« 210216-0218北海道牧場巡り速報インデックス | トップページ | ダンケシェーンに家計を助けていただく »

2021年2月26日 (金)

210216北海道牧場レポート1~三橋ステーブル編~

北海道から戻って1週間が過ぎました。

レポート開始が遅くなり申し訳ございません。

ロナの状況下、そしてお産シーズンの忙しい中であり悪天候の中、見学をさせていただいた各牧場さんに感謝を込めて、各馬の売り上げが伸びることを願って書いていきます。

質問も受け付けます!!

気になった方は是非出資の方向で!!

では始めていきたいと思います。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

フェノメーヌストリートキャットの2019
(父フェノーメノ×母父アドマイヤムーン
牝 青鹿毛 19年4月7日生
生産者→タバタファーム 入厩先→加用正厩舎

先ずは、何度も行っている北海道ですけど、これだけ雪が降っていて風が強い日は初めて。
16134691195481
北海道でもこんな日は数年に1度らしいですけどそんな日に北海道に行けたことを感謝したいです。

なかなか経験できないことですから。

地元の方からも『北海道らしい日に来てしまいましたね(笑)』といっぱい言われました。

最初は、運転も怖かったですけど、徐々に慣れてきました。でも、この環境での運転は危ないですね。

自分の運動神経と動体視力の良さをフルに生かして細心の注意をしながら移動しました。

最初に訪れたのは・・・むかわ共同トレーニングセンター内三橋ステーブルです。

初めての見学になります。

むかわ共同トレセンさんは急こう配の坂路があることが大きな特徴で、空港に近い環境ですがビシビシ鍛えられる育成場です。

ここに4つの育成牧場があり三橋ステーブル代表の三橋さんはBTCでの勤務から開業し1年半ほどになります。現在は3棟の厩舎を構え、30頭以上の若駒を育成しております。

三橋さんとも初対面なのですが、三橋代表は話が面白く、説明が分かりやすい。ずーっと話をしていたくなるような方でした。

『ローレルクラブから日程表が送られてきて、(三橋ステーブルが)空港からい一番近いからうちが一番手なんだろうなぁ~って、、、思いました』

『その通りですね(笑)』

このやり取りで一気に打ち解けました。

タバタファームの田端代表とは昔から知り合いだそうで、フェノメーヌがここに来た理由も、加用正先生のリクエストではなく、タバタファームさんからのリクエストだとのこと。ブラックムーンも三橋さんが育成したそうです。

フェノメーヌストリートキャットの2019)と1年ぶりの対面です。
16134784640520
外は超強風で吹きも降っていて猛吹雪。馬を出すと暴れてしまうかもしれないので厩舎内での見学となりました。

逆光ぽい写真が多いですけど、申し訳ございません。こんなこともあります。

最新の計測で442キロ。体高がそこまで高い馬ではないですけど、身の詰まったコンパクトな馬体は迫力があります。

1年前に見たときと基本的なフォルムは変わっていませんが、大きくなったことと胴が少し伸びたようなイメージを持ちました。

仔馬っぽさがなくなった感じです。

基本的にはローレルクラブの2歳馬情報で出ている話と被る内容が多いですけど、聞いてきたことをいろいろと書いていきたいと思います。

三橋ステーブルに移動してきたのは11月。。。

最初にここ(三橋ステーブル)に来たときは我儘だったそうです。『賢いと言えば賢いタイプですけど、嫌なことは嫌で、“やりたくないよ。。。”って態度がハッキリと出る仔でした』と、三橋さん。

だけど今は大分子供っぽいところがなくなり、人間が“これをやりなさいよ”っていうことは理解してやるようになってきたとのこと。三橋さんも『扱い易くなってきた。』とコメントしてくれました。

現在の状況はといいますと、、、坂路の調教がメインで、併せ馬をするとグイグイいくところがある。『気性的に短いところがいいかな。。。上の仔も短いところが得意だし。短距離ダートが合う気がします』といったところが三橋さんのフェノメーヌに対するイメージ。

因みに、フェノメーヌの調教をしてくれているのはグランデファームで昔ローレルゲレイロの調教をしてくれていた方です。写真で馬尾引いてくださっている方です。

このスタッフさんも来日して11年になるそうですが、来日直後にローレルゲレイロに乗っていたとお話をしてくださいました。

三橋さんがこの仔の特徴を解説してくださいました。

『この馬のいいところは、肩から胸にかけての容量が大きく幅がある。ここに来た時からここは凄いと思っていた。』

僕も、以前からそう思っていましたが、三橋さんは続けて

『このサイズの馬でこれだけ胸囲もあるしお腹周りもある馬はそうそう居ない。牝馬でこのサイズで前半身にこれだけ容量を持っている馬はいません。』

と解説してくださいました。
16134784702321
僕も一口をやっていて、こういう形の馬を見たことが無いのでこのタイプが良いのか悪いのか正直分からないんですよね。。。他の馬とは違うことや変わっていることは分かるんですけど・・・

ローレルクラブでメチャクチャ走る馬に出会ったことが無いので(笑)サンプルがないんですよ。

そして、ここからは牧場見学だからこその情報です。。。

心配なところはありますか?との質問に・・・

『(僕が撮った立ち写真だとよく分かるとおもいますが)飛節が少し深め。(直飛ではなく)後ろに流れているような飛節。なのであんまり早い時期に動くタイプではないかな。。。気持ちは前向きだけど奥手なのかもしれない。』

『今は時計を出して15-15をガンガンやっよりも、時計を抑えめにして坂路2本をじっくり乗った方がこの仔にとってもいいと思う。』

とのこと。

『(三橋さんが)もうちょっと(フェノメーヌを)攻めれないのはトモが深めでゆとりがある分、もう少しトモに力がついてからじゃないとね。。。』

ちょっと心配になってしまったので、『後ろに流れているトモは時間の経過や調教によって治るものなんですか?』と聞くと・・・

『治るというか、この後も調教を積んでこの飛節の角度が変わることはないんです。でも、前が強く見えるので、トモが成長してくると丸みが出てきてこの(トモの)ラインに筋肉の線が出てくると思う。今は冬毛が多くてモコッとしているけど春先になったら本当に格好いい馬になると思うよ。今はどちらかというと1歳に毛が生えた感じのトモなので、もう少しうしろが前のボリュームに追いついてきたらかなり迫力のある馬になると思います。そうなったら、飛節の角度を気にさせない力で走ってくれると思うよ』と。
16134785181024
肩から胸の部分の良さを前面に出して走ってくれて、トモはそれなりに追いついてくれる感じでも十分に活躍できるって感じですかね。。。

暖かくなると急に良くなる仔もいるで、(むかわ共同トレセンの)角度のきつい坂路で鍛えてもらって変わってきて欲しいですね。

僕は競走馬の体力を出資ポイントに置いているので、体力面についての質問をすると。。。

『週に2回。1本は15-15で行き切る体力は既にもっている。2本目になるとちょっときつそうにする。まだまだ大人になり切れていない感じ。もうちょっと乗り込みが必要かな。今後はこのまま2本やっていって2本目がまだきつくてハァハァなっちゃうんでそれがなくなったら14-14で走って4Fを56秒くらいでいければ栗東トレセンに連れていきたいと思う。うち(三橋ステーブル)でこのプログラムをコンプリートした馬はだいたい新馬で1着か2着になっているのでこの馬にもそれができれば、最初から勝負になると思う。』

ということで、体力は僕が想定していたレベルを上回っていました。これは楽しみです。

『体力的にはさっき言った感じだけど、気持ちだけで行っている感じ。併せるとグイグイ行きたがるけど、単走だとリラックスして走る。。。それができることもこの馬のいいところなんですけどね。クビ差しや前が発達しているからダートの短いところが合いそうですけど、馬は分かりません(笑)』

と、どう話しても最後はこの馬を褒めちゃう。三橋さんはこの馬が好きなんじゃないのかな?

『実は(三橋さんも)この馬に一口出資しようと思っているんですよ』

おー。。。やっぱりこの馬が好きなんですね。出資したくなるくらい評価しているということです。

『毛並みも奇麗だし、見栄えがする馬になりますよ。本当にいい馬だと思っている。』

歩かせていただきましたが。。。

歩様は・・・前脚も真っすぐ出ているしストライドも広め。狭いところを歩いていただいたので、分かり難いけど奇麗な歩様をしています。不安等はないです。

最後に三橋さんは

栗東トレセン近郊に移動するにあたり『やんちゃするので向こうの環境でなれるに時間のかかるタイプだと思う。』

ということで、真夏の暑いときに栗東に連れていくとうまくいかない感じがするので、夏を迎える前に連れていきたい。(僕が思う)具体的な時期は5月から6月が目標かな。

でも秋までここ(三橋ステーブル)で待つ馬ではないと思う。
16134785250445
食べるし動いても体重を減らさないし、いいモノは持っています。

面白いところでは『出入り口が苦手』だとか。ウォーキングマシーンもなかなか入らないし、洗い場も苦手。新しいところが苦手。それで嫌なことに対して嫌がる動作が大きい。リアクションが大きいタイプ(笑)

三橋さんは『ゲートがこの馬にとって重要なターニングポイントになると思う』と、おっしゃっていました。

狭いところに入りたがらない馬も多いので、ゲート練習は慎重にやりたいとのことでした。ゲートがダメだと・・・それだけでハンデを背負うことになっちゃいますから。

でも、人には従順だし馬房でもいい仔にしている。人懐っこくて奇麗な馬なのでどこへ行っても可愛がられると思う。。。
16134785070843
って、最後にって言いながらいっぱい書いちゃいました。

三橋さん。。。スタッフさん本当に見学させていただきありがとうございました。

皆さんにフェノメーヌストリートキャットの2019)の様子が少しでも伝わったでしょうか。。。

熱を入れて書いたらかなり長くなっちゃいました。。。2時間以上かかっちゃいます(笑)

このペースで・・・書き続けられるかな?心配ですけど、頑張って書いていきたいと思います。

感想を頂けたら嬉しいです。

読んでいただきましてありがとうございました。

フェノメーヌストリートキャットの2019)をよろしくお願いいたします。

|

« 210216-0218北海道牧場巡り速報インデックス | トップページ | ダンケシェーンに家計を助けていただく »

コメント

フェノメーヌ最新情報ありがとう御座います。まーひーさんyoutube動画をみて2019年産駒はこの仔で!決定してましたし、私も昨年の夏に北海道にフェノメーヌを見学させて頂いた時の可愛らしさとマイペースな性格が気に入りました。どこまで父フェノーメノの馬体に近付けるかわかりませんが、三橋ステーブルさんでのトレーニングを見守りながらいい成長したフェノメーヌを再会を愉しみにしています。これからも応援を一緒によろしくお願いします。

投稿: ラヴォ次郎 | 2021年2月28日 (日) 12時03分

ラヴォ次郎さん

フェノメーヌレポート読んでいただきありがとうございます。
いい馬ですね。完璧なワケではないですけど、魅力は多い仔です。これからどう成長していくか。。。楽しみな1頭です。
早く走るところを見たいですね。。。

投稿: まーひー | 2021年2月28日 (日) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 210216-0218北海道牧場巡り速報インデックス | トップページ | ダンケシェーンに家計を助けていただく »