2018年9月21日 (金)

注目レース!!

先週は3日間開催でしたが出走馬ゼロ。今週はその反動もあってか3頭が出走することとなりました。それも土曜日に集結。

ベルキューズ
9/22(土) 中山1R 2歳未勝利
追い切りですが、
見習・9月17日(月)美南W良・4F55.6-41.1-13.1(6分所・強目に追う)
シャープスティーン(3歳未勝利)馬なりの外0.6秒先行同入

前走レース前の追い切り
黛・8月22日(水)札ダ重・6F83.4-66.9-53.3-39.4-12.9(9分所・一杯に追う)
キモンボーイ(2歳未勝利)馬なりの外同入

コースも環境も違うので単純な時計での比較はできませんが、少し良くなってきています。でも、ひと叩きされての到達点としてはかなり低いと言わざるを得ませんね。
デビュー前は、注目馬としてスポーツ紙にも載ったくらいの馬です。函館2歳Sを・・・なんて話もありましたので、このまま終わるとは思っていませんけど、走らないなぁ~。切っ掛け待ちですかね。
先週、デビュー予定戦を一緒に除外となったキャロットのクリソベリルがダート1800m新馬を快勝。本当に強かったです。しかし、逆を返せばダート1800mをしっかり走れる馬が少ないということ。ベルキューズも前進すれば見所を作れるかも・・・と思っています。
全兄ヒルノアルゲイロも頑張ったし、楽しみにしたいと思います。

ローレルティーダ 
9/22(土) 阪神8R 3歳以上500万下
こちらは、障害試験を受けるも完走できず、これ以上進めても危険だということで、入障を断念。引退を念頭に少しでも手当を還元する目的での出走となりました。
ダート2000メートルということで、少しでも長い方が期待できるローレルティーダにとってはありがたい距離ですが、今までの戦績からは苦しいというしかないでしょうね。
激走して、ミラクルを起こして欲しいですけど。

スプレーモゲレイロ
9/22 中山8R 清秋ジャンプS
10頭立てということで、特別登録された10頭がそのまま出走。中山は好走歴がありますし、頭数が少ないことも歓迎。
調教からは非常に調子の良さを感じますので、激走の可能性はあると思いますが、テンに速い馬もいますので、スプレーモゲレイロの位置取りが後ろの方だと、それを交わして進出というのはなかなか難しいと考えています。スタートを含めた序盤の位置取りが順位を大きく左右することでしょう。1つ目の障害をスピードを落とさず上手く飛越することが大切です。

ということで、3頭が走ります。

その他、出資はしていませんがローレルクラブのディープインパクト産駒プラーナの未勝利戦と、ユニオンの先行募集馬であったジェネラルシップの未勝利戦は要注目。2頭とも勝ち上がって欲しいです。ジェネラルシップは奇しくも同じ先行募集馬の同期、エポカドーロと同じ日の出走となりました。エポカドーロはGⅠホースとして、当日の神戸新聞杯に主役として登場。大きな差が開いていますが、頑張って欲しいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

どん底脱出はあるのか?

3連休、3日開催。。。調子に乗ってい馬券買っちゃいました。大負けです(笑)
今年は馬券をあまり買わない!と宣言していたにもかかわらず、9月の時点で昨年1年間の購入金額に肉薄。払い戻し金額は昨年を既に超えているので、負け分としては昨年よりも少なく、苦しみは少ないですけど・・・この3日間で、72レース中71レースを購入しましたからね。(1レースは間に合わなかっただけ)
やり過ぎです。来週からは自重しようと思います。

出資馬が勝てません。困りましたね。

一口馬主DBデータより(23クラブ中)
ユニオン
獲得賞5億2,314万円⑨
勝率.063⑮
掲示板率.337⑭
勝ち馬率.194⑯

ローレルクラブ 
獲得賞金6,701万円⑱
勝率.039⑲
掲示板率.223⑳
勝ち馬率.138⑲

我がファミリーは
獲得賞金4,662万
勝率.032
掲示板率.323
勝ち馬率.091

23クラブ平均
獲得賞金5億3,066万円
勝率.094
掲示板率.354
勝ち馬率.282

と言うことで、ユニオンもローレルも低い・・・特にローレルはとんでもなく低い。。。そこをメインに据えている我がファミリーは当然の如く低い・・・

これを書く前からこのようなデータになることは分かっていたので、いちいち悪態をついても仕方がありませんが、、、まずいね。

ローレルブレットローレルベローチェムーンエクスプレスの1億円トリオが居た頃は良かったのですが、昨年に相次いで引退。エポカロードを逃し1億円トリオの後を担う予定であったダンケシェーンがそこまでの活躍をすることができて居ない今・・・浮上の切っ掛けすら見えてきません。

出走する以上は常に期待はしているんですが、周りからは笑われていることでしょう(涙)

生活が少し楽になって、遊べるお金が少し出て来ていることが救いですけど、、、この趣味で泣く泣く浪費することも良くないですから。

と言うことで、秋競馬で勝手に期待している、我がファミリーの紹介をしていきます。

今週出走の障害エース
スプレーモゲレイロ
22日(土)清秋JS(オープン)に出走予定
ここはメンバーが手薄。調教もよく陣営の評価も高いのですが、本番ではイマイチ。能力はあると思いますけど。今日は半弟ホーリーブレイズが吹田特別を快勝。流れはあるはず。この仔が一つ勝つと救われる。重賞も走れるし・・・

復活したダート短距離の素質馬
スティンライクビー
ここ3戦で3着以内を連発する2018年のエース。
11月3日貴船Sを予定。ここも好走を期待。勝てると一番いいんですけど。

ブリンカーで闘志復活
マリアスパン
30日に自己条件で出走予定。勝てば回収率100%超え。能力の高さと調教の走りはいい。実戦で復活を。

芝に戻って新境地開拓
キングディグニティ
11月18日を予定。降級馬でありこのクラスを勝ち上ることが可能。ただ、自分でレースを作れず嵌る展開の幅が狭いので、期待半分不安半分。

善戦ボーイ
キャプチュード
今週か来週のスーパー未勝利を予定。ダート1800メートルで勝ち負けの状態ですけど、決め手に欠ける面も。でも、今のこのクラスで勝ち上らないと。。。運も味方につけられるか?

本当の能力を見せてくれ
ベルキューズ
今週の2歳未勝利戦を予定。デビュー戦は競馬に参加すらできず、タイムオーバー級の大敗。フケの影響とは言われているが、本当のところの能力が分かりません。育成場での評価を考えれば、こんなところで足踏みする馬ではない。全兄ヒルノアルゲイロも不人気ながら4着と頑張った。ベルキューズだって・・・

とりあえず、予定がある程度明確なのはこのくらい。
書いていても安定感の無い仔ばかりで、パッとしませんね。

あんまり期待を大きくして、結果を見て落胆しても・・・と、ネガティブになりつつありますが、頑張って欲しい。ブログも楽しく書けるようにしたいなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

カタログ届きました~

カタログが届きました。

ザっと確認だけ。。。

感想は・・・と言いますと。

やっぱり、昨年のツアーでも見てこの6月末にも見ていた当歳から募集されて1歳になった各馬は思い入れもありますし、少し贔屓目に見てしまいます。

その中でも注目3頭を。

アメージングムーンの2017は満口になっていますけど、写真を見てもいいですね。

アドマイヤカグラの2017も思い描いた通りの成長を遂げており、この秋に会えることを楽しみにしています。

アルボランシーの2017の成長が著しいか。先日、レーヌビクトリア引退の記事にも書きましたが成長度。。。この馬にそれを感じます。

ここでは書ききれませんが、楽しみな馬もいっぱい。またゆっくり記事を書こうと思います。

そして、当歳馬注目3頭。

1頭目はジョディーズロマンの2018。母もローレルクラブで勝ち上がった馬ですし、父のディスクリートキャットの実績の素晴らしさ。

ウィキペディアから成績を転載させていただきます。大きな可能性を感じる種牡馬ですね。

血統面はフェニーチェの2018。この血統でこの価格はあり得ません。3,000万円後半から4,000万円くらいとってもいい馬。本当にローレル価格だと思います。

もう1頭。キャタラクトの2018。この馬に対してはコメントや問い合わせが一番多いです。。。僕も、個人的に松浦牧場さんで見たことはありますけど。。。問い合わせにお応えできるほどの情報を持っておりません(笑)
でも、大きな魅力を秘めています。

ツアーに行くといろいろとイメージや感想は変わります。

今からツアーが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

カタログ来た?

今日は、、、以上にアクセス数が多いと思ったら・・・ローレルクラブのカタログが皆さんのお手元に到着したんですね。

我が家は現時点で到着しておりません。と言うことで、話題に出遅れました。

皆さんのお気に入りは見つかりましたか?

コメントにてお知らせしていただけると幸いです。

ローレルクラブ募集馬一覧
01 ハーランズルビーの2018
牡 総額2,000万円 一口50,000円(400口)
未定

02 ジョディーズロマンの2018
牡 総額600万円 一口30,000円(200口)
栗東

03 フェニーチェの2018
牝 総額2,400万円 一口60,000円(400口)
加藤征厩舎

04 ミンナノアイドルの2018
牝 総額1,200万円 一口60,000円(200口)
尾関厩舎

05 キャタラクトの2018
牝 総額1,500万円 一口75,000円(200口)
牧田厩舎

01 モンプティクールの2017
牡 総額1,800万円 一口90,000円(200口)
飯田雄厩舎

02 アメージングムーンの2017 満口
牡 総額2,000万円 一口50,000円(400口)
奥村武厩舎

03 アルボランシーの2017
牡 総額1,200万円 一口60,000円(200口)
和田雄厩舎

04 ミンナノアイドルの2017
牡 総額1,600万円 一口40,000円(400口)
斎藤誠厩舎

05 コンフォータブルの2017
牝 総額1,000万円 一口50,000円(200口)
飯田雄厩舎

06 アドマイヤカグラの2017
牝 総額1,400万円 一口70,000円(200口)
安田隆厩舎

07 サトノネネの2017
牝 総額1,400万円 一口70,000円(200口)
池江厩舎

08 タッソーニーの2017
牝 総額1,600万円 一口80,000円(200口)
牧厩舎

09 ポポチャンの2017
牝 総額1,200万円 一口60,000円(200口)
奥村豊厩舎

10 カーサエスペランサの2017
牡 総額700万円 一口35,000円(200口)
和田郎厩舎

11 ファシネイトの2017
牡 総額1,000万円 一口50,000円(200口)
北出厩舎

12 ナックオフィスの2017
牝 総額1,000万円 一口50,000円(200口)
鈴木孝厩舎

13 ベネディーレの2017
牝 総額1,400万円 一口70,000円(200口)
石橋厩舎
 
2歳馬も募集中。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

走れていないベルキューズ

今週は出走馬なし。3日開催でお祭り気分なのですが、、、特に月曜日はお仕事もないのに・・・冷静に馬券買います。

昨日はベルキューズの追い切りが行われました。

黛・9月12日(水)美南W良・4F56.7-41.1-13.5(9分所・G前仕掛け)
バカラクイーン(新馬)馬なりの外同入

黛弘人騎手のコメント
「札幌でも調教から乗りましたが、フケの影響は別としても単走では自分からは動かない馬です。今週は併走馬とのタイミングも良くて、しっかりと併せられたので、最後まで頑張って動いていましたね。普段の調教から常に併せ馬で慣れさせてやる事がこの馬には必要だと思います」

相変わらず時計が詰まってきませんね。
新馬の馬也に対して気合をつけないとついていけないワケですからね。。。

では、ベルキューズの今までの調教を一気に振り返ります。(そのあとにも記事がありますので読んでね)

助手・7月1日(日)美南坂良1回・4F57.1-42.4-28.1-14.1(馬なり余力)
スターフラッシュ(古馬500万)馬なりを0.4秒追走同入
助手・7月4日(水)美南W良・4F56.9-41.3-14.0(8分所・馬なり余力)
ルーレットクイーン(古馬1000万)馬なりの内0.4秒遅れ
助手・7月8日(日)美南坂良1回・4F59.0-42.9-28.5-14.7(馬なり余力)
助手・7月11日(水)美南W良・4F54.3-39.1-13.0(5分所・馬なり余力)
フローラルシトラス(古馬500万)馬なりの内を0.6秒先行3F付同入
助手・7月15日(日)美南坂良1回・4F57.9-42.0-26.9-12.9(馬なり余力)
助手・7月19日(木)美南W良・4F56.3-40.9-13.2(8分所・強目に追う)
ヘニッヒ(新馬)馬なりの外同入
助手・7月22日(日)美南坂良1回・4F55.3-40.5-27.3-13.7(馬なり余力)
助手・7月25日(水)美南W良・5F70.9-55.0-40.3-14.3(6分所・一杯に追う)
アマーティ(新馬)強目の内0.8秒遅れ
助手・7月29日(日)美南坂不1回・4F61.3-44.7-29.1-14.1(馬なり余力)
助手・8月1日(水)美南W良・5F72.5-56.9-41.3-13.3(8分所・一杯に追う)
ミスティックグロウ(古馬500万)直一杯の外0.6秒先行1.0秒遅れ
助手・8月5日(日)美南坂良1回・4F58.4-43.3-28.9-14.4(馬なり余力)
助手・8月8日(水)美南W稍・4F57.6-42.3-14.4(6分所・強目に追う)
アマーティ(新馬)馬なりの内0.6秒先行0.4秒遅れ
黛・8月22日(水)札ダ重・6F83.4-66.9-53.3-39.4-12.9(9分所・一杯に追う)
キモンボーイ(2歳未勝利)馬なりの外同入
助手・9月9日(日)美坂稍1回・4F57.0-41.3-26.6-13.3(馬なり余力)
スポーカンテソーロ(2歳未勝利)馬なりに0.3秒先行0.4秒遅れ
黛・9月12日(水)美南W良・4F56.7-41.1-13.5(9分所・G前仕掛け)
バカラクイーン(新馬)馬なりの外同入

―――――――――――――――――――――――――

入厩前は高い評価のコメントが多かったのですが、移動後はトーンダウン。。。調教の時計も今まで一度も『いいね』と、言えるものがありません。
苦しい時計が並びます。

入厩直後は仕方がない。。。レースが近づいてきて、フケの影響が出てきて仕方がない。。。そして、その後も・・・

母オーシャンフリートは、スピードを備えたステイヤーであるヒルノダムールを調教で子ども扱いしたことでも知れている『調教クイーン』その調教クイーンの娘がこんな時計で。。。と、僕自身も落胆しておりましたが・・・

オーシャンフリートの調教を振り返ると・・・
デビュー前はそれほどいい時計で走っていたワケではないんですね。(たまにいい時計を出しており、調教クイーンの片鱗は見せていましたけど)

調教で時計が一気に変わってきたのは3歳を過ぎてから。古馬になってからは追えばいくらでも時計が出せそうなレベルにもなっていましたが、2歳時はそこまででもありませんでした。

ベルキューズ自身もまだ、本気で走ったことがない馬。
デビュー戦で手綱を取ってくれた黛弘人騎手が付きっきりで調教も跨ってくれています。
黛弘人騎手はレースではそこまで成績は出ていないモノの、馬を観察する力もありますし、調教で攻め馬をする能力も評価されている騎手です。(レースでも決してダメなワケではないですよ)

その黛弘人騎手が、工夫をしながら次戦に向けてしっかりと調教をつけてくれています。

オーシャンフリートへ近づく道はまだ始まったばかり。。。村田牧場さんもオーシャンフリートに対して3年連続でヘニーヒューズをつけた自信の産物。

全兄であるヒルノアルゲイロ(今週出走)も未勝利戦で苦しんでおりますが、一時期は同じヘニーヒューズ産駒であるダンケシェーンよりも評価の高かった馬。
調教も少しずつ走れるようになってきましたし。。。奇跡の一発を期待して見ています。

ベルキューズもこれからの馬。。。黛弘人騎手と共に歩んでいくこれからの成長を見ていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

募集馬見学ツアーに向けて

今日の昼休みにローレルクラブ東京事務所に電話をしました。
アメージングムーンの2017の出資予約(キャンセル待ち)以来ですね。つまり北海道で地震があってから初めての電話です。

ツアーについての電話です。

昼の時点では何のアナウンスもありませんでしたので、予定通り実施するんだろうなぁ~とは思いながら、余震のニュースや建物の損壊のニュース。土砂崩れやひずみによる通行止めや節電に関するニュースなども耳に入ってきておりました。
ツアーはかなりタイトな日程で行われますし、牧場さんにも受け入れる余裕が必要ですし、宿泊施設もしっかり営業されるか。。。不透明なところがあれば成立しません。

ツアー当日の開催も不安ですが、もう一日延泊しての北海道滞在もどのように過ごすべきか・・・、正直、迷っておりました。

北海道行きの航空券は既に購入済なので、飛行機が飛べば行くつもりですけど、毎年のように遊び気分満載で行っていいものなのか。。。個人的にはボランティア素人ですけど、何かお役に立てることがあればお手伝いをすべきなのか。。。もう一度最初に戻って、北海道を楽しみお金を落としていく方が良いのか。。。

ということで、電話をしました。

日高地区も既に停電は解消されており、水道も復旧。普段の生活に戻りつつあるようです。牧場もほぼ通常営業がなされており、育成牧場も調教が行われているとのことでした。
昼の時点では、個別の牧場見学の再開は『もう少し先になるかもしれません。。。』との、返答でしたし、ツアーについても『一部迂回する道路がありそうですけど、回れそうですし、ツアーは予定通り行います』との返答でした。

それを聞いても、懇親会はどんな気持ちで臨むことになるのかなぁ~とか、二次会は節電等のことも考えて中止かな~とか、ブログであまりワイワイ書いちゃうとお叱りを受けるかな~とか、plus1日の日は見学したらめいわくかなぁ~とか、その日は1日でもボランティアをすべきかなぁ~とか、、、いろいろと考えちゃいました。

そして、夕方に。

――――――――――――――――――――――――

ローレルクラブからの情報
【北海道胆振東部地震の影響について(9月11日17:00現在)】

このたびの北海道胆振東部地震により、被災されました方々には心よりお見舞い申し上げます。

地震の影響について、お知らせいたします。

【北海道エリアの牧場見学について】

関連施設のライフラインの復旧が進んでいますので、北海道エリアの牧場見学申込みの受付けを再開させていただきます。
尚、新千歳空港から日高管内に通じている高速道路の通行止めは解除されていますが、国道以外の道路には通行止めになっているところが多くあります。また、高速道路・一般道ともに路面に大きなうねりや段差が生じている個所がありますので、十分にご注意のうえ通行してください。

【募集馬視察ツアーについて】

9月29日(土)から30日(日)の募集馬視察ツアーにつきましては、開催する予定で調整を行なっていますが、今後の余震の発生状況や計画停電の実施状況などにより開催を中止する場合があります。また、道路事情により視察ができない個所が生じる場合があります。

会員様にはご迷惑とご心配をお掛けいたしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

――――――――――――――――――――――――

ということです。お昼に聞いた内容と変わっているところもあります。つまり、状況はめまぐるしく変わっているということ。

余震も減ってきていますが、メールの直前にもポンと大きな余震がありました。熊本での地震でも余震により命を落とされた方もいましたし。。。

ツアーに行きたい気持ちはありますが、いろいろと複雑な気持ちですね。

本当に、北海道の1日も早い復興を願っております。

記事の転載についてはローレルクラブから許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

アイムワンは再ファンドへ

スーパー未勝利戦に出走。JRAでの出走がひと段落となる出資馬が出てきました。

ローレルクラブからの情報
アイムワン
2018年9月10日(月)
9月8日(土)阪神3R・3歳未勝利・D1800m・16頭立6枠12番に川島信二56.0kg・馬体重452kg(-4)で出走し、タイム1分53秒8(不良)で1.2秒差の4着。

川島信二騎手「ずっと使ってきても調子落ちは感じませんでしたが、いつもそうですけど返し馬で鳴いていて、まだ2歳馬みたいな気性なんです。成長曲線がスローで身体も未完成ですし、少なくともあと半年は時間が欲しい感じです。今日はラストまで脚を使えて、この馬の競馬はできたのですけどね」

本馬の今後について関係者間で協議を行なった結果、再ファンドを前提に園田競馬(西脇トレセン)盛本信春厩舎へ転籍する事を決定しました。近日中に兵庫県南あわじ市のヒイラギステーブルへ移動して馬体調整を行った後に盛本厩舎へ入厩する予定です。尚、出資会員の皆様には報告書を別途送付させて戴きます。


―――――――――――――――――――――――――
中央最終戦は後方からの競馬になりましたが最後はしっかりと伸びて4着に。先頭からは離されましたし、時計も平凡。。。まだまだ中央で結果を出すだけの力をつけておりません。
遅生まれでもありますし、馬体も性格も幼く成長の余地を大きく残す馬です。

園田競馬場でしっかり成長して中央市転入した時には・・・500万下を簡単に勝ち上がれる力をつけて走っていただきたいですね。

イメージとしては・・・ローレルクラシックの様な息の長い活躍を期待したいと思います。(ローレルクラシックよりもいっぱい勝ってくれると尚いいのですが・・・)

函館では追い込んで2着もあり、一発を秘めている仔だと思っています。

不人気でも大駆けのあるタイプ。。。やっぱり魅力ですね。

とりあえず、お疲れ様。早期の復帰を期待しております。

記事の転載についてはローレルクラブから許可をいただいております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

レーヌビクトリア中央引退へ

秋競馬が始まりました。それと同時に通常の未勝利戦が終了してスーパー未勝利戦が始まりました。我がファミリーの1頭がスーパー未勝利戦を前に転籍しました。

ローレルクラブからの情報
レーヌビクトリア
2018年9月3日(月)
9月1日(土)小倉3R・3歳未勝利・D1700m・16頭立8枠15番に▲西村淳也51.0kg・馬体重440kg(+8)で出走し、タイム1分48秒2(不良)で2.5秒差の12着。

西村淳也騎手「返し馬から馬場を気にする感じがあって、ヤバいなと思っていました。やっぱり競馬でも下を気にしてしまって、先週とはまったく行きっぷりが違っていましたね。調子自体は良かったように思いましたので、今日は馬場に尽きると思います」

鈴木孝志師「毎回輸送で10kg前後は馬体減りしてしまう馬が、滞在効果もあって身体を増やして出せましたけど、こんな馬場(不良)になるなんてツキがありません。向正面あたりから手応えが悪くなっていましたものね」

尚、本馬の今後につきましては、関係者間での協議に入りました。

2018年9月5日(水)
レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、これまでの内容を考慮し関係者間で協議を行った結果、登録を抹消して大井競馬・中道啓二厩舎へ転籍することになりました。なお、出資会員の皆様には報告書を別途送付させて戴きます。これまで本馬を応援して戴き、誠にありがとうございました。

鈴木孝志師「先週の競馬は、不良馬場に泣かされ力を出し切ることができなく残念です。運がなかったとしか言いようがありません。姉のムーンエクスプレスと比較したら可哀想ですが、身体の柔軟性だったり、気性面だったり姉妹でも違っていた面がありました。結果を出せずに申し訳ありませんでした」

―――――――――――――――――――――――――
レーヌビクトリアが中央競馬を引退。大井競馬場中道啓二厩舎に転籍となりました。
大井競馬場は全兄コウギョウダグラスが13勝を挙げ6,000万円以上稼いだ庭にしていた競馬場です。
レーヌビクトリア自身も時間が経過し徐々に良くなってきました。前走は勝利に接近した3着。。。今回はびちょびちょの不良馬場に泣かされましたが、力をつけてきましたし、ダートスタートで1400mを走れる地方競馬は楽しみがいっぱいです。
これからの活躍を楽しみに見ていきたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――
レーヌビクトリアムーンエクスプレスの半妹でした。ムーンエクスプレスの活躍もあったので期待も大きかったのですが、実馬を見て当歳時からバランスも良く躍動感のある馬体に一目で気に入りました。
未勝利で転籍となりますが、馬体も気に入って出資した馬ですので、出資した後悔はありません。
ただ、レーヌビクトリアに出資したことは今後の馬選びに向けてひとつ勉強になったことがあります。

それは・・・馬体の成長を見極めること。

レーヌビクトリアは当歳時から馬体は良かったのですが、その後劇的な変化がありませんでした。2歳時、3歳時に放牧地で見た時もやっぱり馬体はいいのですが、小さくまとまった感がありました。
勝ち上がる馬や強くなる馬は馬体が成長します。馬体に変化が見え大きく変わっていきます。

ムーンエクスプレスは当歳時もいい馬体でしたが馬体が成長した時期がありました。ローレルベローチェにも著しく成長した期間がありました。

馬体の成長や変化は、募集馬を常に見続けないと気付くことができません。ローレルクラブの各馬は毎年ツアーに参加しているので、馬体の成長や変化を肌で感じることができます。

そして、今年の募集馬には大きな成長を感じている馬と大きな変化を感じている馬がそれぞれ居ます。

月末のツアーでは再度その成長と変化を確認して出資の検討をしたいと思います。

レーヌビクトリア。。。お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

記事の転載についてはローレルクラブから許可をいただいております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

トレンドボブせーるすとーく

今日も勝てなかったぁ~。。。このままでは、ツアー時に優勝ゼッケンがゼロになってしまいそう。僕の出資馬のですよ~。新年交流会から現在までローレルクラブは3勝。ハイチーズは地方交流戦での勝利ですので、現時点でツアーで登場する優勝ゼッケンはローレルリーベアビームの2枚。。。悲しい。
今のところ出走予定に名前がある馬は以下の通り。
プラーナ
ローレルジャック
ベルキューズ
マイディスティニー
ローレルジェイド
キャプチュード
ロズ
の7頭。
出資馬が優勝してくれると尚嬉しいですが、1頭でも多く勝ってくれるといいのですが・・・

ということで、
ローレルクラブからの情報

レッドティムール16締切間近
浦河町の吉澤ステーブルにから茨城県の阿見トレーニングセンター内チェスナットファームへ移動して、屋外ダートコース1800mを軽めのキャンター調教を行なっています。尚、本馬は近日中に美浦トレセン・高橋(文)厩舎へ入厩予定となりましたので、9月12日(水)を持ちまして募集を終了いたします。

高橋文雅師「移動を済ませたばかりですが、長距離輸送によるダメージもなく、到着後すぐに運動を再開できました。環境の変化に戸惑うことなく落ち着いていますし、動きを見ても北海道で負った怪我の影響は感じませんので、馬房と検疫の調整がつき次第にトレセンへ連れていきます。まずはゲート試験まで進めてみて、その先のことは合格後の判断にはなりますが、一頓挫あった後も身体に緩みは感じられないですし、随所にバネを感じさせる動きも健在ですので、競馬まで進めていけると思っています」

No.10 レッドティムールの2016(トレンドボブ
4月9日生 鹿毛 牝
キンシャサノキセキ 母父 シンボリクリスエス
美浦・高橋文雅厩舎入厩予定
総額(口数):1,000万円(200口)一口価格:50,000円
維持費:3,000円/月 保険料:1,600円/年



1歳春には、放牧中に牧柵に激突するというアクシデントがあり、あまりにも豪快にぶつかって、そしてしばらくピクリとも動かなかったので『死んだ』と、思ったら何事もなかったように動き始めた。。。というスペシャルエピソードの持ち主。。。

こういった馬は、途中でダメになっちゃうとそのままですけど、困難を乗り越えてデビューすると・・・アッと驚く活躍をしてくれる可能性を秘めている馬だと思います。

トレンドボブを提供された村上欽哉牧場さんはローレルクラブの今年の勝ち頭。4勝中2勝(ハイチーズアビーム)を挙げていますから。

ローレルクラブも絶不調ですので、胸を張ってお薦めできないところでもありますが、このトレンドボブがクラブを引っ張る存在になるかもしれません。

ローレルクラブに良いニュースを。。。

ということで、迷っていらっしゃる方は行っちゃいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

アメージングムーンの2017が速攻の満口に

何と。。。昨日、『DAZN』に入会しました。一口馬主クラブではなく、スポーツ中継チャンネルです。Jリーグが好きなんですけど、スカパーで一切放送しなくなりました。。。結構ストレスでもありましたが、これでストレスレス。そして、野球の中継もラグビーの中継も見放題。それも、スマホでも。。。こんなにいいモノなら早く入っておけばよかった。。。

では、本題に。

ローレルクラブからの情報
アメージングムーン17満口御礼】
1歳募集馬No.02 アメージングムーン17は満口となりました。多くのご出資をいただき誠にありがとうございます。なお、キャンセル待ちにつきましては、お電話(03-3669-4141)にて受けたまわります。

ということで、驚きの売れ行き。アメージングムーンの2017がいい馬であることは間違いないですし、この血統でこの馬体でこの価格は超お買い得ですので、皆さんが出資されるのもよくわかります。僕も1年前のツアーでちょこっと出資していますので、(出資できないという)最悪の事態は回避できましたが、増資も考えておりました。計画ではツアーで増資を・・・という考えでしたが、そこまで持ちませんでしたね。

昨日は・・・DAZNを家のテレビで見られるようにセッティングしていたので、ローレルクラブのことなんて、アメージングムーンの2017のことなんて。。。さっ敗忘れておりました。14:00過ぎに受付が電話のみに更新され、その後クラブに電話をしましたが・・・『つい先ほど満口に・・・』ということで、間に合いませんでした。一応、キャンセル待ちに入れさせていただきましたが、、、まぁ、期待半分諦め半分です。
上記の通りで、少しだけ既に出資しているので、気持ち的には落ち着いているのでしょう。

活躍してくれるといいですねぇ~。楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧