« ユニオンツアー検討中 | トップページ | 210217北海道牧場レポート2~村田牧場番外編~ »

2021年3月 2日 (火)

210217北海道牧場レポート1~村田牧場編~

もしかしたら、、、今日ユニオンの2歳馬馬名発表があるかも。。。って思っていましたが、残念ながらありませんでした。

これからはいつ発表になってもおかしくありません。

楽しみですね。

では、気合を入れて・・・北海道牧場見学レポート行きます!

対応してくださった牧場さんのためにも!!

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ゼフィランサスの2020
(父キタサンブラック×母父キングヘイロー
牝 鹿毛 20年1月30日生
生産者→村田牧場 入厩先→寺島良厩舎

1日目は凄い吹雪でしたが、2日目も大変な天気です。
16135393353512 16135395704613
村田牧場さんは国道から入って1キロもないところなんですが、村田牧場ってこんなに遠かったっけ?って思うくらいの大雪。

この日一日の移動も。。。かなりげんなりしていました。

でも、村田牧場に到着してスタッフさんや提供馬に会うと・・・その気持ちも吹き飛びます。

村田牧場さんに到着。。。

この日のスタートも悪天候のため厩舎内での見学となりました。
16135403544746
悪天候になると、放牧地も荒れてしまうので、整備の仕事が入ります。

今日はまさにそんな日になってしまいました。1週間前には予測できなかった天気ですし、予定は入れていただきましたけど、、、こんな状況になるとは・・・村田さん本当に申し訳ございません。この状況でも温かく迎えてくれたことに感謝です。

先ほども書きましたが厩舎内での見学。外に出すと馬が滑っちゃいます。

2前日は、雨が降って気温が急降下。下がスケートリンクの様に凍ってしまいました。

僕が北海道入りした前日は、午後から雪が降ってきましたが、地面の状況は悪く・・・1日放牧できず。1日中舎飼い。今シーズン初めて1日中放牧ができない日になったそうです。

因みにゼフィランサスの2020はこの見学が終わったら放牧されるそうです。

1日放牧させずに我慢させるとイライラして10キロ以上痩せちゃうそうです。。。ということで、今日はあまり状態が良くない。悪い状態のゼフィランサスの2020なのでその分を汲んでみてやってください。

ゼフィランサスの2020とは初めての対面となりましたが、、、

やっぱり特徴的な顔。派手な顔。が目に留まります。
16135403830927
華がある感じです。netkeibaの書き込みにもありましたが、数字の“7”に見える流星は幸運を呼ぶんじゃないかと勝手に期待しています。

前日には2歳馬のフェノメーヌを見ましたが、ゼフィランサスの2020は2歳馬とも遜色ない大きくて雄大な馬体。その迫力は特筆ものですし、同じ厩舎に飼われている他の同級生と比べて見ても明らかに大きいことが分かります。

この仔の祖母はモガミヒメ

モガミヒメからはビッグテンビー1勝、エスケーデイジー地方23勝、ラヴァーズレーン5勝、ワンダーモガミ地方5勝、トーコーアンタレス地方5勝、ローレルウェルシュ4勝地方2勝、エンドレスヒロイン地方1勝、マヤノテムジン1勝地方6勝、ビビッドハートゼフィランサス3勝、マヤノポルカ地方10勝、キタサンイナズマ3勝、ポッドジョーカー地方1勝、クラシックス地方2勝、ウインスーペリア地方8勝、トキノステラ地方2勝、ダンホーキラー1勝、、、

直仔だけで18勝。地方55勝って凄い。
16135403972698
孫については全部書ききれませんけど、現時点でJRA37勝。ひ孫(アメージングサンノースブリッジしかいませんけど)は3勝。。。モガミヒメの血を受け継ぐ仔だけでJRA58勝。。。GⅠ2勝、GⅡ1勝、GⅢ2勝と、とんでもない数字です。

ゼフィランサスの仔はダンケシェーンタイセイアヴァンセディープボンドドゥラモンディーゼフィランサスの2019。58勝中7勝を挙げている優秀な一族です。
16135404165410
村田さんにこの仔の印象を聞いてみると。。。

『兄姉と比べると馬格がある。とにかく大きい。大きく出ているという意味ではディープボンドに似ていますね。ダンケシェーンは幅はあったけど、上背や馬格はそこまでではなかった。以上のことからディープボンドと同じように芝の中長距離に適性があるのかもと感じてしまう。(ゼフィランサスの2020は)上背があって幅はふつうかな』

と。

続けて、

『あとはキタサンブラックの産駒の適性が芝にあるのかダートにあるのかですね。今年デビューする産駒には注目しています。でも、1600や1800以上で走る感じで育てています。母のゼフィランサスは芝もダートも勝ち鞍があるのでどちらともいえない。パワーがあるタイプに育ったらダートをこなしてもおかしくないと思いますよ。』

キタサンブラックの仔で僕が出資できるところにいる馬といえば、ローレルクラブ新冠橋本牧場生産のシャンスイの2019(ビーナスローズ)とユニオン岡田牧場生産のコーディーラインの2019。。。

ビーナスローズについては母が小柄な馬なので母にだと思いますが、コーディーラインは母はよく知りませんが、兄姉は比較的大きな馬が多い中でやや小柄な牝馬が出ています。

この時点でこの大きさのキタサンブラック産駒は他ではいないと思います。

キタサンブラックのいいところが出ている馬格は今の状態で7月のセリに出してもいい評価を貰える自信がある。それくらいいい馬。だと評価されています。

村田さんは『(ゼフィランサスの2020は)キタサンブラックの良さが出てると思うし、村田牧場のキタサンブラック産駒はみんな大きい。』と、感じていらっしゃるようですが、、、

『デカいキタサンブラック産駒がダメで、小柄な方が走るっていうこともあり得る。村田牧場としてはキタサンブラックは馬格がある産駒が取れるということでそこを期待して毎年種付している。』と続けてくれました。結果を出し続けている、村田牧場さんだからこその、自信と慎重さの両面を感じられるコメントだったと思います。

この仔は大きいですけど、既に管囲が20センチくらいあって。周りの馬よりもかなり太い印象。この時期の馬としては凄い脚元をしているそうです。

母ゼフィランサスは父の特徴を産駒に伝える母です。ダンケシェーンヘニーヒューズらしく幅のある馬体。ディープボンドキズナらしく馬格のある馬が出ました。

この仔はキタサンブラックらしく、雄大な馬体と健康面を強く受け継いでいるように思います。

キタサンブラックは大きな怪我もなく現役を走り続けたことと、ハードな調教に耐えて能力を最大限に引き上げた話は有名です。

ゼフィランサス自身は小柄ですが、この仔は脚元だけでなく骨格もしっかりしています。

厩舎内を歩かせていただきましたが、真っすぐに歩けるし歩様に癖がない。上が大きくても脚元にぐらつきや脚の置く位置にもばらつきがなくしっかりしています。

村田さんに3,000万円の募集価格はどう思われますか?と、意地悪な質問をさせていただきましたが・・・

『(ローレル)クラブにも3,000万円は(会員さんに)高いと思われると思いますがいいですか?と、言われました。それでも自信をもって出した馬。十分活躍できる馬だと思っていますし、あまり売れなくても自分たちで持ってもいいと思う。それくらい自信がある。』と、ゼフィランサスの2020に対する自信は揺るぎありません。

この馬体を維持しているワケですから、食べる方もかなり良い。併せて気性についても、落ち着きがあって人に対して従順。言うことを聞くだけではなくて、利口で言われたことをしっかり理解して行動するタイプ。それでいて、結構強気で勝ち負けに拘る気性だそうです。。。競走馬としては理想的な感じじゃないでしょうか。。。

お世話になる寺島良先生はローレルクラブでは初めてになります。村田牧場→寺島良厩舎は2年前のメディーヴァルが初めて。そしてアルフワイラに続きゼフィランサスの2020と、3年連続ではありますが3頭目。。。3頭しか入厩していないんですよね。。。これは意外でした。もっといっぱい入っているようなイメージでしたから。

でも、村田さんは寺島良先生とはよく話すようです。見学に行った3日前にメディーヴァルが走りました(ジョディ―ズマロンと一緒のレースで)が、そのレース後も電話でお話しされたそうです。

それだけ連絡を密に取れる厩舎で走れるということ。

村田さんは寺島良厩舎を高く評価されています。腕のいいスタッフも揃っているし、レースにはしっかりと仕上げてきてくれる。

実は、ゼフィランサスの2020寺島良厩舎にお世話になったのには深イイ話があったのです。

ゼフィランサスは現役時代昆貢厩舎に所属。当時このゼフィランサスを厩務員としてお世話をしていたのが寺島先生の奥さまでした。

そういう経緯があったので、ゼフィランサスで自信のある産駒は是非寺島先生に預けたいと思っていたそうです。

ダンケシェーンが生まれたときは寺島良先生が開業していなかったという理由はありますが、タイセイアヴァンセディープボンドドゥラモンディーと重賞馬を含む各馬も寺島良先生に預けなかった。

そして、ゼフィランサスの2020が初めて寺島良厩舎に。。。これが何を意味しているのか。。。お分かりですよね。

それだけの馬なのです。

生産牧場での取り組み改革が結果として表れている村田牧場。そして、世代を重ねて衰えていくこともなく更に反映している村田牧場の至宝モガミヒメの末裔。そして、預けたかった厩舎に向かう。。。

買わない理由はないですし、大きなところを獲るだけの要素は備えています。

あとは何口行くか・・・それだけですね。

ダンケシェーンフロムディスタンスアメージングサンの稼いだ賞金にもよって出資口数が変わるかもしれませんけど・・・

ローレルクラブでは歴代味わえなかった凄いことをこの仔で体感することになる気がします。

是非皆さんもこの仔で未体験ゾーンを経験してみては?

ゼフィランサスの2020と村田牧場をよろしくお願いいたします。

|

« ユニオンツアー検討中 | トップページ | 210217北海道牧場レポート2~村田牧場番外編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニオンツアー検討中 | トップページ | 210217北海道牧場レポート2~村田牧場番外編~ »