2020年7月 3日 (金)

ユニオンで測尺発表

7月に入って、急激に忙しくなりました。。。コロナの影響です。例年だと余裕のある日程のところがギューッと詰まってしまい、7月に集中した感じ。
15621605092821
ということで、とりあえず今日は短く。。。

あんまり反響の無いPegasus2020検討動画ですけど、別角度の写真を編集する予定でしたが、その時間が取れず。。。

そして、各馬を見てコメントする予定ですが、なかなか時間が取れず。。。

そんな中、本日ユニオンから測尺の発表がありました。馬体重についてはやはり体重計を所有していない牧場さんもあるため発表されませんでした。

測尺で、見るのは①管囲ですかね。。。その次に②体高。そして③胸囲の順でしょうか。。。

管囲は細過ぎるとやっぱり心配。でも、管囲と見た目の上物とのバランスが大事だと思います。

管囲が細くても、上物も薄ければ脚元の怪我にはつながり難いことでしょう。

管囲が太い馬はおおよそ上物もデカい。上物がデカいとそれだけ馬体重がドンと乗っかりますので、管囲が太かろうが脚元への負担が大きくなりますからね。

管囲が20cm前後(よりちょっと大きめの方がいいかな?)で、体高が150cm以上(牡牝でも違うし生まれの早さでも考慮する点は出てきますけど)くらいで重苦しくない馬を選ぶことを一つの目安にしています。

思い入れのある血統や牧場の馬はここから甘くなりますけど(それが勝てない理由なんだろうなぁ~)

測尺は、現時点でも参考にはしますけど、半年後に出る測尺と比較して、成長力の指標にもしています。

最終的なことを言うと、測尺関係なく写真で馬体のバランスと動きを見て、気に入った馬の測尺をあとで見て確認する・・・みたいな順番です。

そうこうしているうちに、週明けの月曜日6日から出資先行予約が始まります。

週末に少しでも、募集馬の感想が書ければ・・・と思っていますが、走らない馬を引き当てる出お馴染みの当ブログを参考にする方はいらっしゃらないでしょうけど。

よろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

【実験企画】ユニオン2020募集馬を語り合おう

15298434598960
コメント募集中

ユニオン2020募集馬について、語り合いましょう。

匿名でも構いません!

2ちゃんねるの掲示板みたくコメントをどんどん累積させることができるか、実験企画です。

この記事は一定期間、常にトップページに置かれます。

| | コメント (28)

2020年6月25日 (木)

ユニオン部門。。。がんばれ

出走馬が確定!!

ジョディーズマロンヴァラマイトとの直接対決に。そして、1年振りの出走となるヴァクストゥーム。動きもいいので楽しみです。ダンケシェーンは。。。清里特別に登録も除外に。。。

そして、ユニオンの世代最初の出走馬はパンプイットアップではなく、スライリーでした。昨日の記事にも登場させず、申し訳ございませんでした。。。

それから、今日・・・ユニオン募集馬Pegasus2020カタログが我が家に向けて発送されたと思います。

昨日発送されたエリアの方で既に家に届いていらっしゃる方とかいらっしゃらないのかな?

もし、既にご覧になられた方でいい馬が見つかったら教えてくださいませ。。。

どんな情報でも構いません。よろしくお願いいたします。

出走馬については明日にでも詳しく掘り下げていこうと思います。

今日はユニオン各馬の状況を・・・

この短い期間にミッシングピースが亡くなり、マリアスパンスプレーモゲレイロがJRAを退き、すっかすか状態の我がユニオン部門。。。

3歳1頭と2歳3頭の零細運営状態が続いております。この4頭の中から中心選手を作り、それに続く選手を1歳から育てたい。。。そんな思いです。京サラ部門は撤退予定ですがローレルクラブ部門は1歳勢に多くの出資予定馬を抱えております。そこを削ってユニオンに回すのか・・・判断を迫られます。

現役最年長となったこの仔から。
15384039665791
ネージュダムール 3歳牝 未勝利
4月30日から続く宇治田原優駿S生活も2ヶ月となりました。
その間、深管を傷めるアクシデントもありましたが大事には至らず。。。でも、完全な良化はない。それでも15-15を乗っても痛がる感じもなく平行線。

水冷やレーザーでケアされながらも『問題なし』ということで、進められ来週か再来週の帰厩を予定していると寺島良先生から。

深管を傷めて乗り込めなかった時期もあり馬体重は420キロをキープ。386キロだった頃よりも40キロ近く増量。これは嬉しいが、もう20キロくらい行けるはず。。。なかなか体重が乗ってこないことが懸念材料。

スピードがあることは間違いないし、仕上がりも早いタイプ。ひと叩きせずとも初戦からいけるタイプですので、この長くなった休養をプラスに捉えたい。帰厩までにあと10キロ増やしたいね。


2歳勢は3頭に。

クープドクール 2歳牝 未入厩
6月13日に三重ホースから宇治田原優駿Sへ移動。三重ホースさんに長くズルズル居ることになる心配をしていましたが、思った以上に早い退厩。トレセン入厩へのステップアップで宇治田原優駿Sに。

ここで、良いパフォーマンスを発揮すれば栗東トレセンに行くことになったのですが・・・そう簡単にはいきませんでした。。。

コースで普通キャンターを1800~2400m、坂路をハッキングで1本の調教メニューですが、環境変化によりテンションは高め。

物見をしたり、右に張ったりするとのことで・・・2月にパイオニアファームさんに行って見学したときに似た現象がレポートされている感じですね。

パイオニアファームのエイドリアン場長がおっしゃっていた通り、メンタルの弱い面が出てしまっているように思います。

右前の浮腫みも大事には至っていないのですが、気を張っているから出る症状だと思うし、これで飼い食いが悪くなったら、一旦リセットになるでしょうし。。。

ここをしっかり乗り越えられるように頑張ってもらいましょう。

宇治田原優駿Sさんとパイオニアファームさんは太いパイプでつながっておりますので、エイドリアン場長から良いアドバイスが送られる気がします。

コメントには『入厩に向けて』の言葉がありますので、この言葉があるうちにリカバリー願います。


センスオブユニティ 2歳牝 未入厩
クラブHPに掲載されている6月の写真を見るとそんなに悪くない感じですが、緩さは写真からも見て取れます。これが解消されるまでは、牧場での乗り込みが必要となりそうです。

4月15日に三重ホースに到着。気性的な面は褒められたりしますが、体力の無さを指摘されます。乗り込むと浮腫んだり、トモをぶつけたり・・・『緩さがあるためトモをぶつける』って記載がありますが、皆さんは理解していますか?正直いいまして僕はあまりよく分かっておりません。

大橋勇樹先生もセンスオブユニティの早期入厩早期デビューを予定していない感じですので、しっかり乗り込んで、体力をつけていってもらいたいと思います。

何となくですけど、この仔は意外とやってくれる気がします。

サンドプラズマ 2歳牝 未入厩
サンドプラズマだけでなくスターオンステージリングボーイの3頭のシニスターミニスター産駒がイマイチ軌道に乗れていない印象。

サンドプラズマは時間をかけて調整されることは織り込み済みですが他の2頭もお付き合いでゆっくり調整とは・・・予想もしておりませんでした。

Pegasus2020のシニスターミニスター産駒は高額馬ばかりの超目玉提供馬になっていますから、、、1歳上のシニスターミニスター軍団もそれなりの責任を感じて走ってもらわないと。。。

サンドプラズマは25-25とか20-20で体力増強に努めております。僕の気持ちの中でも半年遅れの馬だと思っておりますので、許容範囲。でもこれだけ走るだけで筋肉痛が出るとは・・・どれだけ筋肉がついていないのか・・・と思う気持ちと、筋肉痛があるということはそこに筋肉がつくと言うワケで、成長が見込める。。。と、期待できる気持ちと。

兎に角ゆっくりでも、怪我せず夏を越えてもらいたいと思っています。馬のバランスはいいので、軌道に乗ればいいところが見えてくると思っております。

以上4頭。。。牝馬ばかりのユニオン部門。。。2019年産駒からは大物も?ユニオン部門の繁栄を期待しています。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

6月DEBUT!

本日は今週のレースの想定表が発表されまして、ローレルクラブからは2頭(ジョディーズマロンヴァラマイト)の2歳馬がデビュー予定。ユニオンからは1頭(パンプイットアップ)のデビューが予定されています。

そのレースの新聞記事です。

先ずは、出資馬でもあるジョディーズマロン。2回函館に出走すると噂がありましたので、僕もそう書いちゃいましたが、申し訳ございません。。。
15858941806736
追う毎に動きが良くなるということで、今週へスライド。想定では日曜日の芝1200mor土曜日のダート1000mの予定になっております。鞍上はどちらも亀田温心騎手

ローレルクラブ情報ではダート1000mなのでそちらの可能性が高いんでしょう。。。個人的には距離が少しでもある芝1200mにも面白さがあるんじゃないかと思っています。

2020年デビュー1番手はジョディーズロマンになりそうですが、これで2年連続の6月デビュー(昨年はアメージングサン)。。。ありがたいのですが・・・

実は、函館、2歳新馬とは相性が悪くてですね・・・

これだけ長いこと一口馬主をやっているのですが、2歳勝ち上がりの履歴は以下の通り
アメージングムーン 2歳未勝利(牝)
2歳07月22日

 アメージングサン 2歳未勝利
2歳07月28日

ムーンエクスプレス 2歳未勝利(牝)
2歳08月31日

グローバルリーチ 2歳未勝利
2歳09月30日

ローレルブレット 2歳未勝利
2歳10月22日

アルボランシー 2歳未勝利
2歳11月20日

ダンケシェーン 2歳未勝利
2歳12月02日

マリアスパン 2歳未勝利(牝)
2歳12月03日

8頭しか2歳戦で勝ち上っておらず、ご覧の通り2歳新馬勝ちはゼロ。。。

そして、函館成績は13頭 [0-3-2-2-3-17] 27戦
アメージングサンアメージングムーンの新馬戦で2着、それとアイムワンがまさかの激走で2着はありますが勝ったことが無いんです。。。

鬼門ともいえる函館競馬場&2歳新馬。。。因みに函館の2歳新馬に限定すると [0-2-2-1-0-0]と5着以下はゼロ。頭数が少ないことはありますけど、安定した成績なんですがね。。。2着⇒アメージングサンアメージングムーン 3着⇒ヴァクストゥームヴォルカヌス 4着⇒ハイチーズ

土曜日ダートに出走となると、困ったことに・・・ヴァラマイトパンプイットアップとの直接対決となってしまいます。

個人的には、土曜日ダートはヴァラマイトパンプイットアップのワンツーフィニッシュ。日曜日の芝でジョディーズロマンの勝利を期待していたのですが・・・(因みに日曜芝には日高系牧場クラブ馬ウインのウイングリュックとターファイトのドリップワンがスタンバイ)

土曜日ダートに出るんだったらヴァラマイトにもパンプイットアップにも負けられません。。。

因みに3頭の今日の追い切りの時計を並べると

ジョディーズロマン
亀田・6月24日(水)函ダ良・5F64.5-51.4-39.7-13.8(6分所・向正面強め)

ヴァラマイト
大野・6月24日(水)函W良・5F71.5-55.6-41.3-13.5(8分所・馬なり余力)

パンプイットアップ
岩田康・6月24日(水)函W良・5F68.4-54.1-40.4-13.8(8分所・強めに追う)
マリノブロッサム(二未勝)馬ナリの外を0.7秒追走4F併0.2秒遅れ

ということで、比較し辛い。。。個人的にはどの仔もそこそこ。。。凄く良いワケではないですね。

負けられないけど、この3頭には頑張って欲しい。。。

| | コメント (2)

2020年6月22日 (月)

ユニオン募集カタログ到着間近

Pegasus2020募集馬パンフレットの発送が迫ってまいりました。クロネコDM便で、東京から400km圏以上にお住まいの方へは6/24(水)に発送。東京から400km圏内にお住まいの方へは6/25(木)に発送。。。お届け日の目安は6/29(月)とのことですが、今週中に届くお宅もあることでしょう。。。我が家は出遅れてしまうのか?

そして、動画のアップタイミングも気になるところです。

ツアーもないので、オンライン検討会とかできるといいですね。。。

さて、2019年産の各馬のチェックも本格手にはじまりますので、週末以降は忙しくなりそう。。。

さて、新規募集馬の発表時に各馬についての感想を書かせていただきましたが、ユニオンと言えば先行募集馬。

マンハッタンスカイをはじめ現役のレジェンドであるルペールノエル。クラシックホースのエポカドーロビターエンダー。。。ここから活躍馬が出る可能性は高いワケで、、、前回は先行募集馬をスルーしてしまいましたので、カタログ到着前に触れておこうと思います。

PEGASUS 1 チュウワプリンセスの2019 牡 ハービンジャー
前野牧場生産 2/14生
セレクトセール購入馬。誕生日がバレンタインデーということで、バレンタインデーに関連した馬名が付きそう。。。クーヴェルチュールみたいな。。。

ユニオン×ハービンジャーは苦戦中でして。。。バーニングテイストサニーサインズヴォワルドールネフェルテムヴァンデグローブと5頭が募集されるも未勝利。そのうち3頭がハービンジャー大好き村上欽哉牧場というところも興味深い。

血統的にも中長距離での活躍が期待できそうで、馬体もムキムキ感はなくしなやかさが出ている感じ。長距離馬大好きな僕としては好きな馬体。おじにジャスタウェイがいるところもいいですね。。。

価格は2,600万円。厩舎が美浦の菊川正達先生のところということですが、菊川先生のイメージがパッと浮かびません。コスモヘレノススイートサルサコマノインパルスで重賞を勝っているということで、やっぱり長距離に強いのかな?

動画を見ると、、、動きがきれい。かなり好きな馬です。関東馬なので・・・どうしましょう?って感じです。



PEGASUS 2 アルーリングハートの2019 牡 ルーラーシップ
杵臼牧場生産 2/28生
セレクトセール購入馬であり、イルクオーレの半弟となる。兄はロードカナロア産駒ですがこちらは同じキングカメハメハ系ですがルーラーシップの仔。ロードカナロアルーラーシップは馬の雰囲気も違いますし、気性のアベレージも違いますので全くの別馬。。。

この仔は胴伸びがあって中長距離にシフトしそうな雰囲気。立ち姿はイルクオーレよりもこちらの方が好きですね。。。

歩いている動画は。。。今のところあまり好きではないんですよね。。。スイマセン。これから変わってくるかもしれないし、アルーリングボイスが好きだったのでこの仔は応援していますけど・・・

これからの成長で変わっていくかもしれませんからね。

イルクオーレも当歳時の動きや1歳時の動きは決して好きなタイプとは言えませんでした。でも、2歳の動画・・・調教動画を見ると一変して素晴らしい動きに感じています。

アルーリングハートの2019もそうなるかもしれない。。。と思っています。

血統は好き。厩舎も好き。ということで、要チェック馬の1頭です。

先行募集馬に両方出資。。。そんな可能性も・・・あると思います。

ということで、今日はここまで。

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

クープドクールが入厩まであと一歩

窓を開けて寝たらお腹を壊しました。夏は暑いのも嫌だしエアコンでも調子崩すし、窓を開けても。。。適切な環境を見つけられないまま46年。。。このまま死んでいくのだろうか?

クープドクールに動きがありました。
15859906657717
6月13日
三重ホース→宇治田原優駿ステーブルへ移動。
★★★5月26日のレポートでこの件を匂わせていましたが、6月9日のレポートでは何の進展もなかったので、『飛ばされた~』と心配をしておりました。

早期入厩早期デビューもないだろう・・・と諦めかけていましたが、、、嬉しい誤算で移動となりました。

宇治田原優駿Sに来てしまえば、アクシデントがなければ数週間で入厩となることでしょう。

6月末の移動が叶うかも。

世間ではミッシングピースの魂を受け継ぐものは、同じ橋本牧場で生まれたノーデザイアだと思うのですが、僕は、パイオニアファームで一緒に切磋琢磨し、最後も三重ホースで一緒だったクープドクールだと思っております。

ミッシングピースの早期デビューの夢を受け継ぎ、急にペースが上がったクープドクール。この仔が早期デビューで2歳戦線で大暴れするんじゃないかと。。。

話は変わりますが、エイシンヒカリ産駒はまだ中央デビューしておりませんが先陣を切って今週日曜日にエイシンヒテンが走ります。そして、来週にシャイニングライトがスタンバイ。クープドクールが順調ならば3番目にデビューできるんじゃないかと期待しております。

エイシンヒカリ産駒初勝利はクープドクールで。。。期待しておりますが・・・エイシンヒテンが勝って、エイシンヒカリ産駒の出来の良さをアピールしてくれてもいいかな。。。



そして、ネージュダムールも・・・

こちらはミッシングピースと同じ橋本牧場生産馬になります。半年くらいは一緒に生活していたことになります。

宇治田原優駿Sで15-15を精力的に繰り返しており、帰厩に向けた最終調整も。。。深管の件はスッキリしていないけど、時間もないしケアしながらの調整が続きますが、勝負を賭けます。


来週にはユニオン募集馬Pegasus2020のカタログが家に届きます。忙しくなりそうですね(笑)

その前に、ユニオン募集馬にももう一度触れておきたいのですが、もう少々お待ちください。

Pegasus2020一覧
関東
テンイムホウの2019 牝 エイシンヒカリ
ゴールデンポケットの2019 牝 ゴールドシップ
アスタラビクトリアの2019 牝 クロフネ
キンナリーの2019 牝 ドレフォン
マルラニビスティーの2019 牝 パドトロワ
グローバルソングの2019 牝 ブラックタイド
キュートガールの2019 牝 ホッコータルマエ
ラヴィングプライドの2019 牝 アドマイヤムーン
プレノタートの2019 牝 ロードカナロア
ルーシーブライドの2019 牝 イスラボニータ
アスクレピアスの2019 牝 アドマイヤムーン
ワイルドゲッツの2019 牝 ブラックタイド
アースエンジェルの2019 牝 キズナ
タイニーダンサーの2019 牝 シニスターミニスター
コンフェッシオンの2019 牝 モーリス
エスジーアンクルの2019 牡 リオンディーズ
スウィートラブミーの2019 牡 ワンアンドオンリー
ライトインパリスの2019 牡 ハーツクライ

関西
ティファニーケイスの2019 牝 ビッグアーサー
レディインディの2019 牝 キズナ
ムードンの2019 牝 ザファクター
エアラホーヤの2019 牝 エピファネイア
モエレフルールの2019 牝 モーリス
デンファレの2019 牝 ザファクター
ピエノフィオレの2019 牝 ダンカーク
シスタリーラヴの2019 牝 ハーツクライ
アンシェルブルーの2019 牝 ロードカナロア
レゾリューションの2019 牝 ジャスタウェイ
コーディーラインの2019 牝 キタサンブラック
フォースデラネイチャーの2019 牝 Distorted Humor
プリンセスゴールドの2019 牝 エピファネイア
ウインキナウの2019 牝 オルフェーヴル
スズカエルマンボの2019 牝 ヘニーヒューズ
ゴールドチェイスの2019 牝 ロードカナロア
シスターマリオンの2019 牝 リオンディーズ
オオオクの2019 牝 ジャスタウェイ
フローレンスガールの2019 牝 エイシンヒカリ
キングスベリーの2019 牡 シニスターミニスター
ブライトエルフの2019 牡 シニスターミニスター
ビューティーコンテストの2019 牡 ドゥラメンテ
エンゲージスマイルの2019 牡 ドゥラメンテ


| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

ユニオンも頑張って!!

ユニオン情報も!!


現役馬がネージュダムールの1頭しか居ませんから・・・頑張って欲しい。

ネージュダムールは函館遠征を計画しておりましたが歩様に乱れを生じ、深管に傷みがあることが判明。函館遠征は御破算になり小倉出走の話になりました。

馬体重も先週の時点で425キロと、思ったほど増えてこないことは心配。

明日は放牧馬のレポートが更新されますので、深管の心配もなく調整が進んでいくことを期待しておりますが・・・

回復が早いようでしたら、予定していた函館遠征復活はどうだろう?

やっぱり、滞在競馬で力を発揮するんじゃないかな?って思います。

ユニオンでのブレイクは、2歳馬に託すのではなく、ネージュダムールで果たしたい!!



そして、、、もう一つ。

前走後に挫跖の再発と繋靭帯の負傷により登録抹消となったマリアスパン

6月12日(土)に北海道佐竹牧場に無事に戻ったそうです。

佐竹牧場さんでも獣医さんに診察していただいたようですが、大きな怪我でない様子(レースに出るには苦しいですけど)とのことで、一安心。

これから母として佐竹牧場さんで第二の人生を歩んでいくことになります。

僕が見学に行ったわけではありませんし、ユニオンの関係者さんからではありませんが、写真を撮っていただきましたので、ここで披露させていただこうと思います。

佐竹牧場さんに到着したマリアスパン


何だかホッとしたような顔に見えます。

第二の人生頑張ってね~

15921901210671592190124427

1592190127922

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

ユニオンの一番デビューは誰?

ローレルクラブは11頭中5頭がゲート試験合格の話を昨日書きましたが、、、一方ユニオンは・・・
15618796791871
現在の時点で10頭が入厩を経験しました。ゲート試験合格一番手はパンプイットアップ。4月24日に合格し、一呼吸入れて既にリスタート。6/27函館ダ1000・混を予定しているとのこと。。。

5月に入りいきなり1日にアンフィニがゲート試験2番合格。予定は出ておりませんが7月後半から8月かな?

5月27日ゲート試験合格のスカリーワグは秋デビューと予想。

ユニオンと相性のいいオルフェーヴル産駒、スライリーは5月28日にゲート試験合格。パンプイットアップと同じ日の6/27東京芝1800を予定。

出資を締め切り直前に迷ったスマッシャーは6月4日にゲート試験合格。7/12阪神(日)芝1800のデビューを予定。

スライリースマッシャーも格安の900万円募集。そんな2頭がこんな早い時期の中距離戦にデビューするなんてユニオンってすごいなぁ~って思います。こういう馬を逃す僕はダメなんだろうなぁ~

American Pharoahの仔、ネフェルタリは函館に入厩してゲート試験だけ6月11日に合格。一旦放牧に出ておりますが、札幌のデビューを予定。

カーラミーアは6月12日にゲート試験合格。

入厩直前に『これはいい馬』と思った、ブレーヴトライは。。。ゲート試験に落ちちゃいましたね。でも、入厩直前の動画は迫力がありましたし、巻き返してくれることでしょう。。。

その他、シュンガイトアレッタレジーナも入厩しゲート試験合格を目指して練習中です。

ユニオンデビュー一番手は秒の差でスライリーになりそうです。デビュー一番手で更に世代一番星に輝くようですと。。。オルフェーヴル産駒人気に拍車がかかるかも。。。ウインキナウの2019への注目が高まっちゃいます。。。出資候補の1頭に考えているので、抽選とかになっちゃうと・・・嫌だなぁ~~でも、スライリーは頑張って!!

タッチの差で2番デビューとなるパンプイットアップは。。。もしかするとですけど、ジョディーズマロンヴァラマイトと直接対決となるかもしれません。僕が勝手に困っているだけで各クラブ関係者や会員さんの殆どはこの直接対決に何の関心もないでしょうからどうでもいいんですけど。。。馬券を買う僕にとっては辞めて欲しい対決です。

ユニオン各馬もツアーに参加してみんな実際に見た愛着のある馬です。。。頑張ってもらいたいですね。

我がファミリーはセンスオブユニティは三重ホースにいますけど、体力がまだつききっていないとのことで、時間をかけて乗り込まれるとのこと。秋のデビューを期待していますけど。

サンドプラズマは更に遅れそうな雰囲気。乗り出しが遅かった馬ですので、焦らずにじっくりと。年明けデビューコースですね。

デビューが早いかも。。。と、期待しているクープドクール。トントン拍子で三重ホース→宇治田原優駿S→栗東トレセン・・・と進んでいくと思いましたが、今回は停滞。。。何となくですけど、秋デビューの気配を感じています。
・・・ミッシングピースの件もあったりで、ちょっとネガティブになってるからこう考えましたけど、僕の予想が外れることを願っております。

シルクのシンプリーシャインがファンド解散になりましたので、クラブ馬のエイシンヒカリ産駒は京サラのアデュラリアの2018と友駿のファステストシチー3頭だけになります。そもそも競走馬登録のある2018年産駒が53頭と少ないエイシンヒカリ。。。クープドクールエイシンヒカリの代表産駒になってやる。

と思っていますけど、うちの仔は早いデビューにはならなさそう。。。

ということで、ユニオンの早期デビュー情報でした。

| | コメント (2)

2020年6月11日 (木)

マリアスパンが引退。お疲れ様

ここ最近のユニオンは忙しい。いいお知らせが少ないことが残念ですけど。。。

昨日も出資馬に関するお知らせが。

ユニオンより
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
マリアスパン
2020/06/10  栗東トレセン
レース後、右前の歩様に違和感がある。レントゲン検査の結果で骨等に異常はないが、挫跖の再発と繋靭帯を傷めていることが確認された。立て直しには相当時間が掛かりそうな状況となっている。そのため関係者間で協議した結果、年齢的なことも考慮して、このまま引退することになった。近日中に中央登録を抹消する予定。「能力からはもっと上のクラスにいけた馬なんだけど…。上手くいかず、申し訳ない」(大橋勇樹師
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1月~2月に12着⇒4着⇒5着と復活の兆しを見せ、4ヶ月休んだのちの復帰戦で12着。前回のように12着からの巻き返しを期待したレース後のレポートでしたが。。。

まさかの負傷。突然の引退。

ちょっとショックですね。

デビュー戦は2歳11月。新馬戦は重賞馬テーオーエナジーには屈したものの、重賞の常連スマハマケールダンセールバクハツにも先着。素晴らしい走りを魅せました。
1712034 1712034
その期待に応えるように2戦目に勝利。個人としても口取りに参加しまして、ユニオン初口取り、阪神競馬場初口取り、大橋勇樹先生との初口取り。。。と、メモリアルな勝利となりました。
1712032 17121015 17121014 17121013 17121012 17121011 17121010 17121009 1712036 1712035
一つ勝った後は、家賃が高く苦戦続きでした。

体重が増えてこないことやトレセンや移動でピリピリしてしまうなど、調整に苦労する仔でした。

いつ引退を宣告されてもおかしくない状況の中、現役を続行。

5歳になって約2年ぶりの復活掲示板。よく頑張ってくれました。

netkeibaの掲示板では大橋先生に対する厳しい意見も多数あります。

僕は書きませんけど、書かれた方の気持ちも分かります。

大橋勇樹先生も馬のことが大好きなんですけど、表現は下手な方なんですよね。冗舌タイプではないですし、さらにコメントはクラブの方が間に挟まれます。

大橋先生のコメントがなかなかスパッと伝わらないんだろうぁと思いました。

もう少し上手い導き方があったんじゃないか・・・と思うところもありますが、5歳の夏まで諦めずに現役を続けることができた要因に大橋厩舎に所属していたから。。。ということはあったように思います。思うのは簡単でしょうけど、実際にできるかと言われたらできないし、難しい調整を強いられる中、ありがたく思っている面もあります。

僕にとっては、大橋勇樹先生に名付け馬センスオブユニティがお世話になります。

クオンのときは大橋勇樹先生に感謝しきれないくらいお世話になったし、ヴォルカヌスのときも頑張って使ってくれていたイメージでしたから。

マリアスパンの引退で3歳以上の現役馬はネージュダムールの1頭だけ。。。未勝利クラスの1頭。。。ちょっと前になりますが我がファミリーのユニオン部門を支えてくれたスプレーモゲレイロが引退し、期待の2歳馬ミッシングピースも亡くなりました。

我がファミリーのユニオン部門を支えてくれる新星が登場してくれることを願わずにはいられません。

ユニオンでも楽しめていることはいっぱいあるのですが、客観的に見ての『ユニオンの活躍馬』を持ったことがありません。

今まで苦楽を共にしたマリアスパンでしたが、長い間お疲れさまでした。

もう一回くらい牧場か競馬場で会いたかったなぁ~

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.Cより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (6)

2020年6月 9日 (火)

今日は写真なしで・・・

今日は火曜日。。。ローレルクラブもユニオンも2歳馬の近況が更新される日でした。。。

ジョディーズマロンは入厩したため情報は明日。
フロムディスタンスセンスオブユニティクープドクールサンドプラズマは新情報が更新されていました。。。

ミッシングピースは昨日の情報のまま・・・

いつまでもくよくよしてはいけないとは思いますが、何となく今日の記事を元気よく書く気持ちになれないので、今日はこんな感じで・・・

ミッシングピースへのコメントやメールを数多くいただきました。ありがとうございます。

ロナ騒動の直前にパイオニアファームさんでミッシングピースを見ました。

牧場関係のスタッフ以外でミッシングピースを最後に見たのは僕であると自負しております。

そして、そのときの様子をこのブログで皆さんにリアルにお伝え出来たこと、そして動画もお伝え出来たこと、、、それは良かったのかなぁ~と思っております。

直接ミッシングピースを見て、衝撃を受け、超気に入ってしまったので、僕の中では悲しさは倍増してしまいましたが、出資者の皆様やミッシングピースに関わった方とは悲しみは平等だと思います。

早く立ち直ろうと思います。

明日は気合を入れてしっかり書こうと思います。

デビューは果たせたけど、病気にて志半ばで亡くなったローレルジャブラニインペリオーソのことも思い出しました。。。

やっぱりこういう別れは辛いですね。



200226ミッシングピース@パイオニアファーム動画

200225-27北海道馬の旅レポ⑮

| | コメント (0)

より以前の記事一覧