« 200225-27北海道馬の旅レポ⑬ | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ⑮ »

2020年4月 4日 (土)

200225-27北海道馬の旅レポ⑭

今日は午前中は勤務していましたが、午後から家に帰って待機。。。競馬やっちゃいました。また負債を重ねてしまいました。明日は。。。大阪杯だけにするぞ!そして、コロナで重ねた負債を取り戻すぞ!!3万円の資金で30万円取り返すぞ!

と言いながら、来週の開催も心配になってきています。

JRA職員からコロナウィルス感染者が出たことと、東京での感染者がついに1日100人を超え、いつ緊急事態宣言が出てもおかしくない事態に。緊急事態宣言が出たら。。。JRAも開催できないでしょうから。。。

Jリーグ、トップリーグ、プロ野球、大相撲、、、その他いろいろなスポーツやイベントが中止になっております。何とか競馬だけは。。。来週からローレルクラブの出走ラッシュが始まるのに。。。そこも心配。

では、牧場見学レポート行きます。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

クープドクール
(父エイシンヒカリ×母父Hesabull
牝 栗毛 18年4月9日生
生産者→畠山牧場 入厩先→高橋義忠厩舎

200226クープドクール@パイオニアファーム①動画

200226クープドクール@パイオニアファーム②動画

200226クープドクール@パイオニアファーム③動画

最初に書きますが、クープドクールが売れるように応援していきます!そして、畠山牧場さんファミリーの一員になってもいるので、畠山さんに迷惑をかけないように。。。クープドクールは絶対にやってくれますから!!
15859907468350
パイオニアファームさんは、グランヴィクトリアのときからお邪魔させていただいております。エイドリアン場長にも顔を覚えていただけるようになりました。

ここではクープドクールブリーボーンズの2018)がお世話になっております。
15859906011381
現在の馬体重が432キロ。前回畠山牧場豊畑トレーニングセンターからパイオニアファームに移動したての11月に聞いたときは471キロ。その頃から40キロ近く落ちたことになります。環境の変化、そして歯の治療を行ったこともありましたがそれでも落ち過ぎなイメージ。

11月のときの写真と比べるとポッコリしていたお腹は締まって引っ込んでいるし胸前やトモも引き締まっているように思えるけど、全体的に痩せている感じが否めません。

現在は調馬索とトレッドミルと騎乗調教の3パターンを使って調教を進めているそうです。性格はちょっと臆病だけど素直な仔。ちょっとしたことでピリピリしちゃうけど乗り運動もこなせるので問題はないようです。
15859906098832
速く進めている馬もいるけど、この仔についてはここパイオニアファームさんでもう少し調教を積んで次のステップに行くことになりそうですね。

体重は減っているものの食欲はあるので体重も少しずつ増えてくると思う。。。と、スタッフさんより。
15859906177443
そこにエイドリアン場長が登場。挨拶を交わしたのちにクープドクールの解説をしてくださいました。

まだまだこれからだね。
15859905904350
エイドリアン場長は『自分に厳しい』という言葉を何度もおっしゃいました。

クープドクールは『自分に厳しい』⇒『常に緊張している』ということです。

『運動中に汗を掻き過ぎる。リラックスできていない。』

この時期の馬場は重かったり固かったり、そうでもなかったり安定しない。安定しないうちは怪我させないように無理せずやりたいとクラブに伝えたそうです。
15859906657717
『結構食べさせているのに太ってこないことが悩みの一つ。『自分に厳しい』ので消費するカロリーも大きく身になっていかない。春の成長曲線を掴むようにしたい。』

『脚まわりにトラブルはないけど、カリカリしていてウォーキングマシーンでもテンションが高い。でも能力は高い。しかし、リラックスできないところで能力をうまく発揮できるか心配。『エナジーアウト』ではなく『エナジーイン』ができなければ苦労するかもしれない。』と、熱く解説してくださいました。

15859906375414
馬体については薄さもありしなやかさもあり“
ディープインパクトぽさ”はある。惚れ惚れする綺麗な馬体を持っているのでこの馬体に体力と筋力がしっかりとついてきて欲しいと思う。

歩かせていただくと。。。馬が納得して軌道に乗れば、しなやかで歩様も綺麗なんですが、軌道に乗る前に頭が上がって周りを気にしたり少しブレーキを掛けるところがあって、周りのことを気にし過ぎるような様子が見られます。

歩様そのものは軽くてきれいなんですけどね。
15859906564416
エイドリアン場長は『エナジーを燃やし過ぎる。春になるまでは成長させることを徹底。プログラミングを考えます。エナジーボーンのコントロールができるようにする。そうしないと競馬に使ってから壊れちゃう可能性もあるので気をつけたい。』

クープドクールは450キロ以上は欲しい。その体重を維持できるようになって次のステップに入っていきたい。。。

高橋義忠先生にお世話になりますので宇治田原優駿Sを通過します。宇治田原優駿Sとはコミュニケーションのリンクは抜群である。宇治田原優駿Sの田辺さんの厩舎に入ります。田辺厩舎長はムーンエクスプレスも管理していただき、僕もお会いしたことがありますが、管理が上手なので安心できます。ウィークポイントの管理もしっかりできるし話もしっかり聞いてくれるのでパイオニアファームでのトレーニングをクリアしたらそのままいい形でトレセンまで行ってくれると信じたいです。

エイドリアン場長も『ブリーボーンズの2018はここでしっかりやってから宇治田原に持っていくつもりである。能力の向上よりもメンタルの調教ですね。』と。
15859906798938
ホルモンのバランスが悪いかもしれないので今様子を見ている。尻尾がお尻と離れていて上がっている。発情でもなのに尻尾があれだけ上がるのは何かあるのかと思っているそうです。原因がはっきりすればいいんですが。。。

高橋義忠先生はパイオニアファームさんの大サポーターであり、そこの信頼関係はしっかりしている。能力は間違いないのでそれ以外のところをケアしながら進めていきたい。

ホルモンのバランスが心配クープドクールについては様子を見る。カロリーを燃やし過ぎるところがあるからリラックスできるようにしたい。調教はハードな日とソフトな日とあるんだけど、この仔の精神はいつもハード。メニューを軽くすることでリラックスさせることは可能だがそうするとスタミナ的な心配が出てきてしまう。トレーニング量を減らさずに精神的に落ち着けるようなメニューを組んでいきたい。
15859906472405
任せておいてよ。期待していいよ。

と、最後に力強い言葉を僕に送ってくださいました。

よろしくお願い致します。

そして、、、予定ではこれで終了。。。『ありがとうございました』で締めくくりのところだったのですが、

『時間があるんなら、もう一頭見てく?』と、、、

僕は『ハイ!』と返事をしました。

ということで、パイオニアファーム延長戦です。

|

« 200225-27北海道馬の旅レポ⑬ | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ⑮ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 200225-27北海道馬の旅レポ⑬ | トップページ | 200225-27北海道馬の旅レポ⑮ »