« クープドクールが入厩 | トップページ | エポカドーロ引退に »

2020年8月10日 (月)

誰もいなくなったローレル

我がファミリーで8頭が在籍する。最大勢力のローレルクラブ馬ですが・・・現時点では入厩馬ゼロ。みんな夏休みだったりします。

休養馬情報を頂ける金曜日が大忙しだったりするんですけど・・・
15870136144411
フロムディスタンス2歳牡
ファンタストで坂路13-13まで負荷をかけています。入厩間近かな?

ベルキューズ4歳牝
かなり調子がいい様子。坂路15-15まで行われ来週あたりの帰厩か?

ローレルヴィクター6歳牡
こちらもコース15-15までに。3場開催に合わせて帰厩間近か?

ハイチーズ5歳牡
まだ23-23のペース。上記3頭の次はこの仔かな?と

ジョディーズマロン2歳牡
コースで20-20。回復が早いかと思っていたけど、時間がかかっています。9月かな?

ダンケシェーン5歳騙
傷みが少なかったようですが、ウォーキングマシーン程度。秋の府中目標でしょうか・・・10月かな?

アメージングサン3歳騙
騙馬になりました。こちらは思った以上に回復していて、既に騎乗調教再開。年内復帰も十分ありますね。

ヴァクストゥーム3歳牡
ソエが治まらず。。。時間がかかりそうな雰囲気があります。ひとつ勝っているので、じっくりいきましょうか?年内復帰できればいいなと思っています。

再ファンド組
トゥールナージュ4歳牝
8月下旬のレースに。惜しいレースが続きますが、パリッと勝てないのも事実。期待はしているのだが・・・

ローレルアイリス3歳牝
ハッキング9000mと坂路15-15・・・かなり乗り込まれています。
年内門別デビューと年内JRA復帰を期待。

ということで我がファミリーのローレル組はこんな感じ。

いいことがあるといいなぁ~

|

« クープドクールが入厩 | トップページ | エポカドーロ引退に »

コメント

「コロナなのにローレル視察個人ツアー」
第1日目今日2か所の牧場と3頭の募集馬の見学に伺いました。
 
ラヴォラーレ
馬体重512キロ 鹿毛で迫力ある馬体でした。メンタル面は改善されお利口さんのようです。足元も問題ないとの事なので、本土が暑い時期までは北海道で調教を重ね年内デビューを目指すような流れになるようです。オールステイ産駒が少ないのでどれくらいの能力があるのか牧場の専務さんも??でしたが未知の魅力があると話されていました。コンセプトは❨無理せず競馬を愉しむ❩ですから成長を待ちたいですね。いい働きができると信じています。
上手く伝えられなぁ…難しいですね。
パート2に続く

投稿: ラヴォ次郎 | 2020年8月11日 (火) 18時08分

ラヴォ次郎さん

北海道旅行お疲れ様です。楽しんでいらっしゃいますか?
馬体が大きく出る一族ですからね。迫力のある馬体だと思います。
もっさりした感じでも結構スピードがありますので、見た目とちょっと違うんですよね。

オールステイはよくわかりませんけど、血統的にもダメなワケではないので、母系がそれをしっかり支えられると思います。

一つ勝つことが大目標になると思います。一つ勝ってしまえば、丈夫だし長い距離を使える馬だと思うので、長い期間はしってくれると思います。

投稿: まーひー | 2020年8月13日 (木) 09時25分

パート2
やっと愛馬ヴァクストゥームにご対面してきました。あの名物社長と奥様に対応していただき相変わらずのトーク力全開でしたが…(笑) 経営者って感じで元公務員上がりの私とは野心の落差を感じ馬大好きやなぁって思いました。本題に戻りヴァクストゥームは馬体490キロ台に回復しJRA日高育成牧場のBTCで坂路20-20で乗り始めました。社長曰く芝を使いたい気持ちと距離も中距離もイケるよと断言!秋の復帰戦は先生との相談にはなるかもしれないですが、目指すはアグネスデジタル?かもしれませんね。そうそうラヴォラーレの見学の際現役のG1馬を馬房越しですが、勝手にみちゃいました。やはり凄い落着きでしたね。パート3はアニムス19とアラフネ19です。すいません文書力がやはり不足気味です…まーひさんブログでの文書力は凄い!

投稿: ラヴォ次郎 | 2020年8月13日 (木) 16時07分

ラヴォ次郎さん

ヴァクストゥーム。。。僕はまだ会えておりません。いいなぁ~。社長にも久々に会いたいですね。
ヴァクストゥームは前走負けた1勝クラスを勝ったら、札幌の芝1500mにチャレンジすると社長から聞いておりましたので、芝で走らせたい気持ちは強いのだと思います。そして、自信もあるんじゃないかな。。。

芝もダートも成果を出しているので、楽しみですね。。。秋からの躍進を期待していますが、、、まだ骨がしっかりしてきていない気がします。本格化はまだ先なのかな?でも、オープン級であると社長はおっしゃっていると思います。僕もそれくらいの成果を期待しています。頑張って欲しいですね。

投稿: まーひー | 2020年8月13日 (木) 17時04分

パート3 船旅終了帰路につく
関西暑い……夏は北海道に住みたいです。
若い時に一度仕事辞めて住みたいと考えた事を思い出しました。不可能でしたが…
アニムス19は目測で420キロくらいで成長途上でしたが、やんちゃな一面もみせ外国人さんの厩務員の方も少し手を焼いてましたね。社長はヴァクストゥームの調教時間もありあまりコメントいただけませんでしたね。まだ若駒だからかな?私の相棒はいいんじゃないと言ってました。社長は牧場で会ったメイクマイデイとヴァラマイトとヴァリアントジョイの馬券を買ったらアニムス19出資できるよって言ってなぁ。今週の土曜日勝負するかな(笑)

投稿: ラヴォ次郎 | 2020年8月14日 (金) 00時48分

ラヴォ次郎さん

そうでしたね・・・船での旅行でしたね。お疲れ様です。
夏の北海道は最高ですね。冬は辛いですけど。。。北海道に住みたい願望は僕も持っています。

アニムスの2019はまだ幼い体つきですね。これからの成長が楽しみな1頭です。
アニムスの母系は凄いですからね。。。ケープブランコの逞しさがこの仔についてきたら面白いでしょうね。。。
やっぱり見た馬は好きになっちゃうと思います。

ヴァラマイトとヴァリアントジョイ馬券。。。行っちゃいましょうか?

投稿: まーひー | 2020年8月14日 (金) 12時13分

パート4 Go to 松浦牧場さんへ
アラフネ19を見学 ローレルの動画でお馴染みの金髪で筋肉隆々の厩務員の方が対応していただけました。お話によると相当なパワーの持ち主でお世話も大変だけど、これぐらいの気性じゃないと競馬で勝てないし半兄同様に負けないポテンシャルありと語られていました。私は恐る恐るアラフネ19と写真を撮らせていただいている時に固まっていた私を少し舐めて愛想振りまいていました。しかし脚が長いから全高がかなりあり横から見たら550キロあるの?って感じ前からみたらスレンダーでしたね。馬体成長愉しみです。帰りにレックスでフェノーメノに会いに行き最初は馬房から出て来なかったですがT調教師の魔法の言葉で呼んだらしっぽをふりイケメンの顔を出してくれました。T調教師恐るべし…

投稿: ラヴォ次郎 | 2020年8月14日 (金) 17時04分

ラヴォ次郎さん

レポートありがとうございます。
松浦牧場さんはお馴染みのスタッフさんに僕も案内していただいております。彼が松浦牧場さんに来たばかりの時からお世話になっていたりします。

アラフネの2019は写真でもよくなったように見えますね。もともとの馬体のバランスは良かったのですが、更によくなってきました。
函館新馬をレコードで勝ったルーチェドーロよりも活躍するんじゃないか・・・と期待しちゃいますね。

投稿: まーひー | 2020年8月16日 (日) 08時37分

パート5これが最後のレポートです。
シャンスイ19
品のあるお嬢様風でおしとやかな馬でした。なんか自立心が備わっていて気性も凄くいいし馬体も標準より大きめでしたし、安定性では牝馬3頭では1番かな…でももう少しおテンバな所が見たかったですね。新冠橋本牧場の社長様ご対応ありがとうございました。
ムーンエクスプレス19
坂牧場さんの社長さんトークが面白い方でびっくりしました。しかしムーンエクスプレス19に対する熱い想いが伝わりました。まーひーさんは出資されてるでしょうから、凄くいい牝馬なのは素人目からもわかるオーラがありましたね。クラシックの道まっしぐらですね。
ストリートキャット19
実はこの牝とラヴォラーレ号を見たい為にGo to北海道に行ったのです。全兄も1勝クラスを今日圧勝し、素晴らしいスピードがあると思います。タバタのスタッフさんは間違いなく全兄を超える逸材だと断言していましたし実際みた感じアブに刺されようがお客様(私達)おかまいなしに牧草を食べているマイペースな性格は驚きました。この図太さがレースに対する前身気勢につながれば大物になれる?コマーズの血を受け継ぐいい馬になってほしいですね。
長々とコメントしてすいません。

投稿: ラヴォ次郎 | 2020年8月16日 (日) 20時51分

ラヴォ次郎さん

おつかれさまでした。シャンスイの2019、ムーンエクスプレスの2019、ストリートキャットの2019の3頭とも見学はさせていただきました。
どの馬をチョイスするかは難しいですね。。。どの仔にも一長一短ありますので。

僕も北海道に行きたくなりました。。。

投稿: まーひー | 2020年8月17日 (月) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クープドクールが入厩 | トップページ | エポカドーロ引退に »