2018年2月15日 (木)

冠名ローレルに危機

今日はグリーンと東サラの馬名に触れたので、馬名の記事をもう一丁。

冠名ローレルに危機

ローレルクラブにはその昔、冠名が必須でして、2001年産からは牡馬のみにローレルの冠名。そして、2011年産世代(ローレルベローチェ世代)まで続いた牡馬の冠名も2012年産世代(スティンライクビー世代)からは、自由となりました。

ということで、自由になってからは
2012年産世代の冠名アリの馬
ローレルウラノス
ローレルロケッツ
ローレルベルカント
ローレルトレゾール
牡馬の比率(11/18頭中)

2013年産世代の冠名アリの馬
ローレルジャック
牡馬の比率(5/9頭中)

2014年産世代の冠名アリの馬
ローレルリーベ
ローレルモナルカ
ローレルヴィクター
ローレルブルースリ
ローレルメーゼ(牝)
牡馬の比率(8/17頭中)

2015年産世代の冠名アリの馬
ローレルティーダ
牡馬の比率(6/13頭中)

2016年産世代の冠名アリの馬
ローレル???
この世代は、
ネネグースの2016
カズサクションの2016
フライトオブスワンの2016
と、12頭中牡馬が3頭のみ。。。

募集馬が少なかった2013年の危機を乗り越え、2014年には5頭ものローレル冠名馬が登録されましたが、2015年産は冠名が風化されてきたのか再び1頭の冠名馬。。。
現役ローレル冠名馬もローレルジャックローレルリーベローレルティーダの3頭となってしまいました。

2016年産は牡馬が3頭と希少。。。この3頭にローレル○○とつくのかどうか・・・以前、牝馬にもローレルの冠名を付けた新冠橋本牧場さん提供のネネグースの2016に冠名の期待が高まりますが、義務はありません。

“ローレル冠名馬保存の会”の会員として、年末に『ローレル○○』で、何通か応募をさせていただき、種の保存に尽力させていただきました。間もなく結果が出るだけに“ローレル冠名馬保存の会”の会員として気が気でなりません。1頭でもローレルの冠名がつくことを願っています。

因みに。。。今年は名付けになっても、公表しないようにしようかなぁ~と検討中。2018年目標に『名前をつける』と、挙げているので、採用されたかされなかったかは、書こうと思いますけど、『この馬に付きました』と言うのは、どうしようかと。。。理由は、“アンチまひ3”もいらっしゃるので、これを言うことで、嫌な想いをされる方もいらっしゃるのでは?と思ったためです。

さて、どうなりますやら。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

調子がいい。。。らしい

18日は久々のお休み。。。東京競馬場へ行こうか迷っています。そうです・・・ヒヤシンスSダンケシェーンが出走するからです。ダンケシェーンのレースを観たい!そして、オープン特別で優勝、横山典弘騎手と口取り写真に収まりたい。。。相手は揃いましたので、楽観視することはできませんが、混戦。上位の一角を担うダンケシェーンにもチャンスがあります。
18日はフェブラリーSもあるし、ハイチーズも1Rを予定していたこともあり、行く方向でしたが・・・ハイチーズが21日笠松の交流競走に投票。ダンケシェーンも口取り抽選濃厚ですし、、、GⅠ当日で混んでるだろうし・・・。
同日、京都ではスプレーモゲレイロが出走します。こちらは、ゆっくり競馬を楽しむにはちょうどいい4R。佐藤正雄調教師も引退まであと僅か。スプレーモゲレイロ自身も上向いてきており、こちらもチャンス。。。口取り抽選はまず発生しないでしょうし、毎年恒例の許波多神社の御参りプランで行くのも悪くないかと。。。

やらなきゃいけない仕事もあるので、家に居ることも一考。。。

しかし、スプレーモゲレイロダンケシェーンも調子がいいみたいです。ダンケシェーンは障害を余裕をこいて、ナメながら適当にジャンプ。
ダンケシェーンは坂路で猛烈時計を馬也で。。。ダンケシェーンの調教は恐らくグリーンチャンネルでも放送されると思うので、映像をチェックしようと思います。

明日のお昼までに、京都へ行こうか東京へ行こうかそれとも自宅待機か。。。じっくり検討しようと思います。

京都競馬場又は東京競馬場へ出掛ける予定の方。。。是非ご一報ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

アイスグレー。。。歯車が合えば必ず!

ジークグランツが勝ち、中央復帰。ジェルファルレイも新年早々に連勝しました。地方転厩初戦を圧勝で決めたアイスグレーが主走します。

2017/02/06(水)
7R
C1
ダ1700m / 天気: / 馬場: / 発走:14:10
25回園田2日目 4歳上   9頭
本賞金:45、12.6、6.3、4.5、3.6万円
1 ストーミーストーム 牡5 56 中田貴士
2 ダイシンウィン 牡7 56 吉村智洋
3 サツキシラユリ 牝4 54 田中学
4 タネノオー 牡4 56 高畑皓一
5 アイスグレー 牝4 54 下原理
6 ブリーズリー 牡5 56 杉浦健太
7 ウイングルイーズ 牝4 54 鴨宮祥行
8 イナーセレニティ 牝5 54 宮下康一
9 エミーリオ 牡4 57 永島太郎

レース評…上位拮抗

短評・・・

予想コメント
△。。。
◎。。。アイスグレーを推したい。前走は1番人気に応えられなかったが、このメンバーなら巻き返しのチャンス十分と見る。

調教
中間追い切り
50.5-37.2-24.8

厩舎コメント

クラブからのコメント
盛本信春師「連勝中の馬もいますが、距離延長で楽に前へ付けることができれば、ここ2戦のレース内容から変わってくれるでしょう。また、勝負処で仕掛けた時の反応がやや遅れる面があるので、そこも改善できると思います」

★★★ビックリ。。。全然印が付かない。アイスグレー自身は1700m戦は出ておりませんが、1400mの時計もいいし、この距離は陣営が求めて決めたこと。絶好の穴気配。馬券が買えるのであれば、アイスグレーの単勝にドン!といきたいところです。
前走でジェルファルレイに負けている馬が数頭。ジェルファルレイよりアイスグレーが強い・・・とは言い切れませんけど、時計的にも引けを取りません。こんなにも印がつかないなんて。。。結果的に人気が出るかもしれませんけど、ここは決めたいですね。もっと印がついてもいいと思うんだけどなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

ミスターローレルクラブへの道

新年交流会に参加するとサラブレージが100ポイント貯まりまして。。。これでサラブレージ5000ポイントを超えることが確定しました。約15年間、サラブレージをこつこつと貯めてきた結果が、実を結びました。

サラブレージについて

ローレルクラブHP抜粋
ご購入金額に応じてサラブレージ(ポイント)がたまり、各種景品と交換することが出来ます。

出資金1,000円毎に1ポイントを加算いたします。たまったポイントに応じてお好きな賞品と交換することができます。

当歳馬ならびに1歳馬を一括払にてご出資いただいた場合には、50ポイントを加算いたします(イベント等での割引出資の場合を除く)。

クラブ主催の各種有料イベント(交流会・ツアーなど)へ参加された方には100ポイントを加算いたします。

ご友人、知人など新規のメンバーをご紹介いただいた場合には、紹介会員様ならびに新規成約者様には100ポイントを加算いたします。

交換賞品例(他多数)
5,000ポイント 海外競馬ツアーご招待
2,500ポイント 北海道ツアー(サマーorオータムプレビュー)ご招待
1,300ポイント 旅行券(20,000円相当)
500ポイント 出資割引券(10,000円相当)
400ポイント 中央4場特別席ペアご招待
200ポイント 優勝記念台紙写真無料引換

ということで、出資割引にすれば10万円分。北海道ツアーですと2回分。海外競馬ツアー招待。。。そして、5000ポイントを達成すると自称『ミスターローレルクラブ』を名乗る権利が発生します。

ここを訪れてくださる会員さんからは『海外競馬ツアー』への利用を期待されています。ヒシヒシと感じます。ローレルクラブ史上、5000ポイントを使って海外競馬ツアーに行った方は一人も居ません(調査済み)
僕が、先人となり歴史を作るつもりです。
この5000ポイントを意識し始めた頃は、我がファミリーに賞金1億円トリオが在籍しており、中でもローレルベローチェは海外挑戦の可能性があるんじゃないかと思っていました。しかし思い通りにはいかずムーンエクスプレスローレルブレットと共に引退。少し海外競馬から意識が遠ざかっていましたが、、、川島牧場エセサポさんからの書き込みで、急に海外への意識が戻ってきました。

そうです。ダンケシェーンでの海外挑戦です。
2018年海外の主要レースを見ると、最初の可能性としてはUAEダービー(G2)です。3月31日にドバイで行われます。行きたいですけどD1900mは挑戦するに難しいかな。。。
ダート戦は2000mが主流で、マイルやそれ以下のレースはなかなかないようです。
来年であればドバイゴールデンシャヒーン(D1200)はやれるだけの位置に出世しているかも。
それを逃すと。。。芝に舞台を移せば、香港を中心にドバイ、オーストラリア、イギリス、フランス、、、選択肢も増えますし、海外競馬ツアーに行く僕としても楽しみが増えます。

ダンケシェーン。。。国内戦に専念することを発表したルヴァンスレーヴと戦い、そこで勝利して、海外を本格的に意識する馬に。。。昆貢先生もローレルゲレイロでの海外挑戦の無念もあるでしょうし。ヒルノダムールも海外に行きましたね。

間もなくミスターローレルクラブ(自称)を名乗ることとなる僕が、ダンケシェーンと共に世界デビューを目指します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

新年交流会抱き合わせプラン計画中②

仕事の方は今日もガリガリとすすめました。研究発表が2月2日と別内容の研究発表が2月8日にあり、2月2日の方はガッチリまとめることができました。2月8日発表の方も目処がつきましたので、良かった。

しかし寒い日が続きます。週末は東京へ。ローレルクラブの新年交流会があります。こちらへの参加が決定しておりますが。。。大丈夫かな?

ローレルクラブからのお知らせ

2018年新年交流会満員御礼
おかげさまで満員となりました。多数のご参加お申し込みをいただき、誠にありがとうございます。

締め切りが1月25日だったワケですが、ちょうどそのタイミングでの満員御礼。昨年よりも満員御礼アナウンスが遅かったワケですが、今年も盛況ということで、いいですね。閑散としているよりも活気があった方がいいですから。

他クラブの交流会は参加していないので、比較はできないですけど、ローレルクラブの新年交流会は、会員さんが常識的で大変なことにはならないと、聞いたことがあります。まぁツアーもそうですけどルールを無視したり、スタッフさんの指示を無視されたりする方は殆ど居ませんからね。良識的と言い切れるのでしょう。今年もよろしくお願いします。

案内にも記載の通り、今年はドレスコードを特に設けず実施するようです。僕は今年も新作のローレルカラーを身に着けて参加しますけど。会が楽しくなる一助になれば。。。と思っています。(多分、それを身に着ける勇気があるのは僕だけだと思います)

さて、1月18日の記事に書いた通り、せっかく東京に行くなら・・・新年交流会だけで帰ってくるのでは勿体ないということで、新年交流会抱き合わせプラン計画中です。しかし・・・雪が降るとその計画も変更を余儀なくされてしまいます。

既に当初の計画から変更になった点は、日曜日の夜に東京で一泊する予定が、日帰りプランになったということ。いつもは比較的自由にOKを出してくれるカミさんですが、今回は・・・『NO』の返事。珍しいですが、理由も納得できるモノであり、素直に従うことに。ということで、翌月曜日の美浦近郊牧場見学プランは御破算。再検討中です。

現在のプランは以下の通り
①素直に大人しくプラン
(午前中)家事→(お昼過ぎ)浜松出発→(18:00)新年交流会→帰宅

②東京競馬場ダイヤインザラフ応援プラン
(7:00)浜松出発→(10:00)東京競馬場着→ダイヤインザラフ応援→(18:00)新年交流会→帰宅

③牧場見学弾丸ツアー
(5:00)浜松出発→(10:00)美浦近郊牧場見学→(午後)あみアウトレット→(18:00)新年交流会→帰宅

この辺で検討中です。

新幹線で行くか自家用車で行くかもまだ決定していない状態で、関東は雪の可能性もあるということで、ギリギリまで決まらないかも。

雪が降らないといいんだけどなぁ~東京まで無事に往復できますように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

ダンケシェーンとイダペガサス

今日は、午前中はお仕事。なかなか良い成果を出せました。何となくいい方向に進みつつあるような気がします。
午後は中京競馬場に飛ぼうと思いましたが、妻から『遅く帰ってきて欲しくない』と言われてしまい、断念。家で内職をしました。
明日も仕事を頑張るぞ!!

ダンケシェーン勝利の反響は大きいですね。昨日の記事のコメントもいっぱい。。。多分ですけど、過去最多のコメントをいただけているのではないでしょうか?ありがたいことです。皆さんに感謝しています。
この後もコメントを受け付けていますので、ドンドンよろしくお願いします。

今日もダンケシェーンが主役で。

昨日の500万下優勝で2勝目。2015年産のヘニーヒューズ産駒が活躍中ですが、2勝を挙げているヘニーヒューズ産駒、、、すなわちオープン馬はドンフォルティス(アイズスタッド)、マニクール(千代田牧場)、オーヴァーライト(須崎牧場)、プロミストリープ(ノーザンファーム)、ムスコローソ(ノーザンファーム)、の6頭。ダンケシェーン(村田牧場)は7頭目の2勝馬となります。

ノーザンファーム産のヘニーヒューズ産駒も2頭居ますが、日高産のヘニーヒューズっ子もかなり頑張っています。

ダンケシェーン出走の前日、ある方と話す機会がありました。

ここでダンケシェーンが『絶対に勝つ!』と教えていただきました。調教は2歳馬としては次元が違うこと。左回りになると更に力が発揮できること。。。そして、一番印象に残ったのは『メンバーはまずまずだけど、重賞を勝てるレベルはこの馬(ダンケシェーン)しかいないよ。オープン馬になる馬は中に入るかもしれないけど、条件馬で終わる馬が大半だよ。ダンケシェーンは格が違うから』という話。ここは圧勝もあるかも。。。と、僕は自信を持ちました。
レースを終えて感じたことは、『やっぱり競馬に絶対はない』ということ。未来の重賞ホースが1勝馬クラスで接戦を演じるなんて。。。って思いました。
まだ、身体が子供で伸び代もあるダンケシェーン。次こそが力量を測る本番の始りだと思います。現時点でどれくらいやれるのかしっかり見たいと思います。

そんなことを言いつつも、新馬戦は負けました。イダペガサスに。今回もイダペガサスとの直接対決を嫌い、レース選択が二転三転しました。
そのイダペガサスのトレセンでの評価も聞かせていただきました。結論から書くと『不思議な馬』、『得体のしれない馬』、『不気味な馬』と言ったところでしょうか。走る雰囲気は抜群にあるけど調教は全然走らない。でも本番は走る。。。そんな馬だそうです。馬体もまだ本格化するに至らず、これからが楽しみな馬ですけど、常識に当てはまらない馬みたいです。昆貢先生も『イダペガサスには敵わない』とは思っていないみたいですけど、『訳の分からない馬だから関わりたくない』っていうところが本心のようです。イダペガサス。。。底知れない魅力というか底知れない怖さがあるみたいですね。このブログを読んでくださっている方。。。イダペガサスが出走しした際には単勝で大儲け。。。おすすめですよ。

ダンケシェーンの話に戻しますが、現在の3歳ダート戦線はGⅠレーシングのルヴァンスレーヴが引っ張り、ドンフォルティスが2番手。。。そのあとは・・・目立った馬も出現していない感じ。ダンケシェーンイダペガサスがその直後と言っても大きく間違っていないんじゃないかな?
6月のユニコーンSには印がいくつか付く立ち位置での出走が叶うんじゃないかな?今から楽しみです。そこで、ひとつ大きな問題が。。。『ユニコーンS』当日は『ユニオーンT』なんですよね。。。『ユニコーンS』を選ぶか『ユニオーンT』を選ぶか・・・人生の岐路に立つ選択を迫られそうで困っています。

状況によっては芝挑戦もあるかもしれません。そこで結果を出したら・・・アジアエクスプレスアグネスデジタルのように・・・芝ダート両GⅠ制覇を目指すハイブリット馬になるかもしれません。そうなったら・・・今のタイミングで許される妄想ですね。

また、コメントお待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

新年交流会抱き合わせプラン計画中

昨年11月末に行った北海道。。。レポートが途中で途絶えておりまして申し訳ございません。まだ、書き終えていないのが、松浦牧場(サトノネネの2017)・ハクツ牧場(ポポチャンの2017)・樋渡尚志牧場(コンフォータブルの2017)の3か所+29日の夜の話。。。週末くらいから復活させようと思っています。ローレルクラブ新年交流会の前には終わらせないと。。。各牧場の関係者さんとも会うことになるでしょうし。。。宿題を終わらせようと思います。

そして、今日・・・ローレルクラブ2018年新年交流会の参加費を振り込んできました。

ということで、後戻りできないように自分で動きました。いろいろと積み上がった仕事も片付けておかないと。

そして、、、本日のローレルクラブ情報で

ダイヤインザラフ
2018年1月18日(木)
美浦トレセン・尾関厩舎に本日帰厩しました。
2月4日(日)東京6R・4歳以上500万下・D1400mに出走を予定しています。
尾関知人師「放牧先でしっかり乗れたので、良い状態で戻せたと思います。予定を合わせた訳ではありませんが、クラブの交流会が予定されているので頑張りたいと思っています」

ということで、新年交流会当日に東京競馬場でダイヤインザラフに会える。。。行こうかなぁ~~行けるかなぁ~~努力してみようと思います。

そして、抱き合わせで関東美浦近郊の牧場へ行こうか検討中。こんな時じゃないと会えませんからね。ダイヤインザラフとは牧場で会うことはできなくなってしまいましたが。。。

また、レポートするところが増えちゃいます。

そのためにも。。。11月北海道ツアーのレポートを早く仕上げなくちゃ。。。

今日は仕事をしますので、短い文章ですけど今日はここまで。

読んでくださってありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

グランパルファン引退

お疲れ様でした。
グランパルファンが引退です。

ローレルクラブからの情報
近走成績を考慮して関係者間で協議を行なった結果、生産牧場である松浦牧場への繁殖入りを前提に、金沢競馬場・加藤和義厩舎へ転籍することになりました。なお、出資会員の皆様には報告書を別途送付させて戴きます。これまで本馬を応援して戴き、誠にありがとうございました。

池江泰寿師「前進を目論み、入念に作戦を練ったうえで挑んだレースでしたが、川田騎手から厳しく評価されてしまいました。年齢的なズブさが出て短距離戦での追走に余裕が無くなっていますし、体調や気性の微妙な変化でコントロールし辛くなる牝馬特有の難しい面も出ています。また、コンスタントに競馬に使えれば変わり身が有るかもしれませんが、優先権利がないと短期間では使えないルールですから、同じことの繰り返しになる可能性も考えられます。期待に応えられずに申し訳ありませんが、このあたりが引き際なのではと思います」

僕にとっては初めての松浦牧場産の仔でした。松浦牧場産のスタッフさんに薦められたこと。そして、この世代は募集馬が少なかったことも重なり、出資に至りました。
2勝は堅いと、思っていたし、池江泰寿先生からは『ローレルさんとまたご縁ができたのを大変嬉しく思います。この仔は生まれて間もなく見させてもらい、断る理由の見つからない素晴らしい馬だなと感じました。まだ当歳馬なのであれこれ語るのは控えたいと思いますが、まずは事故なく、無事で元気に成長してくれるのを待ちたいと思っています』とか、『募集価格を聞いた時は『ええ~っ? そんなん、安すぎるやろ!!』と思いました(笑)。誰がどう見ても2500万は下らない馬だと思います。僕はいろいろな良い馬に接する機会に恵まれているけど、その馬たちにけっして引けをとらない素材だと見てますよ』とか『ゴールドアリュールの産駒の中でも柔軟性がある馬だと思っていて、繋ぎの柔らかさが特徴的なので、芝でも対応できる馬だと感じています。最初この馬の募集価格を知った時は安すぎると驚きましたが、時間が経って成長した今、さらに評価を高くしているので、まだ満口になっていないと聞いて、会員の皆さんは見る目がないなと正直思いますね(笑)』とか『ぜひ、牝馬の重賞を獲りたいです!』なんて言葉が出たりしました。リップサービスはもちろんあったかと思いますが、コメントを聞いてワクワクした仔です。

『そこまで走らなかったじゃないか!』って、気持ちはありません。競走馬っていろいろな要素が絡み合って難しいですからね。

僕としては、池江泰寿先生にお世話になれたこと、そしてこの仔で口取りを体験できたこと。。。本当に感謝しています。

半弟キングディグニティが同じ池江泰寿先生のところで頑張ろうとしています。更にその下は矢作芳人先生のところになりますが期待できる馬だと思います。

この3兄弟で、トータルで活躍してくれればいいかなぁ~と、思っています。

本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年も行きます新年交流会

アイスグレー3着。。。これで地方の勝率も100%を切ってしまいました。複勝率は100%ですけど。でも、アイスグレーは強いね。小回りの園田だと不器用な面が出てしまい、最後はスピードに乗りきれませんけど、広いコースならもっと良さが発揮できそう。続けて期待していきたいと思います。

それでは本題に。

ローレルクラブより連絡
2018年新年交流会開催のご案内
新年の恒例イベントとなっております交流会の開催をご案内致します。会員様同士やご家族ご友人などお誘い合わせのうえ、大勢のご参加をお待ちしております。

【新年交流会概要】
◆日時  2018年2月4日(日) 18:00~20:30
◆会場  ハイアットリージェンシー東京(西新宿)
     地下1階 クリスタルルーム
◆司会  細江純子さん(ホースコラボレーター)
◆ゲスト 主に関東所属騎手・調教師及び提供牧場
◆参加費 会員様おひとり6,000円
     同伴者及び一般の方おひとり10,000円
     小学生以下のお子様は無料

【参加申込】
① お電話、メールにてクラブ事務局までご連絡ください(参加人数をお伝えください)。
◆ 電話番号 03-3669-4141(平日9:00~17:30)
  メール webmaster@laurelclub.com
② 定員/応募締切
◆ 120名様(先着順)/定員に満たない場合は、新年1月25日(木)まで受付けいたします。
③ お支払い
◆ お申込み後にご案内書を兼ねた請求書を郵送いたします(新年1月以降順次)ので、書面をご確認の上、参加費をお振込みください。

★特典
◇参加者全員に出資割引券を進呈
◇サラブレージ100ポイントを進呈
◇抽選会では騎手サイン入り愛馬優勝ゼッケン等のプレミアグッズやオリジナルグッズをプレゼント

■徒歩での経路
◇新宿駅西口より徒歩約9分
◇地下鉄大江戸線都庁前駅A7出口C4連絡通路(6:00~23:00)経由で徒歩1分
◇地下鉄丸ノ内線西新宿駅より徒歩約4分

■新宿駅⇔ホテルの無料送迎バス
新宿駅西口、新宿西口ハルク前35番乗り場より20分間隔にて往復運行しております。
<ホテル正面発:8:00~21:40 / 小田急ハルク前発 8:10~21:50>

2年前、2016年東京開催に初めて参加しましたが、昨年の京都開催にも参加。今年で3年連続3回目の参加を予定しております。
新年交流会当日は仕事の予定があったので、どのようにして参加するか模索しておりましたが、悲しいことに仕事の予定がなくなってしまいました(本当はここの仕事に照準を合わせて年末から準備してきたのに。。。)
と言うことで、参加できます。
参加費が以前よりも高くなりましたね。と言うことで少しハードルが上がったのでしょうか?今のところクラブから定員オーバー間近のアナウンスはありません。締め切りまであと10日です。迷っていらっしゃる方は是非、行く方向のチャレンジを。

昨日も書きましたが、ローレルクラブの出走馬の調子が上がっていません。
今のところ、新年交流会で抽選となる『騎手サイン入り愛馬優勝ゼッケン』は
ローレルジャック(白ゼッケン)
ダンケシェーン(白ゼッケン)
ローレルリーベ(白ゼッケン)
キングディグニティ(白ゼッケン)
の4枚。。。そして全部白ゼッケン。少ないですし寂しいですね。色付き優勝ゼッケンは遡っても2016/01/09ローレルベローチェ淀短距離S)2016/12/17ムーンエクスプレス猪名川特別)2017/01/22ムーンエクスプレス石清水S)となります。週末のローレルリーベストリートキャップにも期待していますが、優勝ゼッケン抽選会が派手になるといいなぁ~と思います。
現時点では、個人的には4頭中2頭の抽選にチャレンジできますけど、ダンケシェーンについては殆ど会場に来られた方全員による抽選みたくなっちゃうでしょね?

案内状も週末に届きましたので、振り込みに行こうと思います。

参加される方、、、よろしくお願い致します。寂しがり屋なもので、声を掛けていただけると幸いです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

1月は好調でお馴染みの・・・

ところで。。。ローレルクラブ。2017年は近年最悪の成績で幕を閉じてしまいました。それでも、12月にローレルリーベダンケシェーンキングディグニティが勝ち、キャプチュードアモーレジョディーが2着。。。復活の雰囲気を感じながら2018年につなぎましたが。。。2018年更に最悪のスタート。
地方のジェルファルレイが勝ちましたけど、JRAに限っては。。。
アフオラカ14着
アイーダ14着
アフオラカ12着
グランパルファン10着
ハイチーズ10着
開幕5戦連続2桁順位。。。
こんなことある?普段でも5戦連続2桁順位って、さすがのローレルクラブでも少ないこと。僕の記憶の中ではローレルクラブの成績は抜群に良いと記憶されていますので、この記憶を検証するために調査しました。

その調査の報告書です。

2008年
初戦2着
初勝利6戦目
1月1勝(エターナルサーガ

2009年
初戦10着
初勝利3戦目
1月2勝(キアーロナイジェラ

2010年
初戦競走中止
初勝利4戦目
1月1勝(キルシュブリューテ

2011年
初戦4着
初勝利4戦目
1月5勝(ローレルレガリスカムイフォレストローレルジャブラニオーシャンフリートローレルレヴァータ

2012年
初戦3着
初勝利4戦目
1月2勝(ローレルボルケーノローレルレヴァータ

2013年
初戦7着
初勝利9戦目
1月1勝(オーシャンフリート

2014年
初戦6着
1月勝利なし(ローレルトルネード2着、ローレルブレット2着あり)

2015年
初戦3着
初勝利6戦目
1月2勝(グランジゲレイロローレルベローチェ

2016年
初戦2着
初勝利4戦目
1月1勝(ローレルベローチェ淀短距離S・シルクロードS2着)

2017年
初戦7着
初勝利14戦
1月1勝(ムーンエクスプレス石清水S

やっぱり、成績がいい。2011年なんて5勝しちゃってます。月間5勝は調べると2011年1月しかありません。
2014年は勝てないまでも2着2回、掲示板もありますのでそこまで酷くもない。
でも、成績のピークは確かに2011年ですけど、肌感覚だと年々1月の成績も下降している気が。。。(ここ数年は自分の出資馬が勝ってくれているので、気分的には上がっていましたが)
2018年。。。ローレルクラブはこの低迷から復活できるのでしょうか?中日ドラゴンズよりも先に軌道に乗って欲しい。中日ドラゴンズも応援していますけど。

ダンケシェーンが1月出走を回避したことで余計に不安が過りますが、来週以降の出走予定馬は以下の通り。

1/20 (土) 出走予定
キャプチュード 中山3R3歳未勝利 ダ1800m 武藤雅
ローレルリーベ 中山9R初茜賞 ダ1800m 嘉藤貴行
ストリートキャップ 中山10R東雲賞 芝1600m 石橋脩 

1/21 (日) 出走予定
キャプチュード 中山2R3歳未勝利 ダ1800m 武藤雅

1/28 (日) 出走予定
ローレルジャック 東京8R4歳以上1000万下 ダ1400m 松岡正海

どうかなぁ~前走2着のキャプチュード、3着を外したことのない安定のローレルリーベ、クラブの賞金王ストリートキャップ、ダートで覚醒ローレルジャック。。。期待できると言えば期待できますけど。。。頑張ってくれないだろうか?
日高牧場集合系御三家であるユニオン・ターファイト・ローレルクラブ。。。どこもまだ勝てておらず、なかなか苦しい成績(ユニオンはワタシノロザリオが2着、ナポレオンズワード藤田菜七子騎手を背に3着などもう一歩のところも。ターファイトは谷川牧場産駒が頑張りヴァローアが準オープン3着、サンティーニも3着あと一息。ローレルクラブだけは特記することが無い)
日高牧場集合系一口クラブが活躍し、社台系ビッグクラブ社台TC、サンデーTC、キャロットC、シルクHC、グリーンF、G1TCのライバルとなれるよう頑張って欲しい。

報告書。。。疲れました。こんな報告書で職場で認めてくれるとありがたいんですけどね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧