2021年3月 7日 (日)

210217北海道牧場レポート3~新冠橋本牧場編~

やっぱり、先日書いた分のレポートが消えていました。。。2時間くらいの作業が水の泡。。。再度書き直しました。

やっぱり書き直すとクオリティーは前回を超えると思いますので、そういう意味ではよかったのかも。

ギンザヴィクトリアの2020の良さが伝わりますように。。。

ということで、よろしくお願いいたします。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ギンザヴィクトリアの2020
(父ビッグアーサー×母父ゼンノロブロイ
牝 栗毛 20年4月3日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→美浦予定
16135572953462
相変わらずの猛吹雪。。。今日も厩舎内での見学を覚悟しました。何よりもこんな状態であっても対応してくださる各牧場さんに感謝です。

僕はレポートによって各馬の良さをアピールすることで、それに応えたいと思います。

村田牧場にモガミヒメ系があるように新冠橋本牧場にはトキファイター系がある。。。

トキファイター系はローレルクラブとも馴染みがあり、シンデレラソングロックフェアレディがクラブで募集されました。

僕は出資したことがないんですけど。。。

トキファイターの直仔でもトキシェイバー3勝、リトルガリバー1勝、タイムオブウイン3勝、タイムフェアレディ3勝(フラワーC1着)、ハイフレンドソウル1勝、シンデレラソング3勝、シゲルキリガミネ2勝。。。と、JRA16勝。。。

孫とひ孫の世代までみると。。。29勝を現時点で挙げており、トキファイター系だけでJRA45勝。特にタイムフェアレディ系に目を向けると、ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合で生まれたウインガナドルは4勝ラジオNIKKEI賞2着。ローレルクラブで募集されたロックフェアレディの仔には昨年の葵S2着のレジェーロ。3勝を挙げたプリティカポレの仔テンピンは皐月賞に出走と、トキファイターのひ孫、タイムフェアレディの孫の世代がブレイク中。

トキファイター系の中でもタイムフェアレディの血統が一番活力があります。

ギンザヴィクトリアの2020はその活力あるタイムフェアレディの孫にあたります。

母のギンザヴィクトリアゼンノロブロイ産駒で、2歳8月にデビューし芝1800mと芝1600mで2着ののち9月の芝2000mで未勝利戦を優勝。その後はフェアリーSやスイートピーSにも出走。本気でオークスを狙っていましたが、その想いは叶わず。地方転籍後は1勝に終わりましたが、、、ダートが合わなかったのでしょう。
16135573014263
ギンザヴィクトリアの2020は母の3番仔になります。

ということで、ギンザヴィクトリアの2020と初めての対面です。

左前に青いバンテージがありますが、放牧中に打撲をして傷もあるので巻いております。放牧から帰ってきたら傷があったのでどこでどうやったかは・・・わかりません。
今後の成長や競走能力に影響するものではありませんのでどうかご安心を。

顔はかわいいですね。

1歳にしては身体はある方です。ゼフィランサスの2020よりも小さいけど。キ甲も抜けておらず、体高はこれから出そうな感じ。まあまあ大きくなるんじゃないかな?

初仔のカツコハービンジャー)は450キロ程度ですが2戦目で芝2000m勝ち上がり。2番仔ロジヴィクトリアロジユニヴァース)はまだデビュー前ですけど、そんなに小さくないとか。母も450キロくらいで走っていましたので、この仔もそのくらいなのかな?

この仔は関東を予定しています。リーディング上位の先生や年配の先生ではなく若い先生を考えているそうです。今後のお付き合いのこともあるし、、、数を使ってくれそうな調教師を選定中だそうです。

この仔を提供した経緯を聞くと。。。

橋本社長は『この牝系(タイムフェアレディ系)をクラブに出したい。この牝系は当牧場の勝ち星を稼いでくれている血統で、外れが少ないイメージ。ガツンと大物は出ていないけど、こういうのがクラブにはいいと思っている。』と、お話ししてくださいました。

ビッグアーサーはいい種牡馬だと評価しているそうで、『ビッグアーサーの産駒は総じて馬格がしっかりしていて評価が高いと思う。』

この仔は牝馬であり、ビッグアーサー譲りのガチっとした馬格にならなさ過ぎない程よい馬格で育ってきており、狙い通りの配合になったと喜ばれております。

僕はサクラバクシンオーが大好きなので、ローレルベローチェにも出資しましたが、ビッグアーサー産駒も大好き。

個人的にはテスコボーイサクラユタカオーサクラバクシンオービッグアーサーに続く父系を伸ばしていく仔。。。すなわちビッグアーサー産駒の種牡馬を作りたいと思っていますので、、、「ビッグアーサーの牡馬の提供をお願いしたかったですけど・・・」とお願いすると、

『(新冠橋本牧場は)ビッグアーサーを結構種付けしたんだけど全部牝馬でした。』とのことで、ちょっと残念。

秋の写真では母の雰囲気が出ていましたが、最近になってビッグアーサーのよい感じが馬体に表れているように思います。

脚がしっかりしているイメージ。丈夫そうです。お母さんは距離が持つ血統。ビッグアーサーの仔でも極端な短距離馬で1000とか1200ではないと思います。1400とかマイルを走れるイメージで考えているそうですけど。姉のカツコも2000mを勝ちましたからね。。。もっと距離が持っちゃうのかも。

ここからは質問攻め。。。

「牧場見学もなかなかできないし、ツアーもなかったので情報が不足しています。際どい質問もしたいと思いますがいいですか?」

と聞くと。。。

『いいですよ~。NGなしですので(笑)』

と、返事をいただきました。

どんな成長を期待しているかを聞くと『デビューは早くしたいですね。2歳の早い時期に勝たせたい。それを狙えるような馬の出来です。結構カチッとしているので。』

目標は・・・まずは1勝で(笑)

控えめな返事だったので、、、それじゃ~あまり売り込めないですよ。。。具体的な目標をお願いしますよ、、、

とお願いすると、

『具体的には・・・桜花賞とかよりも阪神ジュベナイルですかね。。。早いうちにポンポンと2つ勝って阪神ジュベナイルで勝負したい。』

と、この仔に対する本当の期待を聞くことができました。

ビッグアーサー×ゼンノロブロイって仕上がり早そうには見えないんですけど。。。」と、僕は思ったので、質問をしてみると。。。

『(母系は)どちらかと言ったらゆっくりな成長タイプ。タイムフェアレディ系の仔は緩い感じの仔が多い。しっかり使って成長するタイプ。2着3着が多い勝ちきれない血統でもあるんですよね。それを補うためにビッグアーサーでガチっと締めたかった。その狙いはしっかり嵌ったと思う。いいと思う。ビッグアーサー産駒だけど硬過ぎないし、、、それだからこそ距離も持ちそう。』と、時間が経つにつれて、緊張感が解れてきたのか、自信を感じる言葉が多く出てきたように思います。
16135573296455
性格は前向き。利口で無駄なことはしないようです(でも、放牧中に打撲しちゃう仔ですけど)オンオフがしっかりしているタイプ。

よく食べる。そのおかげもあって身体もよくできている。他の馬よりも立派だし他の馬よりも食べるとのこと。

1歳になったら。。。ヤシレーシングかパッショーネで育成を行いたいようです。最近はヤシレーシングを避けてパッショーネを選んでいるのかと思いましたが、、、馬の特性を見て選んでいるようです。ジョディ―ズマロンシャンスイの2019はパッショーネが向いていると判断されたようです。

どちらも人気の育成場でなかなか入れないそうです。ヤシレーシングの方が馬房が少なくて競争率は高いようです。

『両方とも調教方針が真逆なんだよね(笑)』

パッショーネはしっかり乗り込んで体力強化重視。ヤシレーシングは屋内坂路等の施設が充実していて、ガチっと早く仕上げる感じ。

『この仔はヤシレーシングにフィットするかな?って。年明け前に15-15までやるイメージ。パッショーネになったらなったで全然問題ないけど。』

どちらの育成場になるのか楽しみです。

ということで、新冠橋本牧場の魂であるこの血統の提供。。。価格もリーズナブルに抑えられているのはビッグアーサーがまだ走っていないことと橋本社長の根底にある考え方。。。

『会員さんと一緒に楽しみたい』

ローレルクラブを楽しむならぜひこの1頭を仲間に入れてみてはどうでしょうか。。。

ローレルアイリスジョディーズマロンのお話もさせていただきましたが、それはまた別の機会に。。。

新冠橋本牧場さんお忙しい中対応してくださいましてありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

210217北海道牧場レポート2~村田牧場番外編~

何となく嫌な予感が・・・210217北海道牧場レポート~新冠橋本牧場編~を8割くらい書き上げたのですが・・・データが残っていないかも。。。せっかく書いたのに。。。

もう一回調べてみます(涙)

ということで、今日は村田牧場番外編を書こうと思います。

先ずは、フロムディスタンスについて・・・

村田さんのお話では・・・『あそこまで大きくなるとは思っていませんでした。でも、元々骨格がしっかりしている馬なので、心配ないと思います。球節の腫れはあるけれど骨折とかではないし問題ないかな?成長過程だと思って、もう少しお待ちください。。。』

フロムディスタンスについてはかなり期待されているようです。中山ダ1200mは本来の適性でもないし、調子もそれほど良くなかったのに強い勝ち方をしました。

東京1400や1600だったら。。。もっと高いパフォーマンスを発揮できるだろうと期待されています。

この見学のあと左トモや右のクビに張りや違和感が出ましたが、馬がしっかりしてくれば越えられるものということで、本格化はまだ先のようですね。

村田さんは心配しておりません!むしろ期待の方が大きい口ぶりでした。復帰戦を楽しみにしておきましょう!!


続いて、、、今年生まれた当歳馬について。

村田牧場さんの(有)村田牧場通信で出産された記事が丁寧に書かれています。

ローレルクラブに縁のある血統だと、アメージングムーンの2021牝父がキズナゼフィランサスの2021牡父がドゥラメンテハーランズルビーの2021牝父がディープブリランテ。。。モズベッロの全妹になりますね。そして、この見学の直前に生まれたオーシャンフリートの2021牝父はパイロ

どの馬をローレルクラブに提供するかは全く決まっていないとのこと。あと8頭の出産が残っているのですが、全馬の出産が終わってから。

ローレルクラブでもターファイトクラブでも失敗はしたくないということで、成長を見ながら良い馬を選ぶことに拘っています。

牧場に残したい牝馬は当然有力候補にはなりますが、個人馬主さんに(牝馬を)持って貰って、牧場に返す条件を付けることもあるし、クラブでは牡馬で勝負したいという気持ちが出てくるかもしれない・・・ということで、、、

2021年産駒も村田牧場の極上の馬がラインナップされることになると思います。

楽しみに待ちましょう!!

因みに、キズナ×アメージングムーンキズナ産駒らしい馬格のあるいい馬に育っているそうです。芝で活躍する雰囲気を既に出しているのだとか。

パイロ×オーシャンフリートの牝馬はパイロの力強さばかりが目立つ馬ではなく、牝馬らしいしなやかな奇麗な感じを受けるそうです。もしかしたら芝でも・・・と思いますが、やっぱりダートで活躍するんだろうなって、思われているようです。

そして、他クラブの仔の話を。。。

ターファイトクラブに提供されている、ドゥラメンテ×ハーランズルビーゼフィランサスの2020の写真の隅っこに映り込んでいる仔です。
16147777191920 16147777307071
ゼフィランサスの2020よりも高い金額で出ていますが、父が既に活躍している分の上乗せって感じですかね(←これは僕の予想)

こちらもかなり自信のある出来だとのこと。

気持ちも強いし人に従順。ゼフィランサスの2020もそうだけど、競走馬として向いている気性をしているとのこと。

よく食べるし、馬体に丸みが出てきた。期待通りの成長をしているとのこと。

まだすぐには売り切れないのでじっくりお考え下さいと。。。

ダンカーク×クロワラモーはターファイトクラブの活躍馬オーパキャマラードの全妹。こちらも自信ありとのこと。

父と母の実績からハーランズルビーの2020の約1/3の価格での登場ですが、村田さんの好きなタイプの馬体なんだとか。

スピードがあるタイプでダンカークっぽさよりも母系のサンデーサイレンス系が出ている感じなんですかね。。。

こちらも楽しみな仔です。

この2頭は見せていただく予定でしたが、悪天候により村田さんも忙しくなってしまったので、無理を言うのをやめ、お話だけ聞かせていただくことにしました。

因みに、友駿で募集されるエスポワールシチー×ハーランズワンダー牡は友駿さんに馬を買ってもらってのラインナップ。

村田さんのご厚意でブログ等で情報を発信されています。

こちらもゼフィランサスの2020ほどではないですけど、牡馬らしいしっかりした大きな馬体。

馬名はどうなるか分かりませんけど、シチーの冠名で活躍をして欲しいと、期待をされていました。

僕も、ターファイトさんにはかなり興味を持っています。入っちゃおうかな・・・できればツアーとかで入会したいと思っております。

お忙しいところでの見学となったので、アメージングサンの話やアイズダンシングダンシングハートの2019)の話。そして、繁殖牝馬として戻ってきたベルキューズの話など・・・いろいろしたかったのですが、次回に持ち越しとなってしまいました。。。
16135571818730 16135571819441
最後は、、、定番のローレルゲレイロとの再会。。。寒かったし雪が凄くて、ローレルゲレイロ兄さんに近くに来てもらうことは辞めましたが・・・雪の中、やっぱり格好いいローレルゲレイロ。絵になります。

ゼフィランサスの2020のこと以外もいろいろとお話を聞かせていただいた村田牧場さん!!
本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

210217北海道牧場レポート1~村田牧場編~

もしかしたら、、、今日ユニオンの2歳馬馬名発表があるかも。。。って思っていましたが、残念ながらありませんでした。

これからはいつ発表になってもおかしくありません。

楽しみですね。

では、気合を入れて・・・北海道牧場見学レポート行きます!

対応してくださった牧場さんのためにも!!

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ゼフィランサスの2020
(父キタサンブラック×母父キングヘイロー
牝 鹿毛 20年1月30日生
生産者→村田牧場 入厩先→寺島良厩舎

1日目は凄い吹雪でしたが、2日目も大変な天気です。
16135393353512 16135395704613
村田牧場さんは国道から入って1キロもないところなんですが、村田牧場ってこんなに遠かったっけ?って思うくらいの大雪。

この日一日の移動も。。。かなりげんなりしていました。

でも、村田牧場に到着してスタッフさんや提供馬に会うと・・・その気持ちも吹き飛びます。

村田牧場さんに到着。。。

この日のスタートも悪天候のため厩舎内での見学となりました。
16135403544746
悪天候になると、放牧地も荒れてしまうので、整備の仕事が入ります。

今日はまさにそんな日になってしまいました。1週間前には予測できなかった天気ですし、予定は入れていただきましたけど、、、こんな状況になるとは・・・村田さん本当に申し訳ございません。この状況でも温かく迎えてくれたことに感謝です。

先ほども書きましたが厩舎内での見学。外に出すと馬が滑っちゃいます。

2前日は、雨が降って気温が急降下。下がスケートリンクの様に凍ってしまいました。

僕が北海道入りした前日は、午後から雪が降ってきましたが、地面の状況は悪く・・・1日放牧できず。1日中舎飼い。今シーズン初めて1日中放牧ができない日になったそうです。

因みにゼフィランサスの2020はこの見学が終わったら放牧されるそうです。

1日放牧させずに我慢させるとイライラして10キロ以上痩せちゃうそうです。。。ということで、今日はあまり状態が良くない。悪い状態のゼフィランサスの2020なのでその分を汲んでみてやってください。

ゼフィランサスの2020とは初めての対面となりましたが、、、

やっぱり特徴的な顔。派手な顔。が目に留まります。
16135403830927
華がある感じです。netkeibaの書き込みにもありましたが、数字の“7”に見える流星は幸運を呼ぶんじゃないかと勝手に期待しています。

前日には2歳馬のフェノメーヌを見ましたが、ゼフィランサスの2020は2歳馬とも遜色ない大きくて雄大な馬体。その迫力は特筆ものですし、同じ厩舎に飼われている他の同級生と比べて見ても明らかに大きいことが分かります。

この仔の祖母はモガミヒメ

モガミヒメからはビッグテンビー1勝、エスケーデイジー地方23勝、ラヴァーズレーン5勝、ワンダーモガミ地方5勝、トーコーアンタレス地方5勝、ローレルウェルシュ4勝地方2勝、エンドレスヒロイン地方1勝、マヤノテムジン1勝地方6勝、ビビッドハートゼフィランサス3勝、マヤノポルカ地方10勝、キタサンイナズマ3勝、ポッドジョーカー地方1勝、クラシックス地方2勝、ウインスーペリア地方8勝、トキノステラ地方2勝、ダンホーキラー1勝、、、

直仔だけで18勝。地方55勝って凄い。
16135403972698
孫については全部書ききれませんけど、現時点でJRA37勝。ひ孫(アメージングサンノースブリッジしかいませんけど)は3勝。。。モガミヒメの血を受け継ぐ仔だけでJRA58勝。。。GⅠ2勝、GⅡ1勝、GⅢ2勝と、とんでもない数字です。

ゼフィランサスの仔はダンケシェーンタイセイアヴァンセディープボンドドゥラモンディーゼフィランサスの2019。58勝中7勝を挙げている優秀な一族です。
16135404165410
村田さんにこの仔の印象を聞いてみると。。。

『兄姉と比べると馬格がある。とにかく大きい。大きく出ているという意味ではディープボンドに似ていますね。ダンケシェーンは幅はあったけど、上背や馬格はそこまでではなかった。以上のことからディープボンドと同じように芝の中長距離に適性があるのかもと感じてしまう。(ゼフィランサスの2020は)上背があって幅はふつうかな』

と。

続けて、

『あとはキタサンブラックの産駒の適性が芝にあるのかダートにあるのかですね。今年デビューする産駒には注目しています。でも、1600や1800以上で走る感じで育てています。母のゼフィランサスは芝もダートも勝ち鞍があるのでどちらともいえない。パワーがあるタイプに育ったらダートをこなしてもおかしくないと思いますよ。』

キタサンブラックの仔で僕が出資できるところにいる馬といえば、ローレルクラブ新冠橋本牧場生産のシャンスイの2019(ビーナスローズ)とユニオン岡田牧場生産のコーディーラインの2019。。。

ビーナスローズについては母が小柄な馬なので母にだと思いますが、コーディーラインは母はよく知りませんが、兄姉は比較的大きな馬が多い中でやや小柄な牝馬が出ています。

この時点でこの大きさのキタサンブラック産駒は他ではいないと思います。

キタサンブラックのいいところが出ている馬格は今の状態で7月のセリに出してもいい評価を貰える自信がある。それくらいいい馬。だと評価されています。

村田さんは『(ゼフィランサスの2020は)キタサンブラックの良さが出てると思うし、村田牧場のキタサンブラック産駒はみんな大きい。』と、感じていらっしゃるようですが、、、

『デカいキタサンブラック産駒がダメで、小柄な方が走るっていうこともあり得る。村田牧場としてはキタサンブラックは馬格がある産駒が取れるということでそこを期待して毎年種付している。』と続けてくれました。結果を出し続けている、村田牧場さんだからこその、自信と慎重さの両面を感じられるコメントだったと思います。

この仔は大きいですけど、既に管囲が20センチくらいあって。周りの馬よりもかなり太い印象。この時期の馬としては凄い脚元をしているそうです。

母ゼフィランサスは父の特徴を産駒に伝える母です。ダンケシェーンヘニーヒューズらしく幅のある馬体。ディープボンドキズナらしく馬格のある馬が出ました。

この仔はキタサンブラックらしく、雄大な馬体と健康面を強く受け継いでいるように思います。

キタサンブラックは大きな怪我もなく現役を走り続けたことと、ハードな調教に耐えて能力を最大限に引き上げた話は有名です。

ゼフィランサス自身は小柄ですが、この仔は脚元だけでなく骨格もしっかりしています。

厩舎内を歩かせていただきましたが、真っすぐに歩けるし歩様に癖がない。上が大きくても脚元にぐらつきや脚の置く位置にもばらつきがなくしっかりしています。

村田さんに3,000万円の募集価格はどう思われますか?と、意地悪な質問をさせていただきましたが・・・

『(ローレル)クラブにも3,000万円は(会員さんに)高いと思われると思いますがいいですか?と、言われました。それでも自信をもって出した馬。十分活躍できる馬だと思っていますし、あまり売れなくても自分たちで持ってもいいと思う。それくらい自信がある。』と、ゼフィランサスの2020に対する自信は揺るぎありません。

この馬体を維持しているワケですから、食べる方もかなり良い。併せて気性についても、落ち着きがあって人に対して従順。言うことを聞くだけではなくて、利口で言われたことをしっかり理解して行動するタイプ。それでいて、結構強気で勝ち負けに拘る気性だそうです。。。競走馬としては理想的な感じじゃないでしょうか。。。

お世話になる寺島良先生はローレルクラブでは初めてになります。村田牧場→寺島良厩舎は2年前のメディーヴァルが初めて。そしてアルフワイラに続きゼフィランサスの2020と、3年連続ではありますが3頭目。。。3頭しか入厩していないんですよね。。。これは意外でした。もっといっぱい入っているようなイメージでしたから。

でも、村田さんは寺島良先生とはよく話すようです。見学に行った3日前にメディーヴァルが走りました(ジョディ―ズマロンと一緒のレースで)が、そのレース後も電話でお話しされたそうです。

それだけ連絡を密に取れる厩舎で走れるということ。

村田さんは寺島良厩舎を高く評価されています。腕のいいスタッフも揃っているし、レースにはしっかりと仕上げてきてくれる。

実は、ゼフィランサスの2020寺島良厩舎にお世話になったのには深イイ話があったのです。

ゼフィランサスは現役時代昆貢厩舎に所属。当時このゼフィランサスを厩務員としてお世話をしていたのが寺島先生の奥さまでした。

そういう経緯があったので、ゼフィランサスで自信のある産駒は是非寺島先生に預けたいと思っていたそうです。

ダンケシェーンが生まれたときは寺島良先生が開業していなかったという理由はありますが、タイセイアヴァンセディープボンドドゥラモンディーと重賞馬を含む各馬も寺島良先生に預けなかった。

そして、ゼフィランサスの2020が初めて寺島良厩舎に。。。これが何を意味しているのか。。。お分かりですよね。

それだけの馬なのです。

生産牧場での取り組み改革が結果として表れている村田牧場。そして、世代を重ねて衰えていくこともなく更に反映している村田牧場の至宝モガミヒメの末裔。そして、預けたかった厩舎に向かう。。。

買わない理由はないですし、大きなところを獲るだけの要素は備えています。

あとは何口行くか・・・それだけですね。

ダンケシェーンフロムディスタンスアメージングサンの稼いだ賞金にもよって出資口数が変わるかもしれませんけど・・・

ローレルクラブでは歴代味わえなかった凄いことをこの仔で体感することになる気がします。

是非皆さんもこの仔で未体験ゾーンを経験してみては?

ゼフィランサスの2020と村田牧場をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

210216北海道牧場レポート1~三橋ステーブル編~

北海道から戻って1週間が過ぎました。

レポート開始が遅くなり申し訳ございません。

ロナの状況下、そしてお産シーズンの忙しい中であり悪天候の中、見学をさせていただいた各牧場さんに感謝を込めて、各馬の売り上げが伸びることを願って書いていきます。

質問も受け付けます!!

気になった方は是非出資の方向で!!

では始めていきたいと思います。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

フェノメーヌストリートキャットの2019
(父フェノーメノ×母父アドマイヤムーン
牝 青鹿毛 19年4月7日生
生産者→タバタファーム 入厩先→加用正厩舎

先ずは、何度も行っている北海道ですけど、これだけ雪が降っていて風が強い日は初めて。
16134691195481
北海道でもこんな日は数年に1度らしいですけどそんな日に北海道に行けたことを感謝したいです。

なかなか経験できないことですから。

地元の方からも『北海道らしい日に来てしまいましたね(笑)』といっぱい言われました。

最初は、運転も怖かったですけど、徐々に慣れてきました。でも、この環境での運転は危ないですね。

自分の運動神経と動体視力の良さをフルに生かして細心の注意をしながら移動しました。

最初に訪れたのは・・・むかわ共同トレーニングセンター内三橋ステーブルです。

初めての見学になります。

むかわ共同トレセンさんは急こう配の坂路があることが大きな特徴で、空港に近い環境ですがビシビシ鍛えられる育成場です。

ここに4つの育成牧場があり三橋ステーブル代表の三橋さんはBTCでの勤務から開業し1年半ほどになります。現在は3棟の厩舎を構え、30頭以上の若駒を育成しております。

三橋さんとも初対面なのですが、三橋代表は話が面白く、説明が分かりやすい。ずーっと話をしていたくなるような方でした。

『ローレルクラブから日程表が送られてきて、(三橋ステーブルが)空港からい一番近いからうちが一番手なんだろうなぁ~って、、、思いました』

『その通りですね(笑)』

このやり取りで一気に打ち解けました。

タバタファームの田端代表とは昔から知り合いだそうで、フェノメーヌがここに来た理由も、加用正先生のリクエストではなく、タバタファームさんからのリクエストだとのこと。ブラックムーンも三橋さんが育成したそうです。

フェノメーヌストリートキャットの2019)と1年ぶりの対面です。
16134784640520
外は超強風で吹きも降っていて猛吹雪。馬を出すと暴れてしまうかもしれないので厩舎内での見学となりました。

逆光ぽい写真が多いですけど、申し訳ございません。こんなこともあります。

最新の計測で442キロ。体高がそこまで高い馬ではないですけど、身の詰まったコンパクトな馬体は迫力があります。

1年前に見たときと基本的なフォルムは変わっていませんが、大きくなったことと胴が少し伸びたようなイメージを持ちました。

仔馬っぽさがなくなった感じです。

基本的にはローレルクラブの2歳馬情報で出ている話と被る内容が多いですけど、聞いてきたことをいろいろと書いていきたいと思います。

三橋ステーブルに移動してきたのは11月。。。

最初にここ(三橋ステーブル)に来たときは我儘だったそうです。『賢いと言えば賢いタイプですけど、嫌なことは嫌で、“やりたくないよ。。。”って態度がハッキリと出る仔でした』と、三橋さん。

だけど今は大分子供っぽいところがなくなり、人間が“これをやりなさいよ”っていうことは理解してやるようになってきたとのこと。三橋さんも『扱い易くなってきた。』とコメントしてくれました。

現在の状況はといいますと、、、坂路の調教がメインで、併せ馬をするとグイグイいくところがある。『気性的に短いところがいいかな。。。上の仔も短いところが得意だし。短距離ダートが合う気がします』といったところが三橋さんのフェノメーヌに対するイメージ。

因みに、フェノメーヌの調教をしてくれているのはグランデファームで昔ローレルゲレイロの調教をしてくれていた方です。写真で馬尾引いてくださっている方です。

このスタッフさんも来日して11年になるそうですが、来日直後にローレルゲレイロに乗っていたとお話をしてくださいました。

三橋さんがこの仔の特徴を解説してくださいました。

『この馬のいいところは、肩から胸にかけての容量が大きく幅がある。ここに来た時からここは凄いと思っていた。』

僕も、以前からそう思っていましたが、三橋さんは続けて

『このサイズの馬でこれだけ胸囲もあるしお腹周りもある馬はそうそう居ない。牝馬でこのサイズで前半身にこれだけ容量を持っている馬はいません。』

と解説してくださいました。
16134784702321
僕も一口をやっていて、こういう形の馬を見たことが無いのでこのタイプが良いのか悪いのか正直分からないんですよね。。。他の馬とは違うことや変わっていることは分かるんですけど・・・

ローレルクラブでメチャクチャ走る馬に出会ったことが無いので(笑)サンプルがないんですよ。

そして、ここからは牧場見学だからこその情報です。。。

心配なところはありますか?との質問に・・・

『(僕が撮った立ち写真だとよく分かるとおもいますが)飛節が少し深め。(直飛ではなく)後ろに流れているような飛節。なのであんまり早い時期に動くタイプではないかな。。。気持ちは前向きだけど奥手なのかもしれない。』

『今は時計を出して15-15をガンガンやっよりも、時計を抑えめにして坂路2本をじっくり乗った方がこの仔にとってもいいと思う。』

とのこと。

『(三橋さんが)もうちょっと(フェノメーヌを)攻めれないのはトモが深めでゆとりがある分、もう少しトモに力がついてからじゃないとね。。。』

ちょっと心配になってしまったので、『後ろに流れているトモは時間の経過や調教によって治るものなんですか?』と聞くと・・・

『治るというか、この後も調教を積んでこの飛節の角度が変わることはないんです。でも、前が強く見えるので、トモが成長してくると丸みが出てきてこの(トモの)ラインに筋肉の線が出てくると思う。今は冬毛が多くてモコッとしているけど春先になったら本当に格好いい馬になると思うよ。今はどちらかというと1歳に毛が生えた感じのトモなので、もう少しうしろが前のボリュームに追いついてきたらかなり迫力のある馬になると思います。そうなったら、飛節の角度を気にさせない力で走ってくれると思うよ』と。
16134785181024
肩から胸の部分の良さを前面に出して走ってくれて、トモはそれなりに追いついてくれる感じでも十分に活躍できるって感じですかね。。。

暖かくなると急に良くなる仔もいるで、(むかわ共同トレセンの)角度のきつい坂路で鍛えてもらって変わってきて欲しいですね。

僕は競走馬の体力を出資ポイントに置いているので、体力面についての質問をすると。。。

『週に2回。1本は15-15で行き切る体力は既にもっている。2本目になるとちょっときつそうにする。まだまだ大人になり切れていない感じ。もうちょっと乗り込みが必要かな。今後はこのまま2本やっていって2本目がまだきつくてハァハァなっちゃうんでそれがなくなったら14-14で走って4Fを56秒くらいでいければ栗東トレセンに連れていきたいと思う。うち(三橋ステーブル)でこのプログラムをコンプリートした馬はだいたい新馬で1着か2着になっているのでこの馬にもそれができれば、最初から勝負になると思う。』

ということで、体力は僕が想定していたレベルを上回っていました。これは楽しみです。

『体力的にはさっき言った感じだけど、気持ちだけで行っている感じ。併せるとグイグイ行きたがるけど、単走だとリラックスして走る。。。それができることもこの馬のいいところなんですけどね。クビ差しや前が発達しているからダートの短いところが合いそうですけど、馬は分かりません(笑)』

と、どう話しても最後はこの馬を褒めちゃう。三橋さんはこの馬が好きなんじゃないのかな?

『実は(三橋さんも)この馬に一口出資しようと思っているんですよ』

おー。。。やっぱりこの馬が好きなんですね。出資したくなるくらい評価しているということです。

『毛並みも奇麗だし、見栄えがする馬になりますよ。本当にいい馬だと思っている。』

歩かせていただきましたが。。。

歩様は・・・前脚も真っすぐ出ているしストライドも広め。狭いところを歩いていただいたので、分かり難いけど奇麗な歩様をしています。不安等はないです。

最後に三橋さんは

栗東トレセン近郊に移動するにあたり『やんちゃするので向こうの環境でなれるに時間のかかるタイプだと思う。』

ということで、真夏の暑いときに栗東に連れていくとうまくいかない感じがするので、夏を迎える前に連れていきたい。(僕が思う)具体的な時期は5月から6月が目標かな。

でも秋までここ(三橋ステーブル)で待つ馬ではないと思う。
16134785250445
食べるし動いても体重を減らさないし、いいモノは持っています。

面白いところでは『出入り口が苦手』だとか。ウォーキングマシーンもなかなか入らないし、洗い場も苦手。新しいところが苦手。それで嫌なことに対して嫌がる動作が大きい。リアクションが大きいタイプ(笑)

三橋さんは『ゲートがこの馬にとって重要なターニングポイントになると思う』と、おっしゃっていました。

狭いところに入りたがらない馬も多いので、ゲート練習は慎重にやりたいとのことでした。ゲートがダメだと・・・それだけでハンデを背負うことになっちゃいますから。

でも、人には従順だし馬房でもいい仔にしている。人懐っこくて奇麗な馬なのでどこへ行っても可愛がられると思う。。。
16134785070843
って、最後にって言いながらいっぱい書いちゃいました。

三橋さん。。。スタッフさん本当に見学させていただきありがとうございました。

皆さんにフェノメーヌストリートキャットの2019)の様子が少しでも伝わったでしょうか。。。

熱を入れて書いたらかなり長くなっちゃいました。。。2時間以上かかっちゃいます(笑)

このペースで・・・書き続けられるかな?心配ですけど、頑張って書いていきたいと思います。

感想を頂けたら嬉しいです。

読んでいただきましてありがとうございました。

フェノメーヌストリートキャットの2019)をよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2021年1月14日 (木)

210111中京競馬場レポート~ビジョ~

TOP Leagueもとりあえず3節まで中止に。。。なんか再び大変な感じになってきていることを実感します。

競馬に係る皆さんも大変かと思いますが、どうか無事で。。。

開催が続くことを願っております。

では、、、

一気にレポートしていきたいと思います!

1月11日(月)はもともとムスコと一緒に行く予定をしていました。緊急事態宣言も関東で出ており、愛知県も要請がされたということで、今回も細心の注意をはらって行ってきました。

経済を回すためにも、競馬場でお金を使います!!(もちろん馬券で勝ったお金を使って)

この日は6レース直前に到着。

ササっと馬券を購入。。。
16103679464727
ショウゲッコウは出資馬でないし、ビジョジョディーズマロンほどの期待がかけられないところもあって、応援馬券のみ。。。

早速7レースのパドックへ。

ショウゲッコウの登場です。ショウゲッコウ・・・見た感じは太め感もなく良い感じ。。。馬券購入圏内に十分いるんですけど。。。短期間での12キロ増は警戒しちゃいました。
1_20210115100601
レースはショウゲッコウが勝ったのですが、2着も10キロ増のタガノブディーノ
2_20210115100601 3_20210115100601
タガノブディーノはかなり余裕があるように見えたんですけどね。。。歩様は良かったのですが。。。分からないものです。

僕は警戒したがためにひよったワイドでショウゲッコウベストチャームの馬券をゲット。
16103696130990
ムスコはタガノブディーノベストチャームのワイドをゲット。

ここから親子2人の馬券快進撃が始まります!!

8レースのパドック・・・

ビジョは2人引き。。。金沢では20キロの体重増に成功しましたが、その貯金を大きく削る12キロ減。金沢以前の体重に戻っちゃいました。
4_20210115100601
かなり腹も上がっちゃってる感じで、力強さは感じられませんでした。
5_20210115100601 6_20210115100601
ただ、前向きさはあるかな?って、ところと。。。ほかの馬があまり良くない感じで、そんなに差がないんじゃないか・・・と思うメンバー構成でした。

でも、ビジョはパドック周回中も立ち上ったり暴れたり。。。前向きさじゃなくて集中力の欠如かも・・・と思ったりもしました。
7_20210115100601 8_20210115100601
本馬場入場はそれなりに鞍上のいうことを聞いた感じでしたが。。。馬券を追加する気にはなれず。
9_20210115100601 10_20210115100701
絶対的にラヴィンフォールが強く見えたし、2番手はエブリワンブラックに見えました。

DMM勝負服Tシャツを着ている集団に何度かすれ違いましたが・・・エブリワンブラックも人気なんですね。。。そして、DMM会員さんが大勢いることにも驚きました。

レースはスタートも立ち上がるし、外に向くし・・・まともに走れませんでした。
11_20210115100701 12_20210115100701
道中は何とか集団で走れましたが、最後の直線でも手前を替えず右手前で、右に傾きながらの追走。。。結局最後まで右手前。。。
13_20210115100701
向こう正面で一旦左手前に変えたくらいでしょうかね。。。
14_20210115100701 15_20210115100701
これでは、推進力は出ません。。。
16_20210115100701 18_20210115100701
15着に沈みましたが、よくあの走りで2.9秒差に収まったな。。。といった感想です。
20_20210115100701 19_20210115100701 21_20210115100701
4歳以上1勝クラスのこの条件は手薄なので、そんなに時間を置かずとも出走できそうですし、右回りなら大穴になりそう。。。

もちろん体重が乗っていたらということにはなりますが。。。

写真も2日前よりもいい写真が撮れちゃいました。。。緊張感が薄かったので。。。

ビジョは負けましたが、馬券は当たっちゃいました(笑)

馬連三連複を本線でゲット。
16103696196271 16103696261622
ムスコも的中。。。

この後、9レースも当てましたが・・・

10レースですよ。。。

結果は
ツーエムアロンソ→⑫ダノンレジェンド→②シャフトオブライトで三連単1,242,830円でした。

騎手でいうと⑭高倉稜騎手→⑫和田竜二騎手→②亀田温心騎手・・・2日前・・・9日のジョディーズマロンの掲示板にこんな書き込みがあったんです。
210114
僕はそれを凄く覚えていました。。。なのにここで買えなかった・・・っていうか、高倉稜騎手が騎乗していることをレース後に知りました。。。パラスアテナを絡めた僕は惜しかったけど当たらず。。。

それでも、最終レースを的中。僕は7,000円のプラスくらいで帰りました。

ムスコは回収率でいうと600%。5,000円くらい勝ってましたね。
22_20210115100701 23 24
ということで、アイドルホースぬいぐるみを購入。

僕は前から欲しかったオジュウチョウサンを。
16106725558040
ムスコは三冠馬コントレイルデアリングタクトの2頭を購入。。。

そして、帰りは・・・速報でもお伝えしたように佐賀牛&牛タンセットをカミさんのお土産に。。。そして、大好きなカエルビールも。。。
210112_20210112222201

16104540603990
最高の一日になりましたね~~

次に競馬場に行けるのはいつになるのか・・・

早く日常が戻ってくれることを願っています。

| | コメント (2)

2021年1月13日 (水)

210109中京競馬場レポート~ジョディーズマロン~

明日から名古屋競馬も無観客が決定。中京は今週末の指定席販売もしていますが、どうなることやら・・・

仕事についても警戒レベルが上がったことで、大きく変更を余儀なくされていまして、忙しいと言えば忙しいし、バラシになった仕事もあると言えばあって、余裕ができたと言えば余裕はできたのですが、、、気持ちは休まらないです。

今週末も仕事がバラシになったので中京競馬場に行こうと思えば行ける状態ではありますが、心情的には・・・どうしようかな。。。って感じです。

そう思うと、愛知県に緊急事態宣言が出る前に競馬場に行けた先週末は幸せだったように思います。

では、その幸せを感じた先週末をレポートします。

9日土曜日。仕事の予定でしたが、同僚にお願いして、、、急遽競馬場に。
16101844607413
指定席予約を取ったのも、8日金曜日の夜でしたから。。。それでもキャンセルが取れたのは、皆さんがしっかりステイホームを意識されている裏返し。そんな中出掛けたことは少し心苦しいですが、感染しないこと菌を拡散しないことを意識した行動はとりました。

1レース出走直前に到着。2レースに出走するジョディーズマロン関係の馬券はササッと買って、パドックでベタ張り。。。でしたが、お客さんが少ないので、ベタ張りする必要はありませんでした。。。1レースを見てからパドックへ移動しても余裕でいい場所を取れました。
_20210109_183538
登場したジョディーズマロンは前走比プラス6キロの456キロでの登場。

ちょうどデビュー戦と同じ馬体重。1ヶ月半休んでこの体重ということで、、、個人的にはもう少し増えて欲しいと思いましたが・・・

馬体はどちらかというとスッキリし過ぎ感があるような感じ。ともにもう少しボリュームがあるといいな。。。と、思いました。
1 2
小さいときからムキムキな感じではないので、これくらいでもいいのかもしれませんが、、、まだまだ成長の余地を残していると解釈しましょう。
16101854938520 16101854984741
歩様はキビキビとして前進気勢も表れているし、調教の動きの良さがパドックにも反映されている感じですね。
16101855417593 16101855187592
これは正直、勝ち負けになる。。。と、思いました。

今まででしたら、ここから更に馬券を増資して勝負に行きたいところですけど、昨年大負けをしていることもあって、やや自嘲気味。今となっては多少の後悔はありますけど・・・結果論ですからね。これでいいんだと自分に言い聞かせます。

そして、本馬場入場。。。
4 3_20210114140001
返し馬は軽めのキャンターで駆けていきましたが、クビの高さはシャドーロールで矯正された感はあまりなく、今までと変わらない走りだったように思います。

まあ、新馬戦も2着だし未勝利戦3着の実績もある仔。。。メンバーレベルは高くないのでこの走りでも十分勝負になるでしょう。

ファンファーレが鳴りレースに・・・久々のJRAレース観戦に少し緊張したりして・・・

16番ゲートに入るジョディーズマロンは最後の枠入り・・・

2番のペプチドハオーがやや暴れましたが、、、落ち着くのを待ってのスタート。

ジョディーズマロンは好スタート。
Img_3532
ある程度好位でレースを進めていくかと予想しましたが、スーッと下げての展開。下げるにしてももう一列前かな?場所的には⑦コンセプトが走っていた位置くらいを予想していたので、追い込んでも届かないのでは?という心配が。
 
外々を回ってコーナーへ。
3
一頭だけ大外を捲って先団に追いつく馬がいました。ピンク帽の青メンコ。
   
捲りのスピードは他馬と次元が違いました。

直線入り口でタマモイットウセイウラエウスの外につけると、エンジン全開!!
657
この時点で『勝てる!!』と、思っちゃいました。

自慢の新型カメラ『PowerShot SX740 HSの光学40倍ズーム』でレースシーンを連写しようとしますが、緊張と喜びで手が震えるし、ファインダー越しじゃなく肉眼で見たくて、いい写真が撮れません(涙)

かろうじて撮った写真がこの辺。。。
Img_3570 Img_3598
勝ち慣れてないので、申し訳ございません。

結果は2着に1.1/4差の強い勝ち方でしたが、個人的には直線入り口の手応えからするともっと突き放すんじゃないかと思ったので、途中までウラエウスに粘られたことは意外であり、一瞬まずいかも。。。って思ったくらいでした。

勝ったので速攻で勝ち馬ビューに行こうとしたら、、、警備の方に『ここから先は報道関係者のみの入場になるのでお控えください』と言われちゃいました。。。

仕方なく。。。口取り写真(馬と厩舎関係者のみ)撮影があるかも・・・と思って再度スタンドから見守っていましたが、ジョディーズマロンは姿を見せず・・・

でした。

当てた馬券を換金!!この日の勝ちは確定しました。
16101849089414 Img_3605 Img_3606
そして、この日出走したユニオン馬、ヴァンヤールの撮影とコルスの撮影をちょこっと。。。

そして、地方競馬よりもスタイリッシュで値段も張る競馬場グルメ。。。今日は吉野家の牛丼大盛りを購入。しかも温泉卵付き。。。

勝つと、昼ご飯もグレードが変わります!!

おいしかったぁ~(写真は撮ってないですけど)

午後のレースも中穴的中で、競馬場では大勝に。

PATの方もプラスが確定しました。。。

そして、この日は馬券的な深追いはせずに、9レースで競馬場をあとにしました。。。

勝ち逃げ・・・

まーひーの人間的成長を感じました。

そうそう。。。今年から来場者プレゼントの方式が変わりました。

アプリをダウンロードして、抽選するスタイルに。
16105898846442
この日はD賞当せんということで、キーホルダーをいただきました。
16105879429720
いいでしょ?

馬券も賞金配当も大勝ちで競馬場をあとに・・・

いい一日でした!!

レース回顧はやったようなやってないような・・・って感じなので、改めて振り返り回を設けようと思います。

ということで、レポート終了。。。

長文を読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

201218笠松競馬場観戦レポート

この記事で、、、通算5500になります。これだけの記事を書き続けられたのも皆様のおかげです。

叱咤激励を受けながらここまで続けることができました。

これからも頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

今日は12月3日、12月15日に続きまたまた笠松競馬場に行って参りました。

この日はネージュダムールが出走するということで、再ファンド2連勝中央復帰を願っての応援になります。

この日もゆっくり目の出発。。。速報で書いた通り、ロト6の換金。。。これで今日のプラスが確定。。。そして、年末ジャンボ宝くじの購入を経て笠松競馬場へ。。。

雪の残る笠松。。。馬場は重馬場でした。

4Rから参戦しました。。。4Rには村田牧場生産馬でグランジゲレイロエランサゲレイロの半弟・・・大井競馬から移籍のコパノシューマンが出走していました。
16082638114311
コパノシューマンが優勝。。。でも、2着馬が押さえられず、馬券は外れ・・・今日はレースも荒れていましたので、馬券は控えめにしました。

8レース・・・合掌造り特別にネージュダムールが登場。このレースには北海道カナイシスタッドでも見学させていただいた、京都サラブレッドクラブのアトレッドも出走していました。
16082709574431 16082701109190
アトレットも細く小さく見えましたが、前走から6キロ減のネージュダムールもかなり細く見えましたね。。。

相変わらず、やや入れ込み加減に見えましたが、周回をするごとに少しずつ大人しくなっていきました。

マイナス体重ですけど、調子も悪くなさそうですし、以前に書いたように2番枠からスーッと先行すれば1600mもうまくこなせるんじゃないかと思っていました。

騎乗命令がでて、渡辺竜也騎手が跨りましたが、落ち着いているように見えましたけどね。。。
16082701781241 16082701835562
本馬場入場は先頭を切っていきました。。。鞍上もネージュダムールをなだめながらの返し馬。。。慎重になっている感じでしたね。

いよいよスタート。。。1600mということで、3コーナー奥からのスタート。

好スタートから気合をつけて先頭へ。。。先頭のまま3コーナー4コーナーと回り、1週目のホームストレッチも先頭で。1周目のゴール板も先頭で駆け抜けていきました。
16082705389590
見え難くなった向正面でミラクルキャッシュミユキリバタリアンに並ばれるとあっさりと後退。。。一瞬怪我でもしたんじゃないかと心配するほど。。。

その後、アトレッドレッツシンクにも交わされ5番手で直線へ。
16082705548051
レッツシンクは抜き返すもユキノディライトルクリリにも交わされ6着でゴール。。。

距離の問題があったとの書き込みも多くありましたが、、、個人的には1600mまでならいけると思っています。

馬体重が減っていくことで分かるように、続けて使うとカリカリして操縦性が悪くなるような気がしています。

レース後の噂でも年内2勝に拘り、中1週で年内出走の話が出ておりました。。。

僕は、、、年内JRA復帰を無理に目指さない方がいいかな・・・と、思っています。続けて使うと良くない面が出てきやすい馬なので、間隔をじっくり開けて体重管理をしながらリラックスできた状態で走らせた方が・・・将来に向けてもいいように思います。

ただ、、、年を跨ぐと。。。あと2勝しなければならず、少なくとも2回以上使わなくてはならなくなり、結局数を使わなくてはならなくなります。

年内で、あと1戦でしっかり決めたい気持ちも分かりますけど。

結果論ですけど、12月18日をパスして中3週で年末のレースに使う。。。この選択がベストでありその勇気が大事だったのだと思います。

これもなかなか難しいですけどね。

馬券も。。。負けました。

2020年は競馬場で自分の馬が負けるところを初めて見る結果となりました。。。

帰りは・・・調子に乗ってまた服を購入。。。バーゲンだったので。

今シーズンの福購入はこれで打ち止めにしようと思っています。

ネージュダムールの次戦はどこを使うのか・・・分かりませんが、頑張って欲しいね。

お疲れさまでした。。。そして、楽しませてくれてありがとう。

競馬が開催され入場できる今に感謝でした。

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

201203笠松競馬場応援レポート③

スイマセン。。。投稿をサボっていましたが、書いていきます!!

この日は、笠松競馬グルメを堪能!!

唐揚げ棒に、たこ焼き。。。大判焼も食べました。

豪勢に笠松競馬グルメを堪能できたのは馬券好調のおかげ!!

5レースのグランヴィクトリアも2番人気で1着に来る馬券、7レースもネージュダムールが2番人気で1着に来る馬券。。。単勝から三連単まできっちり的中しました。。。
16069888750280 16069891183221
もちろん大幅プラス!!

今年はコロナウイルスの影響で競馬場になかなか行けないワケですけど、1月に中山競馬場に行ったときも出資馬ベルキューズが1着に。。。あのときもベルキューズは2番人気だったんですけど(笑)

2020年は競馬場に行ったときは100%出資馬が勝ち、100%馬券も回収率100%以上で帰ってきます!

来週はベルキューズハイチーズが中山競馬場で出走しますが、僕を中山競馬場に送り込むしかないんじゃないでしょうか?

って、19日は中山に行けない事情がありますので現地応援はいけないんですけど、、、

でも、来週も1日だけなら平日にお休みを取れそう。。。曜日にもよりますけど・・・このジンクスを背負って、ネージュダムールのレースに応援に行こうと計画しております!

グランヴィクトリアありがとう。

ネージュダムールありがとう。

笠松競馬場ありがとう。。。

メインレース笠松グランプリを見ずに笠松競馬場をお暇しまして、、、
16069891281683
帰りに名古屋高島屋へ寄りました~。。。

今年は、お出かけもしていないし、買い物もしていない。。。

ということで、愛馬馬券でお買い物。。。

PSYCHO BUNNYでシャツ。。。BEAMSでカーゴパンツ。。。ユナイテッドアローズでコーデュロイパンツを購入。。。

馬券で儲けた金額の倍の買い物をした結果となりましたけどね(笑)

久しぶりの競馬場。。。ネージュダムールも勝ったし本当にいい休日を過ごさせていただきました。。。

読んでいただきましてありがとうございました。。。

橋本牧場さんの耳に届きますように。。。

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

201203笠松競馬場応援レポート②

このレポート・・・ネージュダムールの生産者である橋本牧場さんに届きますように。。。

ということで、続きです。

もともとスリムな馬体でしたが、気性の難しさもあって馬体重の調整に苦労してきたネージュダムール。今回はJRA最後のレースより12キロ増の418キロでの出走となりました。

馬体は。。。どうでしょう?デビュー時でも424キロでしたし、まだ細身でパンプアップが必要な感じに見えます。

それでも、イメージしていたよりもトモに張りが出てきたようには見えました。多少の成長はあるのかも。

ただ、8月8日に走ってから、3ヶ月半。。。あんまり強く追い切ってないんですよね。軽めの調整であり、それでもこの馬体重微増は心配の種の一つではあるけど、こういう仔かな。。。と、割り切らなくてはならないかもしれません。

ネージュダムールと会ったのは今回で4回目。

橋本牧場さんで3度会いました。1回目と2回目は大暴れ。3回目はオータムセール当日に、ご厚意で見学させていただき更に大雨がピタリと止んで虹も出てきて、今までにない伝説の見学となったことを今もしっかりと覚えています。

180627北海道馬の旅速報⑧

180626-27北海道馬の旅レポート⑫ 


2018秋北海道ツアー速報16

2018秋北海道ツアー速報17

20181001北海道プラスワンレポート⑦

181204北海道馬の旅速報②

181204-05北海道馬の旅レポ②

デビュー後はなかなか会うことができませんでしたので、競馬場でネージュダムールと会うのは今回が初めてなんです。
16069876200250
今回もなんか記憶に残る凄いことがあるんじゃないかと、期待しての笠松入りでしたから。
16069876373001
パドックでは2人引き。入場直後はテンションの高いところが見えましたが、周回を重ねるたびに少しずつ落ち着いてきた感じがしました。

相手となるのは名古屋競馬で力をつけてきたウェーブビクトリー。牝馬ながら474キロと雄大な馬体をしており、人気になるのも納得がいく出来でした。

パドック解説でも『ウェーブビクトリーが勝つことは間違いないので、相手探しのレースですね』なんて言っていました。

僕は、ネージュダムールの応援に来ていたワケですので、迷わずネージュダムールのあたまですよ。

馬券も買い足して応援です。

渡辺竜也騎手を乗せた後も落ち着いていましたし、返し馬も問題なく駆けていきました。
16069876543773 16069876603394
写真も気合が入りましたので、グランヴィクトリアのときよりもいい写真が撮れたと自負しております。

いよいよレースです。

単勝も5倍くらいあったのに締め切り後は2.7倍にまで下がりました。。。正直残念!!

ゲートでは一歩目で躓いてしまいましたが、僕はカメラのファインダー越しに見ていたので気付かず。。。

二の脚が速くて、あっという間に先頭へ。

立て直しも早かったですけど、内目の3番枠でのスタートも味方しましたね。

クビの高い走りは気になりましたが、スピードは衰えることなく・・・能力の高さは昔のまま。
16069876670445
僕の前(ゴール板前)を通過するときは2番手にイエローアイ、3番手にウェーブビクトリーを従えて先頭に立っていました。

個人的にはこの時点で『勝ったな』と、思っていましたけど。

向こう正面でも2馬身くらいのリードを保ちつつ残り600メートルで3コーナーへ。

ここで、ウェブビクトリーが外から被せにきましたが、ネージュダムールも脚色が衰えず。。。闘う気満々です。
16069876907077
ウェーブビクトリーに外から迫られた時には少しだけ、乗り込み不足によるスタミナ切れを心配しましたが。。。この仔には根性がある!!

直線入り口では勢いよく追い込んできたウェブビクトリーが外へ弾かれるようなコース取りにもなりましたが、ネージュダムールも渾身の粘り込み。

200メートル続いた直線のデッドヒートでしたが、ウェブビクトリーに迫られるもクビ差凌いでゴール。。。勝ったのはネージュダムールでした。
16069877037639
一口馬主的には再ファンドにリーチとなる1勝ですが、ネージュダムール自身には生涯初勝利。橋本牧場さんをはじめ関係者の皆さんおめでとうございます。
16069877076890
1分28秒9の勝ち時計もいいんじゃないでしょうか。そして、実力者ウェーブビクトリーとの一騎打ちに勝ったことも高く評価できる一戦であったと思います。
16069877133941 16069877186142
ユニオンからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
笹野博司師「ちょっとスタートで躓いてしまいましたね。でも、そこから行き脚がついたので、ハナに行かせたそうです。最後は詰め寄られましたが、なんとか凌いでくれて良かったです。ジョッキーもうまく残してくれました。この開催は馬場の内側が重いので、その分、際どくなりましたね。もう少し外を回っていたら、もっと楽に勝っていましたよ。あとは一回使ってテンションがどうか。次も良い結果が出せるように頑張ります」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
笹野博司調教師からも『もっと楽に勝てていた』と、自信漲るコメントをいただいておりますが、着差以上に余裕があったようにも見えました。

ネージュダムールの本当の成長を評価するのはここからですね。

1度使ったあとも飼い食いが細くならず、体重維持と気持ちの維持ができるかどうか。。。

肉体的には1度使って張りも出てくるはずなので、そこがコントロールできるかですね。。。

14日からの開催に使ってくれるコメントも掲載されていましたが、、、今日の笠松競馬出走準備一覧表では12月18日(5日目)8Rにエントリー。メンバーは以下の通りですが。。。
スペースファルコン 牡5
ユキノディライト 牡4
ミラクルキャッシュ 牡3
カシマエンペラー 牡4
ネージュダムール 牝3
ルクリリ 牝4
アトレッド 牝3
レッツシンク 牡3
リオマッジョーレ 牝3
サンマルブリランテ 牝3
ミユキリバタリアン 牡3
エンパイアブレイズ 牡3

言いたいことがいくつか。18日8Rは合掌造り特別でサラ系C1組 特別(イ)・・・そこはどういうルールで出走が決まるのかわからないのでいいんですけど、ダート1600なんですよね。。。

個人的には、1400mの方がよくないですか?って思ったりもします。

そして、リオマッジョーレと戦うかも。。。リオマッジョーレは11日の名古屋開催に出走しますし、登録だけだと思いますけど。。。

笠松2連勝中、元京都サラブレッドクラブで元ニューワールドレーシングのアトレッドもいるんですよね。。。

って、話が観戦レポートからズレてしまっていますが、お許しください。

長くなったので今日はここまで。。。

レポートはもう少し続きます。

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

201203笠松競馬場応援レポート①

200113と201203。。。数字の並びが似ています。20年1月13日が前回中山競馬場に行った時の日付。あれから約11ヶ月。。。20年12月3日・・・久々に競馬場に行ってきました。

このレポート・・・ネージュダムールの生産者である橋本牧場さんに届くかな?見てくれてるといいなぁ~

12月3日(木)。。。久々にお休みを取り笠松競馬場へ。。。
16069891281372
ッと、その前に笠松競馬場についての『競馬場の入場について』調べなくては。。。

笠松競馬場は先着制による入場規制がありまして、先着1000名の入場が可能ということでした。

僕の勝手なイメージですけど・・・1000人が入った笠松競馬場を見たことがありません。

いろいろなところで入場規制があり、その余波で笠松競馬場に人が集まる可能性はあるかもしれないけど、入場できないことはないだろう・・・と予想しました。

当日は重賞第16回笠松グランプリ。表彰式では笠松が生んだスタージョッキー安藤勝己さんがプレゼンターに。

そして、特別観覧席先着120名に『笠松けいばオリジナルリュックバッグ』のプレゼントがあったので、それも狙っておりました。

早朝ロケットダッシュで笠松へ向かう予定でしたが、朝・・・どうしても仕事場に寄らなくてはいけない状況になりまして、、、ひと仕事してから出発。

到着は3レース直前。入場はできたもののリュックバッグのプレゼントは終わっておりました。

この日は1000人まではいかなかったものの入場者数も普段より多く盛況でした。

入場後・・・当日の状態は関係なく、5レースのグランヴィクトリアと7レースネージュダムールの単勝と複勝を購入。
_20201203_120925
4レースで写真を撮れるスポットを探して練習をしました。。。

5レース『かずまのまあまあちゃんねる記念』に登場したのは元出資馬のグランヴィクトリア。JRA時代はデビュー戦にルメール騎手を乗せて走る予定が除外。結局長岡禎仁騎手とコンビを組むことに・・・調教は抜群もレースでは二桁順位を繰り返し、地方へ。地方2勝で現在に至ります。

デビュー時は458キロ。この日の馬体重は前走比3キロ減の452キロ。デビュー時よりも軽い馬体重でした。

もともとスマートな馬でしたが、今日のパドックでもボリュームは少し足りない感じ。スッキリしているといえばスッキリしていますが、もう少し筋肉が欲しいかな。。。まぁ、力は出せる感じには見えました。

パドック周回中に装鞍所の方へ戻っていくグランヴィクトリア。。。これって何なんでしょうね?

鞍がズレたのか?落ち着きがなくなったから戻していいのか?騎手の都合で馬が戻っていくのか?

場内アナウンスがあったのかなかったのかも分かりませんがとにかく戻っていきました。

人気は一本被り状態で⑨インテレット。近走の成績は安定していますけど、この日は入れ込みが激しかったし、馬体も体重よりも小さく見えて、いい感じはしませんでした。

これで、グランヴィクトリアの馬券を買い足しました。
  16069774470173 16069774288482
レースは、グランヴィクトリアが好スタート。案の定インテレットは出遅れ。。。

インから行き脚の付いたタッチウェーブが主導権を握り、グランヴィクトリアはそれをじっくり見られる外の2番手。最高の位置でレースを進めます。
16069774576524 16069774627965
出遅れたインテレットも脚を使って三番手につけますが、グランヴィクトリアを煽るほどの位置にも来ることができず。。。
16069774693556
直線入り口で勝負あり。

最後までセーフティーリードを保ったグランヴィクトリアが1着。2着がインテレット。3着に逃げたタッチウェーブが残り、三連単も的中。。。
16069774798968
この時点で今日のプラスが確定。交通費と昼食代も出るくらいのプラスになりました。。。

元出資馬の勝利。。。嬉しかったし、おいしい馬券をいただけて感謝です。

写真は。。。4レースだけでの撮影練習ではまだまだ掴めず。。。いい写真がイマイチ撮れませんでしたが、本番となる7レースに向けて、次のレースでも練習しました。。。

いよいよ、7レース。。。ネージュダムールの登場です!

今日はここまで。。。

続きは後日書かせていただきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧