« 金沢で出走。。。復帰即リーチ | トップページ | ユニオンの勝ち上がり率 »

2020年9月 9日 (水)

ローレルクラブの勝ち上がり率

個人的には2019年産世代は当たりの年になるんじゃないかと思っています。勝ち上がり率が高くなるんじゃないかと思っています・・・って、何度かこのフレーズを使っていますが勝ててないじゃないか・・・と、
1602121
年度別勝ち上がり率
2009年 (17頭中)5頭勝ち上がり 29.4%
2010年 (17頭中)7頭勝ち上がり 41.2%
2011年 (18頭中)5頭勝ち上がり 27.8%
2012年 (18頭中)6頭勝ち上がり 33.3%
2013年 (9頭中)4頭勝ち上がり 44.4%
2014年 (17頭中)6頭勝ち上がり 35.3%
2015年 (13頭中)4頭勝ち上がり 30.8%
2016年 (13頭中)2頭勝ち上がり 15.4%
2017年 (15頭中)2頭勝ち上がり 13.3%

2017年産はどれだけ再ファンドで戻ってこられるか・・・そこも気になるところですけど、ここ2年も勝ち上がり率が低いですからね。

個人的には2016年は2頭の勝ち上がり馬のうちベルキューズに出資。トゥールナージュも戻ってきて勝ってくれれば、合格レベルかと。

2017年は2頭の勝ち上がり馬に出資しています。アメージングサンは心配です。。。ヴァクストゥームはオープンまでいけると信じています。

ある程度当たりを引けている自信はありますが、当たりが少ないんですよね。。。勝ち上がり率は50%近くまで持って行けると嬉しいなぁ~。

それでも各世代で3勝以上の馬を出し続けているところは凄い(重賞を勝つ馬も出して欲しいけど)

2009年 ローレルブレット ローレルボルケーノ
2010年 ファインスカイ
2011年 ローレルベローチェ
2012年 ムーンエクスプレス スティンライクビー ストリートキャップ
2013年 ローレルジャック
2014年 ローレルリーベ
2015年 アビーム
2016年 ベルキューズ
2017年 なし

世代一番馬はまずまず頑張ってくれていると思います。

2018年産駒は11頭の募集馬がいますが、4頭がデビュー済。全体的には早い仕上がりの馬が多い気がします。

我が出資馬は2頭。ジョディーズマロンフロムディスタンス。。。勝てると思うんだけどなぁ~~

2018年産は勝ち上がり率、3勝以上それぞれ数字がアップしますように。。。

このデータだけを見るとローレルクラブに入りたいと思わないでしょうね。。。

ローレルクラブにはデータには表れない魅力がいっぱいあるんですけどね。

|

« 金沢で出走。。。復帰即リーチ | トップページ | ユニオンの勝ち上がり率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢で出走。。。復帰即リーチ | トップページ | ユニオンの勝ち上がり率 »