« 211005笠松競馬場復活観戦速報2 | トップページ | 新馬に動きあり、、、楽しみな10月 »

2021年10月 6日 (水)

211005笠松競馬場復活観戦レポート

では、笠松競馬ファンの僕が笠松競馬場をレポートします。

前回行ったのは2020年12月18日。。。ネージュダムールの笠松2戦目でした。

その後、2021年1月に元騎手らの馬券購入があり開催自粛へ。。。

9月に8か月ぶりの笠松競馬開催がありましたが、緊急事態宣言下にあり無観客での開催が続いておりました。

そして、10月5日(火)。。。自粛期間を終え不正や不祥事を払拭し、緊急事態宣言も解除されて。。。お客さんがスタンドにいる笠松競馬場が戻ってまいりました。

火曜日と木曜日は比較的お休みを取りやすい僕は、かなり前からこの日に照準を合わせて準備をしてきました。

開門前から並んだのは笠松では初めて。。。中京競馬場で並んだことがありましたが、本当に久々でした(笑)
Img_0565
来場者プレゼントや藤原幹生騎手の地方1000勝セレモニーは速報に書いた通りです。
Img_0581 Img_0744 Img_0776
それでは今日のメインであるサンドプラズマのレースを振り返ります。

そもそも現3歳馬のレースは現地観戦がほとんどできておりませんで、、、

ジョディーズマロン。。。初勝利を見届けました。

クープドクール。。。馬券は買ったけど現地応援はできていません。

フロムディスタンス。。。全然関われていません(3戦しか走ってないけど)

センスオブユニティ。。。関われず、引退。。。今は門別で

サンドプラズマ。。。も、今まで見れませんでしたが、今回が初めての観戦。

出資馬のレースはできることならなるべく多く現地で観たい。。。

それが一つ叶った日でした。

サンドプラズマは7レースサラ系C-28組に出走。

中央では2戦2敗。笠松に移籍後は④→⑩→③と、まずまず。

特に前走は出遅れながら3着に巻き返し、それなりの評価をいただいての1戦となりました。

今日は前走比-5キロの430キロでの出走。

スタートを決めれば善戦可能な感じ。。。
Img_0915
パドックは結構いい感じ。程よく気合は入っていたし、落ち着きもあり、戦う雰囲気は感じました。

やや、身体が小さいことと歩様の硬さは感じましたが、こんなもんかなぁ~。。。ダートならいけそうだし、他馬との比較でもサンドプラズマは良く見えました。

パドックの周回もそこそこに、サンドプラズマだけ1頭戻っていく。。。

笠松競馬ではよくあるんですけど、パドックでの騎乗が危険な馬は装鞍所に戻して騎乗する。。。毎レースそういう馬がいます。
Img_0992
塚本騎手が跨り返し馬へ。。。
Img_1038
スタートのときを迎えます。

最終的には結構人気になっていました。
Img_1120-2
スタートは五分。そこから主張すればいいポジションを獲れたのでしょうけど、人気の⑦イエローレンギョウが譲らず主張。④アルビレオと挟まれて窮屈になり、⑤サンドプラズマは一段後ろへ。
Img_1140-2 Img_1152-2
小さいし、二の脚もないので仕方がないところですけど、ここで苦しくなりました。
Img_1160-2 Img_1182-2
中団からレースをすることになり、最終コーナーでは外に出しての追走。
Img_1241-2
前は楽にレースを支配した⑦イエローレンギョウ。差し切るのは難しい距離。
Img_1250-2
そして、その直後にいた⑥アンデサイトも悠々の抜け出し。

サンドプラズマは前を行く②プロージットを追いかけ、力で差し切りる。
Img_1258-2
あと一つで馬券圏内でありましたが、前を行く①アイファーパープルを追い詰めるも差し切れずに4着でゴール。
Img_1274-2
ん~残念。
Img_1289-2
馬券的にもオマケをいただいて帰りたかったところですが、それも叶わず。。。そして、サンドプラズマの初勝利をやっぱり見たかった。
Img_1299-2
今日は勝てなかったけど、近いうちに勝てそうな能力は感じました。

オグリキャップを生んだ伝説の競馬場。。。僕はこれからも応援していきたいと思っています!
Img_1307
ありがとうございました。

|

« 211005笠松競馬場復活観戦速報2 | トップページ | 新馬に動きあり、、、楽しみな10月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 211005笠松競馬場復活観戦速報2 | トップページ | 新馬に動きあり、、、楽しみな10月 »