« 期待高まる新馬戦! | トップページ | 我がチームと出資馬が同時に新聞に載る快挙 »

2022年1月10日 (月)

キングズソード記事いっぱい

今日は凄い喜びと悔しさが同時に。。。

キングズソードが新馬戦を勝ち、すごく嬉しいんだけど。。。Rugbyでライバルチームにやられました。。。

Rugbyの悔しさは僕の中にしまっておきますが。。。

個人的なレースの振り返りは後日。。。

今日はキングズガードのレース記事がいっぱいありますので紹介していきます。
(掲載各紙の名前をクリックすると実際の記事に飛びます)
_20220110_183755 _20220110_183649 _20220110_183521 _20220110_183428
レース前記事
スポーツ報知
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
出世レースになるか(栗東)

 中山6Rの新馬は寺島厩舎のキングズソード(牡、父シニスターミニスター)。この馬、寺島厩舎に重賞初タイトルを届けてくれたキングズガード(牡、父シニスターミニスター)の全弟です。寺島調教師の評価は非常に高いですね。「馬格、体つき、乗り味など上よりいいんじゃないですかね。気持ちもゆったりとしているので、まずはこの距離から。初戦から面白いと思います」と力強い。確かに時計は出ています。晩成傾向の強い血なんですが、初戦から期待したいような雰囲気が漂っています。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スポーツ報知
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
月曜の注目新馬10日中山6R・ダート1800メートル

キングズソード(牡、父シニスターミニスター母キングスベリー、栗東・寺島良厩舎

 全兄キングズガードはプロキオンSの勝ち馬。後方から抜群の追い込み力を発揮したダート界において異能の才の持ち主だった。

 12月11日に外厩・宇治田原優駿ステーブルから移動して、栗東ウッドチップ、坂路で時計6本。古馬と互角の走りをアピールし、態勢は万全だ。操縦性も優れており、初戦から首位争いが可能だ。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

レース後

サンケイスポーツ
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【3歳新馬・中山6R】断然人気のキングズソードが一騎打ちを制す

 1月10日の中山6R(3歳新馬、ダート1800メートル)は、藤岡佑介騎乗で単勝1.7倍の断然人気だったキングズソード(牡、栗東・寺島良厩舎)が、1コーナー入り口で先頭に立ってレースを進めると、直線では直後にいた2番人気のレッドラパルマとの一騎打ちの競り合いからゴール前もうひと伸びし最後は3/4馬身差をつけデビュー戦を制した。タイムは1分56秒8(良)。

 2着馬からさらに2秒2遅れた大差の3着にはナツイチバン(4番人気)が先行粘った。

 キングズソードは、父シニスターミニスター母キングスベリー、母の父キングヘイローという血統。全兄には2017年のプロキオンS(GIII)優勝などダート重賞で活躍したキングズガードがいる。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スポーツニッポン
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【中山新馬戦】キングズソードが逃げ切りV 藤岡佑「調教よりもいい走りを」

10日の中山6R新馬戦(ダート1800メートル)は1番人気の藤岡佑騎乗キングズソード(牡=寺島、父シニスターミニスター)が逃げ切った。直線では3番手以下に大差をつけて、レッドラパルマ(2着)との叩き合い。勝負根性で3/4馬身ねじ伏せた。
 全兄キングズガードで17年プロキオンSを制した同騎手は「調教よりもいい走りをしていた。重賞を勝たせてもらった馬の弟で新馬勝ちできて良かった」とコメント。全兄も管理した寺島師は「兄に歩様が似ているが、兄のように内にモタれずに真っすぐ走れた」と評価していた。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スポーツ報知
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【中山6R・3歳新馬】キングズガードの全弟 キングズソードがデビュー勝ち 藤岡佑介騎手「完成度は兄より高い」

1月10日の中山6R・3歳新馬戦(ダート1800メートル)は、キングズソード(牡、栗東・寺島良厩舎父シニスターミニスター)が接戦を制し、デビュー戦を勝利で飾った。

 1コーナーで先頭に立ち、他馬の目標にされながらも自分のペースを崩さずハナで競馬を進めた。終始2番手で追走してきたレッドラパルマと直線でデッドヒートとなったが、最後にグイッとひと伸びし0秒2差で勝利をつかんだ。

 同馬の全兄は17年のプロキオンSを制したキングズガードで、兄の手綱も執った藤岡佑介騎手は「自分が乗って重賞を勝った馬の弟ですからね。調教から動きが良かった。(現時点での)完成度は兄より高い。これからが楽しみ」と将来に期待した。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日刊スポーツ
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
キングズソード逃げ切る 藤岡佑「兄よりも成長、完成度は上」/新馬戦

<中山6R>◇10日=中山◇ダート1800メートル◇3歳新馬◇出走11頭

藤岡佑騎手騎乗の1番人気キングズソード(牡、寺島、父シニスターミニスター)が接戦を制して逃げ切り、デビュー戦を勝利した。勝ち時計は1分56秒8。全兄は17年プロキオンSを勝利したキングズガード

五分のスタートから先手を奪う。2番人気レッドラパルマにぴったりとマークされ、2頭並んで4コーナーを回ると、直線激しい追い比べをゴール前で制し、3/4馬身差をつけた。2着と3着は大差がついた。

全兄の手綱も握っていた藤岡佑騎手は「調教からいい動きを見せていましたし、現時点で兄よりも成長、完成度は上だと思います。兄に似ているところはあると思いますし、重賞を勝たせてもらった馬の弟で新馬戦を勝たせてもらったので、今後が楽しみです」と振り返った。

寺島師は「最後は人気の2頭でしたが最後にぐいっと出てくれたので勝ってよかったです。歩様や走りっぷりは兄に似ています。兄は内にもたれたりという面はけっこう出していましたが、そういう面ではスタートからきれいに出ていましたし、大きさも2回りくらい違うのでこれからかなと思います。後々は千四くらいを使うかもしれませんけど、まだ競馬を分かっていないようなので現状はこの距離でいいかなと思います。年末にゲート試験を受かってすぐに使った感じなので、これからはまだまだです。ジョッキーに合わせてこっちに来てよかったです」と喜んだ。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

東京スポーツ
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【3歳新馬】キングズソードが直線のデッドヒートを制す GⅢ勝ちの兄より「現時点では完成度高い」藤岡佑は高評価

10日、中山競馬場で行われた6Rの3歳新馬(ダート1800メートル)は、藤岡佑騎乗の1番人気キングズソード(寺島)が直線でレッドラパルマ(加藤征)との壮絶なデッドヒートを3/4馬身差制して優勝。3着に大差をつける2頭のマッチレースとなった。勝ち時計は1分56秒8(良)。

 藤岡佑は「調教からいい動きをしていたし、兄(キングズガード=同騎手の手綱で17年GⅢプロキオンSなどを優勝)よりも現時点での完成度が高い。兄に似ているところもあるし、これからが楽しみ」。

 寺島調教師は「最後はグイッと出てくれたんで良かったです。歩様や走りっぷりは兄とすごく似ているが、兄は内にモタれるところあって結構出していくタイプだったのに対して、こちらはスタートから綺麗に出てくれた。大きさ(馬体重500キロ)も二回り、三回り大きい。ジョッキーに合わせてこっち(中山)に連れてきて良かったです。年末にゲート試験に受かったばかりで使ったので、ゆっくり様子を見ながらやっていきたい」と話した。次走は未定。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ラジオNIKKEI
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【メイクデビュー】(中山6R)逃げたキングズソードが人気馬同士の激しい追い比べを制す

中山6Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気キングズソード藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒8(良)。3/4馬身差の2着に2番人気レッドラパルマ、さらに大差の3着に4番人気ナツイチバンが入った。

キングズソードは栗東・寺島良厩舎の3歳牡馬で、父シニスターミニスター母キングスベリー(母の父キングヘイロー)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 キングズソード藤岡佑介騎手
「調教から良い動きをしていました。兄のキングズガードより現時点では完成度が高いです。その兄で重賞を勝たせてもらいましたし、似ているところがありますね。これからも期待したい馬です」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

こんなにも注目された新馬勝ちはありません。。。

ちょっと大きいところを期待しちゃうなぁ~

ということで、ありがとうございました!

|

« 期待高まる新馬戦! | トップページ | 我がチームと出資馬が同時に新聞に載る快挙 »

コメント

まーひーさん、ご無沙汰しております。
私もキングズソードに出資しておりまして、ユニオン3年ぶりの勝利になりました、お互いおめでとうございます。
マッチレースを制して素晴らしい勝ち方でした、父・母父ともに今が旬な血統構成なうえ、このレース内容。周囲が放っておくわけがなく・・・いったところでしょうか。

本馬が募集され、出資できたことに感謝ですね、どうか今後も無事に、怪我なくレースに出てもらえたらと思います。

投稿: yukky | 2022年1月10日 (月) 23時53分

yukkyさん

お久しぶりです。
コロナでツアーも交流会もないのでお会いできていませんがお元気ですか?
キングズソード良かったですね。。。
レースを観ると重賞も意識しちゃう感じでした。。。
トレンド血統ですし楽しみは無限大です(笑)

投稿: まーひー | 2022年1月11日 (火) 10時29分

メイクデビュー勝ち👑🏆
おめでとうございます。
なかなか、勝てるものではありません。
良い馬に出資されました。

投稿: ほり | 2022年1月11日 (火) 12時42分

はい、感染防止で外出は控えめですけど、元気でやっております。
キングズソードは重賞戦線を期待しちゃいますね。晩成気味と思いますが、スマッシャーに続いてユニコーンSに進んでくれたら嬉しい限りです。

投稿: yukky | 2022年1月11日 (火) 21時28分

ほりさん

ありがとうございます。
デビュー戦からこんなに走ってくれる馬とは思っていませんでした。

クープドクールに続いて2世代連続の新馬勝ちです。誇りに思います!

投稿: まーひー | 2022年1月11日 (火) 22時24分

yukkyさん

まだまだ良くなっていくでしょうし、今回も馬体が緩い中での勝利でしたからね。
更に奥が深そうで。

投稿: まーひー | 2022年1月11日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期待高まる新馬戦! | トップページ | 我がチームと出資馬が同時に新聞に載る快挙 »