2020年6月13日 (土)

2歳戦明日も注目

先週の新馬戦ではサンデーTCがアスコルターレで新馬勝ち。日高のウインRCもウインアグライアが新馬勝ち。
1905281
そして、今日はシルクHCのノックオンウッドが新馬勝ちしましたが。。。フランケル産駒の新ひだか町タイヘイ牧場生産馬。。。

キャロットのモントライゼは2着でした。因みにモントライゼに勝った馬はヨカヨカ。人気でしたけど本田土寿さん生産の九州産馬です。九州産の強い馬が出てくるとちょっと嬉しい。

函館最初の新馬戦ではディスクリートキャットDiscreet Cat)産駒のクムシラコが2着に好走。応援していたので馬券でもお世話になりましたが・・・内国産馬初勝利はジョディーズマロンでお願いしたかったので、2着で良かった~~ミルファームさん申し訳ございません。

明日はグランデフィオーレユーロポップウインアミュレットユーバーレーベンレガトゥスが新馬デビューします。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

2019-2020クラシックロードを振り返る

ダービーが終わり、2歳戦も始まりました。
ということで、2017年産馬クラシックロードをざっくり振り返っていこうと思います。

↓この表も明日くらいに消えちゃいますので急いで確認を
200607
毎年のことですけど、社台グループのワンサイドゲームで、特にノーザンファームが強く、シルクHC、キャロットC、サンデーTCの3強は他を圧倒しており、収支だけを考えればここで勝負するべきだと思います。。。

デアリングタクトが大活躍したノルマンディーが5番手に躍進。クラシック戦線を大いに賑わせたウインRCも6番手に。7番手になったラフィアンTCは今後の巻き返しに躍起になると思われます。

ビターエンダーの活躍が目立ったユニオンOCは11番目。勝ち上った馬は条件戦でもそこそこの活躍をしてくれるんですけど、勝ち上り率が.122と極端に低い。41頭中5頭の勝ち上がりは残念であり、我が出資馬ネージュダムールも勝てそうで勝てない。。。ユニオンって入着するも成績が安定しない仔が多いようなイメージです。

先日も書きましたが、ネージュダムールは勝ち上れる資質はあると思います。アクシデントに見舞われましたが、これを何とか克服して頑張って欲しい。

クラブ全体としても8月末までにあと10頭は勝たせたいですね。。。今まで勝ち上がりが5頭ですから・・・苦しい数字ですけど。
今週はオーヴァーネクサスグレアミラージュの2頭が勝ち上がりましたのであと8頭以上。。。 



京都サラブレッドクラブは22クラブ中の20番手。新鋭クラブですので苦戦は承知ですけど。

同じ新鋭クラブのYGGOCとワラウカドが同じ並びの上に位置していますので、これは抜きたかった。全クラブ最低の数字となるデビュー率。.788は残念。我がファミリーも5頭中4頭がデビューできていないという体たらく。ビジョがデビューしたけど。。。まだまだ苦戦は続きそう。

募集価格は一流クラブ並みなので、結果も求められるところ。

先ずは、しっかり馬体を作ってデビューを目標にしなきゃならないですけど、ひとつでも勝って欲しい。一頭でも勝ち上って欲しい。

我がファミリーは
エヴァーグリッター 5,000万円
プレシャスガール 5,000万円
ビジョ 4,000万円
ラザビー 4,000万円
ベアトリーチェ 1,200万円

とんでもないスター軍団ですから。頑張らないと。



そして、京サラに後れを取っている老舗のローレルクラブは21番手。老舗の友駿HCが最下位と悲しい結果に。

ローレルクラブはダービー週にヴァリアントジョイが未勝利戦で2着になり、友駿を土俵際でうっちゃりましたけど、悲惨過ぎる。。。勝ち上ったのはアメージングサンだけ。勝ち上り率は.067。10%に満たないんだから。デビュー率も低く.800です。

我がファミリーからはウェルビーイングが引退。ローレルアイリスはデビューできていないし、ヴァクストゥームは1戦を消化したっきり。。。アメージングサンも昨夏はとんでもなく盛り上がったものの、現在はスランプに。。。

結果が出ていないけど、そもそもまともに走れていない。。。ローレルクラブ推しですけど、何とかしてもらわないと。。。

ヴァリアントジョイは勝ち上れる雰囲気を感じます。

ヴァクストゥームは復帰戦の出来を見る必要がありますが、勝ち上がりは大丈夫だと思っています。

あとは・・・経験を積んで力をつけていく馬もいるかもしれませんが、時間もないし心配で仕方がない。。。15頭中3頭?ここ最近は勝ち上がり率も低いけど2013年産世代から低下し続けていますからね。。。悲しいです。

ローレルアイリスは走っていないので未知の可能性を感じるが、乗り込めていたワケでもないので、計算できないよなぁ~。。。とんでもない力を秘めていて、レディブロンドのように走ってくれれば嬉しいですけど。

8月までに何頭が勝ち上れるのか・・・ローレルクラブを盛り上げてくれる馬の出現を待ちたい。

2020年-2021年クラシックロードはユニオン・京サラ・ローレルクラブともこんな結果にならないように頑張ってもらいたい。応援しております。。。

| | コメント (4)

2020年5月29日 (金)

シルクHCで募集馬発表

シルクHCで2020年募集馬が発表されました。

価格はどうつくのか注目です。
ロナウィルスの影響はあるのか・・・

ルールブリタニアの2019 牡 エピファネイア
クロンヌの2019 牝 エピファネイア
シャクンタラーの2019 牝 エピファネイア
パープルセイルの2019 牝 エピファネイア
ジュピターズジャズの2019 牡 オウケンブルースリ
レッドオリヴィアの2019 牡 オルフェーヴル
ウルトラブレンドの2019 牡 キズナ
アイリッシュシーの2019 牝 キズナ
シャトーブランシュの2019 牡 キタサンブラック
ブラックエンブレムの2019 牡 キタサンブラック
ペンカナプリンセスの2019 牡 キタサンブラック
ポーレンの2019 牡 キタサンブラック
サマーハの2019 牝 キタサンブラック
スイープトウショウの2019 牝 キタサンブラック
リアアントニアの2019 牝 キングカメハメハ
ウィルパワーの2019 牝 キンシャサノキセキ
シーイズトウショウの2019 牝 キンシャサノキセキ
ボシンシェの2019 牝 キンシャサノキセキ
ジャポニカーラの2019 牝 サトノアラジン
シロインジャーの2019 牡 ジャスタウェイ
フェイトカラーの2019 牡 ジャスタウェイ
ラトーナの2019 牡 ジャスタウェイ
アンティフォナの2019 牝 ジャスタウェイ
ラダームブランシェの2019 牡 シルバーステート
トレジャーステイトの2019 牡 スクリーンヒーロー
モルジアナの2019 牝 ダイワメジャー
イスパニダの2019 牡 ディープインパクト
イルーシヴウェーヴの2019 牡 ディープインパクト
キューティゴールドの2019 牡 ディープインパクト
ウェイヴェルアベニューの2019 牝 ディープインパクト
サロミナの2019 牝 ディープインパクト
シルクユニバーサルの2019 牡 ディープブリランテ
コケレールの2019 牡 ドゥラメンテ
アドマイヤテレサの2019 牝 ドゥラメンテ
ハイドバウンドの2019 牝 ドゥラメンテ
プリティカリーナの2019 牝 ドゥラメンテ
ルシルクの2019 牝 ドゥラメンテ
バシマーの2019 牡 トーセンラー
グローリアスデイズの2019 牝 ドレフォン
シャンボールフィズの2019 牝 ドレフォン
メリーウィドウの2019 牝 ドレフォン
ユキチャンの2019 牝 ドレフォン
テルアケリーの2019 牡 ハーツクライ
ミュージカルロマンスの2019 牡 ハーツクライ
パーシステントリーの2019 牝 ハーツクライ
ヒッピーの2019 牝 ハーツクライ
マンドゥラの2019 牝 ハーツクライ
アーデルハイトの2019 牝 ハービンジャー
ツルマルワンピースの2019 牝 ハービンジャー
シャルルヴォアの2019 牡 ビッグアーサー
ランニングボブキャッツの2019 牝 ヘニーヒューズ
エレンウィルモットの2019 牡 ミッキーアイル
パシオンルージュの2019 牡 ミッキーアイル
ワイオラの2019 牡 ミッキーアイル
ポルケテスエーニョの2019 牝 ミッキーアイル
ミスティックリップスの2019 牝 ミッキーアイル
シュペトレーゼの2019 牡 モーリス
ルミナスグルーヴの2019 牡 モーリス
レーヌドブリエの2019 牡 モーリス
レッドジゼルの2019 牡 モーリス
アイスパステルの2019 牝 モーリス
エクレールアンジュの2019 牝 モーリス
オーシャンビーナスの2019 牝 モーリス
ウインフロレゾンの2019 牡 リオンディーズ
イオスの2019 牡 ルーラーシップ
グリューネワルトの2019 牡 ルーラーシップ
サンドミエシュの2019 牡 ルーラーシップ
ディープストーリーの2019 牝 ルーラーシップ
レジェの2019 牝 ルーラーシップ
チアズメッセージの2019 牡 ロードカナロア
ショウナンパンドラの2019 牝 ロードカナロア
ピラミマの2019 牝 ロードカナロア
ファシネートダイアの2019 牝 ロードカナロア
プチノワールの2019 牝 ロードカナロア
モシーンの2019 牝 ロードカナロア
リプリートの2019 牝 Galileo
アイムユアーズの2019 牝 Ribchester

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

ツアー・・・できるといいな

本日、やっとローレルクラブの会報が届きました。先週末に届いたところが多いようですけど。。。やっぱり我が家は田舎なんだなぁ~と改めて思いつつ、必然的に3密に無縁ないい地域だと感じました。
15060609530431
いつもサーっと読むんですけど、いつもより文章のボリュームが多めだと感じたのは私だけでしょうか?

それと、、、先月からそうなんですけど、ゼッケンプレゼントが何ですよね。。。寂しいです。これもコロナウイルス余波。いつもはクラブスタッフさんがレース直後に回収してくれて保管してくれているんですけど、今はクラブ関係者も競馬場に出入りできず、レース直後にゼッケンの回収もできないということで。。。残念ですね。

会報の最後のページに気になる記事が。

募集馬見学ツアーについてです。

ここ数年はこのツアーも大人気で、募集開始すると即日満席になるくらいのプレミアムツアーなんですよね。

今年はコロナウイルスの影響でユニオンをはじめ各クラブが初夏や夏休みあたりに開催されるツアーをそれぞれ中止に。

勿論妥当な判断だと思っております。

ローレルクラブのツアーは毎年9月の末。ここ数日世間も大きく展開が変わろうとしていますし、時期も遅いことから、ローレルクラブは『検討中』としております。

昨年あたりは5月の会報で案内があり6月上旬にツアー参加の募集がされておりました。

今年はそうはいかなくなりましたが、世間の状況が良化すればという条件下にはなりますが実施していく気持ちがあります。ということで結論はもう少し先になるようですが・・・

僕個人としては行きたいです。勿論、家族や仕事もありますので安全や安心が確保できた状態での参加になりますが。

ここ数日、各都道府県の感染者数も減っており、『もう少し』といった期待もありつつ『第二波、第三波』の不安もあります。

現在牧場見学も終始されているところが多く自分ももちろん中止をしておりますが、早く見学ができる状況。。。そして、競馬場も段階的でも観戦が可能になる世界が一日でも早く戻ってきて欲しいと願うばかりです。

三重ホースTCには、センスオブユニティクープドクールが滞在中。二頭の名付け馬が同時に近くに居るなんて奇跡的なことなのに、見学に行けないもどかしさ・・・三重は長島スパーランドも営業されていることがニュースになったし、、、早く牧場に行ける日が来るといいな。。。毎日そんなことを思いながら仕事に励んでおります。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

POG2020~2021

グリーンチャンネルの『水曜馬スペ!2歳馬カタログ2020 Part.1/Part.2』観ました?
1805032
一発目の放送は終わりましたが、あと10日くらい再放送があるので、まだ観れますけど。。。

2歳馬映像一挙放出。。。ということで、自分の趣旨した馬が一頭でも出ていたらいいなぁ~。。。と思っていましたが、社台グループの馬ばかりでした。。。下河辺牧場さんがユニオン関係の牧場では出ておりましたが、残念なことにユニオン馬の登場もありませんでした。

POG本もいっぱい出ています。

〇POGの達人 完全攻略ガイド 2019~2020年版(赤本)
発売日:2020年5月2日
発行者:須田鷹雄/FLASH編集部

〇POGの王道 2020-2021年版
発売日:2020年4月21日
発行者:POGの王道編集部/双葉社

〇競馬王のPOG本 2020-2021
発売日:2020年4月23日
発行者:ガイドワークス

〇『競馬最強の法則』クラシック完全制覇!!+POG速報号
発行者:「競馬最強の法則WEB」馬券術特捜班

〇天才! のPOG青本2020-2021
発売日:2020年4月22日
発行者:メディアボーイ(『競馬の天才!』)

〇週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG 2020-2021
発売日:2020年4月27日
発行者:サンケイスポーツ/週刊Gallop

〇東スポ ザッツPOG
発売日:2020年5月14日
発行者:東スポ

優駿 2020年5月号

〇優駿POG連動企画 2歳馬特集
発売日:2020年4月25日
発行者:中央競馬ピーアール・センター

〇一口馬主&POG攻略読本
発売日:2020年3月31日
発行者:KADOKAWA

いろいろと読みましたが。。。自信のある自分の出資馬があまり掲載されておりませんでした。。。

まぁ、仕方がないですね。。。

走って結果を出すしかないね。デアリングタクトビターエンダーのように日高系クラブの馬でもスターダムにのし上がれるワケですから。

2歳馬って何頭いるか知ってます?7221頭ですって。

走る前から注目されるのって難しい。。。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

提供馬の価格の行方

今日は僕の勝手な妄想の信憑性ゼロの話です。読んでも全く意味のない話ですので、お付き合いしてくださる方だけ読んでください。
1804151
今日はサンデーサラブレッドクラブと社台サラブレッドクラブで2020年度募集馬リスト(価格あり)が発表されました。

ロナウイルスにて先が読めない2020年。この先不景気になることも予想されるし、景気は変わらないという人もいるし・・・ただ、サラブレッドのセリは中止になっております。。。

ということで、こんな世の中でサンデーTCと社台TCの募集価格は他クラブの指標になる価格になると考えておりました。

学生時代にちょっとだけ編集に関わる仕事をバイトでしていましたが。。。ユニオンの価格発表は6月1日。この日に会報に印刷製本されて発送となると、原稿の締め切りは校正ををかける期間を考えて、明日か明後日くらいだと思われます。

提供馬を出すときに既に募集価格を決めて出す牧場さんもあると思いますけど、ギリギリまで練って提出する牧場さんもあるかと思います。

ということで、タイミング的に今日のサンデーTCと社台TCの価格発表を反映してユニオンの価格も決めれるんじゃないかと勝手に妄想しています。(牧場さんとかクラブに話を聞いていないので・・・本当に勝手な妄想です)

個人的にはリストラこそないものの、これからの給料は減ります。自分で使えるお小遣いが減ったら一口馬主に使うお金を減らすしかないんですよね。。。(小遣いが減るかどうかの家族会議はまだされておりません)

ということで、ユニオンの募集馬の価格は少しでも安い方がいい。その引き金として今日のサンデー&社台の募集価格も抑え気味になってくれた方がいい。。。だって、コロナがあるから・・・

と思っていましたが、結果は・・・昨年と横ばい。

昨年までを考えるとセリでの落札価格が上昇中だったので、横ばいの価格になっているということはある意味、抑えてくれたのかもしれませんけど、世の中の状況を反映した価格ではなかった・・・というところが僕の感想です。

果たして、ユニオンの各牧場さんはどう判断して提供馬の価格を決定することになるやら。。。

少し前になりますが、シルクホースクラブの2019年度第2回追加募集馬争奪戦もかなりの競争率でした。(

バランセラの2018 満口
レスペランスの2018 満口
アルビアーノの2018 満口
ロッシェノワールの2018 満口
Acquantの2018 満口
サファリミスの2018 満口
スピードリッパーの2018 満口
カレドニアレディの2018 満口
メリーウィドウの2018 満口
ラッキートゥビーミーの2018 満口

皆さんが『給付金の10万円をここに充てたのかな?』と思わせるくらいの好景気。出資渋りが起こるのかと思っていましたが、そんな心配はどこ吹く風。ローレルクラブのメイクマイデイも締め切り直前にアッサリ満口になったし、5月末日締め切りのユニオン各馬も順調に売れているというか、いつもよりも残口僅か告知の出ている馬が多いように思います。

お金に困っているというメディアの報道は嘘なんじゃないか・・・と思わせるほどに。

何度も言いますが、すべて妄想の話なので・・・すべて嘘だと思って読んでくださいね。(僕の給料が下がることは本当です)

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

僕が買おうとしていた馬が重賞で

昨日のフローラS。馬柱の『チョコレートリリー』に引っかかりを感じました。

チョコレートリリーは競走馬名ではなく母名です。

どこかで聞いたぞ・・・と、ブログを振り返ると・・・。

ありました。

その記事はこちら
2018秋北海道ツアー速報4

そうです。僕が2年前の秋にはじめてサラブレッドセールに参加(?)したときにパッと見て気にいった、疑似落札馬がチョコレートリリーの2017でした。

チョコレートリリーの2017はヒューマンコメディという競走名で走っていました。

3月15日に未勝利戦を勝ち上りオークス出走を目指してこのフローラSにチャレンジしてきました。

単勝100.2倍の13番人気。。。この開催は単勝万馬券が乱発する波乱の週であり、直前の鎌倉Sも名付け馬ペネトレーターの半兄カタナが人気薄で1着。。。ここも波乱があるかも。

ということで、ヒューマンコメディを軸に馬券を買いました。

結果は9着。。。でも、オータムセールで見せていただいた馬が、お金があったらセリに参加していただろう馬がフローラSに出走していたら応援するしかないでしょう!

メチャクチャ楽しかったです。

まだまだ伸び代がありそうなヒューマンコメディ
これからも追いかけ続けようと思います。

15383538828610 15383538958751

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

日高系クラブで頑張るぞ!

先週からローレルクラブは出走ラッシュシーズンに突入しましたが、、、エッグベネディクトローレルヴィクターローレルオルブランベストデイエヴァーの4頭の成績は・・・⑯⑪⑭競走中止と散々でした。来週から浮上するかなぁ~。。。ローレルクラブを見限ることはないけど何とか頑張って欲しい。

一方ユニオンは・・・アオテンが人気に応えてしっかり勝ち、ハルメキが3着に。カインドリーも5番人気で2着と好走。。。最近はよく頑張っているなぁ~と、肌で感じております。(我がファミリーはこの流れに乗り切れていないけど)

そんな中。。。日高のクラブであるノルマンディーオーナーズクラブのデアリングタクトが桜花賞を優勝しました。

ノルマンディーオーナーズクラブはGⅠ初制覇となります。

クラブさん、出資者の皆さんおめでとうございます。

デアリングタクト 3歳 牝 栗東・杉山晴紀厩舎
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母の父:キングカメハメハ

募集額(口数): 1760万円 (400口)
一口出資金: 4.4万円 /1口

★★★鞍上は松山弘平騎手。5年前は2度目の桜花賞出走をムーンエクスプレスで果たし、今回が桜花賞初制覇。杉山晴紀先生はローレルメーゼグランヴィクトリアでお世話になりましたし、募集総額も1,760万円であればローレルクラブやユニオンでもよくある価格設定です。(個人的にはエピファネイアの牝馬でこのブラックタイプでこの値段だと躊躇しちゃうかもしれませんけど・・・馬体がよかったらどうかですね)

日高のクラブでも夢が掴めるっていう希望にもなるデアリングタクトのGⅠ制覇でもあるのですが、ノルマンディーやラフィアンならGⅠを勝てるけど、ローレルクラブやユニオン(特にローレルクラブ)で夢を掴めるのだろうか?と、不安を感じるGⅠ制覇でもありました。

3歳馬世代を見ると。。。ユニオンは5頭が勝ち上がっており今週の皐月賞にオルフェーヴル産駒のビターエンダーがエントリーします。ターファイトは頭数が少ない中5頭が勝ち上がり。3割近い勝ち上がり率を誇ります。ローレルクラブは。。。アメージングサンが昨夏に勝ち上がりましたが、1勝クラスで苦戦中。。。他の既走馬もかなり苦戦中。それ以上にまだ半分の馬が出走できていない状況。。。因みに『一口馬主DB クラシックロード (2017年産駒) クラブ成績』はローレルクラブが全クラブ中最下位になっております。今年も苦しい。。。出資するときは『今年は行ける!』と本気で思っているんですけどね。。。提供牧場さんも頑張ってくれているんですが。。。

今年のGⅠはマル外が2勝(モズアスコットモズスーパーフレア)日高の牧場が1勝(デアリングタクトは日高町長谷川牧場生産)となっており、今週の皐月賞も主役は新冠町ノースヒルズ生産のコントレイルvsノーザンファーム生産のサリオスの無敗馬対決。ユニオンからは前述のビターエンダーがエントリー。ローレルクラブ関係ですと村田牧場生産ダンケシェーンの半弟ディープボンドが登録、新冠橋本牧場生産のテンピンが1戦1勝で登録。。。GⅠにチャレンジします。

まだまだ社台系クラブが強い時代ですけど、日高系だってやれることをノルマンディーオーナーズさんが証明してくれました。

頑張っていきましょう!!

特にローレルクラブ!!

絶対に、ローレルクラブとユニオンで重賞勝ってやるぞ!!

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

ターファイトで2歳追加募集はじまる

ベルキューズの勝利で嬉しくなっちゃって、一口馬主DBを見たところ・・・こんなバナーが。

Screenshot_20200115170024_chrome

入会していないターファイトクラブで本日より2歳追加募集馬の売り出しがはじまりました。

 

その2頭とは・・・

ブレイズ21

アジアエクスプレス×スープリムシチー

牝馬800万円

美浦堀井厩舎予定

 

ブレイズ22

ヘニーヒューズ×チェリーシェル

牝馬1200万円

栗東飯田雄厩舎予定

 

の二頭です。

 

ヘニーヒューズとは相性がいいし、アジアエクスプレス産駒は出資したいと探していました。

 

アジアエクスプレス×メジェルダとかメチャクチャいいですけどね。

 

ターファイトと言えばドゥラメンテ×ゼフィランサス・・・ダンケシェーンの半弟がおり、出資したいと思っておりました。

この仔には出資が叶いませんが、1歳の村田牧場提供馬、ホッコータルマエ×ラヴァーズレーンはまだ募集中なんですよね。

 

かなり気になっています。

 

入会を決める際には、、、紹介をしていただきたいと思います。

 

まだ本決まりではありませんけどね。かなり前のめりになっております。

 

 

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

3歳未勝利が気になる季節に

今年もこの季節がやってきました。。。

3歳未勝利サバイバル

今年は、現在のところベルキューズのみが勝ち上がり。

未勝利組は以下の通り
トゥールナージュ
8戦0勝
2着1回4着1回5着1回

ペネトレーター
8戦0勝
3着1回5着1回

グランヴィクトリア
4戦0勝

アヴェントゥリスト
既に再ファンドへ

近年の不振を理由に5頭に絞って(本当はもっと絞らなきゃいけなかったですね)チャレンジしましたが、苦しい状況。

トゥールナージュペネトレーターが週末に走りますが、何となく不安と戦いながらの出走ですので、、、何とかなって欲しいところ。

グランヴィクトリアは外厩での評価は抜群であり、能力はあるとは思うのですが、本番でダメ。。。精神的な問題がついて回るんでしょう。。。

アヴェントゥリストはそろそろ始動開始。同じサウスヴィグラス産駒ブルーコーラルではなくコチラを選んだので何とかブルーコーラルに追いついて欲しいところ。

2018年産駒はアメージングサンがチームを引っ張ってくれそうな気はしますが、ローレルアイリスウェルビーイングネージュダムールベアトリーチェプレシャスガールラザビー。。。それぞれ不安を感じております。

勝ち上がるのって。。。こんなに難しかったっけ?と、感じるここ3年くらい。。。

頑張って欲しいけどなぁ~日高馬~~

ストレスを感じてくる季節。。。今年はスーパー未勝利もないので、切り替わるのも早いかも。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧