« 当たったぜ~ | トップページ | ユニオン募集馬2020レポート⑧ »

2020年8月 2日 (日)

ローレルクラブ2歳募集馬~

今日はショッピングモールに出掛けましたが。。。そこで久々に馬に会い、馬に触ってきました。。。
15963713892170
気分が上がりましたね。そして、コロナに打ち勝ったその先に牧場見学ができるその日が来ることを願わずにはいられませんでした。


今日はローレル2歳馬検討会。。。

現時点で5頭が募集を続けられております。

04 レディアイコミンナノアイドルの2018)
(父モーリス×母父オグリキャップ
牝 芦毛 18年5月1日生
生産者→佐藤牧場 入厩先→尾関知人厩舎

総額1200万円のモーリス産駒。お買い得感は感じております。

オグリキャップの血を引く数少ない牝馬。ストリートキャップくらい活躍してくれたら全然のOK。

最新の馬体重は418キロ。少ないですね。2歳になり調教を積んで減っていることは心配ではあります。

写真を見るとバランスもいいしやってくれそうな気配を感じます。

この血統にある脚元の不安がないのであれば、オグリキャップの血を引いた競走馬を楽しめるのではないでしょうか。。。

それでも15-15を順調に消化しているようですし、近々美浦トレセン近郊に移動するプランも出ているようですので、、、出資されている方は待ち遠しいですね。。。


06 ラントゥザスカイファインスカイの2018)
父ヘニーヒューズ×母父アグネスタキオン
牝 鹿毛 18年3月15日生
生産者→協和牧場 入厩先→角田晃一厩舎

こちらも1200万円募集。

乗り込まれて馬が見違えるほどよくなりました。これが良血馬のなせる業なのだと思います。

格好がよくなりボリュームが出てきました。ファインスカイっぽさにヘニーヒューズの良さが被さってきた感じです。

良くなってきたところで右後肢にハ行は残念。。。1か月前くらいには本気でこの仔への出資を検討していた時期があっただけに残念でなりません。

とりあえず満口にはならなさそうですので、入厩直前まで様子は見たいと思います。

『競走能力に影響するものではありません』と書いてありましたが、故障がちょこちょことあるようだと心配です。

いい馬であることは間違いないと思っていますので、その部分がクリアになれば。

あと。。。協和牧場さんがユニオンに参戦。別にいいんですけど、事情がよく分かりません。ローレルクラブに追加で1歳馬が出てこなかったですし。。。ラントゥザスカイが売れていないから反旗を翻したのだろうか・・・とか、嫌なことを妄想しちゃったりしています。

その辺もクリアにしたいところ。。。


09 ラヴォラーレピアノコンクールの2018)
父ヘニーヒューズ×母父アグネスタキオン
牡 鹿毛 18年3月11日生
生産者→津島優治(提供本田恒雄)入厩先→武市康男厩舎

500万円のスーパー格安牡馬。

父は希少なオールステイ。牝系はカノンインペリオーソなどユニオンで多く募集されていました。

馬体は一族みんなこんな感じ。こんな感じですがしっかり走るんですよね。。。15-15を続けても体力面で上昇がみられ、脚元に不安がないということで、この仔はひょっとするとひょっとするかもしれません。

このタイミングで出資するならこのくらいの価格だと超ありがたいですからね。

候補には入ってきますね。


10 グレイスキッパースモーキークォーツの2018)
(父カレンブラックヒル×母父ヘクタープロテクター
牝 芦毛 18年4月10日生
生産者→チェスナットファーム 入厩先→杉山晴紀厩舎

動きがいいんだよなぁ~。杉山晴紀厩舎ですし、この価格。。。注目しております。

先月より5キロ減の430キロはちょっと不満。追い切りの強度を高めると減ってしまうところは心配ですし、ちょっと小さいかな。。。

カレンブラックヒルはこの夏の2歳戦で大活躍。この仔もその活躍世代の1頭ですから、デビューしたら。。。僕の心配をよそにポンポン勝っていくかもしれませんね。

それでも動きはいい。。。杉山晴紀先生の今後のコメント次第では出資候補に再浮上するかもしれません。


11 (外)ライラックローズの2018(Lilac Roseの2018)
(父Mikki Isle・ミッキーアイル×母父Henrythenavigator
牝 鹿毛 18年9月19日生
生産者→豪州産(村上欣哉牧場提供) 入厩先→加藤征弘厩舎

日本に来てから3ヶ月近くが経とうとしていますが、30キロくらい体重が増加したそうです。

前向きな気性も評価されており、物覚えも早いのだとか。。。

この血統ですので1800万円は想定の範囲内。村上欣哉さんの期待の大きさも感じられます。

僕が感じたのは、3月にセリで購入して、このタイミングで加藤征弘厩舎に預かっていただけるということ。

加藤征弘厩舎には既にドナテッラがお世話になっており、2頭同じ厩舎に入れるということは牧場も厩舎もこの馬に対する評価の高さの表れだと感じております。

もちろん、直前のアビームの活躍も後押しをした事実はあると思いますが、村上欣哉さんの気合の入れ具合と加藤征弘先生がこの馬を気に入ってくれたことと。。。

育成牧場さんやこの馬をちらっと見た方々も高い評価をされていると聞きました。

馬名もそろそろ決まることでしょう。

馬名が採用されたら。。。責任を持って出資します。馬名が採用されなくても。。。村上欣哉さんの提供馬には出資したいと思っていましたので、出資するかもしれません。

この仔もギリギリまで様子を見て。。。

ということで、ローレルクラブ2歳募集中の各馬をよろしくお願いいたします。

|

« 当たったぜ~ | トップページ | ユニオン募集馬2020レポート⑧ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当たったぜ~ | トップページ | ユニオン募集馬2020レポート⑧ »