« 引退馬が多くて。。。 | トップページ | ひろおのれいわ »

2020年8月 5日 (水)

頑張れ!東北生産界!

頑張れ!!東北!!

ユニオンが2018年産駒募集馬で初めて九州産馬を提供しました。オールステイ産駒のケンシゲツです。

小倉で開催される九州産馬限定新馬戦を経てひまわり賞を狙うローテーションでクラシック出走を狙います。

2020年は熊本の本田土寿さん生産のイロゴトシひまわり賞を勝ち、ディープボンドが勝った京都新聞杯で5着と健闘。

九州産馬の存在が少しずつクローズアップされています。

ローレルクラブは以前より青森産馬の提供を積極的にしています。

(そういえばユニオンでも諏訪牧場生産のデイトレーダーが募集馬として登場していましたね)

僕が出資した青森産馬も2頭。僕に一口馬主初勝利をプレゼントしてくれた青森桜井牧場生産のローレルシードエムアイブランの仔)と準オープンまで駆け上がったワールドファーム生産のスティンライクビー
1802125←スティンライクビー
驚くことに勝ち上がり率100%でした。

最近ではグランデファームさんがウインバリアシオンのポテンシャルに惚れ込み、青森県産のウインバリアシオン産駒が続けて募集されたりしています。

僕も日高を応援していますが青森も応援しております。

最近はなかなか出資に至っておりませんが、ヴァリアントジョイメイクマイデイも出資をギリギリまで迷いました。

そんな中、netkeibaとスポーツ報知で東北生産界のことを記事にしたものを見つけました。

元ネタはスポーツ報知の古谷剛彦さんの記事ですけど。

ウインバリアシオンはもちろん。ヴァリアントジョイやワールドファーム。

ローレルアンジュの仔であるキョウエイギアも記事に登場。古谷剛彦さんのローレルクラブ愛溢れる記事に仕上がっておりますので、是非ご一読ください。

東北生産界を担う種牡馬ウインバリアシオン
浜畑譲(競馬ライター)

【こちら日高支局です・古谷剛彦】東北生産界を担う種牡馬ウインバリアシオン

頑張れ!!東北産馬!!

|

« 引退馬が多くて。。。 | トップページ | ひろおのれいわ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引退馬が多くて。。。 | トップページ | ひろおのれいわ »