2021年2月24日 (水)

ローレルアイリスがJRA再転入

これだけ書いちゃって、『北海道牧場見学レポートツアー仕立て』に移行したいと思います。

とはいっても、新冠橋本牧場さんを見学した際にローレルアイリスのことも聞いてきましたので、半分見学レポート風味になっていますのでお楽しみください。

ローレルアイリスがJRA再転入。厩舎も決まりました。
1810067_4
ローレルクラブからの情報
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ローレルアイリス
2021/02/15
前走の優勝でNAR通算3勝目を挙げJRA再転入条件をクリアしたことから、名古屋競馬の登録を抹消し三重県の三重ホーストレーニングセンターへ本日移動しました。今後については、栗東トレセンで新規開業する杉山佳明厩舎へ3月2日(火)以降に入厩予定です。なお、再ファンドを承諾された会員様につきましては、再ファンド出資契約書を別途郵送いたします。
2021/02/19
杉山佳明師「馬の状態を見て入厩日を内定しておく必要がありますので、三重ホーストレーニングセンターへ行ってきました。競馬から間もなく初めての場所への輸送もありましたから、競馬の体重からまだ10kgほど減っていましたけど、両前管骨内側の骨瘤や左前肢屈腱上部などの状態は落ち着いている事を確認できました。この後は牧場で馬体回復を優先してもらって、予定通りに3月上旬の検疫を申し込む予定です」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ローレルアイリスが地方3勝を挙げJRA再転入を果たしました。

この仔は当歳からかなり気に入っていた仔で、馬の形は僕の理想に近いモノ。桜花賞も期待していました。

しかし、なかなかうまくいかず・・・JRA安田隆行厩舎では一度もレースに出ることなく地方へ。

最初に所属したホッカイドウ競馬では思ったより早く出走できましたし、まずまずの結果を出しました。

それでも、僕の期待からするともどかしい結果が続き勝ち切れない悔しさが続きました。

ホッカイドウ競馬の年内の開催が終了し移籍した次の戦いの場は岩手競馬。重いダートが合わなかったのかここでは大敗続き。

途中でレースを辞めてしまうような精神的に心配な面も見えて、僕自身も諦めかけました。

そして、名古屋へ移籍。。。

ここでまさかの2戦2勝。。。

新冠橋本牧場代表橋本英之さんも『移籍初戦も勝ってビックリしましたけど、2戦目も強い馬(ベンガン)が居たので勝つまでは考えてなかったけど、嬉しかったですね。やっぱり軽いダートが合うんでしょうね。名古屋での結果を見ると(ローレルアイリスは)やっぱり芝馬なんだなぁ~と思いました。やっぱり芝で走らせたいなって思いますね。ここからですよ!!』と。

新しい所属厩舎は栗東・杉山佳明厩舎に決まりましたが、その経緯について・・・

僕は個人的には、前所属の安田隆行厩舎との絡みもあるので、美浦に行くんじゃないかと思っていたので、まさかの栗東所属。その部分についても聞いてみました。

ローレルアイリスには期待をしているので、ローレルアイリスに合った施設を持っている栗東に入れたいと思っていました。栗東で面識のある先生6~7人くらいにお願いしたんですけど、この時期はなかなか受け入れてくれるところがなくて、全部断られちゃいました(笑)引退した調教師さんにも相談したりして・・・そこで新規開業の杉山佳明先生のところに空きがあると聞いたので、面識のない先生でしたけど(杉山佳明先生)にお願いに行ったところ受け入れてくれることになりました』と。

橋本英之代表はローレルアイリスにかなり期待していることがうかがえます。

続いて、、、『ローレルアイリスは水沢が全然ダメで名古屋では人気以上に走った。得意不得意がはっきりする馬。得意な条件(おそらく芝の短距離)であれば中央でも走れると思う。アドマイヤムーンの牝馬は気難しくて扱いづらいところもあるけど調子がいいときはいいレースを持続すると思う』とコメントをいただきました。

芝1200mを中心にJRA4勝を挙げたアドマイヤナイトの全妹。そのアドマイヤナイトよりも高い評価だったローレルアイリス。初めての芝のレースをこれから迎えます。

楽しみに待ちましょうか!!

再ファンド申し込みの書類が3月1日必着になっています。

皆さん忘れずに!

取材を受けていただいた橋本英之代表ありがとうございました。

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

ライラックスマイルのこと。。。おねしゃす

日曜日。。。コロナウイルス感染拡大が終息したワケではないんですけど。。。少し落ち着いた感じ。

ということで、週末が急に忙しくなってしまいまして。。。RUGBYの大会が再開されたことと、自分のチームも試合があったということで、、、余裕があまりなくて。。。

出資馬の結果も4着4着。。。ジョディーズマロンダンケシェーンももう少し頑張れた気がしています。

それぞれ次走に期待します。

ちょっと前の話ですけど。。。
210201
ローレルクラブからの情報
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
締切直前!動画追加!(外)ライラックスマイルライラックローズ18)
2021/02/12募集馬情報
茨城県の阿見トレーニングセンター内にあるリバティホースナヴィゲイトにて、屋外ダートコース2400mを15-15のキャンター調教を行なってなっており、近日中に美浦トレセン・加藤征弘厩舎へ入厩予定となりましたので、2月16日(火)の予約受付をもちまして募集を終了いたします。

調教&ウォーキング動画はこちら

募集馬情報ページはこちら

スペシャルレポートはこちら

出資予約ページはこちら

加藤(征)師「9月生まれを考慮して成長を促しながらじっくりしっかり乗って貰いましたので、当初懸念していた線の細さはすっかり解消しました。とは言え、身体にしても気性にしても完成されるのはまだ先の話ですから、これから手元に置いて育てるのが凄く楽しみです」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

南半球生まれの良血馬。。。ライラックスマイルが募集締め切りになります。

馬は募集開始当初からいいと思っていました。

既に3歳2月ですので、ここから入厩で、秋までに結果を出そうとなると、4戦くらいで結果が出ないと苦しくなります。

南半球生まれなので、一つ勝てばいろいろな楽しみが出てきますよ。

提供元の村上欣哉牧場⇒加藤征弘厩舎は自信の証。

村上欣哉さんの自信と期待の大きさを感じます。

僕は。。。明日スクラッチ宝くじを2枚購入します。1等が当たったら・・・出資します!!

ということで、ライラックスマイルを・・・おねしゃす!

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。


| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

古川センパイに託した!

今日は・・・仕事をガッチリしてきました。佐賀記念もやりましたけど(笑)

今週末は古川吉洋ウィークとなりました。
Dsc_1556_r
土曜日は阪神6R3歳1勝クラス・ダ1400mでジョディーズマロンに騎乗。

日曜日は阪神12R4歳以上2勝クラス。ダ1400mでダンケシェーンに騎乗。

2騎とも同じ阪神で同じダートで同じ1400メートル。

今まで古川吉洋騎手には12回騎乗していただいております。

ファインスカイに3回(⑦④⑭)
ピアレスピンクに4回(④⑤⑯⑫)
トゥールナージュに4回(⑦⑤②②)
そして、
ダンケシェーンに1回(⑥)

古川吉洋騎手で勝ったことがないことは知っていましたが、意外(と言っては失礼ですけど)相性がいいことを、この記事を書くことによって知りました。

連対率.500(6/12)
8着入着率.750(9/12)

と、12回も乗って貰っている騎手としてはそれぞれ上位。あとは勝つだけです。

注目したいことは2回目の騎乗は必ず掲示板に載っているということ。

ダンケシェーンの5着以内は間違いないでしょう!!

初騎乗でも⑦④⑦⑥ですべて8着以内。掲示板だってあるんだし乗り替りが悪いワケではありません。

ジョディーズマロンも期待したいと思います。

注目すべきはこの中間に古川吉洋騎手ダンケシェーンジョディーズマロンに乗って追い切りをしてくれたこと。

ダンケシェーン
古川吉・2月10日(水)栗坂良1回・4F50.6-37.3-24.8-12.8(一杯に追う)

ジョディーズマロン
古川吉・2月10日(水)栗坂良1回・4F55.2-39.8-25.4-12.5(馬なり余力)

どちらも好時計。

ダンケシェーンは栗東坂路一番時計。そして、自己ベストも更新しました。(今までは2017年12月2日の50.9秒を馬也で)

若い頃は走れていましたが、昔の走りが戻ってきたって感じ。そうです。。。昆貢先生が重賞を意識していた頃の走りが・・・

古川吉洋騎手とは手が合いそうです。

ジョディーズマロンも馬也で4F55.2秒ラスト1Fを12.5秒なら素晴らしい。

こちらも古川吉洋騎手と手が合うんじゃないでしょうか。。。

古川吉洋騎手に注目の週末。。。

2頭とも複数口出資していますので・・・両方勝つと僕の初認だったころの給料とほぼ同額の配当がいただけます。。。

1月の賞金は全てカミさんにお渡ししましたので、僕の懐が温まるのは2月から。。。楽しみにしています!古川センパイ!!

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

ローレルクラブ馬名発表2021

今日は間違いないだろうと思っていました!!
1311021
ローレルクラブ過去の馬名発表日
2006年03月12日
2007年不明
2008年不明
2009年02月24日
2010年03月16日
2011年02月01日
2012年02月14日
2013年03月01日
2014年03月07日
2015年02月12日
2016年02月23日
2017年02月07日
2018年02月27日
2019年02月12日
2020年02月12日
今年は2021年02月09日。。。平均より早い発表でした。




【2019年産募集馬競走名一覧】
アラフネの2019 
キャプテンローレル
Captain Laurel(英語)
「船長+冠名」クラブを引っ張る存在になるように



ウーマンインレッドの2019 
フィニッシュムーヴ
Finish Move(英語)
「プロレスの決め技」得意の展開で勝利を掴んでほしい



ダンシングロイヤルの2019 
モール
Maul(英語)
「ラグビープレーのひとつ」強烈な脚力で前進する。父名より連想



ダンシングハートの2019 
アイズダンシング
Eyes Dancing(英語)
「目を輝かす」



ランデブーの2019 
ヴェルーリヤ
Veluriya(パーリ語)
「瑠璃」夜空のような輝きを持つ。石言葉は尊厳、崇高



シャンスイの2019 
ビーナスローズ
Venus Rose(英語)
「ローマ神話に登場する女神+バラ」



ストリートキャットの2019 
フェノメーヌ
Phenomene(フランス語)
「現象」父譲りの馬体から連想



ムーンエクスプレスの2019 
ベガエクスプレス
Vega Express(英語)
「織姫星+超特急」



ケイアイメルヘンの2019  
グリモワール
Grimoire(フランス語)
「魔法の書物」魔法のようなわくわく感をともに感じたい



アニムスの2019 
アニージョ
Anillo(スペイン語)
「輪」本馬が人と人との輪をつないでくれるように



リオの2019 
オリ
Oli(ハワイ語)
「幸福、喜び」母名より連想

いい名前ばかりです。
これからの活躍が楽しみでなりません。
ローレルクラブの活躍を心から願っています!!


このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (6)

2021年2月 7日 (日)

来週は2月のスペシャルウィークに

今日も上限ギリギリまで負けました。。。2日で7,900円くらい負けましたから。。。

負け上限を設定しているので、大怪我はありませんけど。

このまま続けたら、結局大怪我になっちゃいます。

何とかしなければ。。。

来週は何とかなるか・・・

1月もスペシャルウィークが到来しまして、1日2勝。

2月のスペシャルウィークは来週になるんじゃないかと期待しています。

来週末。。。13日(土)には1月に未勝利戦を勝ち上がり、短期放牧を挟んで調整が続けられているジョディーズマロンが登場します。
Img_3598
勝ち上がった中京競馬場ダート1400mと場所は阪神へと変わりますが、距離は同じ1400mどの馬がエントリーしてくるかわかりませんが、突出した強豪はいないとみていますが。。。

強い馬が出てきちゃいました。ユニオンのスマッシャーです。

この馬が一番強いんじゃないですかね?

スマッシャー以外については、交流重賞に皆勤出走しているルーチェドーロを物差しにしても、ジョディーズマロンが通用してもおかしくないと思います。

スマッシャーに勝つことがジョディーズマロンの新たなるチャレンジとなりそうです。

ジョディーズマロンも決して弱くないので、ここは勝たせていただきたいけど。。。



そして、翌日14日(日)にはひと叩きされて、状態アップが見込めるダンケシェーンが阪神12R2勝クラスダート1400mに登場予定。

東京も視野に入れているようですけど、本線は阪神のようで。

優先権がないので出られるかわかりませんが、出られたら・・・楽しみにしています。

栗東トレセン在厩のまま調整が続けられています。

先週は未勝利馬に併せ馬で遅れをとりましたが、厩舎関係者からは問題ないとのコメントがありましたし、状態は上がっていきそうです。

休み明けの前走は不完全燃焼。

このクラスでも能力上位ですので、鞍上と噛み合えば勝ち負け必至。

最低掲示板。

勝ち抜けも期待できると思います。


勝ちを意識できる2頭が来週末に登場。。。それだけでも楽しみですけど、、、

その前後の平日にも楽しみな2頭がスタンバイ。


再ファンドトライアル中のローレルアイリスが復活した名古屋で再走。

2月10日(水)名古屋10R・Cクラス・ダート1600mに出走します。

出来や調子は分かりませんが、前走は頑張りました。

JRA復帰へリーチをかけましたので、ここできっちり決められたら最高です。


そして、あとの週には2/18(木)姫路競馬場・地方交流競走・妙見山特別ダート1400mにセンスオブユニティが出走予定です。

体力不足で放牧に出されましたが、帰厩後の評価は良く、ポリトラックですけど、長めから好時計で回ってこられました。

実績からも強気にはなれませんけど、このチャレンジは好意的に受け止めています。

相手次第なところはありますけど、楽しみにしています。

最近は地方の馬も強いし、今年の3歳世代は特に地方馬が強いんだよなぁ~。。。

頑張ってほしいけど。

ということで、9日間で4頭が出走予定。

2月のスペシャルウィークに一つでも勝ってもらって、、、3月のスペシャルウィークにつなげたいですね。

3月のスペシャルウィークは。。。そうです。3月14日。。。クープドクールのフィリーズレビュー。。。この週にも何とか出走しそうですし。。。

勢いが続きますように。。。

| | コメント (4)

2021年2月 1日 (月)

ローレルクラブあれこれ2021年2月

今日は病院に行ってきました。。。骨折ではありませんでした。

良かったです。

痛みと腫れはかなり引きまして・・・何とか仕事もできました。

気力と驚異の回復力で闘ってきました!!

週末には動けるように頑張りたいと思います。

しかし。。。一人では何もできないことを痛感。。。周りの人の支えがあって生きているんだなと改めて感じました。

感謝の気持ちを忘れず頑張ります!!

さて、今日はローレルクラブについて。。。週末はラヴォラーレが2着に。

ユニオンも好調ですがローレルクラブも好調なんじゃないでしょうか。。。

1月の勢いを2月以降も保てたら・・・いい一年になりそうです。

2月に予定のあるリュウールドレジョディーズマロンダンケシェーンハイチーズドナテッラも十分にチャンスがあると思います。

期待しましょう!!

先ずは。。。ローレルクラブのTwitterが運用されていますね。
210201
今日からなのかな?

僕が30人目くらいのフォロワーのようです。

皆さんも是非フォローしてみてください。

相変わらず。。。Twitterのことをよく分かっていなくて。。。勉強します!

そして、、、そろそろ2019年産馬の馬名が発表されるんじゃないかと、予想しています。

早ければ明日??遅くとも来週には??

因みにここ数年の馬名発表日は以下の通り

ローレルクラブ過去の馬名発表日
2006年03月12日
2007年不明
2008年不明
2009年02月24日
2010年03月16日
2011年02月01日
2012年02月14日
2013年03月01日
2014年03月07日
2015年02月12日
2016年02月23日
2017年02月07日
2018年02月27日
2019年02月12日
2020年02月12日

最速は2011年の2月1日。なぜか2月12日の発表が異常に多い(笑)

馬名採用ありますように。。。

ということで今日はここまで!!

| | コメント (2)

2021年1月15日 (金)

210115出資馬近況

残念ながら中山競馬場に続き中京競馬場&小倉競馬場も無観客競馬になりましたね。

この状況下、無観客であっても開催してくれることに感謝ですけど。

小倉競馬場は観客を入れての開催が昨年2月からなされていないことになります。。。競馬ファンの方は本当に残念だったと思います。

早く、コロナよなくなれ!!

レース振り返りの文章構成もできているのですが、すぐに次の出走予定も来てしまっています。

今日は在厩馬を中心に、これからのことを書いていきたいと思います。



アメージングサン 4歳騙 1勝クラス

既に小倉に移動し、13日(水)は原田和真騎手を背に小倉ダートで追い切り。

助手・1月8日(金)美坂良1回・4F60.9-45.2-29.6-14.7(馬なり余力)
原田・1月13日(水)小ダ稍・5F68.0-53.0-39.0-12.3(6分所・馬なり余力)

時計は馬なりで終い重点とはいえ好時計。

奥村武調教師からも合格点をいただいております。

ただ、調教はよくてもレースになるとどうなるかわからないとの不安も。。。

レコード勝ち等、華々しい2歳時から一転。。。3歳時は成績もさることながら、柴田善臣騎手からも厳しい評価が下され、調教では手の施しようがなく去勢に踏み切りました。

気性の問題も脚元の問題もあって、全くいいところがありませんでした。

2021年はどうでしょう?

力を発揮したレースが函館と札幌ですので、滞在競馬があっている可能性もあります。

ここは、今週が馬券的にも勝負したいポイントです。

逆に今週のレースでも変わり身がなければ・・・覚悟をしなければならないかもしれません。でも、僕の予想では・・・(詳しくは明日書きますが・・・)期待しかありません!!圧勝でしょう!!



ダンケシェーン 6歳騙 2勝クラス

今更気づきましたが、アメージングサンと同じ村田牧場の牡馬・・・騙馬になってるんですね。

こちらは1月23日(土)中京12R・4歳以上2勝クラス・D1400m に福永祐一で出走を予定で、1週前追い切りを栗東で。

助手・1月10日(日)栗坂良1回・4F57.2-40.3-25.7-12.4(末強め追う)
助手・1月14日(木)栗坂良1回・4F51.2-37.9-24.9-12.5(一杯に追う)
ライトオンキュー(古馬オープン)一杯に1.0秒先行0.6秒遅れ

木曜日の追い切りは、デビュー当時の追い切りで走れていた頃の時計に戻った感じですね。

ライトオンキューは坂路調教では競馬界位置の時計を出す馬なので、遅れも仕方なし。

去勢前後では追い切りでも時計が出なくて、レースでも能力通りの結果が出せずにいました。

長期放牧明け直後は悪癖が出ていたようですが、それも見られなくなったという話ですし、、、

去勢効果も目に見えて出ており、更に追い切りの時計も向上。そろそろ結果につながるんじゃないでしょうか?

こちらも勝てるのでは?



フロムディスタンス 3歳牡 未勝利

村田牧場生産の去勢されていない唯一の牡馬です。

こちらも来週。。。1月23日(土)中山3R・3歳未勝利・D1200mまたは24日(日)中山1R・3歳未勝利・D1200mに田辺裕信で出走を予定となっています。

小野寺・1月8日(金)美坂良1回・4F57.8-43.1-28.2-13.6(馬なり余力)
助手・1月11日(月)美坂良2回・4F58.0-43.6-29.5-14.9(馬なり余力)
助手・1月14日(木)美南W良・6F83.4-67.2-52.1-39.1-12.6(6分所・馬なり余力)
シュバルツカイザー(3歳未勝利)末強目の外0.8秒先行0.4秒遅れ

馬なりではありますが、時計は出ておらず。

出来については判断が難しいですが、大竹正博先生も『問題ない』とおっしゃっていますし、デビュー前も調教では走らないことが分かっています。

実戦タイプだと思いますので、ここもレースに期待したいと思います。

田辺裕信騎手が乗ってくれることも心強いですし、大竹先生にここで決めるぞ!っていう意識を感じます。

ここも勝ち負け!!



クープドクール 3歳牝 1勝クラス
Photo_20200927212301
来週の小倉での復帰予定。。。

1月23日(土)小倉10R・萌黄賞(3歳1勝クラス)・芝1200mに斉藤新騎手で出走予定。

2021/01/14  栗東トレセン
栗坂良  53.7 40.2 26.1 12.5 馬なり余力

馬也で好時計。この仔は坂路で動きます。追い切りはこれで十分でしょう。

あとは、輸送とゲート。。。

輸送については、変馬なのでどう転ぶか分かりません。

福島輸送は経験にはなりましたが、結果は良くなかったですからね。。。

そして、ゲート。

前走は。。。気性からくる出遅れなのか、騎手と手が合っていなかったのか。。。個人的には微妙に感じています。

難波剛健騎手にはつきっきりでトレーニングをしていただき感謝していますが、2戦目以降についてはクープドクールと合っていないような気がしていました。

難波剛健騎手についても応援していきますが、ここは斉藤新騎手にチェンジしてクープドクールのいい面が表現されるといいな・・・と思っています。

気性の問題もあって、確実性には欠けますが力を発揮すれば勝てるはず。



ハイチーズ 6歳牡 1勝クラス

レースについては後日振り返ります。

ヒーローズファームへ短期放牧。

2月14日(日)東京6R・4歳以上1勝クラス・D2100mに出走を予定です。

小島茂之先生も『手の掛かるヤツだけど・・・』と言いながら可愛がってくれています。

この条件を使い続けてくれれば、きっとチャンスはある!!



ジョディーズマロン 3歳牡 1勝クラス

ワコーファームへ放牧。

こちらも短期放牧か?

1勝を挙げましたが、続けて使っても今まで結果が出ていないことからも放牧を挟む判断に。

妥当だと思います。

個人的には追い切りも少なかったしもう一つ使ってもいいかな?とも思いましたが、北出成人先生はこの仔を大事にしてくれています。

僕の判断よりも先生の判断の方が正しいと思います。

2月に走るんじゃないかな?

2月13日の阪神を狙い撃ちかな?

そこを勝って、3月13日中京10R昇竜Sを目標にしてほしい。。。というか、今回の放牧でそこが既に目標になっている気がします。2月13日に負けたら3月14日阪神の自己条件へ。



ビジョ 4歳牝 1勝クラス

こちらも信楽牧場へ放牧。

リフレッシュして体重が増えたタイミングで復帰予定。

大敗でしたが羽月友彦先生や水口優也騎手の評価はあまり悪くありませんでした。

力はあるのでしょう。

復活を期待。右回りで行きましょう!!



ブレシャスガール 4歳牝 1勝クラス

吉澤ステーブルWEST。

そろそろ帰厩かな?



ヴァクストゥーム 4歳牡 1勝クラス

グランデファーム放牧中。

時間をかけていいと思います。



センスオブユニティ 3歳牝 未勝利

三重ホースTC放牧中。

体力増強中。

夏まで我慢。馬が緩いですからね。馬格はあるので、エンジンがシャーシに追いついてくれれば。



サンドプラズマ 3歳牝 未勝利

チャンピオンヒルズ放牧中。

2度目の入厩も即放牧へ逆戻り。体力が無いとのこと。

覚悟はしていましたので、じっくりやってもらいましょう。そこが解消されたらやれると思います。

馬の形はいいので。


こんなメンバーでやっています。

今週はアメージングサン
来週はフロムディスタンスダンケシェーンクープドクール

4頭中2勝以上が目標。。。4勝もあるメンバーだと思います。。。ゼロ勝だと。。。泣いちゃいます。

応援よろしくお願いします。

 

明日はローレルクラブと京都サラブレッドクラブの出走予定はありませんがユニオンは多数出走。

ノーザンピークは一発あるかもですね。

レイハリアはダート替わり勝ち負け期待。

デイアフターデイは切っ掛けを掴めるか?

スライリーは十分やれると思います。

マイティウェイは実績上位。

デュアルウィールドは調教もよくここは楽しみ。

4000円の中でどれだけ馬券を買おうか検討中。

 

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

ローレル1歳馬そろそろ決めないと②

今年は・・・コロナウイルスの影響もあり、お金をあまり使いませんでした。。。馬券でのロスくらいかな・・・そのロスがデカ過ぎるんですけどね・・・反省しています。

今日は臨時収入。。。ではないんですけど、今まで立て替えていた、いろいろなお金が返ってきました。嬉しい・・・出資の補助に充てよう!!

今回はローレルクラブの1歳馬検討2回目です。

アラフネの2019は昨年のキャンペーンで一口いただいております。

アラフネの初仔だったアランチオーネは小さい馬体に苦労して、勝ち上がるのに苦労しましたが、現2歳の半兄ルーチェドーロは約500キロの馬格。新馬勝ちに函館2歳S2着。全日本2歳優駿で3着。。。能力の高さを見せています。

アラフネの2019も既に481キロ。成長度も考えるとルーチェドーロと同じくらいのサイズになるんじゃないかな。

筋肉のつき方もいいです。いい馬だなぁ~と、思う雰囲気です。

動画を見ても引き馬での動きもキビキビしていていい感じ。脚の運びもまっすぐで好感が持てます。

トモもいい感じですが、胸前が奇麗で推進力が高いんじゃないかな・・・

ドレフォンの形があまりよく分からないのですが、短距離で活躍してくれそうな感じ・・・短距離馬だったら、ある程度固さも必要かな・・・

追加出資も検討したいですね。

ウーマンインレッドの2019は今回の『GO TWO HORSEキャンペーン』で一口いただきました。

2月に見に行った時にはかなりい形で気に入っていたんですが、秋になりちょっと『ん??』って、思う感じで形が崩れていたように思います。

しかし、、、やっぱりいい馬なんでしょうね。冬になって形が戻っていました。

成長期における一過性のものだったのでしょう。

10月432キロ→11月423キロ→12月445キロ。。。と数字が示すように、急成長を遂げたと思います。

これからの成長にも注目ですね。

全姉ショウユアセルフは苦戦中ですが、牡馬に生まれた仔はキークラッカーライオンボスと活躍しています。

この仔もやってくれるんじゃないかな。

この仔も増資候補。

続いてはダンシングハートの2019です。

村田牧場さんの生産馬。。。村田牧場の生産馬はローレル現役で走っている4世代ではダンケシェーン2勝、ベルキューズ3勝、アメージングサン1勝、フロムディスタンスはデビュー戦3着。。。ベルキューズは引退しましたが、ダンケシェーンアメージングサンフロムディスタンスもまだまだ勝ち星を重ねそう。。。勝ち上がり率も勝ち星数も抜群。。。

そして、近年の活躍はモズベッロディープボンドでも証明済。。。

見送る理由はありません。

この仔も496キロと牝馬らしからぬ馬格を備え、体力面での心配もないという。

小さかったダンシングハートの馬体を父のダンカークががっちりカバー。村田康彰さんの狙い通りに成長しているんじゃないでしょうか。

村田牧場×ダンカークと言えばターファイトクラブ所属のオーパキャマラード

オーパキャマラードよりも血統も馬体も上。

ファンタストクラブでも高評価。。。是非見に行って確認したい1頭です。

この仔はキビキビという感じの動きではないですけど、グリップの強そうな力強さを感じる歩様。ダートで活躍を期待できそうです。

ストリートキャットの2019も目が離せません。
15866845437180
リーズナブルな価格は注目です。

踏み込みが深く関節の可動域が大きそう。放牧地での動きも結構軽そうで、芝で走らせてみたいですね。

大きいところ。。。って感じではないですけど、堅実に走ってくれそう。脚元は丈夫そうですしタバタさんも加用正先生に『いっぱい走らせて』と、注文しているようですのできっちり元は取れるんじゃないかと。。。

現時点では438キロ。個人的にはやや不満がありますが、背も高くないしコンパクトな馬体なのでこんなものかな・・・

全兄のレディオマジックの活躍が心強い。芝では苦戦しましたがダート短距離では安定した強さを見せています。

ストリートキャットの2019も馬体を見てもダート短距離が主戦場になりそうな感じですし。

もう少し体重が乗ってくるといいですね。

パッショーネで育成が進められているシャンスイの2019

万ハック以上の距離を乗り込む宣言が出ています。

お世話になっている新冠橋本牧場生産馬で関西清水久詞厩舎所属ということで検討中です。キタサンブラック産駒ということで、大きな仔に育つのかな?と思っていましたが、現在は体高155cm、胸囲175cm、馬体重428キロと、小さくはないですけど、雄大ではないしやや薄手な感じ。

ユニオンで募集されているコーディーラインの2019も体高の割に430キロと薄手な感じ。。。

そういう馬が多いんでしょうか・・・

不満とかそうじゃなくてキタサンブラック産駒はもう少し様子を見たいかな。。。

とりあえず、今日はここまで。。。

皆さんは、気になっている募集馬はいますか?

馬名。。。確定させて送らないと・・・

| | コメント (2)

2020年12月27日 (日)

ローレル1歳馬そろそろ決めないと①

今日の有馬記念で2020年のJRA開催が終わりました。。。馬券や出資馬の活躍についてはまた触れたいと思います。

有馬記念はファン投票1位のクロノジェネシスが1着。。。橙帽は橙帽でもフィエールマンではなくサラキアが2着。。。枠連だけ的中しましたが。。。安過ぎて、年間の負債を返すには至らず。。。

来年は馬券についても考えよう。。。

昨日のホープフルSではダノンザキッドが優勝。。。(馬券はダノンザキッドランドオブリバティオーソクレースで買っていたので残念でしたけど)

ダノンザキッドの父はジャスタウェイジャスタウェイ産駒はJRAのGⅠ初勝利なんですね。。。って知っていました。

種牡馬ジャスタウェイは一世代目から注目していました。。。ローレルクラブでは初年度産駒であるペネトレーターに出資。。。(名付けになりました)

ユニオンでは1世代目に5頭が募集されました。3000万円を超える高額の2頭。。。マイティウェイウェイクールが勝ち上がっていますが、募集価格を稼げるかは微妙なところ。。。

2世代目のトップブランドは3着4回と頑張りましたが勝ち上がれず。(現在再ファンド前提の園田競馬移籍中)

3世代目のアンフィニはデビュー戦4着。クリスタルハートは今日デビューしましたが・・・ホープフルSと同じ中山芝2000だったので期待したけどまさかの2番人気12着。。。次走に期待します。。。

2019年産駒のジャスタウェイ産駒募集馬。。。

ユニオンにも2頭のジャスタウェイ産駒(レゾリューションの2019オオオクの2019)がいますが、、、2頭のことは後日触れさせていただきます。

今日は。。。ローレルクラブのジャスタウェイ産駒にスポットを当てさせていただきます。

久々のジャスタウェイ産駒のラインナップはムーンエクスプレスの2019です。

母のムーンエクスプレスはローレルクラブで阪神JF4着。フィリーズレビュー3着。桜花賞にも出走した活躍馬。
1504120
最初の父候補はドゥラメンテダイワメジャーという話も聞きましたが、ジャスタウェイに。

2019年ツアーは不参加でしたのでそこでの見学は叶いませんでしたが、2019年11月と2020年2月に北海道に行って、対面を果たしました。

母のムーンエクスプレスに似た雰囲気の牝のある馬体でしたが1800万円の総額はちょっとお高め・・・検討中でした。

坂さんからは『母に似た馬体で肩の形とボリュームが凄い。』と。トモの形とボリュームはイマイチとウィークポイントも聞きました。

その後秋の写真では、どういうワケかスマートで品のある馬体が崩れ、僕の嫌いな形になっていました。

このままでは出資見送りかと思っていましたが・・・

最新の写真では品のある馬体に復活しておりました。トモのボリュームも程よく出てきましたし、動画の動きも満足いくものでした。

放牧地を走る姿はいいです。撮り方もあるんでしょうけど、スピード感と瞬発力を感じます。

母も3着となったフィリーズレビューはジャスタウェイ産駒であるエーポスも勝ちました。この仔はエーポスくらいは走るんじゃないかな(坂さん談)と僕も思いますし、ダノンザキッドに近い活躍を期待したい。牡馬のダノンザキッド牝馬のムーンエクスプレスの2019ってね。

気になるところは体高155cm、胸囲180cm、管囲19.5cmのサイズの割に馬体重が421キロと少ないこと。。。それでも1ヶ月で10キロ増えていますので、これからの成長も期待できるのかな。。。
15863515192020 15863517036350 15863516051911  
因みに、『GO TWO HORSEキャンペーン』で出資させていただきました。

入厩先の鈴木孝志厩舎も成績がいいです(特に2歳戦の成績は特筆すべきレベル)し、開業当時の看板娘だったムーンエクリプスの初仔であればかなり大事にしてくれるだろうとの予想もしています。

鞍上に牝馬三冠騎手である松山弘平騎手を乗せたら。。。夢があるじゃないですか。

今年きさらぎ賞をコルテジアで勝ち重賞初勝利を飾った鈴木孝志先生にGⅠ初勝利をプレゼントするのはこの仔じゃないかな・・・すべてのシナリオは整ったと思っております。

皆さんもいかがですか・・・

2月に北海道に行った時には、更に成長したムーンエクスプレスの2019を見られることを楽しみにしております。

馬名は・・・ガッチリフィットしそうな馬名を1年前から温めております。。。採用されますように・・・(出資されない方は応募しないでね(笑))

ということで、気になる募集馬をローレルクラブ、ユニオンとも書いていきます。。。

では今日はここまで。

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

ベルキューズが引退

メリークリスマス~ということで、今日はクリスマスイブ。有馬記念の枠順抽選会もありました。。。

BSフジで観ましたけど。。。ダンケシェーンゼフィランサスの2020のきょうだいディープボンドが次点で出走できないことが残念。。。フロムディスタンスの兄モズベッロが出走叶いまして、6枠11番。ローレルクラブのためにも頑張って欲しい。。。

ディープボンドモズベッロも村田牧場産駒。我がファミリーの村田牧場産駒のエース。。。ベルキューズが引退となりました。

ローレルクラブからの情報
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
2020/12/23
近走成績を踏まえて関係者間で協議を行ない、本日付にて競走馬登録を抹消しました。今後については、新冠町の村田牧場で繁殖入りする予定です。なお、出資会員の皆様には報告書を別途送付いたしました。これまで本馬を応援していただき、誠にありがとうございました。

武井亮師「3勝クラスで4戦使いましたが、期待に応える結果を出せずに申し訳ありませんでした。この条件には牝馬限定戦がないのが辛いですね。ハンデ戦を狙っても除外で使えない事もあり、番組によっては1~2カ月間は厩舎で待機と調整が難しくなる場合が多いです。牝馬の交流重賞に登録しても補欠のまま使えない状況が続く事も考えると、体力的に余力を残した状態で今後について考える事も大切だと思いますし、これからは繁殖として良い仔を出してくれることを期待したいです」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この日が来てしまいました。。。

2016年のツアーでもよく見えましたけど、2017年のツアーでも更によく見えまして、気に入った仔でした。

2017年ツアーの懇親会ではビンゴベルキューズの無償口が当たりました。そして、自分でも出資。。。増資して複数口で応援しておりました。

デビュー時は黛弘人騎手と共に戦い、惜しいレースが続きました。

川田将雅騎手で勝った8戦目は中京で口取りをさせていただきました。

1勝クラスでは常に好走を続け東京競馬場で三浦皇成騎手で勝利。

そして、今年の1月。。。今思えば、コロナウイルスが広がった直前の中山競馬場でC.ルメール騎手を背に勝利。ここでも口取りをさせていただきました。

2回も口取りをさせてもらった馬・・・まーひー1口馬主史上2頭目の快挙でした。(1頭目はローレルベローチェ
1552256792095
因みに個人的には中山競馬場初口取りでした。

ベルキューズは鞍上を嘗めたり、レース途中で走る気をなくしたり・・・なかなか難しい馬でしたが、力は間違いなくある馬でした。

今後は村田牧場に戻って繁殖入り。。。2月の北海道馬の旅ではゼフィランサスの2020を見学する予定で、村田牧場へお邪魔する予定です。

可能であれば・・・ベルキューズに会って直接お礼を言いたいですね。

ベルキューズお疲れさま。。。

武井亮先生をはじめ陣営の皆さん、ベルキューズに関わってくださった関係者の皆さん本当にありがとうございました。

ベルキューズが強い馬を生んでくれることを期待しています。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧