« 200225-27北海道馬の旅レポ⑦ | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ⑨ »

2020年3月25日 (水)

200225-27北海道馬の旅レポ⑧

『コロナ慣れ』なんて言葉が出て、少し騒動が収まったような錯覚を起こしましたが、東京では小池都知事が緊急記者会見。終息どころかちょっと危険度が増している状況に変化した感じになっている。Jリーグが4月末開催を検討、プロ野球も4月24日開幕を検討。。。準備に入ったが先行きも不透明。。。どうなるのか心配。

自分の仕事も1週間先のことが明確に発表されず、、、雲を掴むような感じで4月からの準備に入っている。。。

競馬場も行けないし牧場も行けない。。。マンネリした毎日を過ごしています。。。

では、牧場見学レポート行きます。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ウーマンインレッドの2019
(父ホッコータルマエ×母父ステイゴールド)
牡 鹿毛 19年5月17日生
生産者→対馬正牧場 入厩先→和田正一郎厩舎

200226ウーマンインレッドの2019@対馬牧場①動画

200226ウーマンインレッドの2019@対馬牧場②動画

200226ウーマンインレッドの2019@対馬牧場③動画

対馬牧場さんは海からだいぶ離れ、山間にあります。
15851739202522
コチラには雪が。。。少し山に入ると雪がかなりあります。同じ新冠町内でも景色が違いますね。。。
それでもお話を聞くと・・・対馬牧場さん的にもこの時期はそろそろ雪が溶けだすタイミングだそうです。やや季節外れの降雪となったようです。

対馬場長から最初に放たれた言葉は。。。『毛色が変更されるかも。。。』という衝撃の告白
どういうことかといいますと『鹿毛から黒鹿毛になるかもしれません。。。登録も』ということで、そんなことあるんだ~。。。
当歳と1歳に登録協会の方が来てチェックされるとのこと。
芦毛の馬の場合、栗毛だったのに産毛が抜けたら芦毛だった。。。なんてことは聞いたことがありますので、鹿毛と黒鹿毛とかも取り様や見方によるところもあるようですけど変更されることあるそうです。ウーマンインレッドはどうなることやら。
15851738073540
黒鹿毛になれば父ホッコータルマエと同じ毛色になります。
1歳上の全姉ウーマンインレッドの2018とも同じ毛色になりますね。

現在は6時から16時の中間放牧を実施。
4月から夜間放牧を再開されるとのこと。
暖かくなってからの夜間放牧じゃないと、耳を寒さによる裂傷をしたりするとのことで、『無理をさせると馬が可哀そうだから』と。この辺はまだ、夜間に氷点下20℃近くになるそうなので、寒さが厳しいところなんですね。
15851738281612
とはいえ、ウーマンインレッドの2019は順調そのもの。やや小さい馬体ですが、5月の遅生まれなので良くなってくるのは春になって青草がついてからになりそうです。

『遅生まれであることもあってやや小さめ。でももうすぐ大きさ的にも追いつくと思います。でも、デビューは遅めでいいかなと。。。夏競馬はダートも少ないし、秋以降でダート戦が組まれてからでいいのかと思う。5月生まれだし。』と対馬場長。
15851738199351  
血統的にも種付けした時からダート狙い。。。1歳上の全姉ウーマンインレッドの2018が既に千葉の和田牧場にいますが彼女の動き次第ではダートになるのか芝になるのか距離適性もややシフトされるような気がします。ウーマンインレッドの2018は和田牧場さんで持たれる馬ということなので、気合も入ると思います。

この仔も和田正一郎厩舎に入りますが、育成は全姉と同じ和田牧場ではなく北海道の育成場を経由する予定であるといいます。

歩かせてもキビキビしているんですよね。クビも使って格好よく歩ける馬だと思っています。
15851738375593
馬体のバランスも見学する度に『良くなっているなぁ~』と、感じます。ということで、秋にクラブからいただいたカタログ写真とは別馬のように感じます。もちろん、現在のほうが格好いい形になっています。。。ちょっと、冬毛が多くて熊みたいですけど(笑)

僕が気に入っているポイントはクビ周り。太過ぎることもなく、力強さがあり可動域が広い感じ。。。伝わるかなぁ~・・・あとは全体のバランスですね。コンパクトだけど一つの動きが効率よく推進力になりそうな脚元やトモ、肩や胸周りもいい感じです。
15851738779148
『今は小さいけど、キークラッカーライオンボスも全姉(ウーマンインレッドの2018)も大きかったし、この仔も大きくなると思います。きょうだいは520~530くらいで競馬していたけど、この仔はそこまで大きくならないにしても500くらいで走るんじゃないかな?』と対馬場長。

当然ですが、上(ライオンボス)が重賞馬なのでこの仔にはかなり期待しています。牧場さんからの期待もそうですけど、会員さんからの期待も大きいようですね。そのライオンボスは4月2週目の中山オープン(春雷S)から始動。そこから新潟1000直へ。今年も楽しみです。
15851738873269
この仔に期待することは。。。無事に(デビューまで)行ってもらうこと。
顔も可愛いし、性格も素直。放牧地では無駄な争いを好まない。賢さがあり、放牧地では喧嘩があったらそこから離れる。。。これからもずーっと可愛がられるんじゃないかな?

と。
15851738559715
そして、放牧地へ。。。キャプチュードの弟も同じ放牧地にいますが、、、かなりデカいです。動画で確認していただくと分かると思いますが、緑色のもくしの仔です。早生まれなので大きさに違いがあるようですね。
栗毛の仔も3月生まれでデカい。。。ウーマンインレッドの2019は小さいから少し控えめな仔に育っていっているのかもしれませんね。
15851739039510
今年のウーマンインレッドは不受胎でしたが、次はアジアエクスプレスを予定。
アジアエクスプレスも人気の種馬で評判がいいですから楽しみです。

ヘニーヒューズはダート一辺倒ですがアジアエクスプレスは芝も期待されているとのこと。

『大きい産駒が多いらしいですよ。4月後半からのホッカイドウ競馬からアジアエクスプレス産駒もガンガン行くと思う。』

ウーマンインレッドの2019の活躍も楽しみですが、アジアエクスプレス産駒も是非ローレルクラブで。。。

対馬牧場さんありがとうございました。ホッコータルマエの2019はこの秋のツアーでもここで会えるのかな?と思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

|

« 200225-27北海道馬の旅レポ⑦ | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ⑨ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 200225-27北海道馬の旅レポ⑦ | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ⑨ »