« 現役京サラ会員です | トップページ | 転厩ラッシュ »

2020年5月13日 (水)

提供馬の価格の行方

今日は僕の勝手な妄想の信憑性ゼロの話です。読んでも全く意味のない話ですので、お付き合いしてくださる方だけ読んでください。
1804151
今日はサンデーサラブレッドクラブと社台サラブレッドクラブで2020年度募集馬リスト(価格あり)が発表されました。

ロナウイルスにて先が読めない2020年。この先不景気になることも予想されるし、景気は変わらないという人もいるし・・・ただ、サラブレッドのセリは中止になっております。。。

ということで、こんな世の中でサンデーTCと社台TCの募集価格は他クラブの指標になる価格になると考えておりました。

学生時代にちょっとだけ編集に関わる仕事をバイトでしていましたが。。。ユニオンの価格発表は6月1日。この日に会報に印刷製本されて発送となると、原稿の締め切りは校正ををかける期間を考えて、明日か明後日くらいだと思われます。

提供馬を出すときに既に募集価格を決めて出す牧場さんもあると思いますけど、ギリギリまで練って提出する牧場さんもあるかと思います。

ということで、タイミング的に今日のサンデーTCと社台TCの価格発表を反映してユニオンの価格も決めれるんじゃないかと勝手に妄想しています。(牧場さんとかクラブに話を聞いていないので・・・本当に勝手な妄想です)

個人的にはリストラこそないものの、これからの給料は減ります。自分で使えるお小遣いが減ったら一口馬主に使うお金を減らすしかないんですよね。。。(小遣いが減るかどうかの家族会議はまだされておりません)

ということで、ユニオンの募集馬の価格は少しでも安い方がいい。その引き金として今日のサンデー&社台の募集価格も抑え気味になってくれた方がいい。。。だって、コロナがあるから・・・

と思っていましたが、結果は・・・昨年と横ばい。

昨年までを考えるとセリでの落札価格が上昇中だったので、横ばいの価格になっているということはある意味、抑えてくれたのかもしれませんけど、世の中の状況を反映した価格ではなかった・・・というところが僕の感想です。

果たして、ユニオンの各牧場さんはどう判断して提供馬の価格を決定することになるやら。。。

少し前になりますが、シルクホースクラブの2019年度第2回追加募集馬争奪戦もかなりの競争率でした。(

バランセラの2018 満口
レスペランスの2018 満口
アルビアーノの2018 満口
ロッシェノワールの2018 満口
Acquantの2018 満口
サファリミスの2018 満口
スピードリッパーの2018 満口
カレドニアレディの2018 満口
メリーウィドウの2018 満口
ラッキートゥビーミーの2018 満口

皆さんが『給付金の10万円をここに充てたのかな?』と思わせるくらいの好景気。出資渋りが起こるのかと思っていましたが、そんな心配はどこ吹く風。ローレルクラブのメイクマイデイも締め切り直前にアッサリ満口になったし、5月末日締め切りのユニオン各馬も順調に売れているというか、いつもよりも残口僅か告知の出ている馬が多いように思います。

お金に困っているというメディアの報道は嘘なんじゃないか・・・と思わせるほどに。

何度も言いますが、すべて妄想の話なので・・・すべて嘘だと思って読んでくださいね。(僕の給料が下がることは本当です)

|

« 現役京サラ会員です | トップページ | 転厩ラッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現役京サラ会員です | トップページ | 転厩ラッシュ »