« 日高町で美味しく食べて集めよう! | トップページ | 221129日高牧場見学レポート1~村上欽哉牧場編~ »

2023年1月25日 (水)

230121レースの結果振り返り

230121中京競馬場速報は終わりましたが、ヴァクストゥームのレースを写真ベースでサラッとしか書いていないので、振り返ろうと思います。

レポートのカテゴリーで書こうと思いましたが、11月の牧場レポートもまだ書き終えておらず、ポコッと1月21日が割り込んだりすると、振り返るときにややこしくなって・・・って、全部自分の都合なんですけど。。。って、自分の日記なので自分の都合に合わせて書かせていただきます。

2023/01/21(土)
6R
3歳新馬
13:05発走 / ダ1800m (右) / 天候:曇 / 馬場:稍
1回 中山 7日目 サラ系3歳 新馬 馬齢 16頭
本賞金:620,250,160,93,62万円

7着 3枠5番 ローレルレジーナ 牝3 54.0 丸田恭介 2:00.7

★★★大きいつくりの馬ですが、494キロはちょっと太いかな?もう少し絞れる感じでした。
レース前は『無事に周回して来れますように』と『レースに参加できるように』と、2点を考えての応援でした。

レースは枠入りも問題なかったしスタートも上々(ちょっとクビを上げ加減でしたけど)。

1コーナーでパニックになったレスタメンテに対してもうまく対応。

第二集団のインでしっかり我慢の効いた走りをしてくれていました。

前にいた8ヤーゴに手を焼き、外から被せてきた14ジュングンジョウにも苦労しましたが、この2頭を先にやり我慢させてから外に出して追い込む形に。

かなり大きな不利を受ける形でも最後までしっかり走り7着でゴール。

1着との着差も大きく、走破タイムが稍重ダートで2:00.7とかかっていることから、強気なことは言えませんが。

無事に回ってこれたこと。そしてレースに参加できたことは評価していいと思います。

追い切り不足もあったと思うので、次走状態を上げて走れれば楽しみなんじゃないでしょうか。。。

重度の肺炎からの復活。。。ドラマはまだ始まったばかり。ここから盛沢山のお話が続いてくれると思います。

ローレルクラブからのコメント
稲垣幸雄調教師のコメント『上手く立ち回れなかったのを割引けば、まずまずの競馬ができたのかなと思います。丸田騎手も、もっと上手く乗れたと反省していましたけど、やっていけそうな手応えは掴んでくれました。まだ競馬がわかっていない分、ハミを抜くなどの反抗する面を見せなかった事も良かったです。条件は千八かそれ以上でも良さそうですが、東京より中山の方が合いそうな感じです。初戦としては色々な経験ができましたので、短期放牧を含めて次への準備をしていきます』


続きまして。


8R
4歳以上2勝クラス
13:55発走 / ダ1400m (左) / 天候:晴 / 馬場:良
1回 中京 7日目 サラ系4歳以上 2勝クラス (混) 定量 16頭
本賞金:1140,460,290,170,114万円


9着 3枠5番 ヴァクストゥーム 牡6 58.0 和田竜二 1:26.2

★★★マイナス6キロでの登場は良かったんですけど、まだもう一絞りできるお腹でした。
Img_9862 Img_9878
お腹こそやや気になりましたが、パドックの気配は上々。前走よりも状態はいいのではないでしょうか。
Img_9861 Img_9841 Img_9884 Img_9919 Img_9911
パドックでは和田竜二騎手は騎乗せず。

本場馬入場も気合の入った感じで返し馬に出ました。
Img_9924 Img_9927_20230122194901 Img_9937 Img_9933
和田竜二騎手は勝ったときもそうですけど、ヴァクストゥームとの2戦は先行していたので、今回もある程度押してでも前につけるんじゃないかな?と感じていました。先行から直線早目の抜け出しで上位または勝ち切るイメージを持っていました。。。

出遅れも多いんですけど、今回はしっかりスタートを決めました。
Img_9943-2 Img_9960-2
その後は鞍上も押すことなく、行きたい馬を行かせ馬也で中団やや後ろ目に。
Img_9998-2
外枠の各馬が前に行きたがっていたので、ヴァクストゥームも労せず集団の外に。

3コーナーから4コーナーでは外目をいい感じで伸びて直線へ。
Img_0092-2 Img_0094-2 Img_0116-2_20230125130701 Img_0125-2_20230125130701 Img_0129-2_20230125130701
残り400㍍から200㍍までの200㍍はいい感じで外を進出。前の集団を飲み込めるかな?と期待もありましたが、残り200㍍の地点で、脚色が周りと同じに。
Img_0140-2 Img_0146-2_20230125130701 Img_0197-2 Img_0201-2 Img_0206-2
その後は外から伸びた各馬にも捕まり9着でフィニッシュ。
Img_0208-2 Img_0209-2
ローレルクラブからのコメント
吉田直弘調教師のコメント「最後に伸びそうで伸び切れなかったのは、まだ長期休養明け2戦目だからでしょうか。和田ジョッキーは『最後に外から来られた時に、フワッとするところがありました。身体が少し重たくて、もうひと絞りできそうな感じでした』と言っていました。スタートが良くなって、今日のレースで収穫もありましたし、次はもっと調子を上げられると思います。上がりに問題がないようなら、このまま続戦で次を予定します」
Img_0227 Img_0236 Img_0233
吉田直弘調教師のコメントにもあるように最後の甘さは休み明け2戦目、、、太目残りの分もあるのかな、、、と思います。

1400㍍戦での対応もできそうなので、次走更に状態を上げて出走できるのであれば楽しみです。

2頭とも次走が楽しみ。。。

読んでいただきありがとうございました。

|

« 日高町で美味しく食べて集めよう! | トップページ | 221129日高牧場見学レポート1~村上欽哉牧場編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日高町で美味しく食べて集めよう! | トップページ | 221129日高牧場見学レポート1~村上欽哉牧場編~ »