« ユニオン募集馬2021レポート⑳ | トップページ | ユニオン募集馬2021レポート㉑ »

2021年7月26日 (月)

210629-0701北海道遠征レポート④~パッショーネ編~

見学を許可してくださった牧場さんのためにも。。。

そして、このご時世になかなか北海道へ行けない皆様のためにも。。。

臨場感重視で牧場見学レポートをやっております。

今日の主役はパッショーネさんです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ギンザヴィクトリアの2020
(父ビッグアーサー×母父ゼンノロブロイ
牝 栗毛 20年4月3日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→美浦予定
Img_7775
ギンザヴィクトリアの2020は新冠橋本牧場から、パッショーネに移動しておりました。

クラブ情報よりも先に当ブログでの発信となりました。。。

馴致が始まっておりますが、立ち慣れしていないので・・・立ち写真を撮るのに時間がかかってしまいました。
Img_7777
新冠橋本牧場からパッショーネに移動して既に1ヶ月が経っていました。

まだ人は乗せておらず、腹帯をつけてロンジングやウォーキングマシーンにいれています。

ただ、僕が見学に行った日の直前に、伸びてきた歯を削って生えなくていいところに生えた歯を抜く処置を行いました。その直後なのでここ数日は運動を控えているようです。

ということで、やや身体が緩んでいるかも・・・
Img_7787
歯を抜いた傷がしっかり治ったら馴致を再開するようです。

歯は非常に大切で、歯がぶつかったりするとハミに対しての反応がおかしくなったりするので、馴致をする前にしっかり整える必要があるそうです。

この時期のパッショーネ移動は早いですね・・・と思って聞いてみると・・・
Img_7796
『この時期の馴致開始は割と早い方ですけど、それなりにいますよ』

現在の馬体重は410キロ。まずまずかな?運動も始めているのでやや締まっているのかな・・・ゼフィランサスの2020のあとですけど、小ささは感じません。

馬体の方はサクラバクシンオーっぽい、いかにも短距離のきゅっと詰まった感じではない。やや胴の伸びもあり、距離も持ちそうな感じに見えます。

筋肉もつききっていないし、ガチっとした感じでもない。。。ダート短距離っぽい感じでもなく、しなやかな感じもあります。

『気性は割とバクシンオーかな?前向きだし、気持ちが入りやすい。』
Img_7811
となると、結局は短いところをぴゅーっと行く感じかも。

『馴致を始めた感じでは過剰にカーッとなる感じではなく落ち着きはあるし、前向きさもあるしいい感じ。調教を進めてどうなるかは分からないですけどね。』

とのことで、難しい仔ではないようですし、前向きさがあることは評価できます。

食べる方は問題なくよく食べる。歯を削っても食いは落ちないし、頼もしい。

それでもまだまだ幼い体つきである。

パッショーネさんではジョディーズマロンもお世話になりました。
Img_7821
比べられないと思いますけど、ジョディーズマロンと比べていただくと・・・ジョディーズマロンよりも馬格はあるし、順調さはある。。。とのこと。

比べれないですけどね・・・

『(新冠)橋本(牧場)さんのところはよく触られている(人が手をかけている)ことがよく分かる馬ばかりで、躾もしっかりされているし手入れもし易い馬ですよ。』
Img_7824
躾がしっかりされていることは凄くありがたいことですし、スタッフさんに好かれる大事な要素です。

前向きですが悪さをするタイプの気性ではない。

今後については『鞍を乗せて帯締めているけど、人を乗せるのはまた別なので何とも言えないけど大丈夫じゃないかと思う。』

人が乗るのはロンジングを再開したあと、左右のブレーキを教えて、ある程度コントロールできるようになってから。

アクセルとブレーキはこの仔は教えなくても既に持っていると思う。アクセルがないとブレーキが教えられないようです。この仔についてはスタッフさんも能力の高さを感じているようです。
Img_7816
ジョディーズマロンも600万円だし、この仔も800万円だけど、どちらの馬も安過ぎるでしょ?ってイメージですよ。。。』と、スタッフさん。

パッショーネさんでは2019年産世代のビッグアーサーの仔は扱っていないらしく、ギンザヴィクトリアの2020が始めてのビッグアーサー産駒だとのこと。ということで、どんな仔かはあまり掴めていないらしいですけど、サクラバクシンオーぽいイメージかな?

ギンザヴィクトリアの2020も展示に飽きてしまったようで、馬房へ・・・。

馬房の様子も快く見せてくださいました。
Img_7827
『トモが極端に高いワケじゃないけど、やや高いのでもう一回り二回り大きくなるかもしれませんね。』

鞍つけたりいろいろな刺激があってショックがあると食べなくなる仔もいますけどこの仔は全然そんなことがなく安心。まだまだ成長しますよ。

精神的にも図太く、カリカリしたりしない落ち着いた仔だと思います。

今でも十分いい馬ですけど、今後更に良くなると思われる本馬。。。

パッショーネさんのノウハウでギンザヴィクトリアの2020を成長させていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

本日はありがとうございました。

|

« ユニオン募集馬2021レポート⑳ | トップページ | ユニオン募集馬2021レポート㉑ »

コメント

1~2週間ほど、コメントはご無沙汰してしまいましたが、きっちり読ませていただいております。とくに、ユニ馬のレポートは、この時期の動きだけ見てもよくはわからない私にとっては、まさにバイブルのようなレポートで、助かっています。最初の募集に間に合わなかったため、慌てずにカタログをめくっている日々ですが、思いのほか満口馬が早く出ているので、早めに1~2頭は考えた方がよいかと、若干焦り始めました。(ビタースイートは、血統と、見栄えの良さから私も行きたかったですが、予想通り抽選でしたね。)

お仕事の大変な状況(解任⁉)に読み手の私が驚いている間に、すぐに次の仕事が見つかったと聞き、我が事のようにホッとしています。仕事あっての競馬ですから、(競馬が仕事の人は別として…)、大変かとは思いますが…。ラグビーのオフィシャル関係は別として、本業は何をなさっていたのかも知りませんので、解任に至る事情は自分的には謎ですが、次の仕事も頑張ってくださいませ。

先週のメイクデビュー、ふっと見た画面にローレルの勝負服を見つけ、会員ではないのに、何となく応援していました。休養後の次走に期待大ですね。
ここに紹介されているギンザビクトリアの2020も楽しみな馬ですね。牧場の期待度やまーひーさんに開いてくださっていることも伝わってきます。そういえば、ギンザビクトリアって、確か大井でとんでもない馬券出した馬ですよね。中央の時は馬券でお世話になったことを覚えていますが、この大井は(買えなかったレースだったけど)驚いた~!

すみません、ちょっと時間があったもので、長々と書きこんでしまいました。また、よろしくです。

投稿: 的場魂 | 2021年7月27日 (火) 09時00分

ギンザビクトリア⇒ギンザヴィクトリアでしたね。

投稿: 的場魂 | 2021年7月27日 (火) 09時01分

的場魂さん

コメントありがとうございます。

ユニオン募集馬レポートはあまり参考になさらない方がいいと思いますよ(笑)
ユニオンで全然活躍馬を掴めていませんから。。。
今年は満口になる馬が多く居ますので、ゆっくりしていられないかもしれませんね。。。ユニオンの活躍馬がいっぱい出ている影響ですかね。

解任の件は、本業ではなく名誉職みたいな感じの業務なので、生活には支障ないんですけどね・・・解任のやり方が大人げないというか、社会人としてどうかって言うか・・・半沢直樹の世界観だったので・・・

ローレルクラブも2020年産駒はいい馬が多く、期待しています。ギンザヴィクトリアの2020も楽しみな馬です。

ギンザヴィクトリアは大井で単勝万馬券で勝っていますね。。。今日知りました(笑)

読み応えのあるコメントをありがとうございました。

投稿: まーひー | 2021年7月27日 (火) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニオン募集馬2021レポート⑳ | トップページ | ユニオン募集馬2021レポート㉑ »