関西圏で走るのかと思っていました。
こちらも頓挫がありましたので、焦らずしっかりと調整してくれれば。。。と思っています。
夏にどれだけ勝ち上がってくれるか・・・期待しています!!

投稿: まーひー | 2019年5月27日 (月) 21時28分

トゥールナージュは22日函館3R芝未勝利1800m(牝)ヴァクストゥームは
22日函館6R新馬ダート1000m私の出走希望レースです。どちらも適性あるレースだと思います。調教師の先生にはもう予定決めてほしいです。あと鞍上騎手もお願いしたいですね。

投稿: ソイル太郎 | 2019年5月29日 (水) 19時50分

ソイル太郎さん

トゥールナージュも函館ですね。いいと思います。
トゥールナージュもヴァクストゥームも順調ではないですからね。。。
トゥールナージュは大きな腹痛。個人的には放牧して再調整もあり得たと思うのですが、尽力していただき在厩のまま調整。一度休むと数週間から1ヶ月くらいのずれが出てしまう中で、1回函館を使うと明言していただいていることは凄いと思います。少なくともしっかり追い切ってから様子を見て番組を考えるんじゃないかな。。。と思っています。
ヴァクストゥームもゲートで頓挫。牧場での仕上がりから、走らせながら成長を・・・というタイプではなく、目イチの仕上げでデビュー戦を迎えたいタイプ。速いところを一本やってからじゃないと予定も出せないのだと思っています。
木曜追いで今日にある程度納得出来たら動き始めるんじゃないかな。。。
予定も立てれないので、騎手もこれからだと思います。

ソイル太郎さんの選んだレースに嵌るといいですね。

投稿: まーひー | 2019年5月30日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンケシェーンが暑さを吹き飛ばす快走を | トップページ | 飛野牧場からダービー馬が »