2018年11月14日 (水)

グローバルリーチ引退へ

体調は思わしくなく。。。胃が痛いですね。一番苦しいときよりも楽にはなりましたが、、、徐行運転で毎日を過ごしております。
早く治したい。。。

11日のレースの走りより、この発表があることを覚悟しておりました。


ユニオンからの情報~抜粋~
―――――――――――――――――――――――――
グローバルリーチ
2018/11/14
近走の結果を鑑み関係者間で協議した結果、残念ながらこのまま引退することになった。
高橋康之師「調教では大分良くなってきたんですが…。競馬に行ってトップスピードになると走り切れないようですね。やはり頸椎がずれて神経が圧迫された影響が大きかったみたいです。上手くいかなくて申し訳ありませんでした」
―――――――――――――――――――――――――

11月11日に京都競馬場からグローバルリーチのレースをモニター観戦しておりました。

我が出資馬に藤田菜七子騎手が騎乗することが初めて。期待も楽しみも大きかったのですが。。。

スタートも相変わらず悪く、二の脚も使えず後方からのレース。

ポジションを上げていこうと進出を仕掛けた直後にバタバタと脚の回転が遅くなり後退。故障を心配しました。。。

しかし直線はそれなりに走りブービーの14着でゴール。

先頭より5秒6差でタイムオーバー。。。

着順より着差も心配の種でしたが、それ以上にレース内容がこの決断になるだろうと覚悟した理由でした。

1700mのレースについていけないし、レースを完走できない。(完走とは力を持続できないということ)

頸椎の影響があるのだと思います。

この仔との出会いは、、、馬師匠から勧められたことと、募集締め切るの当日に牧場の場長さんから直接勧められて、時間ギリギリで出資。

エポカドーロを代表とするゴールデンエイジの中で世代最初の勝ち上がり。

ダートでも芝でも入着する能力の高さを見せ、朝日杯フューチュリティステークスを視野に調整されていた矢先に。。。転倒するアクシデント。

その様子もその後の対応にも少々スッキリしないところはありますが、事故により頸椎の損傷があると診断され治療療養に。

この夏に復帰するものの以前の走りの片鱗も見せずこの日を迎えてしまいました。

・・・この世界に事故はつきものですし、仕方がないこと。グローバルリーチ自身には高い能力があり2歳戦で早い時期に勝ち上がりました。その活躍に胸は高鳴りいろいろな未来を想像させていただきました。

重ね重ね残念ではありますが、出資してこの仔と出会えたことは良かったと心から思っております。

本当にお疲れ様でした。そして、ありがとう!

記事の転載についてはユニオンOCから許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

我がファミリーの2歳馬

今日は日中が暑くて、朝晩が寒い。。。初老間近のおじさんにはきついですね。。。

今週末は京都に行きます。。。気温はどうなんでしょう?気になりますね。。。そこまで体調をしっかりと整えとかなきゃ。

京都競馬場に行った後に、ローレルクラブ募集馬ツアー翌日のプラスワンレポートを始めていこうと思います。

レポートを書いている間に・・・我がファミリーの2歳馬にいっぱい動きがありました。。。

10月19日にグランヴィクトリアが入厩したことはここで書きましたが。。。それ以外のことは、記事にしておりませんでした。

ということで、一気に振り返ります。

現時点で唯一デビューを果たしているベルキューズはツアー直前の5着にに続き、福島で2着に。。。順調に行けば近々勝ち上がれるんじゃないか・・・と、期待しています。フケの症状が出たとか、調整に難しいところがあるようですけど、能力の高さは感じます。軌道に乗ったら・・・僕が期待していたような活躍をしてくれる気もしています。

そして、今週末のデビューが決まったペネトレーター。先週もいい走りだったし、今週は2歳未勝利のアイトマコトに遅れましたが、このアイトマコト・・・重賞7勝のラヴェリータディープインパクトを掛けた高橋康之厩舎のエース級2歳馬。まだ、結果は出せていませんが、大丈夫でしょう。デビュー勝ちを期待しています。

まだデビューしていない組の1頭。。。夏にゲート試験合格後に喉の手術をして療養&休養中だったアヴェントゥリストは喉の影響は無さそうな感じ。中山デビューを目標に調整されています。ダートの1200m戦になるか1800m戦になるか。。。まだ決め兼ねているようで。。。でも、その能力は相当な様で。。。こちらも楽しみです。

10月19日に入厩したグランヴィクトリアは10月26日にゲート試験に合格。精神面がいっぱいいっぱいになってしまっているようでムロタホーストレーニングに放牧に出ました。放牧後は回復も早そうですので、近々帰厩できそう。年内の出走が目標ですね。。。

そして最後の1頭。。。トゥールナージュ。。。10月2日に入厩。。。その後1ヶ月間じっくり調整され、入厩からちょうど1ヶ月。。。11月2日にゲート試験合格。本日の飯田雄三先生のコメントで年内のデビューが目標と。。。まだ、追い切りも始まったばかりで何とも言えないところがありますが、良血馬らしく、ここにきて馬がどんどん良くなってきています。その成長力は・・・もしかしたら凄い馬になるかも。。。なんて期待してしまいます。

こんな2歳勢です。

結構いいラインナップだと思っています。

やれるぞ~!

この期待値が、1年後も変わらず続いていますように。。。

記事の転載についてはローレルクラブとユニオン両クラブの許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

ベストティアラありがとう

ユニオンからの情報
―――――――――――――――――――――――――
ベストティアラ
2018/10/31  島上牧場
レース後も脚元等異常はなく、昨日、栗東トレセンから島上牧場へ移動。なお、近走の結果を鑑み関係者間で協議した結果、年齢的にもこれ以上の上積みを見込むのは厳しいとの判断に至り、残念ながらこのまま引退することになった。近日中に中央登録を抹消する予定。
高橋康之師「なんとか良い競馬をさせたいと思って、いろいろと工夫してきたんですが…。せっかくうちの厩舎にきたのに、結果を出せなくて残念です。本馬を預託して頂き、ありがとうございました」
―――――――――――――――――――――――――

ベストティアラが引退となりました。個人的には、上水牧場時代から追いかけ続けてきた馬です。再ファンド中も笠松にも名古屋にも応援に行った仔ですので、思い入れも強かったので残念ではありますが、結果から見ても納得の判断だと思っております。

苦手なダート戦を3勝したことは本当に素晴らしいことだと思っております。

地方で走っていた時に、コーナーの途中で一息入れるのと同時に集中力を切らしてしまうルーティーンができちゃったんだろうなぁ~と感じた、再ファンド復帰後のレースでした。

繁殖の戻れるといいんですけどね。。。半妹ベストティアーズの結果にも寄るんじゃないだろうか。。。ベストティアーズにも頑張って欲しい。

ベストティアラ。。。お疲れ様でした。個人的には十分楽しませてくれました。


記事の転載についてはユニオンOCから許可をいただいております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

メイクデュースの2017せーるすとーく

6月に細川牧場さんで見学したメイクデュースの2017の残り口が“極”僅かとなりました。

10月1日にも見学を希望しましたが、オータムセールということで細川牧場さんも上場馬が居り、見学ができませんでした。
ということで、僕も即決しておりませんけど、6月に見た時は心身ともに雄大な気品のある牝馬であったことを思い出します。

父は出口牧場産のゴールドシップ。出口牧場の繁殖のメイクデュースで母父がトウカイテイオー。。。注目せずにはいられません。

いい馬でしたので、現時点でも出資を検討しています。。。自分のお財布にいっぱいお金があったら、ホイホイ行きたいんですけど、、、サラリーマンの僕はそこまでの収入がありません。

見学した当時のレポートを振り返っても・・・悩みが深まるばかりです。


いい馬ですので、皆さんよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

2歳馬グランヴィクトリアが入厩

19日金曜日・・・なんか久々の飲み会。。。ということで、羽を伸ばし過ぎて、投稿が遅れたことをお詫び申し上げます。
ツアーレポートもとびとびになっちゃいまして。
残りもしっかり書きますので、長い目でお付き合いお願いします。

今日は。。。出資馬のニュースを。

今週の出走はゼロ。
3頭の予定があったのですが、ローレルヴィクターグローバルリーチは攻めが不足しているということで、来週にスライドハイチーズは熱発で回避。。。今週末は我がチームの大事な試合があるので、出走馬がなく、試合に集中できるのは吉兆かな?頑張ります。

そして、、、グランヴィクトリアが遂に入厩します。

ユニオンからの情報
2018/10/19 
栗東トレセン
本日、Awajiトレーニングセンター内ヒイラギステーブルから栗東トレセン・杉山晴紀厩舎に入厩。

―――――――――――――――――――――――――

ということで、本日入厩しました。
少々遅かったですね。こう思っているのは僕だけではなく、パイオニアファーム場長エイドリアン師も。
『ウエミズノウマハ・・・ナンデハイラナイカナ?スギヤマ(師)ハ、オソイ。ウエミズノウマハイイウマ。ナツカラツカウトオモッテイタ。。。』
と、話してくれました。

ユニオンの中でもいい馬だと思っておりますが、馬師匠が薦めてくれたビーマイステディが先週デビューし、見所たっぷりの3着。その馬としのぎを削ってきた仔です。この世代はユニオン1頭ですけど、この仔には僕のユニオン継続のノルマである『3勝』を挙げられる素質を持っている馬だと思っております。

ゲート試験までどれだけ時間を要するのか分かりませんが、ゲート試験合格後はデビューまで早いんじゃないかなぁ~と思っております。スピードがありそうだからね。楽しみにしています。

これで我がファミリーの2歳馬も全馬入厩を果たしました。早期入厩でもすぐに放牧に戻される馬が多く心配になってしまったこの世代ですが、仕上がりが早く、スピードが勝っているタイプが多いと思っていますので、結果を出してくれるのではないかと期待しています。年内に勝ち上がれる馬が出るといいなぁ~

ということで、今日はここまで。

記事の転載についてはユニオンOCから許可をいただいております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

やっちまったな~

『やっちまったな~』。。。ここが自分のダメなところ。一つのことに集中していると他が見えなくなっちゃうんですよね。

今日・・・夕方にユニオンのHPを見ると。。。

ユニオンからの情報
18.10.09 懇親会の受付状況
東京、京都会場ともに、定員に達しましたので、受付を終了しました。お申込みありがとうございました。これ以降はキャンセル待ちの受付とさせていただきます(メールの方にはその旨を返信致します)。また、キャンセル待ちをご希望の方は東京事務所までご連絡ください。

ということで、、、17日は予定が入っていたので18日(18日も午前中は予定が入っていたので午後に浜松を出る予定でした)の東京開催に参加しようと思っていましたが、、、最近はローレルクラブのツアーボケで、週末はRUGBY関係で忙しくて、うっかりしていました。今日の夕方に『そういえば・・・』と思って、覗いてみましたが遅かったです。

とりあえずキャンセル待ちをしようと思います。

そして、、、

ユニオンからの情報
18.10.09 募集馬の残口状況
PEGASUS2(母オーヴァーアンダー)残20口未満
PEGASUS4(母イチリュウ)残40口未満
PEGASUS21(母ワイルドゲッツ)残40口未満
PEGASUS24(母スプリングマンボ)残40口未満
PEGASUS25(母サンビスタ)残100口未満
PEGASUS29(母メイクデュース)残20口未満
PEGASUS30(母パルフェダムール)残40口未満
PEGASUS39(母タイキロザリオ)残40口未満
PEGASUS40(母ディヴァインクレア)残80口未満
満口:PEGASUS1、27、41

ということで、決めなければいけません。今週中に出資馬を決めたいと思います。。。心の中では、ドラフト1位は決まっているんですけどね。手続きが遅れないようにしないと・・・こちらは『やっちまったな~』では済まないですから。

ということで、ユニオン愛馬もグローバルリーチが先週帰厩、ベストティアラジークグランツも近々帰厩予定。そして、期待の2歳馬グランヴィクトリアが入厩します。この馬いいですから。。。先日、オータムセールの会場でパイオニアファームの場長エイドリアン師に会いました。グランヴィクトリアのことを話しました。
エイドリアン師も期待していますし、僕も楽しみにしています。

ローレルクラブが低迷中ですし、ユニオンに引っ張ってもらって我がファミリーもV字回復を・・・

記事の転載についてはユニオンオーナーズクラブから許可をいただいております。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

2015年産馬通信簿

週末の3連休は相変わらずリラックス仕様で、ブログもまとめて投稿しようということで、ここからガッチリ書いていきます。

来週からはツアー速報やらツアーレポートやらで記事を貯めておけないので、スーパー未勝利戦をあと1週残した状況ですけど、2015年産馬の通信簿をつけていきたいと思います。

まずはローレルクラブ編。

2015年募集馬
ダンケシェーン 牡 2,000万 6戦2勝
アビーム 牝 1,600万 5戦1勝
ハイチーズ 牡 2,000万 9戦1勝
キャプチュード 牡 800万 8戦0勝
アモーレジョディー 牝 1,000万 5戦0勝
アイムワン 牡 2,600万 6戦0勝
レーヌビクトリア 牝 900万 8戦0勝
ローレルティーダ 牡 1,000万 10戦0勝
アフオラカ 牝 1,200万 8戦0勝
ストレイライトラン 牡 1,500万 7戦0勝
プラーナ 牝 5,000万 5戦0勝
ガーネットウィング 牝 700万 4戦0勝
シュヴァルレーヴ 牝 600万 4戦0勝

13頭が募集され勝ち上がりが3頭。
勝ち上がり率は.231。
来週の最後の最後にキャプチュードが勝ちますと。。。勝ち上がりが4頭となり勝ち上がり率が.308と、3割バッターになります。

続いてユニオンOC
エポカドーロ 牡 4,500万 7戦3勝
ボードウォーク 牝 1,500万 12戦2勝
オペラアクター 牡 1,000万 6戦2勝
フェールデュビアン 牝 1,000万 4戦1勝
クロンヌデトワール 牝 2,200万 7戦1勝
サラドリーム 牝 2,000万 7戦1勝
カポラヴォーロ 牡 1,600万 11戦1勝
マリアスパン 牝 1,000万 5戦1勝
グローバルリーチ 牡 800万 6戦1勝
マートルリース 牝 1,000万 6戦1勝
センティフォリア 牝 4,800万 3戦1勝
ジャックビーンズ 牡 1,200万 8戦1勝
ジェネラルシップ 牡 2,100万 14戦0勝
ラブリランテ 牝 1,000万 6戦0勝
デュアルウィールド 牝 1,300万 7戦0勝
ハルメキ 牝 1,000万 5戦0勝
エイプリルソング 牝 800万 3戦0勝
シュバルツブリッツ セ 1,200万 4戦0勝
グッジョブハニー 牝 1,200万 7戦0勝
フォルテドンナ 牝 1,000万 6戦0勝
ショウザドリーム 牡 1,200万 6戦0勝
ティアマリア 牝 1,200万 6戦0勝
シェルセリーヌ 牝 1,000万 6戦0勝
テオゲネス 牡 800万 5戦0勝
ヘーゼル 牝 1,000万 4戦0勝
アンジェレッタ 牝 1,800万 3戦0勝
クールビューティー 牝 1,300万 3戦0勝
アストロローグ セ 1,000万 3戦0勝
キンパツムスメ 牝 800万 3戦0勝
ムーンリットエルフ 牡 900万 2戦0勝
ドンナビアンカ 牝 1,400万 2戦0勝
シンシアリティー 牡 900万 2戦0勝
ロマンザ 牝 1,200万 0戦0勝

33頭が募集され32頭が登録12頭が勝ち上がりで勝ち上がり率.375。最終週にハルメキが勝てば.406と野球では夢と言われる4割バッターの域に達します。

各クラブの勝ち上り率は以下の通り
1 ロードサラブレッドオーナーズ .643
2 サンデーサラブレッドクラブ .632
3 シルクホースクラブ .581
4 キャロットクラブ .573
5 大樹レーシングクラブ .571
6 東京サラブレッドクラブ .531
7 G1サラブレッドクラブ .476
8 社台サラブレッドクラブ .427
9 グリーンファーム愛馬会 .400
10 ユニオンオーナーズクラブ .375
11 DMMバヌーシー .333
12 ワラウカド .333
13 ウインレーシングクラブ .325
14 サラブレッドクラブライオン .286
15 ノルマンディーオーナーズクラブ .268
16 ローレルクラブ .231
17 ラフィアンターフマンクラブ .218
18 ターファイトクラブ .176
19 友駿ホースクラブ愛馬会 .167
20 広尾サラブレッド倶楽部 .143
21 YGGオーナーズクラブ .000

全体の勝ち上がり率は.439。ローレルクラブは苦戦中です。(知っていると思いますけど)
ユニオンはまずまず平均値に近い数字であり、日高地方苦戦、社台大暴れの現状から考えれば今年は頑張っていると言える数字であり、加えて皐月賞馬エポカドーロが出ていますからね。

我がファミリーは
ダンケシェーン 牡 2,000万 6戦2勝
マリアスパン 牝 1,000万 5戦1勝
グローバルリーチ 牡 800万 6戦1勝
ハイチーズ 牡 2,000万 9戦1勝
キャプチュード 牡 800万 8戦0勝
アイムワン 牡 2,600万 6戦0勝
レーヌビクトリア 牝 900万 8戦0勝
ローレルティーダ 牡 1,000万 10戦0勝

8頭に出資して勝ち上がりが4頭。勝ち上がり率.500は立派。我ながら馬を見る目があると自画自賛しております。
ローレルティーダは今日の敗戦で入障もなく、再ファンドなしでの地方譲渡の可能性が高いのですが、アイムワンは再ファンド。キャプチュードも来週勝ち負けですし、手を離れるのはレーヌビクトリアと併せて2頭のみとなります。
今年はまずまずかな?

それぞれの評価は・・・
ダンケシェーン 4
2歳暮れに1勝。早々に2勝目を挙げ、オープン特別や重賞にも挑戦しましたが、そこで力を発揮できず。スケジュール的に苦しくなりましたが、発端はデビュー戦でイダペガサスに負けたこと。これが高くついてしまいましたね。重賞を勝つ予定だったのに。。。

マリアスパン 4
こちらも12月に勝ち上がり。関東オークス出走プランがありましたが、体重が増えない調整の難しさがあり、思うように出走ができませんでした。復帰戦が案外でしたが、ここから復活してくれる気がします。

グローバルリーチ 3
9月に勝ち上がり。怪我があり朝日杯FSを回避。復帰後もイマイチ波に乗れず。。。能力は高いと思いますので、何とかもうひとつ。。。

ハイチーズ 3
なかなか得意な条件が掴めなかったものの交流ナイスハルター特別を勝利。ホッとしました。昇級戦は苦戦しましたが、長く活躍して勝ちを拾って欲しいと思います。

キャプチュード 3
入着が複数回あり、最後の最後で勝ってくれる気がします。長い距離でもやれそうな気がしていますので、一つ勝ったら面白いんだけどなぁ~期待は高いです。

アイムワン 2
予想以上に成長が遅かった。再ファンドは歓迎ですが、トモが弱いのとスピードがどれくらい備わってくるのかで再転入後の活躍が決まってくると思います。
でも、結果は想定の範囲内でした。

レーヌビクトリア 2
当歳時から1歳時のツアーでの馬体の良さは間違いなく、山岡トレセンで見た時もいい馬体でした。
ただ。。。硬さがあったり芝の適正の無さは見抜けず。
この仔も再ファンドでも面白いかな・・・と思うところがありますが、大井競馬場なら大活躍の可能性も。うまくいかなかったことが悔やまれる仔です。

ローレルティーダ 2
一発ホームランタイプの仔でしたので、この結果も受け入れるしかありませんが、個人的にはいっぱい走ってくれましたし、入着もしましたので、よく頑張ってくれたと思っています。長距離馬が好きなのでこの馬体は好きでしたし、勝ち上がれば長くいろいろな条件で走ってくれる孝行馬になったことでしょう。悔いはありません。

ということで、勝ち上がっている馬にはそれぞれもうひと頑張りを期待。
キャプチュードには勝ち上がりを。アイムワンは早く戻ってこい!
レーヌビクトリアは全兄以上の活躍を。ローレルティーダも地方での成長を楽しみに。

さて、、、2歳戦に気持ちを移行ですね。

そして、1歳馬の選定もしっかりしていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

注目レース!!

先週は3日間開催でしたが出走馬ゼロ。今週はその反動もあってか3頭が出走することとなりました。それも土曜日に集結。

ベルキューズ
9/22(土) 中山1R 2歳未勝利
追い切りですが、
見習・9月17日(月)美南W良・4F55.6-41.1-13.1(6分所・強目に追う)
シャープスティーン(3歳未勝利)馬なりの外0.6秒先行同入

前走レース前の追い切り
黛・8月22日(水)札ダ重・6F83.4-66.9-53.3-39.4-12.9(9分所・一杯に追う)
キモンボーイ(2歳未勝利)馬なりの外同入

コースも環境も違うので単純な時計での比較はできませんが、少し良くなってきています。でも、ひと叩きされての到達点としてはかなり低いと言わざるを得ませんね。
デビュー前は、注目馬としてスポーツ紙にも載ったくらいの馬です。函館2歳Sを・・・なんて話もありましたので、このまま終わるとは思っていませんけど、走らないなぁ~。切っ掛け待ちですかね。
先週、デビュー予定戦を一緒に除外となったキャロットのクリソベリルがダート1800m新馬を快勝。本当に強かったです。しかし、逆を返せばダート1800mをしっかり走れる馬が少ないということ。ベルキューズも前進すれば見所を作れるかも・・・と思っています。
全兄ヒルノアルゲイロも頑張ったし、楽しみにしたいと思います。

ローレルティーダ 
9/22(土) 阪神8R 3歳以上500万下
こちらは、障害試験を受けるも完走できず、これ以上進めても危険だということで、入障を断念。引退を念頭に少しでも手当を還元する目的での出走となりました。
ダート2000メートルということで、少しでも長い方が期待できるローレルティーダにとってはありがたい距離ですが、今までの戦績からは苦しいというしかないでしょうね。
激走して、ミラクルを起こして欲しいですけど。

スプレーモゲレイロ
9/22 中山8R 清秋ジャンプS
10頭立てということで、特別登録された10頭がそのまま出走。中山は好走歴がありますし、頭数が少ないことも歓迎。
調教からは非常に調子の良さを感じますので、激走の可能性はあると思いますが、テンに速い馬もいますので、スプレーモゲレイロの位置取りが後ろの方だと、それを交わして進出というのはなかなか難しいと考えています。スタートを含めた序盤の位置取りが順位を大きく左右することでしょう。1つ目の障害をスピードを落とさず上手く飛越することが大切です。

ということで、3頭が走ります。

その他、出資はしていませんがローレルクラブのディープインパクト産駒プラーナの未勝利戦と、ユニオンの先行募集馬であったジェネラルシップの未勝利戦は要注目。2頭とも勝ち上がって欲しいです。ジェネラルシップは奇しくも同じ先行募集馬の同期、エポカドーロと同じ日の出走となりました。エポカドーロはGⅠホースとして、当日の神戸新聞杯に主役として登場。大きな差が開いていますが、頑張って欲しいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

ユニオンが北海道牧場見学の再開へ

今日は平日であり明日も仕事がありますが、久しぶりに飲みに行きました。20歳以上離れている若者に7年ぶりくらいの再開でサシ飲み。凄く楽しかったですが、帰りが遅くなり投稿も遅れまして申し訳ございません。
最近は、朝に書くことが多いですけど・・・

実は・・・あまり書くことがなくて・・・というか、いろいろと企画を考えて、データ収集もして練っているのですが・・・いい企画を思いついても、データ収集をしている時点で、ガッカリ方向に行く感じが多くて(笑)

ローレルクラブ関係もユニオン関係もデータを集めて強気に皆さんを盛り上げられず、そのまま書いちゃうとネガティブになっちゃうことが多くて、困っております。

じゃ、書かなければいいじゃん・・・なんて自分でも思うのですが、毎日立ち寄ってくださる方も居ますし、その方に応えたいと思って書いております。

そんな中、ユニオンのHPに新たな情報が・・・

ユニオンからの情報
18.09.18
北海道の牧場見学について受付を中止しておりました、北海道の牧場・育成場に在厩している募集馬および休養中の現役馬の見学につきましては、9/28(金)以降の日程から受付を致します。見学を希望の方は9/19(水)以降に北海道本社に電話、またはメールにてご連絡ください。

ということで、ローレルクラブ募集馬見学ツアー翌日の10月1日も見学可能ということに。

正直なところを申しますと、北海道胆振東部地震がありローレルクラブ募集馬ツアーおよびplus1日の北海道旅行に対して、どのような心構えで行ったらいいか、少し迷っているところもあります。

でも、こういった情報を目にすると少しずつ元に戻ってきている実感もありますし、気持ちも変わってくるかもしれません。

『行くなら楽しんできて~』

といった言葉もいただいたりしますし、その通りだと思いますけど、ガッチリシフトチェンジできない自分が居ます。

あと10日。。。気持ちがどうなっていくか分かりませんけど、北海道が少しでも元に戻ることを願っております。

記事の転載についてはユニオンオーナーズクラブから許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

どん底脱出はあるのか?

3連休、3日開催。。。調子に乗ってい馬券買っちゃいました。大負けです(笑)
今年は馬券をあまり買わない!と宣言していたにもかかわらず、9月の時点で昨年1年間の購入金額に肉薄。払い戻し金額は昨年を既に超えているので、負け分としては昨年よりも少なく、苦しみは少ないですけど・・・この3日間で、72レース中71レースを購入しましたからね。(1レースは間に合わなかっただけ)
やり過ぎです。来週からは自重しようと思います。

出資馬が勝てません。困りましたね。

一口馬主DBデータより(23クラブ中)
ユニオン
獲得賞5億2,314万円⑨
勝率.063⑮
掲示板率.337⑭
勝ち馬率.194⑯

ローレルクラブ 
獲得賞金6,701万円⑱
勝率.039⑲
掲示板率.223⑳
勝ち馬率.138⑲

我がファミリーは
獲得賞金4,662万
勝率.032
掲示板率.323
勝ち馬率.091

23クラブ平均
獲得賞金5億3,066万円
勝率.094
掲示板率.354
勝ち馬率.282

と言うことで、ユニオンもローレルも低い・・・特にローレルはとんでもなく低い。。。そこをメインに据えている我がファミリーは当然の如く低い・・・

これを書く前からこのようなデータになることは分かっていたので、いちいち悪態をついても仕方がありませんが、、、まずいね。

ローレルブレットローレルベローチェムーンエクスプレスの1億円トリオが居た頃は良かったのですが、昨年に相次いで引退。エポカロードを逃し1億円トリオの後を担う予定であったダンケシェーンがそこまでの活躍をすることができて居ない今・・・浮上の切っ掛けすら見えてきません。

出走する以上は常に期待はしているんですが、周りからは笑われていることでしょう(涙)

生活が少し楽になって、遊べるお金が少し出て来ていることが救いですけど、、、この趣味で泣く泣く浪費することも良くないですから。

と言うことで、秋競馬で勝手に期待している、我がファミリーの紹介をしていきます。

今週出走の障害エース
スプレーモゲレイロ
22日(土)清秋JS(オープン)に出走予定
ここはメンバーが手薄。調教もよく陣営の評価も高いのですが、本番ではイマイチ。能力はあると思いますけど。今日は半弟ホーリーブレイズが吹田特別を快勝。流れはあるはず。この仔が一つ勝つと救われる。重賞も走れるし・・・

復活したダート短距離の素質馬
スティンライクビー
ここ3戦で3着以内を連発する2018年のエース。
11月3日貴船Sを予定。ここも好走を期待。勝てると一番いいんですけど。

ブリンカーで闘志復活
マリアスパン
30日に自己条件で出走予定。勝てば回収率100%超え。能力の高さと調教の走りはいい。実戦で復活を。

芝に戻って新境地開拓
キングディグニティ
11月18日を予定。降級馬でありこのクラスを勝ち上ることが可能。ただ、自分でレースを作れず嵌る展開の幅が狭いので、期待半分不安半分。

善戦ボーイ
キャプチュード
今週か来週のスーパー未勝利を予定。ダート1800メートルで勝ち負けの状態ですけど、決め手に欠ける面も。でも、今のこのクラスで勝ち上らないと。。。運も味方につけられるか?

本当の能力を見せてくれ
ベルキューズ
今週の2歳未勝利戦を予定。デビュー戦は競馬に参加すらできず、タイムオーバー級の大敗。フケの影響とは言われているが、本当のところの能力が分かりません。育成場での評価を考えれば、こんなところで足踏みする馬ではない。全兄ヒルノアルゲイロも不人気ながら4着と頑張った。ベルキューズだって・・・

とりあえず、予定がある程度明確なのはこのくらい。
書いていても安定感の無い仔ばかりで、パッとしませんね。

あんまり期待を大きくして、結果を見て落胆しても・・・と、ネガティブになりつつありますが、頑張って欲しい。ブログも楽しく書けるようにしたいなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧