« ベアトリーチェ引退と京サラ進退 | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ② »

2020年3月 5日 (木)

200225-27北海道馬の旅レポ①

お待たせしました。

北海道牧場見学レポートを始めていきます。

2019年度は9月下旬のローレルクラブツアーには参加できませんでしたが、7月のユニオンツアープラス1日、11月末に2泊3日。そして、この2月末に2泊3日と・・・3回の北海道遠征をさせていただきました。

その間ユニオンツアーについてはレポートを書かせていただきましたが、それ以外は速報のみでしかこのブログに掲載しておりません。

ということで、2月の最新情報を中心にお伝えしていきますが、過去2回も遡ってお伝えできるところがあればそれも交えて書いていこうと思います。

今日はプロローグ

今回見学したところは速報でもお伝えしたところ・・・3日間で11か所となりました。
道路に雪が残っていることも考えると、これ以上増やすことはタイトになり過ぎて危険。。。ギリギリのスケジュールだったと思います。

それでも、見学したかった馬や気になる馬はいたワケでして・・・

今回は、新冠に一度行ってから苫小牧にあるパイオニアファームさんに行ってまた新冠に戻る行程がありパイオニアファームさんを入れるかパイオニアファームさんを今回諦めて浦河へ飛ぶか。。。この2択で悩まされました。

浦河にも見たい馬が居たからです。

ローレルクラブのヴァクストゥーム(3歳牡)
プリサイスエンド×ガーネットスター。谷川牧場生産でグランデファーム育成そしてグランデファームさんの提供。

出資馬なんですけど、当ブログにもあまり登場しない謎の馬。。。実は一度も実馬を見たことがない仔になります。

2019年7月の北海道遠征では浦河に寄ったのですが逆にこの仔は既に函館入りしていまして見学することができず、その後は11月も今回も浦河まで足を伸ばしていないので見学できていないんですよね。。。

プリサイスエンドは好きですし何よりもローレルクラブのHPに掲載されている写真を見ると馬体の良さが滲み出ています。どれほどの馬なのか見てみたいという気持ちは常にありました。

今回も見学に至りませんでしたが、次に会えるのは栗東近郊の牧場か競馬場か・・・万全の状態のヴァクストゥームを早く見たいですね。

グランデファームさんの提供される募集馬も全体的に偏差値が高いですから、2歳募集馬の育成中の2頭メイクマイデイ(2歳牡)ウインバリアシオン×ダーティダンシングヴァラマイト(2歳牡)サウスヴィグラス×シュシュファレルも見たかったですね。

続いて見学に至らなかった気になる馬。。。
ドナテッラ(2歳牝)15834079625032 ロードカナロア×フェニーチェです。
この仔も浦河吉澤ステーブルに居ます。出資を目論んでいましたが、僕が体調不良のさなかに満口に。。。当歳時の様子をツアーで見ましたし、7月に吉澤ステーブルさんで偶然見ることができましたが、やっぱりいい馬ですし出資できるのであれば出資したい気持ちは今も持っています。キャンセル待ちも実際に視野に入ってますので、今回も見学したかった馬の1頭です。

ユニオンではPEGASUS10ホワットアスポットの2018牝(父:American Pharoah15834082103135 はやっぱり気になりますがこちらは既に満口。こちらも浦河シュウジデイファームで育成中。

募集中の馬ですと、PEGASUS24サイタの2018牡(父:オールステイ15834081716114 が浦河のヒダカファーム育成場に。そしてPEGASUS27ワンダーフィリーの2018牡(父:ハーツクライ15834080810033 が浦河三嶋牧場で育成中。こちらも2頭とも気になる馬ですので見に行きたかった。。。

でも、浦河も各牧場簡単に調整できるわけでもないですし、ローレルクラブとユニオンにまたがって各クラブのスタッフさんに日程を調整していただくのはかなりご迷惑なお願いです。ということで、複雑なお願いは今回辞めさせていただきました。
それと、パイオニアファームのエイドリアン場長さんは物凄く各馬を丁寧に解説してくださるので勉強にもなります。やっぱチャンスがあるならばパイオニアファームさんには行きたいと・・・ということで、今回はこんな日程に。。。

それから。。。村上欽哉社長からも『絶対にいい』と、聞いていたダンシングロイヤルの2019も見学したかったのですが、この仔を見ると何かを削らなくてはならない状況であったので今回は見送らせていただきました。村上欽哉社長にもいつもお世話になっているので、次回は・・・見学させていただきたいと思います。

ヴァクストゥーム・・・本当に見たかったです。かなり評価も高く、馬自体もいいとのこと。ただ、、、今回また休養を余儀なくされました。僕の予想では競馬まで3ヶ月か4か月を必要とすると思います。そうなると・・・7月8月の夏競馬の未勝利戦。そこでは力の違いを見せつけるパフォーマンスを期待したいと思います。

以上、見学したかったけど叶わなかった各馬の話でした。

|

« ベアトリーチェ引退と京サラ進退 | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ② »

コメント

ヴァクストゥーム号も函館デビューからはや9か月経ちましたが、あまり進展がないのでヤキモキしてます。あまりにもグランデファームでのゴタゴタで嫌気がさしてますわ(笑)別に牧場が悪いわけじゃないんですがなんか対応がねぇ…期待しているのはわかるんですが…時間かかるようなら再ファンドにすべきですね。

投稿: ソイル太郎 | 2020年3月 5日 (木) 23時52分

ソイル太郎さん

ヴァクストゥームもデビュー戦で戦った相手の殆どが勝ち上がっています。
この仔も勝ち上がる力は間違いなくあるでしょう。
順調さを欠いていることは非常に残念です。

個人的には未勝利の身で1勝クラスを闘ってもやれるスペックは備えていると思います。
1勝クラスも3場開催だとスカスカになりますからね。
どちらを選ぶかはグランデさんに任せますが、そうならないタイミングでの復活を期待しています。

投稿: まーひー | 2020年3月 6日 (金) 11時35分

コメントありがとうございます。力強い意見言っていただくと弱気な自分から強気の自分に変われますね。挫石で少し騎乗調教休みになりますが、ヴァクストゥームの復帰を待ちたいでしね。トゥールナージュとソイルの見学して気分一新してきました。春以降はホント愉しみになりますね。

投稿: ソイル太郎 | 2020年3月 6日 (金) 19時24分

ソイル太郎さん

降格が無い今の1勝クラスはかなり弱いですし、出走頭数も昔ほど混み合いませんので、逆にここで勝負にならないようだと駄目じゃないかな。。。と。
出走の優先順位が低いので出られるところは限られますが、、、ダートなら比較的出走しやすいかと。

本日、某牧場関係者さんから連絡を戴き、『そういえば会員さんが見学に来ますよ』と、おっしゃっていましたがソイル太郎さんだったのですね。2頭ともこれからです。よい春が来ることを願っております。

投稿: まーひー | 2020年3月 7日 (土) 08時19分

京都馬主協会の馬名募集No.8~No.11の馬名が決まりました。
No.8はゴールドフィンガー、No.9はヒドゥンジェム、No.10はエクスカテドラ、No.11はブラッティーキッド。
ゴールドフィンガー以外は俺の案です。

投稿: ガッチャン(自称競馬博士) | 2020年3月 7日 (土) 15時53分

たかお日記で馬名募集してた馬の名前も決まりました。
インナーアージの2018はインナリオ(イタリア語で賛美歌聖書)、アオゾラペダルの2018はアンクラウデッド(雲のない晴れわたる空)、サルサドゥーラの2018はシエンブラ(スペイン語で種まき)です。

投稿: ガッチャン(自称競馬博士) | 2020年3月 7日 (土) 18時03分

ガッチャン(自称競馬博士)さん

気合を入れての挑戦だったのに。。。ダメでした。自分のセンスの無さにがっかりします。
また、頑張ります!!

投稿: まーひー | 2020年3月 7日 (土) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベアトリーチェ引退と京サラ進退 | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ② »