2020年2月 5日 (水)

2020ローレルクラブ新年交流会レポート③

今日は一日外にいる仕事でした。。。今年一番の寒気が押し寄せてきまして、夕方は寒かった。。。風邪をひかないようにしなくちゃ。。。

さて、新年交流会レポートの続きにいきますが。。。スイマセン。。。淡々とした感じで進んでおりまして。。。懇親会の良さを伝えたいのですが伝わっているでしょうか?

いつも北海道に行くとお世話になっている新冠橋本牧場さん。こういう場ではなかなかの人気者なので、話をしないことが多いのですが今回はタイミングが合いましてお話をさせていただきました。
話の中心はやっぱりジョディーズロマンの2018について。父ディスクリートキャットの評価はやっぱりダート寄りで、この仔もダートが合いそうな印象だとか。体力と仕上がりの早さには自信があるようですので、このまま頑張って欲しいですね。
パッショーネの万ハックも9000mまで進んできました。パッショーネさんは1頭に掛ける時間が長いワケですよね。。。そうなるとやっぱり預託料が高くなるんじゃないか。。。と、質問してみました。。。すると。。。『これが意外かもしれないですけど良心的な預託料です。。。スタッフも全員日本人です。そして、ノーザンファームから流れてきた人たちが集まってできた育成牧場なんですよ。。。ノーザンファーム時代に多くの名馬に跨りその背中を知っているスタッフの中で育成されていく競走馬がどう仕上がるのか楽しみですよ』と。
ジョディーズロマンの2018も楽しみです。

ツアーではいつも同じテーブルに座り、二次会でもガッチリお話しさせていただく村上欣哉牧場さん。
ツアーに参加しなかったので久々にお話をさせていただきました。
いきなり『フェニーチェの2018(当然)買ってくれましたよね?』と。
『スイマセン。。。満口になっちゃったので出資できませんでした』というと。。。『みんなそう言うんだよね~』って。
フェニーチェの2018は村上欣哉さんの大のお気に入り。現時点での出来もいいようですし、入厩先になる加藤征弘調教師も『生まれたばかりの時から成長を見続けていますが、かなり期待している仔です』とコメント。
走る可能性が超高いと思います。
それから・・・村上欣哉さんから『モーリスダンシングロイヤルの2019)は凄くいいですよ。絶対に買ってくださいよ』と、強要されました(笑)
モーリスの牡馬で1800万円はリーズナブル。まだ、実馬を見ていないので即出資とはいきませんが、要注目馬です。皆さんもいかがでしょうか?

そして、タバタファームさんとお話を。。。
タバタファームさんとは以前も少しだけお話をしたことがあるのですが、今回はガッチリと長い時間会話をさせていただきました。
まずは猫が好きだということ。。。タバタファーム代表さんが飼っている黒猫さんも見せていただきました。これからも長い付き合いになりそうです(笑)
先日、タバタファームさんにストリートキャットの2019を見学させていただきました(その時は代表さんではなくスタッフさんが対応してくださいました)が、『ストリートキャットの2019の売りは何ですか?』と質問すると。。。『安さと可愛さです』と答えが返ってきました。
この安さは。。。“逆に”自信の表れでした『超赤字です(笑)とにかく凄く安く提供して、会員さんみんなに(この仔の活躍を)喜んでもらいたい。余裕で馬代以上稼ぎますよ。もし走らなかったら。。。お酒をごちそうするんでよろしくお願いします(笑)』と。『加用正先生は数をいっぱい使ってくれる厩舎ですし、この仔はバランスもいいし脚元もしっかりしているからかなりの数走りますよ。コマーズ系の母系ですので底力は絶対にあるし全兄のレディオマジックよりもこっちの方が面白と思うけどね』と続けてくださいました。
そして、フェノーメノが大好きだということ。僕も何度か書かせていただいておりますがフェノーメノ大好き。タバタファーム代表さんと共通するポイントがいっぱいありました。フェノーメノは天皇賞(春)を連破しているのでステイヤーっぽく映りますが、ダービー2着の天皇賞(秋)も2着。スピードも十分に備えているハイスペック種牡馬だと思っています。
ゴールデンジャックサイドワインダースターリングローズミツバナムラタイタン。。。数多くの活躍馬を輩出した名牝系にこのフェノーメノ。600万円では安過ぎますね。複数口行っちゃいたくなっています。今後も要注目です。

 

そして、、、楽しみにしていた抽選会。

最初の抽選会は出資会員限定抽選会。出資馬が優勝するとゼッケンや馬ぐるみ、今回はジョッキーサイン入り優勝レースゴール前写真パネルもありまして、ベルキューズ3点、ローレルヴィクターアメージングサンと5回の挑戦権がありましたが。。。1発負けが3回。アメージングサンは勝ち残り、決勝ラウンドまで行きましたが最後の最後で負けてしまい、、、何も獲得できず。。。残念ではありますが次の愛馬の勝ち上がりラッシュに期待してその時を待とうと思います。
15809078922242 15809078834271 15809078730470
最後はビンゴ大会。。。賞品はいろいろと豪華でして、出資割引券や提供馬一口プレゼント、厩舎関係ノベルティーグッズやダーレーさん提供の種牡馬グッズ(これがなかなか格好いい)いい賞品がいっぱいありました。
ビンゴ抽選担当は山田敬士騎手が担当されました。最初はなかなか穴が開かない展開でしたが、リーチになると。。。その次で一発ビンゴ
狙っていたのは上記にもあったダーレーさん提供のアドマイヤムーングッズでしたが。。。皆さん見ているところは同じようで、早々になくなっちゃいました。そして、僕の1人前まであったアラフネの2019一口プレゼント券でしたが目前でロスト。それでも、出資割引券をゲットさせていただきました。山田敬士ジョッキーありがとう。

そして、閉宴へ。。。いつもはここからゆっくりして会員さんとじっくり話したり写真を撮ったり。。。いろいろと活動するんですが、今回はどうしても23:00までに浜松駅に戻らなければならず、余韻に浸る間もなく速攻で新宿駅に。。。

なんかバタバタした男で申し訳ございませんでした。
個人的にはいろいろと満喫しましたが、、、本当になんか忙しくて申し訳ございませんでした。心と時間に余裕をもって参加したいですね。
次回も積極的に参加しようと考えておりますので皆さんよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。

| | コメント (2)

2020年2月 4日 (火)

2020ローレルクラブ新年交流会レポート②

続きを書いていきます。。。
15806570544510_20200205073301
村田牧場さんには、、、まずはベルキューズで口取りをできたことの報告。まだまだ伸びしろを感じている馬なのでこの先の活躍も期待されていました。そして、ハーランズルビーの2018についての話題に。先日ファンタストに様子を見に行かれたそうです。
暖冬の影響もあり、例年より早く育成が進んでいるようですが、ファンタストで一番早いグループでも出色の動きを見せており、期待は高まる一方のようです。
14-14で乗ってもケロッとしているとのこと。
モズベッロはでディープインパクト系らしいしなやかさがあった仔で、牝馬っぽい繊細さを感じたそうです。このハーランズルビーの2018ヘニーヒューズの良さが表れており、馬体の力強さや胴伸びがあり、動かすと更に良く見える馬体であるとのこと。大竹正博先生はダートでの活躍を期待されているようですが、動きを見ながら適性を考えていかれるとのこと。洋芝はうまいんじゃないかな。。。って。
ローレルクラブを牽引している村田牧場さん。。。これからの活躍も楽しみにしております。

協和牧場さんともお話をしました。協和牧場さんは1年半前のツアーで僕とお話ししてくださったことを覚えていてくれまして、、、『(トゥールナージュ)で秋華賞で会いましょうと、言いましたけど、申し訳ございませんでした。』と。トゥールナージュも術後の経過も順調のようで、これからの園田でのレースには自信を持っていらっしゃいました。中央に戻っても活躍できるスペックを備えているとのことで、期待をしていらっしゃいました。
ファインスカイの2018についても、脚元のアクシデントはありましたが、一過性のものであり現在は問題ないとのこと。僕も今年のツアーで見ていないのでイメージを掴みにくかったのですが『是非見に行ってください(坂東牧場にいます)。絶対に気に入ると思いますよ』じつは、、、同じコメントを他の方からも聞いており、馬の良さは目を引くようです。
今度見に行って、前向きに判断していこうと思います。
そして、、、この新年交流会の前日。。。小倉で僕の出資馬ネージュダムールが未勝利戦で一番人気に押されていました。しかしネージュダムールは4着。その時の勝ち馬がキョウワセイヴァー。。。ロードカナロア×キョウワジャンヌ。協和さんの持ち馬でありトゥールナージュの半弟になります。『勝ったことは嬉しですけど、勝っちゃいけないタイミングで勝ってしまいました。。。申し訳ございません』と。全然いいんですけどね。
今後は1世代1頭ずつローレルクラブへの提供を考えてくださるそうです。
『ローレルクラブ会員さんが一番気にしてくれている“フジ系”を出そうと思っています。キョウワジャンヌとかファインスカイとかヘイローフジとか。。。』ということで、『1歳世代はローレルベローチェの下でお願いできませんか?』と、個人的にリクエストしてみました。ローレルベローチェの半妹になるヘイローフジの2019イスラボニータの牝馬です。協和牧場さんのお話では『ローレルベローチェを強くイメージした配合』とのことでした。協和牧場さんも大きな牧場さんですので、いろいろな意見が交わされた中での提供馬決定となるようですので、期待半分で待っていようと思います。
それでも、新冠の名門協和牧場さんから提供馬が出てくることはローレルクラブ会員の僕としては嬉しい限り。
楽しみですね。。。

牧場関係者さんとのお話はまだまだ続きます。。。

でも今日はここまで。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

2020ローレルクラブ新年交流会レポート①

昨年は新年交流会当日に仕事が入ってしまい、無念の参加断念。今年も午前中だけ静岡で仕事があり、その仕事をこなした後に新幹線で東京に向かいました。
15806468697030_20200204165601
仕事が思ったよりも早く終わったこともあり、東京入りも予定より早くなりました。東京競馬場に行ったりすることも可能でしたが、仕事から懇親会の間の予定を考えておらず白紙だったので、そのままハイアットリージェンシーホテルへ。

驚きの2時間前到着。。。ちょっと早過ぎましたね(笑)

でも、特にやることもなかったので、ロビーで待たせていただきました。

司会の細江純子様が入場し、ゲストの皆さんが入場したのちに松浦快之代表の開宴の辞からスタートしました。

今回のゲストは
奥村武調教師
奥平雅士調教師
加藤征弘調教師
小島茂之調教師
斉藤誠調教師
清水英克調教師
高橋裕調教師
武井亮調教師
和田正一郎調教師
嘉藤貴行騎手
武士沢友治騎手
松岡正海騎手
山田敬士騎手
横山和生騎手
川島牧場さん
協和牧場さん
グランデファームさん
KSTCさん
佐藤牧場さん
タバタファームさん
対馬牧場さん
新冠橋本牧場さん
樋渡牧場さん
松浦牧場さん
村上欽哉牧場さん
村田牧場さん
和田牧場さん(和田正道元調教師)
でした。

今回は。。。アメージングサン奥村武調教師にお話を聞きたかったのですが、どうにも他の会員さんとお話ししている時が多くタイミングが計れず。。。少しお話しを立ち聞きしたくらいになってしまいました。
若いジョッキーがゲストで多くいらっしゃいまして、女性会員さんと写真を撮ったりお話しされている機会が多くて。。。おじさんの僕は少し躊躇しちゃいました。

もちろん、ボーっと時間をやり過ごしていたのではなく、今回時間を割いてお話を聞いたのは各提供牧場さんとなりました。それを狙って新年交流会に挑んだワケではないんですけど、結果としてそうなっちゃいました。

最初にお話を聞いたのは対馬牧場さんです。
対馬牧場さんには出資済のウーマンインレッドの2019の話が中心に。。。となる予定でしたがプロレスの話に。。。僕もある程度は対応できますが、プロレスに一番燃えた時代は闘魂三銃士の橋本、蝶野、武藤の頃ですので、、、少し昔話になっちゃいました。もちろん、ウーマンインレッドの話にも。対馬場長がホッコータルマエを気に入っていることと、全姉の2歳馬が同じ和田正一郎調教師の下で走ります。この仔がどういった軌跡で成長していくのか。。。それをじっくり見ていきたいとのことでした。
ライオンボスとの比較もしていただきましたが、現時点での期待値ではウーマンインレッドの2019の方が上。ライオンボス以上の活躍を期待しています。
ちなみに、ウーマンインレッドの2020は不受胎。これからアジアエクスプレスを種付けするそうです。個人的にアジアエクスプレスに興味を持っているので、出来が良かったら。。。提供をお願いしておきました。(ウーマンインレッドの2019の活躍にもよるでしょうけど)

そして、名付けたウェルビーイングのデビューが間近となった樋渡さんとお話を。ウェルビーイングは脚元が固まらず、動き出すまでに時間がかかりましたが、ここにきて評価を高めています。跳びが大きく綺麗だということで芝でのデビューを予定しているとのこと。追うごとに良さが表れ評価を高めている。。。余談ですがこの仔はある方が評価している馬で、その意見と僕の意見が合致した仔です。その馬は今のところ100%勝ち上がり2勝以上するジンクスを持っています。この仔もあまり売れなかったようですが、ひょっとして。。。そう思わせる仔になってきました。樋渡さんも楽しみにされています。期待しましょう。樋渡牧場さんの2020年生産馬は3頭の予定。この頭数だとローレルクラブに提供するのもなかなか難しいのですが。。。ウェルビーイングポンポンポンと勝てば、樋渡さんの懐も温まります。そうなれば。。。2020年産馬が提供されるかもしれません。期待してますよ~

ということで、今日はここまで。

続きも随時書いていきます。

| | コメント (7)

2020年1月16日 (木)

200113中山競馬場観戦レポート2

今回のベルキューズの勝利で58勝目。口取りは記念すべき10回目を飾りました。回目になります。
今までの口取りを振り返ると、

①2007/02/10中京(未勝利)
ローレルウェルシュ
②2010/11/20京都(未勝利)
アルボランシー
③2014/11/24京都(秋明菊賞)
ムーンエクスプレス
④2015/01/10京都(新馬)
グランジゲレイロ
⑤2015/01/25中京(500万下)
ローレルベローチェ
⑥2015/12/06中京(浜松S)
ローレルベローチェ
⑦2016/07/02中京(未勝利)
グランパルファン
⑧2017/12/03阪神(未勝利)
マリアスパン
⑨2019/03/10中京(未勝利)
ベルキューズ
⑩2020/01/13中山(2勝クラス)
ベルキューズ

村田牧場産は最初の口取りもローレルウェルシュがそうでしたし、10回中4回が村田さんのところの馬。相性もいいのでしょう。

レクチャー時にもC.ルメール騎手がベルキューズに対して乗り難しいところもなく、コメントの通り。。。強い馬でしたとのこと。

走破タイムも1分53秒1はかなり秀逸で、前日に行われたオープン特別ポルックスSで勝ったスワーヴアラミス(1番人気)が1分52秒7で勝ったが、2着ハヤヤッコ(2番人気)は1分53秒4。ベルキューズは時計だけ見ればポルックスSに出走していても2着になる時計で走破したことになります。グリーンチャンネルのデータ分析でもB評価を得ており、レースを振り返っていただきました。

外枠で砂を被らず少頭数で外を回されずに好位につけることができたという、好条件であったことは間違いありませんが、十分上のクラスでもやれるだけのパフォーマンスを見せたと思います。

準オープンのダート中距離ということで、牝馬限定であれば地方交流重賞も視野に入ってきます。そして、今回のような展開で走れるようであれば地方もそうですし中山でも戦えます。

準オープンであればハンデ戦を使っていくと思います。このタイプは軽ハンデで許してもらえるタイプですし、軽ハンデ時にハマれば圧勝もあるでしょう。
20011310
3月5日JpnⅡエンプレス杯(D2100)は日程的に厳しいですけど、4月2日JpnⅢマリーンC(D1600)や7月15日JpnⅢスパーキングレディーC(D1600)は距離的にも面白そうだし、8月13日JpnⅢブリーダーズゴールドC(D2000)なんて毎年登録数も少ないですし、秋になって10月8日JpnⅡレディスプレリュード(D1800)を勝って11月3日JpnⅠJBCレディスクラシックを目標にどうですかね?年末にも12月3日JpnⅢクイーン賞(D1800)があり、ベルキューズにとっては楽しみな1年になりそうです。

武井亮先生もベルキューズをかなり気に入ってくださっているようで、『これからは三浦皇成騎手を中心とした、リーディング上位騎手を中心に人選していく』とおっしゃっていましたし、伸び代をまだまだ感じるとおっしゃっています。厩舎のエースとして扱われていくと思います。

| | コメント (0)

200113中山競馬場観戦レポート1

12月から1月にかけて電化製品の補強をしましたが、、、支払いが30万円超え。ボーナスが出たとはいえ流石にちょっと使い過ぎですね。これに服とか新規出資とかも絡むので、、、60万円くらいの出費となります。気を付けなければ。

30万円の家電の補強の中にはデジカメもありまして、、、この補強が今回の中山競馬場で力を発揮しました。。。

くっきりはっきり、、、今まで僕のカメラでは撮れない写真を撮影することができました。

自分の写真の腕ではなく、カメラの性能に頼りっぱなしですけど。

馬券はパドックの前に購入済でしたが、パドックを見てベルキューズへの期待は更に高まりました。

厩務員さんを頼って、チャカついていましたがこれはいつも通り。以前中京で、変に落ち着いていて走ったら全然いいところなく、周ってきただけ。未勝利戦勝利の時も今日のように入れ込みもあってチャカチャカしていました。
20011301 20011302 20011303
そして、C.ルメール騎手が騎乗すると、厩務員さんを頼らず前を向いて歩くように。。。毎回観戦していらっしゃる会員さんからは『(ベルキューズは)騎手を見るね。腕のない騎手だとナメちゃうから。今日は(ルメール騎手で)いいんじゃないかな』と。
20011304
本馬馬入場時もすぐに走り去っていったのであまり写真が撮れませんでした。でも、いい感じで返し馬に行けたことは頼もしく感じました。

外枠だったので、写真もきれいに撮れるかなぁ~と期待していました。

レースは序盤から意外な展開に。スタートはまずまずだったのですが、前が遅いとみると、ルメール騎手がベルキューズに気合を入れて、1コーナー手前から前につける作戦に。。。
20011305 20011306
そのシグナルにも見事に応えたベルキューズ。好位でレースを進めるという新しいスタイル。

カリーニョミノルと⑥ロジシルキーを前において終始3番手の外で競馬を進めていきます。
直線入り口で、ロジシルキーを置き去りにしたところで『勝ったぁ~』と思いました。余裕でカリーニョミノルとの一騎打ちを撮影して、一旦撮影をやめてゴール前での撮影の準備をしようと思ったら、、、書き込みに時間がかかってしまい、ゴール前の撮影に間に合わず。。。わずかに1秒弱遅れてシャッターが下りまして、ゴール前をガッチリ撮ることができませんでした。これは次回への反省としたいと思います。
20011307 20011309 20011308
中山競馬場での初口取り。中山競馬場では口取り申し込みも初めてなので、、、当然のことですが、口取り達成率100%です。今回の口取りメンバーは6名。みんなで握手を交わし喜びを分かち合いました。
20011310
一緒に競馬場に行ったムスコにカメラを託しセレモニーを終えました。

ムスコが羨ましがっていましたね(笑)こうやって、一口競馬ファンが増えていくのでしょう。。。

11レースフェアリーSでも新カメラの練習で、⑭カインドリー、⑤ポレンティア、⑪アヌラーダプラの写真を撮りました。
20011313 20011311 20011312
本当に強い勝ち方。次も楽しみです。いろいろと頭で考えたことは次の記事で書いていこうと思います。
20011314 20011315 20011316 20011317 20011318
とりあえずここで一区切り。

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

ユニオンセレクトツアー2019レポ10

今日もユニオンレポート書きますが、ここで一旦終了としたいと思います。

何せ、一度に多くの馬を見続けたので、全馬的確に(もともと的確ではありませんけど)レポートできる自信もなく、メモの多い馬を中心に書いていきました。

書いていない馬もいますけど、リクエストがあればお応えしていきます。

ということで、はじめます。

PEGASUS17(キズナ×マドレボニータ

セントライト記念に続き、先日七夕賞を制覇したミッキースワローの半妹になるマドレボニータの2018です。父キズナもビアンフェがローレルクラブの期待馬ヴァクストゥームに先着し、函館2歳Sを制しました。
1564488864540015644888849195 15644888692051 15644888724512 15644888802384 15644888885296 15644888770603
注目血統の1頭ですね。

馬格があり、見栄えのする仔でした。ミッキースワローの父がトーセンホマレボシですので、キズナに変わって更に頑張れる気はするのですが、どうでしょう?
母系も祖母のツィンクルブライドは桜花賞のときにメチャクチャ応援していました。でも、ちょっと難しそうな気性だな。。。と思った中から、ペールギュントを産みましたし、力はあるんだろうな・・・と。切れ味とスピードに長けた血統を体現したような、軽い動きは感じました。

ツィンクルブライドのようなマイルくらいでの活躍が期待できるんでしょうか。。。

1,200万円。僕は安いと思います。

カミイスタットさんといえばマンハッタンスカイ。。。その他スカイプラネットヴァレッタスカイ。。。(ヴァレッタスカイは出資しておりました)この仔も○○スカイの馬名になるのかな?


 個人的に気になるところとしては、クビの使い方かなぁ~。。。これは何度か見に行かないと、はっきりしないところですので、出資を本気で考えるならもう一度見に行くと思います。

それから・・・杉山晴紀先生にお世話になりますが、現役馬でグランヴィクトリアがお世話になっております。育成場の評価は高いのですがレースになると全くダメ。。。既にスリーアウトを食らっているのですが、粘り強く使ってくださっています。

ここを皆さんはどう評価されますでしょうか。。。僕は結構嬉しかったりします。
チャンスがある以上はやってみる。。。掲示板では(グランヴィクトリアに限らず)『早く引退させろ』とか『終了』とかコメントされたりしますけど、嬉しいじゃないですか!

グランヴィクトリアが勝ったときには・・・考えたい1頭ですね。(そうしたら見に行きます)

馬体気入度 ★★
血統気入度 ★★★☆
動き気入度 ★★☆
買いたい度 ★★★☆

これから次第では注目してる度 ★★★★☆

ユニオン馬でリクエストがありましたら、連絡ください。。。メモを辿ってレポートしていきます。


| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

ユニオンセレクトツアー2019レポ9


 メモに残っていて、書けそうなモノを書いていきます。

PEGASUS34(ゴールドシップ×シックファイター

根強い人気のあるゴールドシップ産駒が昨年に続き2年連続のラインナップです。
15644880023263 15644879988272 15644879945191 15644879846480
今年は関東馬。。。シックファイターの2018です。

クラブでも活躍した8歳年上のフジキセキ産駒オリアーナの半妹になります。

カタログには『闘争心』という言葉がありましたが、実際に見てみるとおっとりした感じでしたし、牧場の方に聞いても『大人しくて扱い易い』と聞きました。

馬格はあり、柔軟性がある歩様は楽しみです。血統的にはダートっぽく思いますが、歩かせると芝っぽく見えます。芝っぽく見えるダート血統馬は結構活躍する傾向にあると思います。

ゴールドシップ産駒は2歳新馬でサトノゴールド1頭が勝っていますが、まだまだ傾向が掴めない状況ですからね。。。でも、シックファイターの2018はバランスのいい馬体で面白いかもしれません。

馬体気入度 ★★★
血統気入度 ★★☆
動き気入度 ★★★
買いたい度 ★★★

ゴールドシップファン注目度 ★★★★★

ゆっくりですが、blogの方も復旧していきます。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

ユニオンセレクトツアー2019レポ8

今日も書いていきたいと思います!

PEGASUS3(ドゥラメンテ×バクシンヒロイン

https://youtu.be/VNy7hbKqb_U

ドゥラメンテの仔が1,200万円ですよ~。。。何か不具合があるんじゃないか。。。と疑うのは昔の話。今はそんな馬をなかなか出してこないご時世になったと思います。
15636148285792 15636148229871 15636148135740
カタログのコメントではしっかりした馬体とか、厚みがあるとか、、、その言葉に少し動かされて、ツアー前の当ブログでも1,200万円なのにしっかりしている!と書きましたが、正直いますと・・・カタログ写真ではそこまで、目を引く感じではなかったかと思います。(個人的には標準より全然上で悪くないとは思っていましたが、トップクラスではなかったと振り返ると感じます)
15636148679463 15636148847537
しかし、、、ブリーボーンズの2018と同様にこの仔も大きく変わってきた1頭だと感じました。

今回のツアーで撮った写真を見ると、かなり幅が出てきて厚みも増してきているような気がします。管囲も20.0cmあるところから見ても、骨がしっかりしていて、フレームの大きな馬体だと感じます。厚みが出てきたとはいえ、現在の馬体重は400キロを少し超えたくらい。まだまだ成長途上であることは否めません。
15636148882718 15636148933489
でも、胸前もトモもしっかり浮き出ている感じもありますし、これに更に肉がついて成長してくるとするならば、大きな期待をしてしまいそうな1頭です。
15636148726454 15636148807236
馬体のバランスはカタログの写真のときも良かったですし、それはツアー時も維持できていたと思います。短距離馬って感じはあまりしませんね。ドゥラメンテの距離適性はよく分かりませんが、キングカメハメハ系の種牡馬は気性が安定していることもあって、父の得意としている距離よりもやや長めの距離で活躍しているような気がします。ドゥラメンテもクラシックディスタンスで活躍した仔ですので、その辺りがターゲットになる気もします。
15636148758175 15636149011531
母のバクシンヒロインは2歳北海道で短距離ばかりのときのレースを勝ったため芝1200mでの勝ち星となりましたが、札幌芝1500mでも2着なっているようにマイルあたりまで走れる母だったのだと思います。
15636148971610 15636149345729
母としてのバクシンヒロインは父の良さを上手く受け継ぐタイプでハーツクライ産駒マッシヴランナーは1800mで4勝。障害戦も勝っています。ヨハネスブルグ産駒コパノハリーはダート1200で勝ってますからね。
15636149072132 15636149145304 15636149178925
サクラバクシンオーの肌馬って面白いと思いませんか?スピード馬をつけるとスピードが顕著に出るし、スタミナのある馬をつけると中距離でスピードとスタミナのバランスをうまくとって走れるし。。。
15636149105783 15636149310698
父がドゥラメンテになり、馬体からも2000m以上で走るんじゃないかと僕は感じております。
15636149214766 15636149274517
動かしていただきましたが、歩様もしなやかで力強い。あまり硬い感じがしないので、芝で大きく飛び跳ねてくれそうなイメージ。オークスとか出走しないかなぁ~。。。
15636149214766 15636149274517
馬を引いてくださったのが、社長の息子さんでして、、、夜に開催されたパーティーには親子で出席されていました。

そして僕は、そのテーブルに御一緒させていただき、いろいろな話を聞かせていただきました。
15636149461322 15636149391150
先ずは、価格について。これは社長さんからコメントをいただきましたが、牧場に残したい牝馬だったので、ユニオンに出しました。。。と。価格は・・・皆さんに楽しんでもらいたいので、最大限リーズナブルにしました。。。(ユニオンさん側のバランス的なこともあるので、この辺が落としどころかと)
悪いところもないし、自信を持っていますとのこと。
15636149428111 15636149637776
ドゥラメンテをつけたことにも、この繁殖に期待しているからつけてみたと。

息子さんにもお話を聞かせていただきましたが、佐竹学牧場さんは結構大きい牧場さんだということを、そこで教えていただきました。(大変失礼しました)
15636149751259 15636149522063
そして、ノーザンテーストのクロスに拘りがあるようなお話でした。(佐竹学牧場のもう1頭のドゥラメンテ産駒であるミスホーユーの2018にも同じクロスがあります)

ノーザンテーストのクロスによりスピードが強化され、距離がある程度持っても必要なスピードが維持できると期待しているようです。

生まれてきたこの仔は期待していた通りの馬体で誕生。今もその期待値は高いままで変わらないようです。まだまだ成長が見込める馬体ですので、生産牧場も大きな期待を寄せていることを肌で感じました。
15636149591105 15636149675117
秋にもお誘いを受けたので、佐竹牧場さんにお邪魔して来ようと思います。

因みに、この仔は目名共同トレセンでの育成を予定しているとのこと。

予定先の大橋勇樹先生は佐竹さんが信頼している厩舎の一つ。マリアスパンもお世話になっていますが、なかなか体重維持の難しいあの仔を丁寧に扱ってくれていることに感謝されていました。

大橋先生ほど馬に愛情をもっている先生は居ない・・・これは、競馬サークルでよく聞く言葉ですから。

牧場と厩舎が信頼しあって、しっかり馬を作ってくれると思います。

大橋勇樹先生は佐竹学牧場にもよくいらっしゃるようで、今度、大橋先生が牧場に訪れた時に僕のことをお話ししてくれるようです。覚えてくれていると嬉しいなぁ~

佐竹さんが大事にしている母系。。。この馬がクラブに提供され、その仔が活躍する。。。そんなロマンがこのクラブの楽しみ方の一つですからね。

馬体気入度 ★★★★☆
血統気入度 ★★★★★
動き気入度 ★★★★★
買いたい度 ★★★★★

ドゥラメンテ産駒お買い得度 ★★★★★

今日も1頭!!

写真も乗せねば。。。


| | コメント (2)

2019年7月16日 (火)

ユニオンセレクトツアー2019レポ7

今日は・・・通常業務でしたが、、、自分から積極的に動いてみました。即結果が出せたワケではありませんが、ネガティブになっても仕方がありませんから。。。頑張り続けたら結果が出るかなぁ~。

今日もユニオンさんへの恩返し。。。ということで、ツアーレポートを書いていきます。

PEGASUS9(エイシンヒカリ×ブリーボーンズ

https://youtu.be/dRPuUQa7jv0

先日、デュアルウィールドが勝利し、畠山牧場提供7頭目(3歳サニーサインズを入れると8頭)にして、51戦目でのユニオン初勝利を迎えることができました。。。
15636143836541 15636144080996 15636143969124
って、ブリーボーンズの2018のレポートにデュアルウィールドは関係ない・・・というか大ありなんですよね。

懇親会にてひぃくんにご挨拶に行ったときに、畠山さんを紹介していただきました。そこでいろいろなお話を聞かせていただきました。

この、ブリーボーンズの2018ですが、900万円で提供されているのですが、価格決定がデュアルウィールドの初勝利の前。。。『この仔(ブリーボーンズの2018)の出来にはかなり自信があって、もっと高い値段を考えていたけど、通算で1度も勝っていないうちが、高い値段で馬を出しても、“何考えてるんだ”って言われそうだし、応援してくださっている皆さんへのお詫びも込めて、この価格で出しました。』と、おっしゃっていました。
15636144162568 15636144019175 15636144119487
そして、この馬を提供した理由を聞いたところ・・・『この仔は生まれて10分か15分くらいで立ち上がったんだよね。。。(普通は40分くらいかかるらしいです)。早く立ったからって必ず走るワケじゃないけど、何か持ってるなぁ~って思って。。。(早く立つことで)運動神経が高いことの証明にはなるから。こういう馬で会員さんと一緒に夢を見たいですから。。。』と。凄く明るい社長さんで、一気に畠山牧場さんとこの仔の虜になってしまいました。

時間を巻き戻して、、、展示のときは。。。

パンフレットの写真と全然違う雰囲気を感じました。
牧場関係者さんが口を揃えて言うのは、『パンフレット撮影時は馬の見栄えが一番悪いときなので、嫌なんですよね。あの時から馬がだいぶ変わってきましたよ』と。
15636143626130 15636143778140
そんな中でもブリーボーンズの2018は凄く変わった1頭だと思っています。


パンフレットの写真でも立ち方は綺麗だし、バランスの良さを感じていましたが、セレクトツアー当日は別馬に見えるくらいしっかりしていました。バランスの良さと立ち方の美しさはそのままに、筋肉がしっかりついてシルエットも美しくなっていました。

この短期間で大きく変わる仔は本当に楽しみ。そして、2歳春あたりで更に大きな変化があるという血統のようで、ここからもっと良くなることを考えると楽しみしかありません。
15636143877162 15636143931513
体高153胸囲168管囲20.2で馬体重は400キロ程度。体高は平均的ですが、胸囲はやや数字が小さく薄い感じですが、筋肉質で背中の短い馬体。それに畠山社長の言っていた高い運動神経を兼ね備えているなら。。。楽しみです。

エイシンヒカリ産駒は5頭が登録されておりますが、意外と一口クラブ募集馬が少ないという噂。

国内では毎日王冠とエプソムカップの重賞2勝ですが、香港Cとイスパーン賞のGⅠ2勝を挙げており、人気と才能を兼ね備えた人気馬の産駒。。。ディープインパクトの後継種牡馬も多くいますが、まだ本命となる後継種牡馬がいない感じ。。。もしかしたら。。。エイシンヒカリが最良の後継種牡馬になる可能性もあるんじゃないかと思っています。

母も北欧で活躍しダート重賞勝ち馬ということとエイシンヒカリも軽い芝よりも少し重たい芝やダートでの活躍があったということで、この仔にもダート短距離での活躍が期待されているようですけど、、、

歩かせていただきましたが、なかなか人の言うことを聞かず(笑)かと言って、大暴れするワケではなく自分を持っているというか、芯がしっかりしている馬なのかもしれません。

歩き自体は、軽い感じというよりもちょっと粘り気がありパワーを感じるタイプ。これがキャンターになったりギャロップになったりするとまた変わるのかもしれませんけど、そんなイメージです。

先日半兄のモッズストーンが未勝利戦を勝ちましたね。馬柱のブリーボーンズの名前を見て、モッズストーン馬券を購入。的中した縁もあります。

そして、厩舎にも注目。

高橋義忠厩舎はしっかり使ってくれますし、馬の扱いにも納得のいくことが多く、ストレスが少なく済むことでしょう。

畠山さんが高橋義忠厩舎を選択した理由は『連絡も取り易い環境ですし、いろいろと話もできる』ということで、牧場からの信頼と関係が厚い厩舎というところも注目ポイントでしょう。

この仔にも期待したいですね。

馬体気入度 ★★★★☆
血統気入度 ★★★★★
動き気入度 ★★★★☆
買いたい度 ★★★★★

エイシンヒカリ産駒貴重度 ★★★★★

今日はここまで・・・

| | コメント (6)

2019年7月15日 (月)

ユニオンセレクトツアー2019レポ6

今日は2本立て。。。

久々のユニオンセレクトツアー2019レポートを再開します。

PEGASUS15(シニスターミニスター×サンドヴィーナス
15631942738531 15631942987605 15631942741122 15631942880800
さて、久しぶりに行ってみましょう!!
事前にもチェックしていましたし、3頭居るシニスターミニスター産駒の中で事前のビデオでもいちばん歩様が気に入った仔がサンドヴィーナスの2018でした。
15631942881351 15631943121422 15631942986604
もうビデオやボイスレコーダーを頼らないと思いだせない感じですけど。。。

ツアー初日の夜のパーティーでも岡田牧場さんのスタッフさんと一緒のテーブルに居ましたので、いろいろとお話を聞けました。

第3グループで展示されたサンドヴィーナスの2018ですが、このグループはこの馬が断然の注目馬だったので、メチャメチャ長い時間この仔に割いちゃいました。
15631943119470 15631943119871
測尺は体高150胸囲168管囲19.0ということで、かなり小さい部類ですが、コンパクトでバランスがいい。顔も小さいことで、いい感じに見えるのかな?。。。

この顔・・・クラブスタッフさんに聞いたところ、サンドヴィーナスのお母さんであるユニオンに初めてのGⅠをプレゼントしたサンドピアリスにも似ているのですがその母。。。つまり『ひいばあちゃん』、『曽祖母』になるイエンライト系だと聞きました。
15631942985883 15631943344382
小顔で目がキョロッとして可愛い顔は、長くユニオンに携わっている人にしか分からない『イエンライトそっくりな』顔なのだとか。サンドピアリスも現役時はメンコを被った顔の写真しか見ていませんが、引退後の写真を見つけて見てみると。。。やっぱりこの仔と似た小顔で目もはっきりとしていました。そして、額にある星の雰囲気もサンドピアリスに似ていました。
15631943472420 15631943473982
古くからの会員さんには思い入れの強い仔なのだと思います。
そのため、動画も結構長く撮っているのですが、他の会員さんが映り込んでいるため、YouTubeでの公開は一旦やめております。それくらい見ていた人が多かった仔でした。
15631943343461 15631943342970
馬体の雰囲気もGⅠ馬の一族であるように小さいながらも気品がありバランスも抜群にいい。シニスターミニスター産駒らしい低重心でありながら重苦しさが無く一歩目が速そうな体型をしています。
グローバルリーチに似ているって言うと、皆さんはどう評価するか分かりませんが、グローバルリーチもいい馬でしたから。怪我の後は苦しみましたが、怪我前はGⅠ出走を考えていたくらいの馬でしたからね。

歩かせていただくと、その評価は更に高くなります。

キビキビとした歩様で軽さがあり、何よりもクビとの連動が素晴らしい。脚の送りもいいのですが踏み込みが深く、歩数以上の推進力が生まれるタイプです。歩いたときの脚の軌道もいいですし、腰のブレもない。本当にこれはひょっとするかも。。。と思っています。
15631943472811 15631943585240
因みにグローバルリーチに出資したきっかけは育成先からのアポ電だったのですが、そのときも歩様のこととクビの使い方については話をいただきましたから。。。

グローバルリーチ同様、走るシニスターミニスター産駒の特徴を持っている仔であり、グローバルリーチ自身も勝ち鞍は2歳芝1200mでした。怪我がなかったら。。。もっと勝てていたと思っています。

岡田牧場生産馬なので、育成場は自前の目名共同トレセンになります。岡田牧場生産馬といえば・・・現役であり、我がユニオンファミリーで唯一2勝を挙げているスプレーモゲレイロと同門。僕とも相性がいいのです。

脚元も丈夫そうですし、高柳大輔厩舎ということもあり数多く使ってくれる気がします。

一口馬主はやっぱり数を使ってもらわないとつまらないですし経済的にも苦しくなります。そういう視点からも丈夫そうな脚元のこの仔は高評価です。

気性も大人しく人に従順。これもイエンライトからサンドピアリス系に見られる特徴の様で、大切なことです。

満口になったシニスターミニスター産駒であるマリアージュの2018もいいですけど、こっちの方がいいと思うんだけどなぁ~。因みに『馬師匠』に相談してもおんなじ分析結果でした。

兄(父はベーカバドメイショウカミシマは芝長距離で活躍、叔父タマモストロングはダート中長距離で重賞4勝。。。この仔もそこそこ距離が持つタイプだと思います。

最初は芝で使っていって、のちにダートに切り替える。。。そんなプランで息の長い活躍を期待できます。

アクシデント的な怪我がなければ、、、この先は実査に結果を出して証明します!!

ユニオンとシニスターミニスターとの相性も見逃せませんし、『馬師匠』からも“ユニオンだったらシニミニ産駒”と、教えられております。

皆さん是非この仔をよろしくお願いいたします。

馬体気入度 ★★★★★
血統気入度 ★★★★☆
動き気入度 ★★★★★
買いたい度 ★★★★★

ユニオンロマン度 ★★★★★

今日はここまで。。。いっぱい書いちゃったので。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧