« 210629-0701北海道遠征レポート②~村田牧場前編~ | トップページ | ユニオン募集馬2021レポート⑮ »

2021年7月21日 (水)

210629-0701北海道遠征レポート③~村田牧場後編~

見学を許可してくれた牧場さんへの感謝を表現するのは、牧場見学レポートをしっかり書いて、出資に貢献すること。。。

忙しいとか言ってちゃいけませんよね。

頑張って書くようにしようと改めて思いました。・・・また忘れちゃうかもしれないけど、、、忘れちゃいけないよね。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ゼフィランサスの2020
(父キタサンブラック×母父キングヘイロー
牝 鹿毛 20年1月30日生
生産者→村田牧場 入厩先→寺島良厩舎
Img_7722
ディープボンドモズベッロの話もさせていただきました。2頭が凱旋門賞に登録されています。。。2頭の秘話も話させていただきました。

その話は。。。内緒にしておきます。

ディープボンドがそうであるように、ゼフィランサスの2020も切れ味と言うよりも持続力の高い馬だと言えると思います。

兄姉も走っていますので、この馬は非常に楽しみ。

これからこの馬に期待することはありませんか?と聞くと、、、『このまま怪我をせずに行ってもらいたい。注文するところはない。気性的にも走りそうだし。本当にいい馬になると思います。』
Img_7731
村田牧場には気性がきつめの繁殖もいるのですが、キタサンブラックをつけると、、、別の種をつけた兄姉よりもどっしりとした我慢の利く馬に出る。。。そうです。

この日はヘニーヒューズの仔で1歳年上のスパルタレオニダス が大井競馬場でデビューをする日。。。その話題も上がりました。中央でも勝ち負けできるレベルの馬ですので、大井でも走ってくれると思いますと。(結果は新馬勝ちでした)
Img_7718
ゼフィランサスの2020は村田牧場さんも自信を持っていますし、僕も自信を持っています。

個人的には、僕の一口馬主史上一番いい馬だと思っております。

僕の中でなので・・・ですので、現3歳勢でユニオンのルナブランカが一番よく見えていました。

気性なのか、ヤル気なのか、能力なのか・・・何が理由か分かりませんが、活躍してくれません。。。

なので、ゼフィランサスの2020が絶対に活躍するという保証は皆さんに対してできませんが、自信はあります。

今までは、『1つ以上勝てるだろう』とか『勝ち上がってコンスタントに稼げるだろう』とか、、、

いい馬でも『オープン馬になれる』とか『重賞を狙える』という表現をしていたと思いますが・・・

今回は、『GⅠを勝てる馬だと思う』と表現しています。ブログ用に派手に表現しているとかではなく、ひとりのときも自分の心の中でそう思っています。つまり『重賞を勝つのは当然であり、GⅠをいくつ勝てるか』の勢いだということ。

馬見素人の僕が意気込んでいることなので、聞き流してくれていいですし、鼻で笑っていただいて結構ですけど、、、

本気でそう思っています。

3000万円を稼げないワケがないと思っております。

ということで、複数口出資宣言をここで高らかにしたいと思います。

因みに、村田さんにも既にに複数口出資宣言をしておりますので、今更引き返すワケにもいきません。

そうこうしているうちにゼフィランサスの2020が展示に飽きちゃいまして・・・

馬房へ戻ることに。

馬房の撮影も村田牧場さんは快く許可してくださいました。
Img_7737
馬房の様子をみるのも好きなんですよね。。。

馬房の中だと馬も落ち着いて素の様子が見られるし(笑)
Img_7744
その様子もアップします!!

そして、今後募集される馬の話に・・・ということで、今日はここまで!
Img_7742
ここからの話聞きたい?聞きたい?

お忙しい中、そしてこのようなご時世の中、見学させてくださった村田牧場さん。本当にありがとうございました。

村田牧場さんの生産馬を応援していきます!

|

« 210629-0701北海道遠征レポート②~村田牧場前編~ | トップページ | ユニオン募集馬2021レポート⑮ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 210629-0701北海道遠征レポート②~村田牧場前編~ | トップページ | ユニオン募集馬2021レポート⑮ »