« 6月DEBUT! | トップページ | 【実験企画】ユニオン2020募集馬を語り合おう »

2020年6月25日 (木)

ユニオン部門。。。がんばれ

出走馬が確定!!

ジョディーズマロンヴァラマイトとの直接対決に。そして、1年振りの出走となるヴァクストゥーム。動きもいいので楽しみです。ダンケシェーンは。。。清里特別に登録も除外に。。。

そして、ユニオンの世代最初の出走馬はパンプイットアップではなく、スライリーでした。昨日の記事にも登場させず、申し訳ございませんでした。。。

それから、今日・・・ユニオン募集馬Pegasus2020カタログが我が家に向けて発送されたと思います。

昨日発送されたエリアの方で既に家に届いていらっしゃる方とかいらっしゃらないのかな?

もし、既にご覧になられた方でいい馬が見つかったら教えてくださいませ。。。

どんな情報でも構いません。よろしくお願いいたします。

出走馬については明日にでも詳しく掘り下げていこうと思います。

今日はユニオン各馬の状況を・・・

この短い期間にミッシングピースが亡くなり、マリアスパンスプレーモゲレイロがJRAを退き、すっかすか状態の我がユニオン部門。。。

3歳1頭と2歳3頭の零細運営状態が続いております。この4頭の中から中心選手を作り、それに続く選手を1歳から育てたい。。。そんな思いです。京サラ部門は撤退予定ですがローレルクラブ部門は1歳勢に多くの出資予定馬を抱えております。そこを削ってユニオンに回すのか・・・判断を迫られます。

現役最年長となったこの仔から。
15384039665791
ネージュダムール 3歳牝 未勝利
4月30日から続く宇治田原優駿S生活も2ヶ月となりました。
その間、深管を傷めるアクシデントもありましたが大事には至らず。。。でも、完全な良化はない。それでも15-15を乗っても痛がる感じもなく平行線。

水冷やレーザーでケアされながらも『問題なし』ということで、進められ来週か再来週の帰厩を予定していると寺島良先生から。

深管を傷めて乗り込めなかった時期もあり馬体重は420キロをキープ。386キロだった頃よりも40キロ近く増量。これは嬉しいが、もう20キロくらい行けるはず。。。なかなか体重が乗ってこないことが懸念材料。

スピードがあることは間違いないし、仕上がりも早いタイプ。ひと叩きせずとも初戦からいけるタイプですので、この長くなった休養をプラスに捉えたい。帰厩までにあと10キロ増やしたいね。


2歳勢は3頭に。

クープドクール 2歳牝 未入厩
6月13日に三重ホースから宇治田原優駿Sへ移動。三重ホースさんに長くズルズル居ることになる心配をしていましたが、思った以上に早い退厩。トレセン入厩へのステップアップで宇治田原優駿Sに。

ここで、良いパフォーマンスを発揮すれば栗東トレセンに行くことになったのですが・・・そう簡単にはいきませんでした。。。

コースで普通キャンターを1800~2400m、坂路をハッキングで1本の調教メニューですが、環境変化によりテンションは高め。

物見をしたり、右に張ったりするとのことで・・・2月にパイオニアファームさんに行って見学したときに似た現象がレポートされている感じですね。

パイオニアファームのエイドリアン場長がおっしゃっていた通り、メンタルの弱い面が出てしまっているように思います。

右前の浮腫みも大事には至っていないのですが、気を張っているから出る症状だと思うし、これで飼い食いが悪くなったら、一旦リセットになるでしょうし。。。

ここをしっかり乗り越えられるように頑張ってもらいましょう。

宇治田原優駿Sさんとパイオニアファームさんは太いパイプでつながっておりますので、エイドリアン場長から良いアドバイスが送られる気がします。

コメントには『入厩に向けて』の言葉がありますので、この言葉があるうちにリカバリー願います。


センスオブユニティ 2歳牝 未入厩
クラブHPに掲載されている6月の写真を見るとそんなに悪くない感じですが、緩さは写真からも見て取れます。これが解消されるまでは、牧場での乗り込みが必要となりそうです。

4月15日に三重ホースに到着。気性的な面は褒められたりしますが、体力の無さを指摘されます。乗り込むと浮腫んだり、トモをぶつけたり・・・『緩さがあるためトモをぶつける』って記載がありますが、皆さんは理解していますか?正直いいまして僕はあまりよく分かっておりません。

大橋勇樹先生もセンスオブユニティの早期入厩早期デビューを予定していない感じですので、しっかり乗り込んで、体力をつけていってもらいたいと思います。

何となくですけど、この仔は意外とやってくれる気がします。

サンドプラズマ 2歳牝 未入厩
サンドプラズマだけでなくスターオンステージリングボーイの3頭のシニスターミニスター産駒がイマイチ軌道に乗れていない印象。

サンドプラズマは時間をかけて調整されることは織り込み済みですが他の2頭もお付き合いでゆっくり調整とは・・・予想もしておりませんでした。

Pegasus2020のシニスターミニスター産駒は高額馬ばかりの超目玉提供馬になっていますから、、、1歳上のシニスターミニスター軍団もそれなりの責任を感じて走ってもらわないと。。。

サンドプラズマは25-25とか20-20で体力増強に努めております。僕の気持ちの中でも半年遅れの馬だと思っておりますので、許容範囲。でもこれだけ走るだけで筋肉痛が出るとは・・・どれだけ筋肉がついていないのか・・・と思う気持ちと、筋肉痛があるということはそこに筋肉がつくと言うワケで、成長が見込める。。。と、期待できる気持ちと。

兎に角ゆっくりでも、怪我せず夏を越えてもらいたいと思っています。馬のバランスはいいので、軌道に乗ればいいところが見えてくると思っております。

以上4頭。。。牝馬ばかりのユニオン部門。。。2019年産駒からは大物も?ユニオン部門の繁栄を期待しています。

|

« 6月DEBUT! | トップページ | 【実験企画】ユニオン2020募集馬を語り合おう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月DEBUT! | トップページ | 【実験企画】ユニオン2020募集馬を語り合おう »