« 5本目&6本目 | トップページ | 京都サラブレッドクラブはじまる »

2020年2月10日 (月)

ニューワールドレーシング無くなる。。。

ニューワールドレーシングクラブの会員ですが、夕方まで知らなかった事実。。。

社名変更のご挨拶
2002101
ということで、、、

ニューワールドレーシング株式会社ですが、役員の変更に伴い、「株式会社京都ホースレーシング」と改称することとなりました。。。

と。

運営はセカンドテーブルの馬主で三重県で病院を経営している山上和良氏。ニューワールドレーシングクラブの代表を務めたマイケルタバート氏が引き続き代表取締役を務めます。京都サラブレッドクラブとして再出発とのこと。

スポーツ報知でも報道されていました。



昨年12月26日にマイケルタバート氏から相談があり、山上氏がこのクラブを立て直すカルロスゴーンとなる決心をされたそうです。

山上氏がこのクラブを立て直すための改善点として。。。

経費がザルから溢れ落ちるように出ていってたのではないか。

悪人に騙される

レストラン浦河

お中元お歳暮

不必要な外厩

など。


詳しく話を聞くにつれ、資金がどうこうというよりも、経営自体に問題があり、山上氏の考える経営的価値観とは大きく異なるものだったようです。

僕はマイケルタバート氏も好きだしニューワールドレーシングクラブのコンセプトも好きでしたが、マイケル氏の持ち出しの資金が多いことを懸念していました(僕たち会員はその恩恵を受けていたのですが)

上記にある『悪人に騙される』これが無茶苦茶気になります。誰が誰を騙していたのか・・・もしかしたら僕も騙されていたのか??実は数名の競馬関係者さんや一口馬主関係者さんから言われたことがありまして。。。自分の意思で入会出資しているし、そこは自己責任でいいんですけど、その悪人って。。。誰か聞かせていただきたいと思います。(知っている方は教えてください)

そして、不必要な外厩。。。ジェームズ・ムーア調教師を含めたところだと思いますが・・・結局うまくいかなかった感はありますが、マイケルタバート氏の競馬に対する強い理想は感じました。。。今後、ジェームズ・ムーア調教師はどうなるんだろう?気になります(知っている方は教えてください)

山上氏はこういったことを根こそぎ変えて行こうと考えているようです。

今までと変わるところ

40口クラブ⇒500口クラブ

採算重視(会費等を馬代に乗せたりしない)

損を少なく長く楽しむがモットーに
⇒勝ち負けには、それほどこだわらない
⇒ダートと芝の短距離を狙って出走回数を増やす
⇒ダービーや桜花賞などのクラシック路線を目指さない(180度転換)
⇒ファンドを解散せず南関東競馬に参画あり

どうすれば強い馬ができるのかは今後の課題とする
⇒血統面、トレーニング面、ものすごく考えている
⇒しかしながら、その理論が今のところ形になっていない

出資者が一緒になって楽しめるクラブ作りを目指す
⇒代表者と直接対話できるクラブを目指す

育成費用は30万円、外厩費用は40万円を超えないよう管理

という感じです。

ゴールド会員
月会費3000円税別
★会費ポイント
1500P /月(①2歳9月までの出資馬がいる場合)
600P/月(①を満たさず、3歳9月までの出資馬がいる場合)
年1頭以上出資いただきますと、年間18000Pが貯まりますので、900万円以下の馬に無料で出資いただけます。
月会費だけで、ずっと楽しめるシステムです。

ふーん。。。

それから。。。スポーツ報知にもありますが2月16日から・・・

ネオザスティングの2018 牡 父リヤンドファミユ 500口

が0円募集がかけられるようです。

今後も複数頭の無料馬が出てくるようです。

マリアージュの2019(父コパノリッキー)の牝馬が600万円程度での募集となりそうです。
また、ノーブルクラウンの2019父シニスターミニスター)の牝馬が800万円程度の募集となるそうです。

ダート短距離狙いの血統馬。。。楽しそうですね(笑)


個人的には損をさせないクラブということで、地味中の地味ですけど京都馬主協会らしくて山上さんらしくて僕はいいと思います。

ニューワールドレーシングクラブの意思に賛同し、本気で浦河を応援して入会しましたが、いろいろと途中で変わることが多過ぎてついていけず、訳が分からなくなっていたことが本当のところであり、少しの間静観していこうと心に決めておりました。

しかしクラブの経営が変わり、目に見えて良い感じであれば動くかもしれません。。。クラブ立ち上げからかかわるってことは一つなかなか経験できないことですからね。。。

『京都サラブレッドクラブ』に期待しつつ応援していこうと思います。

今週から馬主欄には『京都ホースレーシング』と名前が載ります。京都ホースレーシングのデビュー戦は我が愛馬ベアトリーチェになりそう。

いきなり、ニュークラブの門出をこの仔で祝えたら最高なんですけど。。。

どうなりますやら。。。

|

« 5本目&6本目 | トップページ | 京都サラブレッドクラブはじまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5本目&6本目 | トップページ | 京都サラブレッドクラブはじまる »