2018年2月18日 (日)

180218東京競馬場速報⑨

勝ったのはノンコノユメ。
口取り式の様子です。
15189585632786

来年は我が愛馬で。

馬券・・・当たりました~✨

愛馬馬券がなければプラスでしたけど。

弱気になって100円しか買いませんでした。

15189585464005


| | コメント (0) | トラックバック (0)

180218東京競馬場速報⑧

注目馬・・・
テイエムジンソク
15189584987842

注目馬・・・ゴールドドリーム

15189585145643

注目馬・・・インカンテーション

15189585347254


| | コメント (0) | トラックバック (0)

180218東京競馬場速報⑦

初めてのフェブラリーS観戦です。
15189584597980

やっぱり強い馬が揃うレース。

素晴らしいですね。

勝ったノンコノユメです。
15189584888381


| | コメント (0) | トラックバック (0)

180218東京競馬場速報⑥

ダンケシェーンの結果は10着。
パドックでも、『おや?』と、思うところもありまして・・・。
前日には『かなりの確率でダンケシェーンが勝つ』と、言いましたが、スイマセン。。。

詳しくは、レポートにて書かせていただきます。
15189573794320


15189574049652


| | コメント (0) | トラックバック (0)

180218東京競馬場速報⑤

8レースのサブライムカイザーとアップクウォークの写真は・・・ヒヤシンスSのための場所の争奪のため、撮ることが出来ませんでした。

いよいよ9レース。
ダンケシェーンの登場です。
15189573921641


| | コメント (0) | トラックバック (0)

180218東京競馬場速報④

6レースに登場したブルースカイハーツです。エポカロードと同じく先行募集された馬。負けられません。
15189558944581

合わせて、ヴァンクールシルクとヴァンベールシチーの写真も。
15189559270011

15189559167630


| | コメント (0) | トラックバック (0)

180218東京競馬場速報②

スイマセン。

もはや、速報でもありませんが・・・
スマホの電池残量が気になり投稿出来ずにいました。
今は、フル充電されております。

5R本日デビューのショウザドリームです。自分、ユニオン魂持ってますから!
15189498090340


| | コメント (0) | トラックバック (0)

180218東京競馬場速報①

15189212160900

到着しました。

暖かくていい気持ちです。
G1開催日にしては空いていると思いますが、混雑してますね。

速報もどこまでやれるか・・・

頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

20180204関東牧場巡り④

北海道行き断念します。
松浦牧場さん、樋渡牧場さん、村田牧場さん、新冠橋本牧場さん、ローレルクラブ北海道事務所さんには『来週のタイミングで北海道に行く予定でいますので、よろしくお願いします』と、言ってしまいましたが、連日の大雪・・・

先週北海道日高地方に行った馬関係の方から聞いた話ですが
『日高の海から遠い山のところは雪が結構残っているし、日高道が危ない・・・除雪してもすぐに雪が乗っちゃうし、路面がかなり凍っているので、ゆっくりになっちゃうし、慣れていない人は危ないかもよ』
とのコメントをいただきました。

休めるタイミングもここを逃すと予定が立たないのですが、、、安全を最優先にすることにしました。各牧場の皆様にはご迷惑をおかけしました。申し訳ございません。

またの機会に、見学させていただきます。よろしくお願いいたします。


関東牧場巡りの最後は成田へ向かい和田牧場です。

和田牧場はまず入り口を探すのに苦労しました。。。しかし何とか入場の方法が分かり建物の近くへ。

すると、大勢のスタッフさんがぞろぞろとリビングのような広間へ入っていきました。そして、僕も声を掛けられ『(和田正道)先生の馬がちょうど走る時間なので、一緒に見ませんか?』と言うことで、僕も広間へ。東京7Rに⑩キューバンマンボが出ており観戦しました。スタッフの皆さんの応援の熱が凄くて、『こういう空間っていいなぁ』と、思っちゃいました。

和田厩舎愛に溢れる和田牧場スタッフに面倒を見ていただいているキャプチュードがいよいよ登場です。
1802141
キャプチュードを引いてくださっているのは、当牧場の乗り役さん。そして、細身の男性が一緒に歩いてきてくださいまして、自己紹介。
『こんにちは。今日はありがとうございます。調教師をやっています和田です。』と。

『あっ、どうも。今日はよろしくお願いします。』
と、返事を返しました。

・・・場長さんは自分のことを調教師っていうんだなぁ~と、思ったことと、和田牧場は和田正道先生と和田正一郎先生のご実家だと聞いてはいましたが、やっぱり親戚だけあって和田正一郎先生に顔が似てるなぁ~なんて、心の中で思っておりました。。。

『今日はねぇ~たまたま出走馬がいないから、牧場の方に来ました。出走馬がいない日は滅多にないんですけどね。』

と、聞いて、
・・・へー。放牧地の場長さんでも在厩していた馬が居ると競馬場まで行くんだ。。。大変なんですね。。。
なんて思った直後。サーっと血の気が引いてパニックになってしまいました。

場長は自分のことを調教師というのがここの文化でもなく、親戚だから顔が似ているワケでもなく、、、そもそも僕が勝手に場長だと思い込んでいただけで・・・よく見れば和田正一郎調教師本人じゃないですか。。。

いきなりのご本人登場でして、僕としては放牧地に単身で調教師の先生が来るなんて予想もしていなかったし、来るなら月曜日だと思っていましたし、、、調教師の先生ご本人が居るという緊張も少しありましたが、最初に気付かず今になって気付いたことに恥ずかしくなりパニックに。。。
1802142
その後、いろいろと質問をしたりもしましたが・・・

和田正一郎先生は当たり前ですけど、普段は美浦に住んでいますが、週に1回は必ずここへ。馬の様子を確認し直接メニューを組み立てられるそうです。今日は出走馬がいないことと僕がここに見学に来ると言うことで、わざわざ来てくださったみたいです。本当に嬉しいですし、ラッキーです。
1802143
キャプチュードの現在の様子はポケットから出てきた大量のメモを読んで、『ダートコースでのキャンターとトレッドミルを行っている』と、教えていただきました。在厩馬と放牧馬、とんでもない頭数の馬を、先生が一括して管理。あのメモの量を見て『この先生は凄い人なんだな』と、すぐに感じました。

前走は直後にトモの疲れが出たが権利も取れたので、正直続戦するか休ませるか迷いましたが、キャプチュードの将来を考え放牧へ。無理してやれないことはなかったかもしれないが、この馬の素質を高く評価しており、1つ勝たせるところで終了とは思っていない、和田正一郎先生の期待を感じました。
しかし、見学時には疲れもとれていい感じに。冬毛もそんなになく充実しているとのことでした。
1802144
今後の予定は2回中山を中心に考えており、東京の最後はちょっと厳しそう。これから速いところを乗り始めるにしても、時間がかかれば3回中山を使っていくプランを話されていました。

今までの5戦は、デビュー戦こそ福島でダート1700mでしたが、その後は1800芝→1800ダート×3と、条件に変化がないワケですけど、、、『“今は”ダート1800mを中心に。この馬はこの条件でも走るし、前につけてそのままスピードを維持して雪崩れ込むパターンが一番合っている。“今は”ね』
と言うことで、“今は”という言葉を強調されていました。
1802145
『スピードはあるし、ゆくゆくは1400m~1600mへ。まだ身体ができていないから、馬(自身)にも自信が無いんだろうね。馬が良くなって、自身に自信がつけば、ヤル気も更に出て強くなるしスピードも出てくる。1400mや1600mでも前につけられるスピードは持っているよ。』
と、1つ勝ったその先の話を熱く語っていただきました。

『1400~1600って、やっぱりダートですか?』と聞いたところ、
『一つ勝って馬が良くなったら芝は試したい。キャプチュードをダート馬と見ているワケではないけど、ダートもよく走るね。』と。
いろいろと話しが進んでいくと、芝を強くに試したがっている様子が伺えました。
1802146
キャプチュードのセールスポイントはどこですか?』
と、質問すると・・・

『まだ、本気を出していなんだよね。この馬の素質が開花するのはもっと後。今の状態で入着することは凄いと思いますよ。』
と、、、
1802147
スピードがあるとか勝負根性とか丈夫さとか気性のこととか。。。分かり易い、褒め言葉が出てくると思っていましたので、和田正一郎先生の返答は正直予想外でした(笑)

でも、この独特の褒め方がキャプチュードへの高い期待を感じさせます。まずは一つ勝って、次を試したい・・・関西に入っていたら間違いなく複数口出していただろうキャプチュード。一口に留めてしまったことを後悔する日はやってくるんだろうな。。。そして、和田正一郎先生がこれだけしっかり馬を見ていてくれて、期待もしてくださっている。。。今後は、和田正一郎厩舎予定の馬は要チェックです。
1802148
和田正一郎先生が、
『今日は新年交流会に出席されますか?』
と、質問され、
『はい。出席しますので、また数時間後・・・』
といったやり取りをして、和田牧場をあとにし、新年交流会会場へ向かいました。
和田正一郎先生の心遣いで、早めに牧場を出発しましたが、和田牧場に居た、フライトオブスワンの2016和田正一郎厩舎予定)は先生の解説で見ればよかったと後悔。PEGASUS42  Aquitaniaの2016和田正一郎厩舎予定)はユニオンの馬ですがこれについても聞けばよかった。。。ヴァイスジーニーストレイライトランはそれぞれ和田正道厩舎の馬ですので、見学は難しかったかもしれませんけど。。。
1802149
下調べの悪さと、和田正一郎先生のいきなりの登場で、バタバタしてしまい、いつものようにいきませんでした。

しかし、今回の見学で気付いたこと。和田正一郎先生に対しての信頼、そしてキャプチュードへの期待の大きさと素質の高さ、、、これを知ることができただけでも大きな意味があったと思います。
あと、パワーホースレーシングでも書きましたが、放牧地となる牧場とトレセンの中で働いている方の関係が、栗東近郊とは全く違う。。。競馬歴25年を超えるワケですけど、知らないことって多いなぁ~と思いながら、ローレルクラブやユニオンに居ることで知ることができたことも多く、感謝する気持ちも生まれました。

夜はハイアット・リージェンシー東京にて再度和田正一郎先生に挨拶を。

和田正一郎先生をはじめ、和田牧場のスタッフさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

そして、これで関東牧場巡りレポート終了です。読んでいただきありがとうございました。コメントもありがとうございます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

20180204関東牧場巡り③

今日からバイク通勤。寒いですけど、気持ちが若返ります。整備費で10万円以上かかりましたからね。。。毎日乗らないと勿体ないかな。。。って、気持ちが一番ですけど。
これからはしっかり乗り続けようと思います。

さて、関東牧場見学。。。2か所目は、KSTCです。こちらは2014年2月に来たことがあります。カズサクションニナフェアリーの見学をしました。
今回は、4年前に見学したカズサクションの仔であるカズサクションの2016を見るために訪問しました。

ダイヤインザラフのレースよりも優先したかった馬。。。それがこのカズサクションの2016です。当歳時も1歳時もツアーの中で、村上欽哉牧場さんで見学。ハイチーズアイスグレーアビームレッドティムールの2016と一緒に見学したことで、印象に残り難い立場での展示だったことは事実。しかし、HPでの写真を見て『これは実際に見ておきたい』と、強く思うようになりました。

KSTCはリニューアルしたばかりで、門から馬房まで新しいモノになっています。メチャクチャ綺麗です。4年前に見学した写真を見ると、カズサクションニナフェアリーもだいぶ古い施設の前で写っていましたからね。。。

リニューアルされたKSTCでの見学。。。この日は場長さんが東京競馬場へ出向いており不在。しかしこの日の夜に、ローレルクラブ新年交流会に出席されると言うことで、見学時は若いスタッフさんからお話を聞き、詳しい話を場長さんから新年交流会のときに聞きました。それをオーバーラップさせてレポートを書いていこうと思います。
1802131
まずは馬房内に案内され、頭絡をつけていただき厩舎の外へ。。。いやぁ~見るからに立派な好馬体。秋のツアーでも見ているのですが、こんなに迫力があったっけ?と、思うくらいの成長を感じさせます。
1802132
直近の計測では馬体重487キロ。2017年9月のツアーレポートを見ると、『決して大柄ではないですし、地味な存在に映りますが馬体は筋肉質でコンパクト。特筆すべきところは少ないですけど、減点すべきところもない。。。』と書いていましたね。
今回の見学で思った印象は、『馬体に伸びがあり大きくて、脚長。脚元もしっかりしていて、サウスヴィグラスっぽくない感じ。。。』といったところでしょうか?決してコンパクトだとは思えなし、地味でもないですね。
1802133
ガッチリしていて、伸びのある馬体は迫力があり、サウスヴィグラスにありがちな、コンパクトで脚が短い重戦車タイプではありません。大型馬であった母カズサクションの影響が出ているのだと思います。場長さんも『カズサクションは母馬として魅力があったし、大きな馬体だったので、サウスヴィグラスをつけてみたら面白いと思っていた。そして生まれてきたこの仔は本当に狙い通りのいい馬になっています』とのこと。
1802134
アジュディケーティングゴールドアリュールサウスヴィグラスと配合された所も狙い通りで、『ダートで走らせます』と、聞きましたが、繋ぎの角度を見ると芝でもイケそうな感じがしちゃいます。でも、ダートでいいんだろうな。。。色気をもって芝を使ってリズムを崩しても良くないので、ダートで世界を狙いましょう。ダンケシェーンのように。
1802135
脚元もスッキリしており、脚元の不安に泣かされるような感じはありません。これから本格的な乗り込みがされるワケですが、かなりのハードトレーニングにもついて行けそうな馬体。もともと筋肉質だったこの身体に更に良質な筋肉がついてくるとなるとワクワクします。


この仔はKSTCさんの所有する繁殖カズサクションの仔なのですが、生産は村上欽哉牧場さん。村上欽哉牧場に委託されて生産を行っています。未勝利だったカズサクションに地味なサウスヴィグラスの仔と言うことで、当初はもう少し低い価格設定で提供する予定だったそうです。しかし、生まれてきた仔の馬体が素晴らしく良く、村上欽哉さんとの相談により『この価格では安過ぎる』という結論で1000万円募集になったのだと聞きました。何が言いたいかというと、生まれてきたときに既に好馬体で評価されており、この秋から冬にかけて更に馬体が進化。。。もはや1000万円の馬体でもないそれ以上の馬体と言うことです。
1802136
関東牡馬では人気のネネグースの2016ロードカナロア)がいたり、サウスヴィグラス産駒ではカクテルラウンジの2016が800万円の安価であり、全姉グラヴィオーラエーデルワイス賞2着、東京2歳優駿牝馬競走優勝と活躍しており、カズサクションの2016は存在自体が地味になりがち。。。それでも馬体はいいと思うんですけど。。。皆さんはどう思われますか?
1802137
馬を歩かせてもらいましたけど、いい姿勢で歩きます。後から見ても体軸がしっかりしていてブレが少ない感じ。速いところをどんなフォームで走るのか、今から楽しみになる歩き方です。

男馬ですが、人に従順で悪さをしないとのこと。普段は本当に大人しく、オンオフがしっかりしたタイプだと言うことです。
1802138
今のところは至って順調であり、早い時期から使っていく予定を考えていらっしゃるそうです。岩戸孝樹先生とも連絡を密に取れる状態にあり、不可解な使われ方は無いんじゃないかな?
元々、ダート1800mあたりを中心に考えられていた仔ですが、馬体の成長とともに更にその適性に寄っている気がします。稼げる条件で走れることはいいですね。
1802139
見学の最後に、KSTC代表自慢のウッドデッキを見学。今度はこのウッドデッキの上からカズサクションの2016を見学できたらな。。。と思いました。

お休みのところ見学に時間を割いていただき本当にありがとうございました。

そして、このレポートを読んでくださいましてありがとうございました。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧