« ウェルビーイング3戦目 | トップページ | 7本目&8本目 »

2020年3月21日 (土)

ベルキューズが準オープンに挑戦

今日のウェルビーイングはブービー負け。それでもギリギリタイムオーバーにならなかったのは助かりました。スタートでの芝の走りはやっぱり良かったですがダートは苦しいですね。そもそもデビュー戦も芝の重でのめり気味でしたので、芝良なら面白いと思いますよ。ダートでの上がり目はなさそうですので、期間を置いてでも芝を使いたい。

明日は現役メンバーのエースであるベルキューズが出走します。

2020/03/22(日)
10R
韓国馬事会杯
15:10発走 / ダ1800m (右)
2回 中山 9日目 サラ系4歳以上 3勝クラス (混)[指] ハンデ 16頭
本賞金:1820,730,460,270,182万円

4枠8番 ベルキューズ 牝4 52.0 Mデムーロ

レース評…実力伯仲・高配含み・小波乱・上位拮抗

短評・・・52キロで一発が。試金石に。52キロで

予想・・・△がちらほら。軽ハンデの穴馬扱い

調教
2020/03/18(水)
南W 良 助手 54.6-40.0-12.6 馬也
スピッツェンバーグ馬也を4Fで0秒4追走1F併せで併入
好調持続 評価B

厩舎コメント
武井亮先生から『前走は相手に恵まれた。昇級初戦で牡馬混合線ということでどこまで。状態は過去最高』とおっしゃっていました。

クラブからのコメント
武井亮先生から『除外なく使えてよかった。フケの症状は残るが状態はいい。ハンデ差を生かして』・・・みたいなコメント。

★★★ベルキューズの前に9レースの鎌ケ谷特別アビームが登場。こちらは1番人気か2番人気になるでしょう。人気の中心ですし中山では強い。ベルキューズと共にローレルクラブ所属馬2連勝といきたいですね。
しかも、、、この2頭、Win5対象レースに絡む2頭です。久々にWin5も買ってみようかな?
レースは混戦模様。ベルキューズが単勝一桁台になるかどうかの瀬戸際の様相。メイショウササユリメイクハッピーカナシバリ等牝馬が人気の中心で、それを追いかけるダイシンインディーロードアクシスサンチェサピーク、、、そしてベルキューズラージヒル。大混戦。
鞍上は実力のあるミルコデムーロ騎手ですが、ローレルクラブとは相性が悪く、先日もアメージングサンで着外。。。クラブとしても1勝もしておらず、スティンライクビーの未勝利戦2着が一度あるだけであとは全部着外なんですよね。。。
ベルキューズは力のある騎手だと上位に来る。。。と、おっしゃっていましたので、デムーロ騎手には力のある所を馬の上で証明してもらいたい。
出来は過去最高であるとのことで、フケの兆候は多少あるものの、力を出し切れればこのハンデだし負けないと思います。
好位からの抜け出しで後続を寄せ付けず勝って貰いたいですね。
馬券的にも、今週もやられていますからお願いしたいところ。
さて、、、今後は。。。10日後のマリーンカップを狙いましょう。リバティハイツは阪神牝馬Sを狙う方向のようで、このレースを勝てばスマートフルーレを抜いて出走メンバーに滑り込めますから。調子のいいときに使っておきたいですし、期待しております。
もちろん、ベルキューズの上りの様子を見てですけど。4月になってマリーンカップが観戦可能になったら・・・船橋に行きます!!

先ずは明日のレースで全力投球を。頑張れ、ベルキューズ!!

|

« ウェルビーイング3戦目 | トップページ | 7本目&8本目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウェルビーイング3戦目 | トップページ | 7本目&8本目 »