2020年11月25日 (水)

タイムオーバーは奇跡的に回避

最後のレース振り返り。。。

23日(月)はセンスオブユニティ

センスオブユニティ
11月23日(月) 阪神1R 2歳未勝利 ダ1800m 11着 和田竜二

前走もトモの緩さや馬体の幼さを感じましたが、今回は中1週で出走も6キロ増の458キロ。

レースを叩き台にしたが中間は追い込まれず、軽めの調整でここを狙ってきました。

パドックでは明らかに完成度が低く、トモの緩さは顕著で、踏み込むごとにふらつくような感じでした。

でも、周りの馬のレベルも高くなさそうでしたし、スタートを決めれば勝負になりそうな感じも受けました。

レースは好スタートからハナを奪いそうな形。先頭にはなりませんでしたが、2番手追走のいい雰囲気。。。この距離だったら前につけられるスピードは確認できました。

前走で後ろで凌ぎを削ったウインフェーデも前で頑張っていました。

いい雰囲気で走っていたように見えましたが、3コーナーで明らかにガス欠と思われるような後退。。。

4コーナー、直線でも余力なく先頭から7.8秒も離されて11着(最下位)でゴール。。。ウインフェーデにも負けてしまいました。

タイムオーバーレベルの負けであり、1ヶ月出走制限の裁定を食らうと思っていましたが、そのアナウンスもなく・・・

JRAHPを見ると4コーナーでセンスオブユニティが不利を受けたということで、出走制限の適用なし。。。

その後、レースを見直しましたが、なかなかその不利を特定することができず。。。よく見ると4コーナーで内と外から寄られて少し顔を上げていますね。。。
2011231
きっとそこなんでしょう。

この不利があってもなくても、最下位だったと思うし、7秒以上の差は不可避だったと思います。この適用なしはセンスオブユニティ和田竜二騎手の演技力で得たものではないかと感じてしまいます。

ウインフェーデサイドとしては納得のいかないものかもしれません。。。

でも、とりあえずタイムオーバーを回避したことは良かった。でも、力が足りていないことは確認できました。

芝1800は距離が持ったのにダート1800は距離が持たない。。。適性ももう少し短い距離にあることは違いないかもしれないけど、疲れがあったのかなぁ~と、思っています。リフレッシュ&トモの強化トレーニングで春に再起をかけて登場してくれればいいかな。。。

今は走り続けても、良いところが出ない気がします。

成長したセンスオブユニティに期待しましょう。。。

ユニオンからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
大橋勇樹師「スッと前に行けたし、前半のペースも遅かった。良い感じで進めていると思ったんだが…。それが3コーナーでもう一杯。まだ体力が足りないみたいだね。申し訳ない。でも、ジョッキーも話していたように、やっぱりダートの方が走りは良い。もしかしたら距離も少し長いのかもしれないし、次は1400mくらいに詰めてみることも考える」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

お疲れさまでした~

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。 

| | コメント (0)

自信はあったけど8着

ちょっと長くなっちゃったので分散して投稿します。

22日(日)はジョディーズマロン

ジョディーズロマン
11月22日(日) 阪神1R 2歳未勝利 ダ1200m 8着 亀田温心

馬体重は増減なしの450キロ。もう少し増えてくれるといいなぁ~と思っていましたが、やっぱり神経質なところがあるのかな?

もう少しふっくらして欲しいと思いました。

パドックの雰囲気は悪くないですけど、少しカリカリ感は否めず。でも、メンバー内では実力上位だし、20倍の8番人気は馬券的にはかなりおいしい感じに映りました。

この仔はゲートが一つの課題です。スピードは上位だし、末脚も安定しているので、ゲートがうまくいけば好勝負だと思っていました。

注目のゲートは奇麗に出て、先頭も奪えそうな勢い。でしたが亀田温心騎手は控えましたね。。。

内に包まれて、外から各馬が交わしに来るものだから内の8番手。。。それも上位とは差がついた位置に置かれてしまいました。
2011221
結果としては前につけた馬のワンツースリーフィニッシュ。上位は前に行った馬ばかり。内の8番手で包まれたジョディーズマロンは終いもある程度伸びましたが8着数頭交わして数頭に交わされて・・・

完全に不完全燃焼。そして、1200mに拘って出走させたことも残念。。。亀田温心騎手も今回については、残念な騎乗だったと思います。

こんなレベルの馬ではないと思いますが、450キロの現状から成長がないとその先もあまり明るくないかも。。。馬体の成長と精神の成長は不可欠。

勝てるときにしっかり勝っておかないといけませんね。

現状でも周りに比べたら完成度は高く、勝ち上がれるスペックは備えていると思いますので、準備からしっかりやっていただいて、次は確勝でお願いしたいと思います。

とりあえず、優先出走権がないですけど年内に使ってもらいたいな。。。と思っています。

ローレルクラブからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
北出成人師「今日は1番枠が全てですね。スムーズな競馬ができませんでした。やはりもう少し距離があった方がレースがしやすそうですから、次は1400を中心に考えましょう」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

がんばれ!ジョディーズマロン!! 

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (0)

デビュー戦は3着

3頭が挑んだ3連休3日連続開催ですが、結果としては1つも勝つことができませんでした。

21日(土)はフロムディスタンス

フロムディスタンス
11月21日(土) 東京4R 2歳新馬 ダ1400m 3着 田辺裕信

大型馬であり、パドック映像でも見栄えのする馬でした。

思っていた以上に良い雰囲気でしたが、乗り込み量の割にややユルさを感じる出来だったかなぁ~と思います。

雰囲気がいいというのは気持ちが前向きであるイメージです。大人しさの中に闘争心を秘めているっていうか。。。とにかく、心配を払拭させてくれる感じでした。

レースは好スタートからハナを奪える感じもありましたが、無理せず2列目からの好位追走。⑤アイルキング、⑥ブリエヴェールフェスティヴグッドの3頭が横一列になりフロムディスタンスの壁を形成。砂をかぶりながらも嫌がることなく追走していました。

直線入口で外から⑩ホワイトクロウに被せられ、⑤⑥⑭⑩の4頭の壁。。。包まれてしまったフロムディスタンスはその外に出して、交わしにかかりますが、タイミングが遅れたことで、スピードのノリも悪く、⑤⑥⑭はあっさり交わしたものの、ホワイトクロウからは差を更に広げられ、更に外から追い込んできたトップヴィヴィットにも交わされ、3着でゴール。

よく頑張ったといえばよく頑張ったと思います。

直線入口で、前の壁が3頭とも外に寄って行ったんですよね。。。内ラチ沿いが奇麗に開きました。
201121
そこに飛び込めなかっただろうか。。。内に飛び込めば、壁が外にずれて、ホワイトクロウの追い出しを一瞬遅れさせることもできたかも。。。

とも思いましたが、今日のレースではどう頑張っても3着だったかな。。。ホワイトクロウトップヴィヴィットは強かったと思います。

ローレルクラブからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
大竹正博師「私の見解ですがヘニーヒューズ産駒は前に行くか、後ろからという極端な競馬が多い中で田辺君も今後を考えながらの競馬をしてくれたと思います。直線で前が壁になってしまったのは流れの中でしたから仕方ないかな。それでも次に繋がる競馬は出来ました。先週までの調教では不安を感じてましたが今日の競馬で視界が明るくなりました。上がりを確認してからになりますが、一息入れても良いかなとも思っています。中山で使うとしたら距離は千二になると思います」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

大型馬でもありますし、ひと叩きされてよくなってくる可能性は高いと思います。中山では1800ではなく1200で戦わせる話が出ていますが、1200は忙し過ぎるかな?中京で1400が2鞍組まれているので、中京で走らせてほしいと思います。

休養なら休養でいいんですけど。。。

フロムディスタンスは雰囲気もあってスピードも備えているいい馬だと思います。

初戦のレースぶりから勝ち上がりは確実。ちょっと大きいところを狙えそうなところまで期待できちゃう感じです。重賞を狙っちゃいましょうか?

僕はそう思っています。

残念なのは同じヘニーヒューズ産駒ホワイトクロウに負けたこと。。。それもノーザンファーム生産の。

ここは悔しかった。

きっとリベンジの舞台は遠からず訪れるはず。

次は。。。倍返しで勝たせていただきます。

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (1)

2020年11月15日 (日)

超出遅れた~

仕事を17時に終えてワクワクしながら帰りました。。。そうです。クープドクールのレースを楽しみにしながら。。。

午前中はスマッシャーの痺れる様なレースで複勝をゲット(単勝も握っていたので残念な気持ちの方が強いですけど)

ビーヤンさん惜しかったですね。次は勝ち切れると思います!!

アンフィニで転がそうとして失敗。

午後は仕事だったのでカインドリー馬券とクープドクール馬券は転がすとかじゃなくそれぞれ先に購入して、仕事に向かいました。。。

カインドリークープドクールも自信がありました!!

カインドリーも惜しかった。。。ひぃくん。。。惜しかったですね。力を秘めている馬だと改めて感じました。

クープドクール 
11月15日(日) 福島10R 福島2歳S 芝1200m 8着 難波剛健

長距離輸送があったにもかかわらずプラス2キロの460キロ。頼もしいですね。この言葉をよく使いますが、クープドクールは変馬なので常識にとらわれない何かがあるんです。

パドックはやや神経質な感じはありましたが、許せる範囲だと判断しました。

歩様はしっかりしているし、馬体もちょうどいい感じ。。。でも、毛艶はもう一つな気がしましたが、日影だった関係もあったのかも。。。

レースは大外のラマルセイエーズが先にゲートに入りそのあとに奇数番から。

ゲート内でも落ち着きがなく、フラフラしたり脚を動かしたり・・・

ゲートが開くと。。。ジャンプするかのような動きで発馬。
2011151
その後も頭が高い走りで、難波剛健騎手も態勢を整えながらの騎乗で押すこともなく追走。

しかし、スピード能力が高いんでしょうね。。。400mを越えたあたりから進出開始。コーナーワークもありましたがあっという間に先団のすぐ後ろまで追いつきました。

2着になったサニーオーシャンと同じような位置で直線入り口に。

サニーオーシャンは余力たっぷりで伸びる外に馬を出し追走。

クープドクールはインに入れたまま粘れるだけ粘らせようと、伸びないけど真っ直ぐにロスのないコースを選択。

それでも、じわじわと伸びて頑張りました。

勝つまでは厳しい感じでしたが、5着まであるかも。。。と思っていたのも束の間・・・外から後方待機の各馬が押し寄せてきました。。。

勝ったのは九州産馬ルクシオン。会員の皆さんおめでとうございます。

次は借りを返させていただきます!!

勝ち時計は1分10秒0でした。ハイペースで前に行った馬が垂れてしまうレース展開でしたが、時計はそれほど速くないです。昨日の未勝利戦よりも遅い時計ですから。

この馬場、この展開こそクープドクールの粘り腰が発揮できる絶好のレースだったんじゃないかと今でも思っています。

出遅れさえなければ・・・勝っていましたよ。

出遅れはクープドクールのせいですし、それも実力なんですけどね・・・

ユニオンからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
『ゲート入りしてから大分苦しがっていたみたいです。ギリギリまで厩務員に前につかせていたんですが、左のステップにへばりついていて、跳ぶような格好で出てしまいました。最後は良い脚で伸びてくれたんですが…。さすがにあの位置からでは厳しかったです。ジョッキーの感触では、やはりこのくらいの距離が良さそうとのこと。あれだけ出遅れた割に差はそれほどありませんし、悲観するような内容ではなかったと思います。また、次に向けてしっかりと調整していきます』高橋義忠調教師
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

上がりに問題がなければ続戦しそうな雰囲気ですね。

そうなると、12月6日(日)阪神9Rさざんか賞が有力か?

新馬勝ちした中京で12月19日(土)10R中京2歳Sもターゲットになりそうですけど、1勝馬は抽選になるかもしれないと考えると得策ではないかも。

無いとは思いますけど、12月13日(日)阪神6Rの平場ダート1200も。。。同日のつわぶき賞(中京芝1400)もあるかも

今回は難波剛健騎手の責任だとは思っていませんが、スタートさえ決まれば今回だって。。。と思わせますし、何か改良する点が見つかるのであれば工夫はして欲しいと思います。

お疲れさまでした。

次走に期待します。


このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (4)

2020年11月 8日 (日)

9着と14着

今日も一日お仕事でした。。。明日は半日だけ休暇を取ります。ゆっくりできたらいいなぁ~。。。
 19031007
さて、今日は2頭が出走しましたが結果は・・・

センスオブユニティ 
11月8日(日) 阪神5R 2歳新馬 芝1800m 9着 和田竜二

馬体重は452キロ。。。大橋先生のコメントの通り、やっぱり細く見えました。9番人気のメイショウケンコンが46.9倍でセンスオブユニティは最低人気の147.2倍・・・そこまで弱くなかろうて・・・と思いましたが、勝てる馬か。。。と問われると、なかなか買い辛いところでもありました。

レースはゲートはまずまずでいい感じでしたが、和田竜二騎手も前についていかせようとする感じもなく、折り合い重視で気分良く走らせることにさせましたね。

出遅れたコーディアルと二の脚で大きく遅れたマテンロウアスカを従えて道中は8番手。

追走もスムーズでしたし、コーナーではインに潜り込ませるも、馬群を嫌がることもなく。。。コーナーワークで6番手まで進出するも、坂のある直線で。。。上がり3F35.5秒と止まってしまいました。

道中後退していったウインフェーデには先着しましたが10頭中9着。。。ブービーでした。

スローな流れで切れ味勝負のレースとなりましたが、センスオブユニティは馬体がしっかりしておらず、瞬発力が備わるのはまだ先になりそうですね。

もう少しやれたんじゃないか・・・と思うところもありますが、ゲートも追走も良かったしインで我慢できるところも良かったし、収穫のあったレースだったと思います。

ユニオンからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ドゥラメンテの仔だし、最初は芝を試してみたけど、ダートの方が良いかもしれないね。ジョッキーも『4コーナーを回った時は良いところがあると思った。でも、追ってからがじりじりで伸び切れなかった。ダートの方が良いかも』と話していた。短距離といった感じでもないし、次はダートの1800mくらいに使ってみようと思う。まだ緩さが残っているようにこれからの馬だよ』大橋勇樹調教師
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
和田竜二騎手もいいところを感じているようですし、大橋勇樹先生も『良くなるのは先』と、言ってくれていますので、見どころはある馬なのだと思います。

マッシヴランナーと同じように、芝デビューからダートに路線変更するようです。

大橋勇樹先生のコメントから見ると、、、続戦するんですかね?

使えるときに使ってレースを経験させながら鍛えるのが大橋流。

ハードに使われることに耐えてくれるといいですけど。

未勝利で終わる馬ではないと思っていますので、ダート替りで更にいいところが見られるといいです。

馬がしっかりしてきたときには勝ってくれるでしょう!!

お疲れさまでした。

ベルキューズ 
11月8日(日) 東京10R 錦秋S(3勝クラス)ダ1600m 14着 内田博幸

馬体重は前走比マイナス2キロの490キロ。。。実はデビュー時の体重と変わらないんですよね。。。成長度合いに疑問はありますが、それでもちょっと細いかな?と、思いました。気難しいところが災いしているのかな?

ベルキューズセンスオブユニティと同じく」最低人気。単勝144.4倍です。

ゲートはそっと出て、前についていかせず、後方待機。向正面も外を回っていましたが、気分よく走っていたようには見えました。

コーナーも外を回して、直線へ。後方2番手で直線に入ったところは映像でも見えましたが、その後はフレームアウトしてしまいどんな走りをしていたかが分かりませんでしたが、ゴール板通過は意外と早いタイミングでした。

もっと離されたかと心配しましたが、勝ったサトノギャロスから1秒8差の14着。直線でアフターバーナーを交わしていましたね。

ローレルクラブからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ベルキューズ
武井亮調教師「今日は注文を付けて後ろから行かせましたが、最後まで反応して頑張ってくれたそうです。展開は向かなかったけど、休む前みたいに止めるような感じがなかったのは良かったと思います」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
僕も同じ感想ですけど、途中で辞めずに最後まで頑張ったことは良かったと思います。

今回は条件は良かったと思いますが状態はあまり良くなかったように思います。

その中で、最後まで走り切ったことと先頭から1秒8差だったこと。これから調子を上げればまだまだ戦える可能性を感じさせてくれました。

このクラスは出るのも大変ですので、調整が難しいこの仔には不利ですけど、それを克服するしかないしタイミングがあった時には頑張ってくれるんじゃないかと期待しています。

ひと休みさせると思いますが、次走は年明けの中京か東京でしょうか。。。

今日はお疲れさまでした。次に頑張ろう!!

| | コメント (2)

2020年11月 3日 (火)

門別にて。。。復帰ならず

今日もお仕事。。。ですけど、ローレルアイリスもお仕事継続。連闘なんですよね。今日出走することはしっかり覚えていました。

頑張って欲しいところ!!
15746014339420
2020/11/03(火)
5R
馳星周直木賞受賞記念浦河町特別
14:25発走 / ダ1200m (右) / 天候:晴 / 馬場:不
15回 門別 4日目 サラ系一般 C3 12頭
本賞金:45.0、9.0、6.8、4.5、2.2万円

2枠2番 ローレルアイリス 牝3 54.0 服部茂史

レース評…実績信頼

短評・・・

予想・・・▲中心。三番手評価

昇級だが、終いの脚に鋭さある▲ローレルアイリスは、通用の可能性を秘める。走り振りだけでなく、時計も詰められるかどうか。

調教


クラブからのコメント


★★★前走後、田中淳司調教師が宣言された通りの中5日での連闘策。再ファンド卒業を狙います。
レースが続いているので疲れは心配ですけど、多分少し絞れての出走になるので、そこは期待したいと思います。
能力全開でリー即ツモで!



結果

ローレルアイリス
11月3日(火) 門別5R 馳星周直木賞受賞記念浦河町特別 D1200m 3着 服部茂史騎手

やっぱり難しかったですね。。。そしてネオアンビシャスが強かった。。。

ローレルアイリスの成長も感じるレースでしたけど、、、中央でもやれる!!っていう自信は感じるまでにはいきませんでした。

ゲートも良かったですけど、ネオアンビシャスは更に速い!!

ローレルアイリスもインから渋太く2番手~3番手でネオアンビシャスを追走しますが。。。最後は競り合ったムーンアルテミスを気合で交わすも、勢いのある大外ニシノカテリーナに差され3着に。。。

ローレルクラブからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
田中淳司調教師「格上相手の連闘競馬でしたので少し厳しかったようです。でも体調に不安はありませんでしたし、直線も内で苦しくなりながらも最後までしっかりと走ってくれていました。ホッカイドウ競馬の今年の開催は今週で終わりになりますので、こちらで中央転入条件を満たす事が出来ずに申し訳ありませんでしたが、馬は脚元の故障明けからでも頑張ってくれたと思います。これから体調はもっと上がってくると思いますので、新天地での完全復調を願っています」
尚、本馬は11月下旬に岩手競馬・盛岡競馬場・齋藤雄一厩舎に移動予定です。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ということで、格上挑戦の連闘策では少し厳しかったようですが。。。

岩手で年内JRA復帰を目指して、続戦していくようです。周りの期待に応えて欲しい!!

頑張れ、ローレルアイリス。そして、お疲れさまでした。

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

悔しい3着

今日の仕事は午前中で終わりましたが、明日は早朝から1日出張。。。休みを取りたいですね(涙)

でも。。。ジョディーズマロンのレースを家に帰ってから見ることを楽しみに頑張りました!!

その結果は・・・

ジョディーズマロン 
10月31日(土) 福島1R 2歳未勝利 ダ1150m 3着 亀田温心

警戒していた馬体重はプラス2キロの450キロ。やっぱりもう少し欲しかったですけど、プラス体重で良かったです。

パドックの様子もややテンションの高い感じは見られましたが、これなら馬券で勝負です(8:00に馬券は買って仕事に出掛けましたけど)

レースはゲートも巧く出たし、いきなり好位につけましたが、それを上回る好スタートのスナークショウエンリアルドキュメントはゲートはまずまずでしたけど、二の脚が超速くあっという間に内から抜けて先頭へ。。。

ジョディーズマロンは4番手かな。。。と思ったところで、ノルマンディーサラブレッドクラブのソニックムーブに外から交わされ5番手に。そして、うちに包まれる感じで3コーナーでは7~8番手に一瞬下げましたが。。。

内で砂を被っても闘志は衰えず、再び6番手に進出。

直線で馬群がばらけると、馬の間を縫ってスルスルと前進。脚色も衰えず、あっという間に3番手に。

前も止まらない展開ながら、素晴らしい末脚を見せ、2番手スナークショウエンを猛追。

並んだところがゴール。。。リプレイ前の映像では差せたかな?と思ったのですが・・・

写真判定の結果、、、
2010311
ハナ差で3着。。。本当に僅かの差ですね・・・

クラブからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ジョディーズマロン 3着
北出成人調教師「血統の影響かもしれませんけど、やはりテンションは高めで、下見所では発汗も目立っていました。そんな中でもスタートを決めてくれて、良いポジションでレースを進められたと思います。ただ、勝負処からはフワーッとして前との差が開いてしまいましたが、急かせず慌てず乗ってあげれば、直線はジワっと脚を使いますね。こんな競馬が合うのかもしれませんので、次は中2週くらいで、阪神の1400あたりを考えてみようと思います」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ゴール後も更に末脚を伸ばしていましたし。。。脚を余した感じであったんですけど、、、それだけに残念な3着でした。

逃げてそのまま5馬身差をつけたリアルドキュメントは強いですけど、2番目に強い競馬をしたのはジョディーズマロンでしょう。

ゲートもよく、1150m戦でも好位につける脚があるし、内で我慢ができて、末脚も使える。。。1150mでも戦えますが、もう少し距離があった方がいいでしょうね。


先生も次走を1400mと考えてくださっていますが、僕もその意見に賛成。1400m専用機。。。ユニオンのラプタスみたいに黒船賞とかを狙う馬にならないだろうか・・・

1400mなら次走順番で・・・人気にもなりそうですけど次走は買いですね。

明日は福島でラヴォラーレが走ります。これも楽しみ。

出資を迷ったシャンパンクーペは京都で走ります。こっちも馬券的にはおいしい。。。

応援しています。

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (4)

2020年10月28日 (水)

ローレルアイリスが門別1勝

スムーズな更新ができず申し訳ございません。

ユニオン関係のブログはいくつか定期的な更新がなされているものを見かけるのですが、ローレルクラブ関係のブログは結構少ない。。。僕が頑張らなければ・・・と、一応責任を感じております。

今日は再ファンド愛馬のローレルアイリスが出走しました。
1810067_4
2020/10/28(水)
5R
3歳以上 C4ー4
16:45発走 / ダ1200m (右) / 天候:晴 / 馬場:重
15回 門別 2日目 サラ系一般 C4 9頭
本賞金:30.0、8.4、6.3、4.2、2.1万円

8枠9番 ローレルアイリス 牝3 54.0 服部茂史

レース評…主力対等

短評・・・自在味評価

予想・・・◎と○が中心。

ローレルアイリスの近歴は、2回前が前に行きすぎ、前回が控えすぎという内容。前向きに捉えれば、速度も脚力も備え、レース振りも自在に構えられるとも言える。

調教


クラブからのコメント


★★★ローレルアイリスが月末に走るなぁ~と思ていましたが、うっかりしておりました。まだ太目残りだと思っているので絞れて欲しいと思っていますが、、、どうなんでしょうね?こういう体型なのかも。。。そろそろ結果を出して欲しい。



結果

ローレルアイリス
10月28日(水) 門別5R 3歳以上 C4ー4 D1200m 優勝 服部茂史騎手

やっと勝てました。嬉しい勝利でもあるしローレルアイリスにとっても大きな1勝です。

レース映像も見ましたが、ゲートの出もいいし、そのあと控えて、直線入り口で4頭をまとめて外から差して脚色も鈍らずに2馬身半の差をつけての圧勝。。。

個人的にことですが47歳になって最初のレースをローレルアイリスが勝ってくれてうれしかったです。

でもね。。。

こんなもんじゃないはずだと思っております。

勝ち時計は1分15秒0でした。

これでは正直中央に戻っても勝負にならないと思っています。

1分13秒台で走ってもらわないと・・・

もうちょっと絞れてもいいかな・・・と思っていながらも今日もプラス2キロ。まだ余裕がある馬体に感じます。

能力試験のときはこれはもしかすると・・・期待をしたのですが、今のところ僕の期待していた域には達しておりません。

ローレルクラブからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
田中淳司師「相手関係も楽でしたが、着差以上に強い内容でした。スタートが良かったのでハナに行くものと思って見ていましたが、後でジョッキーに聞くと『追ったら伸びると分かっていたので、前を見ながら自信を持って乗りました』とのことでした。馬場は少し乾いてきていましたから、時計も悪くなかったと思います。来週で今年のホッカイドウ競馬は終了しますので、中央復帰条件の2勝目を目指して連闘させるつもりです。ただし、今週と来週は同一開催ですから、空きがないと今週の出走馬を出走させる事はできません。空きさえあれば多少上のクラスでもと考えていますし、ズバ抜けた馬がいなければ時計も大きくは変わりませんので、上でも勝負になると思っています」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

田中淳司調教師のコメントでは年内2勝を狙って連闘策。それも、格上挑戦も含めての勝負に出るようです。

嬉しいですし、チャンスをモノにして欲しいです。

そして、この1勝で殻を破ってローレルアイリスの能力が全開となることも期待しています。

JRA復帰までと1勝。。。頑張れローレルアイリス!!


このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

ローレルアイリス今日も勝てず

今日も短めにいかせていただきます。
1502220
2020/10/13(火)
6R
3歳以上 C4ー5
17:55発走 / ダ1200m (右) / 天候:曇 / 馬場:重
14回 門別 1日目 サラ系一般 C4 12頭
本賞金:30.0、8.4、6.3、4.2、2.1万円

5枠6番 ローレルアイリス 牝3 54.0 服部茂史

レース評…なかなか混戦

短評・・・成長期待

予想・・・◎から○から▲から△までいろいろ。

まだ終いにそこまで脚を使えぬ◎ローレルアイリスだが、前回は前々で運んでレース振りは前進。キャリア浅く、まだ良化余地があると見込めば、ここは勝利を意識出来る。

調教


クラブからのコメント


★★★そういえば今日でしたね。。。馬体重減で出走して欲しいと願うばかりです。本来の力はこんなものではないはず。。。

 

結果

ローレルアイリス
10月13日(火) 門別6R 3歳以上 C4ー5 D1200m 2着 服部茂史騎手

レースも先ほど見ました。馬体重がマイナス8キロは良かった。パドック映像を見ていないですけどレースで走っているところは結構引きの映像ですがもう少し絞れていいのかな・・・と思います。

ゲートで致命的な出遅れ。そして、湿った馬場で前もスピードに乗ってぐんぐん引き離していく展開。これは厳しい。。。しかし、馬群の外をグイグイと進出。

先頭のペイシャタイムは止まりませんでしたが、⑫ファーステストクーも相当前に。。。終い3Fwo37.6の鬼脚でまとめ何とか差しました。

素晴らしい2着ですけど、出遅れが響いたし、4馬身前にいたペイシャタイムの時計で走ることができたかというと。。。疑問が残ります。

もっと凄い馬だと思っているのですが、思い違いなのだろうか・・・

これで、年内の門別での地方卒業は厳しくなりました。。。

でも、まず一つ勝ちましょう。

クラブからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
田中淳司師「中1週で使い続けて精神的にカリカリしてきましたし、今日は装鞍からパドックそれにゲートでもソワソワしていましたので、スタートのタイミングが合わず後方からの競馬になってしまいました。前走あたりから走行フォームや動きそのものは良くなっていますが、テンションが高くなっていますので、次走はゲート内で落ち着いていられるように、尾を持つなどの対策をしたいと思います」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

りんどう賞は残念!!

今日は出張でしたが、りんどう賞の出走時間ギリギリに戻ることができました。

移動中にプラス体重であることだけを確認していました。。。厳しいレースをして、追い切りもしっかりこなしたうえでのプラス体重は期待が高まりました。
15859905904350
クープドクール 
10月11日(日) 京都9R りんどう賞(2歳1勝クラス)芝1400m(牝) 5着 難波剛健

(実際はレースを見てからパドックを見たんですけど・・・)
パドックは解説の方の評価はグリーンチャンネルもBS11でもよかったのですが、ちょっと神経質のように見えました。尻尾がお尻とかなり離れていましたからね。。。パイオニアファームのエイドリアン場長さんは『尻尾とお尻が離れているときは神経質になっていている』と、聞いておりましたので、、、まあ、結果を知っているから更にそう見えちゃうんだろうな。。。

レースは相変わらずクビが高いので、ゲートでスーッと出られない。

そして、二の脚がさく裂しなかったので、『おかしいなぁ~』と思い、パトロールビデオを見ました。。。するといろいろと分かったことが出てきました。このレースのことを振り返るならパトロールビデオ必見です。

先ずは・・・ゲートでの物見が激し過ぎる。ダントツの回数でキョロキョロ。。。ゲートが開いた瞬間はクビも高いし両脚で立ち上がっていましたね。

そして、内にヨレ、サルビアの後に入りそうになり外へヨレ、レッツゴーアスクを外に弾いていましたね。そして、好スタートのリターンギフトに被せられて前をカットされる。。。

更に外からのエイシンシトリンに寄られたところで難波剛健騎手がポジションを取ろうと思って気合をつけると。。。かなりかかっちゃいました。

坂の頂上までは難波剛健騎手もかなり引きながら、体重も後ろに落として大喧嘩をしながらの道中。

坂の頂上から難波剛健騎手ゴーサインを出して馬の気持ちに任せました。

恐らくですけど。。。坂の頂上まで折り合いを重視して下り坂からスパートをかけて、前に出る作戦は、最初から決め打ちだったように感じます。

結果論ですけど、馬の気持ちのまま行かせちゃうか、リターンギフトに前をカットされた時点で、ウインスーリールの後ろに入れて。。。サルビアの走っていた位置に入れるか・・・瞬時の判断が必要だったかと思います。

あれだけ喧嘩をして走ったら疲れちゃうだろうし、外々を回り続けるロスもあったし。。。最後は余力がありませんでした。

伸びず粘れず。。。それでも5着に入着できたことは感謝するしかないです。

ユニオンからのコメント
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
2020/10/11  京都9R 曇 稍重 りんどう賞(1勝クラス・牝) 芝1400
1:24.8(1.6) 5/6 54難波剛健 458(+8)
やや掛かり気味に先行。なだめながら3番手を進んでいたが、直線では余力なく、ポジションを落としての入線となった。「かなり行きたがっていましたねぇ。スタートで少し挟まれるような格好になったので気合いをつけたら引っ掛かってしまったみたいです。ジョッキーも『引っ掛かってしまいました』とただただ謝っていました。坂上まではなんとか我慢させようとしていましたが、あれだけロスがあるとさすがに厳しいですね。申し訳ありません、このような結果になってしまって。次は巻き返せるように頑張ります」(高橋義忠師
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

クープドクールにも課題がいっぱいです。

ゲートももっと速くならないといけないし、引っかからないようにしないといけないし、、、

今回は難波剛健騎手とうまくいかなかったと思います。

クープドクールについてはここで能力の限界が見えたワケではないと思いますので、次走での巻き返しを期待したいと思います。

次走は騎手が乗り替わるのか難波剛健騎手で続くのか・・・分かりませんけど、続けて難波剛健騎手が乗ってくれるのであれば、更に調教でコンビネーションを高めて、臨んでもらいたいと思います。

クープドクールは。。。やっぱり難しい馬なんだろうな。。。

このブログではローレルクラブならびにユニオンO.C、京都サラブレッドクラブより情報転載の許可をいただいております。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧