2019年8月 1日 (木)

アメージングサンがメディアに

今週はアメージングサンの回顧を楽しみに生活をしておりました。

ギャロップでの2歳戦診断は★4つ。。。
★5つも行けると思ったのですがね。。。なかなか甘くない。
小倉芝1200デビューのカイルアコナが★5つの評価でしたが。。。時計は同じ。アメージングサンは洋芝なんだぞ~!2戦目だけど。。。

ギャロップのコメントでは馬っぷりも抜群で奥を感じる素材。。。ということで、コメントの感触はかなり上位でした。

グリーンチャンネルの『先週のレース分析』では、冒頭のトピックスで『息子が母を超える』との見出しでレコード勝ちしたレースを紹介。

スーパーレコードでしたがタイムランクは『B』でした。

あと0.1秒速ければタイムランク『A』だったのに。

B評価でもコメントはいただけまして、、、

まだ、目一杯追われているわけでもないので、脚を余して勝っており、タイムは詰められる。
血統、フットワークからもマイルでも長い短距離タイプだと思うが、短距離戦ならオープンでも好勝負できる。

このこと。1200でもいいので、オープンや重賞での活躍を期待したい。。。でも、もう少し長い距離でも行けると思うのですがね。

暮れのマイルGⅠを狙ってくれると思っています。

新聞記事にもぽつぽつと。。。

次走予定が『京王杯2歳S』(11月2日東京)か『福島2歳S』(11月10日福島)ということで、強い馬はこうやって扱われます。

嬉しいですね。

ローレルクラブに久々の大物かも。。。期待は高まるばかりです。

何かアメージングサンが扱われているメディアがありましたら是非教えてください。

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

新馬戦2鞍かも

昨日から通常業務。。。疲労がハンパないけど頑張れます!

速報も何とか終わりました。

まだ写真も動画も話もいっぱいあります。

ユニオンセレクトツアー2019レポートは明日からはじめていきます。

今書き始めているんですが、全馬に対して細かく書くには時間がかかり過ぎるので、コンパクトに書けるテンプレートを製作中。。。結局思ったよりもボリューム出ちゃってるんですけどね。

うまくいけば明日の早朝に第一弾をアップする予定ですので、お楽しみに。

アメージングサンが今週のデビューは前から決まっていました。期待していますが馬也調整。能力はあるのだと思いますが、強く追えていないことがやや不安。

ルメール騎手のコメントも出ていましたが、引っかかるところも。。。存分に追ってくれるかどうか。。。

そして、急遽ニューワールドレーシングのベアトリーチェがデビュー戦を6日に戦います。

無理すれば行けるけど。。。無理をすべきか、義務を優先すべきか。。。土曜日は名古屋には行くんですよね。。。でも、12:00に名古屋はちょっと早い。雨だったらレース前に間に合うかもしれないけど。。。微妙なところです。

口取り申し込もうかどうしようか・・・もうちょっと考えます。

華奢でラインの綺麗な馬なので、連日の雨で重くなる馬場はあまり良くないような気がします。

でも、武英智先生が判断されたワケですので、目途は立っているのだと思います。ニューワールドレーシングのイベントに合わせての無理な繰り上げdebutじゃないことを願いたいです。

そんな感じで、2頭には期待もしていますが不安もあります。

そして、2頭の3歳馬も走ります。

未勝利戦のトゥールナージュと1勝クラスのベルキューズ

この2頭についても北海道で情報を仕入れました!!いろいろと荒れるのも嫌なので、書かない可能性もありますけど、レースを楽しみにしています。

ということで、今週は新馬2鞍を含む4頭が出走する可能性がある下半期の初っ端。期待したいと思います。

| | コメント (2)

2019年6月12日 (水)

今週末は楽しみぃ~

昨日も今日も代引きの宅配がありました。
昨日は、突っ張り棒ラック。。。6,000円程度のモノ。購入した記憶がないのでお引き取り願いました。今日は雑貨。。。何が入っているかはわかりませんでしたし、金額を聞く前にお引き取り願いました。土曜日の餃子、月曜日のペット用品に次いで3品目、4品目。。。ということで、消費生活センターへ相談しました。良い方向へ動くといいのですが・・・

疲労も溜まるし、嫌なことも続く・・・果たして、無事にユニオンツアーに出掛けられるのか?

さて、今日は関東オークスがありました。勝ったのはラインカリーナ
僕はベルキューズでの参戦を願っていましたが、本当に残念。左回りなだけに今日のレベルだったら何とかなった気も。。。なんて、ダート1800mで勝った馬を持っている方はみんな思っているに違いない!
ローレルクラブとしてはブルーコーラルも走らせたかったのではないでしょうか・・・いろいろと、思う通りには行きませんね。

今日は水曜日。

まだ、想定の段階ですけど、今週は4頭が出走予定。それも、、、16日の日曜日に集結。予定通りに行けばですけど・・・

グランヴィクトリアはユニオンで唯一の出走。
3戦連続で着外中。。。
デビュー戦は除外されなければルメール騎手で走る予定だった期待馬でしたが、3戦連続で2桁順位。浮上の切っ掛けを掴めずに、のらりくらりと3戦走ってしまいました。

今回は8着以内を目指す戦いになりそう。

放牧地では動きの良さが強調されますが、トレセンに入るとトーンダウン。そして、競馬場に行くと更に・・・それがこの馬の癖であったら仕方ないですね。。。

鞍上が変わり切っ掛けを掴めるか?極端な競馬をするようですが、逃げではなく追い込みに賭けるようです。僕は逃げてほしいのだが。。。

続いてはペネトレーター

今までに惜しい入着もあるのですが、即勝ち上がる順番って程ではありません。メンバー弱化と頭数が揃わないことを目論んで、函館遠征を敢行。個人的には本当にありがたく思います。

いきなり勝ち負けといってもいいんではないでしょうか?

小回りダートコースなので、出遅れは超危険。

そして、今週の超注目馬。。。ヴァクストゥームが2歳新馬に登場します。

この時期にしては動きのしっかりしたがっちりしたスピード馬です。

ダートもであればより確実な気もしますが、函館の重い芝はこういうタイプが台頭しますからね。

新馬勝ちを期待しますが、アメージングムーンが札幌の2歳芝1200mのレコードを持っているので、ヴァクストゥームには函館レコードを期待したいと思います。

因みに、我がファミリーの新馬戦1番人気は4回(アメージングムーンワイルドアンセムグランパルファンダンケシェーン)ですが、すべて2着。。。1番人気じゃない方がいいかも。

最後は東京でベルキューズが出走。
上記にもありますが、関東オークスに出られなかった悔しさをここで発散して欲しい。(って、悔しく思っているのは僕だけかもしれませんけど)

1勝クラスだとなかなか手強い相手が居りますね。。。そもそも出られない可能性も。。。
得意の左回りで、母の適性に近づく距離短縮。
いいところを見せてくれるんじゃないかと期待しています。

今週は何かいい知らせがあるといいなぁ~不運続きだし。。。

| | コメント (2)

2019年6月11日 (火)

2017年産駒メンバー紹介⑥

昨日は少し休めましたが・・・朝が来ると、、、出勤イヤイヤ病が発病。。。疲れがあるんだなぁ~フッカツノノロシを上げなければ。。。

スイマセン・・・ネガティブな話で。

と、言うことで、、、
2017年産駒メンバー紹介第六弾。

ガーネットスターの2017(ヴァクストゥーム
父プリサイスエンド×母父エルコンドルパサー
牡 鹿毛 17年3月13日生
生産者→谷川牧場 入厩先→吉田直弘厩舎

馬名はヴァクストゥームに決まりました。

馬名応募には気合が入りましたが、採用されず・・・

名門谷川牧場の産駒を持てることはちょっと嬉しいですね。

そして、ローレルアイリスと同じ、エンドスウィープ系のプリサイスエンド産駒

追加募集馬は、出資しないことが多いんですけど、この仔は・・・

まず、動画での動きが素晴らしかった。体軸のブレもないし、回転数も早い。脚の動きが効率よくスピードに変わっていくタイプの走りでした。

この時期にこれだけ動ける馬・・・基本的にはここが大きなポイントでした。

プリサイスエンド産駒というところがちょびっと。

吉田直弘厩舎というところも個人的には興味がありまして、大きなプラスではないですけど、、、ここなら!と。

母クルーピアスターは皐月賞馬ジェニュインの全妹で、6勝を挙げる活躍。母ガーネットスターも菊花賞馬アサクサキングスの半姉。2勝を挙げていますし、父はエルコンドルパサーですからね。。。

でも、、、ガーネットスターの仔は走らない。ナンブヒリュウグロシュラライトガーネットアイナムラスターナムラメスナーナムラルビーナムラボーナスと7頭で2勝。。。まとめてかかっても母や近親の実績に及びません。

なのに1,500万円募集。サマーセールで594万円で落札され、900万円の上乗せ。結構いい値段です。

それだけ自信があると言うことなんでしょう。

その自信満々の衣斐浩社長に乗っかることにしました。

実馬を観ずに出資するのは本当に久々です。自分ルールを破っての出資なので、ダメだったときの自己嫌悪は計り知れない。。。

衣斐浩社長のコメント通りなら、函館デビューの函館2勝。。。つまり、函館2歳Sに勝とうと言うことです。

函館2歳Sには強敵アメージングサンが出走するかもしれないので、2着に終わるかもしれませんが、、、2着だとしても十分。。。その後もコンスタントに走ってくれれば、、、大幅プラスも夢ではありません。

とりあえずは2歳時にどれだけ走れるか、どれだけ稼げるか、、、でしょう。

丈夫そうでもあるから、いっぱい走れるかな~。

というイメージで、出資しました。

この仔も、アメージングサンへ出資できなず、宙に浮いた費用を回させていただきました。。。この仔に出資したがために、、、ローレルオルブランを諦めざるを得ませんでした。

ローレルオルブラン以上の活躍を期待してるけど・・・両方頑張ってくれればそれでいい。

皆さんよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

デイタイムせーるすとーく

今日も出張。。。7時前に家を出て、帰宅は22時。。。家に帰ってからは・・・疲れ過ぎてあまり覚えていない。。。思い切ってどこかで休みを取らねば。。。

と言うことで、スイマセン・・・ネガティブな話で。

ローレルクラブからの情報
―――――――――――――――――――――――――
2019年5月28日(火)
【募集締切直前】
デイタイムカーサエスペランサ17)
引き続き夜間放牧と屋外ダートコース2400mを13-13の調教を行なっています。馬体重473kg 体高161cm 胸囲186cm 管囲20cm
なお、本馬は近日中に美浦トレセン・和田(郎)厩舎へ入厩予定となりましたので、6月3日(月)をもちまして募集を終了させていただきます。
また、本馬の調教動画をYouTubeに公開しましたのでご覧ください。URL:https://www.youtube.com/watch?v=s7k8qg7wY8k
和田牧場スタッフ「先週の大雨の後は晴天続きでしたし、気温も高くなったぶん馬場の回復が早かったので、予定通りに追い切りを消化することが出来ました。きつい調教を続けてきても前向きな気持ちや柔らかい身のこなしは健在ですし、毛艶もピカピカで心身ともに充実一途。胸を張れる状態で入厩の日を迎えられそうです」
―――――――――――――――――――――――――

デイタイム
(父ヒルノダムール×母父キングズベスト)
牡 黒鹿毛 17年2月27日生
提供者→和田牧場 入厩先→和田正一郎厩舎

結局一度も見学できませんでした。。。

和田牧場は元調教師の和田正道場長がしっかりと育成してくださっていますし、恐らく和田正道場長が最初から手掛けた最初の世代になると思います。

大きな頓挫もなく順調にきています。このタイミングでトレセンに送り出せるということは、和田正道場長も和田正一郎調教師も自信があっての判断なのだと思います。

他の馬主さんからも『売ってくれ』と声がかかるほどのグッドルッキングホースということで、この価格(総額700万円)で牧場と調教師とのスーパータッグですから、勝負する価値はあるかと思います。

僕は、自分ルールにより対象から外れちゃいますけど。。。

ヒルノダムール産駒。。。日高のクラブ馬らしいアウトローな奴。

某有名人の方も出資したとのこと。

興味はあるけどなぁ~。

ヒルノダムール産駒からはアドレのような破天荒な仔も出ております。

ちょっと注目ですね~。

記事の転載はローレルクラブからの許可をいただいております。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

2017年産駒メンバー紹介⑤

鬼のような忙しさ・・・ちょっとバテています。このままいくとマズいかも水域に入ってきました。休養が必要。

2017年産駒メンバー紹介第五弾。

アドマイヤカグラの2017(ローレルアイリス
父アドマイヤムーン×母父スペシャルウィーク
牝 鹿毛 17年1月30日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→安田隆行厩舎

馬名はローレルアイリスに決まりました。

ローレルの冠名を持つこの馬は、頑張って欲しい。。。

僕だけではないとは思いますけど、新冠橋本牧場の橋本代表には非常にお世話になっており、出資している回数も多いのは事実ですけど・・・

ジョディーズロマンにもローレルジェイドにも出資しておらず、新冠橋本牧場さんだから出資すると言うワケではありません。しっかり見極めて出資している・・・というワケです。

よく書きますけど、エンドスウィープ系が好きで、中でもこのアドマイヤムーンは大好き。形も好きだし、血統も好き。それだけでちょっとプラスに見ちゃいますけど。

アドマイヤムーン×ローレルクラブといえば・・・ムーンエクスプレス

ムーンエクスプレスアドマイヤムーン産駒のどストライクゾーンの条件で活躍した馬でした。ムーンエクスプレスのイメージに重ねることによって、いい馬を見分けられるような気がしていました。

・・・そういう視点で見たローレルアイリスですが、僕が注目したのは背中のライン。所謂トップラインです。トップラインが綺麗なこともあって、バランスも良く見えるし、詰まった感じがない。そして、やや細身に見える中にも筋肉がしっかりついて、トモにボリュームがある。。。この『細身に見えて・・・』がムーンエクスプレスに似たところでもあります。

そして、気性が大人しいこと。ここもムーンエクスプレスに非常に似ているところです。

歩様も綺麗だし、、、メチャクチャいい馬だと感じております。

残念なのは、増資に失敗したこと。

この世代はアメージングサンローレルアイリスの双璧だと思っていました。(新たに期待できそうな馬が出てきましたけど)

ファインニードルハクサンムーンセイウンコウセイ。。。獲得賞金3億円を超える産駒3頭は、短距離で力を発揮。全姉アドマイヤナイトがこの血統の可能性を十分に見せてくれています。

全姉アドマイヤナイト以上の馬体をしているこの仔がそれ以上の活躍をする可能性は極めて高い気がします。

安田隆行厩舎もこういうタイプの馬の扱いは慣れていると思いますからね。

ロードカナロアまでは難しいかもしれませんが、カレンチャンくらいには・・・ってそれも贅沢ですけど(笑)

同厩舎のアドマイヤムーン産駒の代表格プリンセスムーンは絶対に越えましょう!!

ということで、この仔も楽しみにしている1頭です。

ご一緒の方、よろしくお願い致します。

| | コメント (2)

2019年5月21日 (火)

ローレルオルブランせーるすとーく

昨日は、牧場に見学に行きしっかりリフレッシュできました~。
今日から通常業務・・・頑張ります~。

ローレルクラブからの情報
―――――――――――――――――――――――――
2019年5月21日(火)
ローレルオルブランモンプティクール17)
この中間は屋外ダートコース3000mと屋内坂路1本を20秒ペースのキャンター調教を行なっています。尚、本馬の募集残口が僅かになりましたので、出資をご検討中の方はお早めのご出資をお願い致します。
ヤシレーシング代表「徐々に運動量を増やして坂路入りも再開しました。これまで休んでいたぶん元気がよいのですが、オーバーワークにならないように進めていきます」

2019年5月14日(火)
【残口僅少】
ローレルオルブランモンプティクール17)
この中間は屋外ダートコース3000mを普通キャンターの調教を行なっています。尚、本馬の募集残口が僅かになりましたので、出資検討中の方はお早めのご出資をお願い致します。
ヤシレーシング代表「歩様が改善してからは、走らせてもキビキビと動けていますし、左右のバランスも良い状態になっています。坂路調教を再開する準備として、勾配を付けたトレッドミル運動も行なっていますが、しっかりとトモを踏み込んで歩けています」

―――――――――――――――――――――――――

ローレルオルブラン。。。出資する予定でいましたが・・・ヴァスクトゥームが登場し、そちらに出資したことで、予定した費用が回らなくなってしまいました。

ローレルオルブランはツアーでも良い馬だと感じていましたし、ブランシェクールノーヴァレンダの兄姉が活躍。

ちょっと高いけどそれだけのバックボーンは備えております。

何よりも、ハシモトファームさんのローレルクラブに対する強い意志に出資する価値があるように思います。

僕も・・・出資したい気持ちはまだあります。

今週末に、ダンケシェーンで儲けたら。。。ガチで考えたいと思います。

記事の転載はローレルクラブの許可をいただいております。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

ヴァクストゥームもゲート試験合格

今週は・・・長い?短い?仕事がてんこ盛り。あっという間に過ぎたような気もするが、ローレルヴィクターの勝利が遠い古のものに感じたりもする。不思議な感覚である。
明日も明後日も大仕事。たまらないのである。

ローレルクラブからの情報

―――――――――――――――――――――――――

2019年5月17日(金)
【ゲート試験】
ヴァクストゥーム
本日のゲート試験に合格しました。
吉田師「昨日の練習の反応が良かったので、これなら大丈夫と思って今朝の試験を受けて楽々合格です。この後のスケジュールについては、馬と相談しながら決めていきたいと思います」


―――――――――――――――――――――――――

やりました~アメージングサンに続き2日連続でヴァクストゥームがゲート試験に一発合格。

こちらも順調そのもの。。。函館1週目を目標に考えていたはずですが、ここで『馬と相談しながら・・・』ということに。

馬を主体に動いてくれることはありがたいですが、予定を変更する必要が出る何かが出てきたのか・・・杞憂に終わればいいのですが。。。

函館2勝がグランデファームの衣斐代表の目標。。。ということは重賞勝利が目標ということ。

ここでモタモタするワケにはいきません。早急な判断で次に向かって進めていって欲しいと思います。

我がファミリー未勝利の地函館で、今年は何勝できるのだろうか。。。

記事の転載はローレルクラブからの許可をいただいております。

| | コメント (2)

2019年5月16日 (木)

アメージングサンがゲート試験合格

RUGBYで負けたので、、、想定と違う仕事がいろいろと舞い込んできてしまいます。
結局バタバタ。。。今年はずーっと忙しさの中で綱渡りの生活が続くのか・・・


ローレルクラブからの情報

―――――――――――――――――――――――――

2019年5月16日(木)
【ゲート試験】
アメージングサン
本日のゲート試験に合格しました。
7月6日(土)函館5R・2歳新馬・芝1200mにC.ルメールで出走を予定しています。
奥村師「予定通りゲート試験を受けて、無事に合格しました。トレセンではまだ普通の調教メニューですが、牧場での追い切りを見てからデビュー戦はルメールでとの思いが強くて、早くからオファーを出していました。1回函館3週目で交渉していたのですが、予定が合わず開催替わりなら乗れるとの返事でしたので、翌週の2回函館初日を目指します。今後もこのまま在厩で行くのか、それとも短期放牧を挟むのかは、もう少し状態を見てから判断したいと思います」

―――――――――――――――――――――――――

やりました~アメージングサンがゲート試験に一発合格。

早々にC.ルメール騎手にオファーを出していたことは聞いておりましたが、C.ルメール騎手も乗りたいということで選んでくれたことは嬉しいです。

ただ、、、7月6日しか乗れないということ。当初予定していた3週目は予定が合わないとのこと。

逆に、アメージングサン自身の出来が想像以上に良いことから、前倒しで6月(1回)函館の1週目か2週目に使うプランもあったそうですが、現時点ではやはり名手の力も借りたいとのことで、2回函館1週目に照準を絞ったとのこと。

デビュー勝ちする気満々の様で、中1週で函館2歳Sを念頭に置いた調整で臨むとのこと。

ここ数年のローレル北海道デビュー期待組はことごとく脚部不安や体力不足により再調整。。。そして、冬デビューみたいな結果になっているので、アメージングサンは順調にデビュー戦を迎えて欲しいと思います。

函館2歳S有力馬であるヴァスクトゥームに負けられないですからね。。。

母ビッグテンビーは名牝モガミヒメの初仔で新馬勝ち。ビッグテンビーの初仔であったローレルゲレイロもデビュー勝ち。(函館2歳Sは2着)
母アメージングムーンはデビュー戦は2着でしたが、2戦目の札幌でレコード勝ち。

デビュー戦に強く2歳戦出強さを発揮する血統です。

そんな血統に、短距離王ロードカナロアを配合。ロードカナロアの良いところを詰め込んだような素質も見せています。

これはどこまで強くなるのか。。。複数口出資できた幸せをいきなり体感できそうです。

楽しみが膨らみます。。。函館2歳Sの当日。。。現地に行こうかな?

予定を確認します!!

記事の転載はローレルクラブからの許可をいただいております。

| | コメント (2)

2019年5月10日 (金)

ヴァスクトゥーム早くも入厩

仕事がなかなか片付きません。自分の能力の低さを痛感する次第です。

そんな中また嬉しい情報が舞い込んできました。

ローレルクラブからの情報
【入厩】
ヴァクストゥームガーネットスターの2017
2019/05/10
栗東トレセン・吉田直弘厩舎に本日入厩しました。
吉田師「元気一杯の状態で到着しました。まずはゲート試験に向けて進めていきます」

育成情報
2019/05/07
この中間はゲート練習とBTC内の屋内ダートコース2400mを17秒ペースのキャンター調教を行なっており、明日5月8日に浦河町のグランデファームを出発して、10日に栗東トレセン・吉田直弘厩舎へ入厩予定です。
吉田師「2歳のこの時期にここまでなかなか仕上げられないものですが、この馬の生まれ持った能力とグランデファームの育成技術の賜物でしょう。ぎりぎりまで仕上げないで欲しいと牧場にリクエストを出しているほどに順調ですから、ゲート試験後は函館の初日に向けて進めていきます」

育成情報
2019/05/02
本馬の競走名が【ヴァクストゥーム Wackstum(ドイツ語)「成長」】に決定しました。
この中間はBTC内の屋内坂路1本と屋外ダートコース2400mを13-13の調教を行なっており、5月8日に浦河町のグランデファームを出発して栗東トレセン・吉田厩舎へ入厩予定です。馬体重469kg 体高158cm 胸囲181cm 管囲20cm

―――――――――――――――――――――――――

ヴァスクトゥームに出資したことを発表していないうちに、入厩となりました。

個人的に、エンドスウィープ系が好きでプリサイスエンドも好き。以前、ユニオンでインペリオーソに出資していました(最近は二代目インペリオーソが登場)

この仔も函館へ。函館にこれだけ出資馬がスタンバイする年は初めて。

楽しみでなりません。

この仔は早いこの時期での完成度が魅力。芝でのレースを考えているようですが、個人的には確実に勝てる気がするダートでおろしてもらいたいと考えています。

実際に芝で使ってもらって勝ったらテンションアゲアゲでしょうけど。

芝で使って、負けても『ほらね』なんて、絶対に言いません(笑)

先生の思うままに進んでいってもらえばと思います。

頑張れ!!ヴァスクトゥーム!!

記事の転載はローレルクラブからの許可をいただいております。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧