2018年6月18日 (月)

ダンケシェーン。。。ガッカリ

『競馬馬主ゼンブノセ』と『まーひー』をよろしくお願いいたします。

ダンケシェーンが重賞初挑戦。昨日の記事の通り期待は大きかったのですが、、、非常に悔しい結果を突き付けられました。

ダンケシェーン
6月17日(日) 東京11R ユニコーンS(GⅢ) ダート1600m 12着 横山典弘騎手

クラブからのコメント
ダンケシェーン
12着
横山典弘騎手「ここを目標に厩舎で頑張って仕上げてくれたけど、正直前走でパワーを出し切ってしまっていたようだね。スタートがという意見もあるだろうが、たとえまともなスタートであっても今日の状態ならば結果は変わらなかったと思う。しかし以前から言っているように、先のある馬であることは変わりないから、これからも大事にいきたいね」

馬体重は2キロ増の476キロでしたが、まだまだ物足りなさを感じました。パドック映像での確認でしかありませんが、集中力がなくいい状態ではない感じがしました。

レースでは1頭大きく出遅れ。netkeibaの書き込みにもあるように、横山典弘騎手はこの戦法をたまに使います。
最後方で落ち着いて走っていれば、また違ったかもしれませんが、ダンケシェーン自身が焦ってしまっていたように思いました。その差を縮めようと、集団についていこうとして脚を使い、直線では外に出したが貯まった脚がなく、『そこそこの脚』で、数頭を交わしたところでゴール。

12着は正直ショックでした。
当歳・1歳時のツアーで『この馬は凄い』と思っていた馬。陣営からもこのユニコーンSをはじめゆくゆくはダートGⅠを狙うと聞いていたので、落胆は大きいです。こんな結果しか出せないのかと。。。

パドックでの様子からも決して良い状態ではなかったと思いますが、それでももう少し格好をつけられるのではないかと思っていました。

気性が前向き過ぎるのでしょう。調教でもあれだけ走れてしまいます。馬也であらだけ走れる力があることは、走る能力の高さの証明にはなっていますが、気性的に常に全力投球。鞍上が促さなくても、ダンケシェーンの頭の中では常に一杯追い。出し切っちゃうのでしょう。

前走後にソエも出ていたとのことですが、『馬也』という表記の『一杯』追いを毎回やっていて、ソエの負担も大きくなってしまったし、走り過ぎてピークを過ぎてしまった感がありました。

逆に言えば、その状態で東京まで遠征して、あれだけ走れるということなので、もう少し扱いに気をつけながら成長を待てば、期待もできるかもしれません。

東京10R青梅特別では3歳馬シヴァージが1分52秒2で完勝。昨日の函館11RHTB賞でも3歳馬モズスーパーフレアが勝利。
相模湖特別でも3歳馬アンブロジオが圧勝。
小豆島特別は3歳馬イイデチャンプがアタマ差2着。3着馬もサウンドキアラ
先週も加古川特別で、3歳馬オメガパフュームが大楽勝。
江の島特別も3歳馬ミュージアムヒルが勝利。。。
八王子特別もミッキーポジションが2着に入るなど、、、
1000万下はダート芝問わず3歳馬が他世代を圧倒。
ダンケシェーンも強い世代の中で頑張っていますので、条件戦になれば十分やれる力があります。

GⅠ出走への特急券は逃しましたが、収穫ある敗戦だったのではないかと感じました。
条件戦を戦い続けて、また重賞戦線に顔を出してもらいたい。

あと、、、今後は距離延長路線で考えているのか、距離短縮路線で考えているのか。。。そこを知りたいですね。

現地へ行かれた方情報がございましたら教えてください。
現地へ行かれなかった方々も思ったことがあれば是非コメントください。

ローレルクラブよりコメントの転載の許可をいただいております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

ハイチーズ勝った~

ハイチーズはナイター競馬での出走。僕は・・・余裕で職場でした(笑)レース結果は11時頃に確認。。。いいレースでした。そして、記事を書く気合が出てきましたが・・・やっぱり途中で寝てしまいました。うーん疲れが取れない。

まずは、コメントをありがとうございます。

1804111

ハイチーズはナイター競馬での出走。僕は・・・余裕で職場でした(笑)レース結果は11時頃に確認。。。いいレースでした。そして、記事を書く気合が出てきましたが・・・やっぱり途中で寝てしまいました。うーん疲れが取れない。

スイマセン。。。忙しさもありますが、年齢的な衰えもあって、投稿が遅れています。。。

ハイチーズはゲートを上手く出て先行。道中突かれましたが、自分のペースを守り周回。しっかり脚を溜めながら直線へ。
マイシップが外から襲い掛かり、直線は激しい2頭のマッチレース。余力を持っていたのはハイチーズで、ゴール前にひと伸びして1着で入線。
その瞬間は地方競馬ライブの映像を見ても、多くの歓声が聞こえました。『ローレルクラブ会員さんなんだろうなぁ~。。。ハイチーズの出資者さんなんだろうなぁ~』と。
本当に良かったです。

クラブからのコメント
森泰斗騎手「ありがとうございました。スタートが良かったし、先生からの指示で周りを見ながら先行出来たのが良かったと思います。ただ気負いながら走っているので、落ち着きが出ればもっと楽に競馬が出来ると思います。もっと体力が付けば距離も延ばした方が合いそうです。最後に差し返してくれて良かったですね」
小島茂之師「前評判ばかり良い話をしていましたが…。結果を出せて良かったです。お待たせしてすいませんでした。これで落ち着いて使う事が出来るので、次は中央開催で勝てるように頑張りますので宜しくお願いします」

皆さん。。。お気づきでしょうか・・・ハイチーズの勝利により、村上欽哉牧場生産馬のローレルクラブ初勝利が果たされました。
おめでとうございます。

秋のローレルツアーでは夫婦揃って懇親会や二次会を盛り上げてくださる日高地区屈指のエンターテイナー。ご主人は逆ビンゴで無償口5口(=37万5千円相当)を一人の方にプレゼント。奥さまはステージからその場の雰囲気を一気に持っていく話術で盛り上げてくださいます。

そんな村上欽哉牧場ご夫妻のコメントを。。。実際には聞いておりませんけど、僕の想像で・・・
村上欽哉氏『勝てたけど、地方交流ですので、僕の中では勝ったうちに入っていません。パンフレットでは(村上欽哉牧場の)代表馬がトラキチシャチョウになっているので、ハイチーズにはそれを超えてもらうつもりです。芝でも行けると思うので、これからも頑張らせます』
村上奥さま『やっと勝てました~。会員の皆様にご迷惑をおかけしましたが、勝ててホッとしました。地方ですけど・・・。これからもハイチーズの応援よろしくお願いします。それから、アビームトレンドボブもいい仔ですので、この仔たちも可愛がってやってください。。。』

僕の想像ですけど、ステージに立って下さったらこんなコメントをしてくださっていると思います。何回も書きますが僕の想像ですから。

週末には村上欽哉牧場生産のアビームが満を持しての登場です。村上欽哉牧場は大きな壁を一つ越えました。勢いに乗ってここは勝つんじゃないかな?僕は馬券で勝負しようと考えております。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

期待できる6着かな

熱を測ったら。。。やっぱりありますね。

今週の結果
3/25(日)レーヌビクトリア→6着

馬体重はプラス。気性面でカリカリすることなく中間を過ごせたようで好感が持てました。
スタートは良かったですね。ゲートの出は合格も、芝でのスピード不足は顕著。あっという間に後方へ。
ダートに入ってからはまずまず。。。馬群や砂を被っても頑張れることは前走で確認できましたが、今回もしっかり頑張っていました。

ダートでのスピードはまずまず。前走の振り返りでも書きましたが、ダ1400mは東京だけがダートスタート。それ以外は芝スタートです。ダ1800mだとスタートもダート。でも、和田竜二騎手は1800mが良いとは言えないといった感じ。。。そこで、100mでも少ない福島1700mの提案。ありがたいですね。。。

砂を被ってもイケるので、福島の内枠を引いて、ある程度前の位置で前に壁を作りながら、直線に向いて脚を伸ばす競馬があっているような気がします。

今回も、直線はじりじり伸びています。1700mならこれくらいの脚で勝負になるはず。。。

今回は掲示板を逃す無念の6着ですが、前との差がかなりあります。。。ここについては、絶対に勝てる力があるとは言い切れませんが、逆に崩れず6着に持ってきたことを評価したい気持ちです。安定したレースぶりは5着以内の権利取りも期待できますし、それによって、狙ったレースで仕上げることができます。

前日の記事では5着を死守したいと書きました。それを達成できませんでしたが、それほど悲観しておりません。

チャンスが回ってくる気がしています。

クラブからのコメント
松若風馬騎手「ゲートは出てくれましたが、ダッシュが付きませんでした。本当はポジションを取りに行きたかったのですけどね。真面目に走ってくれますし、脚も使えていました。もう少しテンに行けるようになればいいと思います」

鈴木孝志師「スタートからの芝の部分が良くないのかもしれません。福島なら300m延びますけどオールダートですから、間隔がなくても使えるようなら予定してみたいです」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

キングディグニティ予想外の大敗

今日はお休みぃ~。阪神競馬場へ行く選択肢もなかったワケではありませんでしたが、カミさんと一日買い物へ。これもまた楽しいんですよね。服を買ったり、転勤者の送別の品を買ったり。。。一番楽しかったのは百貨店の物産展ですね。ここで一番いっぱい買っちゃいました。イイ休みでした~。

今日の結果
3/18(日)キングディグニティ→11着

休み明けながらマイナス6キロ。パドックでも発汗が目立ってましたし、カリカリしていた様子はありましたね。
買い物に行かず、パドックの様子を見tら馬券の買い方も少し考えたかな?あんまり良くなかったですね。
レースは、まずまずのゲートから好位につけましたが、内の馬が同じような位置取りで落ち着いたため、内に入れることができず外を回されてしまいました。これが前走と大きく違ったこと。内に入れて、前にうまく壁ができて脚を溜められれば良かったのですが、そううまくはいきませんでした。
パトロールビデオを見ても、終始顔が内側(右側)を向いて、身体が外(左)に張り気味になり、フラフラ走っている感じ。これではロスが多くなっちゃいますね。
直線入り口ではいいコースに出して、突き抜けるような期待もありましたが顔内、体外、外に張りながらフラフラ。。。に加えて休み明けの体力不足で、、、そこから一切伸びませんでした。
11着。。。想定にない負け方でした。

クラブからのコメント
キングディグニティ
11着
川田将雅騎手「返し馬から危ない所を見せていましたし、ゲートでもイレ込んでいたので、スタートの飛び出しは良かったのではなくてジッとしていられなかっただけ。加えて終始外へ逃げようとする本質的な癖があります。内から圧がかかるとそれが増してしまうので、非常に乗り難しいです。前走勝った時のように、必然的に内で競馬するしかなく直線で外へ出せる展開が理想的に思いますが、ハマるのを待つなんてことできませんものね。でも現状ならば自分でレースを組み立てることは難しいと思います」
兼武助手「癖を修正するのにトライアビットにハミを替えてみるなど、工夫していかないとダメみたいですね」

今回は良くなかったですね。カリカリする性格ですので、ここまでの過程があまり良くありませんでした。次走はしっかりと調整してレースに臨んで欲しいです。
芝の走りがいいですので、芝1400mとかも見たい気はします。
叩いて次は良くなっていると信じたいです。

実は、今日のキングディグニティには自信がありまして、結構馬券を買っちゃったんですよね。。。久々に大負け(笑)
このレースに関しては。。。昨日の競馬場現地での負け(アンブロジオメサルティム馬券)と合わせると・・・かなりです(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)笑いが止まりません。。。

中山5Rではローレルクラブのアビームが出走。よく頑張ってあと少しで勝てそうだったのに・・・2着。あと少しですね。
次走。。。カリカリしなければ勝ち上がれそうですね。ローレルクラブ×村上欽哉牧場⇒未勝利。アビームが勝って、村上欽哉牧場初勝利を飾って欲しいです。

そして、スプリングSではユニオンのエポカドーロが出走。前評判では圧倒的なステルヴィオが優勝。エポカドーロはハナ差の2着。。。頑張って勝って欲しかった~~

1997年ヒダカブライアン、2001年シュアハピネス以来17年振り3回目の皐月賞出走となりそうです。ステルヴィオに敗れましたが、3着以下を大きく引き離しての勝利は、本番でも期待を感じさせる内容。頑張って欲しいです。

セイジさんはエポカドーロを持っているのかなぁ~多分持っていると思いますけど。。。本番も応援しています。。。頑張ってください。

エポカドーロ。。。出資はしていませんが応援しております。そして、エポカドーロのレースは馬券を買い続けていますが、このレースも馬連・馬単・三連複・三連単当たりました。相性がいいんだろうな、、、ということで、皐月賞も僕がエポカドーロの馬券を買ったら、皐月賞でも3着以内に入ると思います。期待しててください。

僕の愛馬も重賞に出られるように頑張って欲しいですわ。

ということで今日はここまで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

ピアレスピンク生涯最高の出来

今日は暖かかった。。。花粉も凄かった。。。眠気も凄かった。。。ヤル気が出なかった。。。

先週の結果
3/11(日)ピアレスピンク→3着

パドックから雰囲気は良かったですし、ラストランがピンク帽。。。これ以上ないセッティング。期待しちゃいましたね。

外枠から素晴らしいスタート。前に壁ができないくらいの好位の外でレースを進める展開。前走と同じ感じですが、前がやりあう形ではなく少し落ち着いたので、先行馬に有利な展開になりつつありました。

外々を回って多少ロスのある競馬になりましたが、気分よく走らせた分、最後の直線も頑張れましたね。
最後の最後まで『勝てる!』と思えたレースでしたが最後に僅かに差されてしまい3着。。。

7R短評
外目の3番手で進める。テンに少し行きたがる感じもあったが、3コーナー手前で落ち着く。勝負どころから前に並んでいき、直線に入ると早々と先頭へ。ゴール寸前で捕まったが、見せ場たっぷりの走りで地力は感じさせた。

7Rひと言
森裕太朗騎手
仕掛が早かったですかね。少し引っ掛かり気味に3番手へ行ってしまったので、あそこでもう少し我慢していればもう少し紛れていたかな。

森裕太朗騎手のコメント
結果的にも仕掛けが早かったですね。もう少し番手で我慢できていればという内容でした。ただ、ゲートを五分に出て流れに乗れたのは収穫でしたよ。こういうレースをしていければ。

クラブからのコメント
森裕太朗騎手「スタートが思いの外速くて掛かり気味に行ってしまったので、無理に抑えるよりはいいと思って馬のリズムで行かせました。本当はもう少し後ろで脚を溜めたかったのですけど、外々で脚を使わされて、早めに先頭に立つことになってしまったので、もうひと踏ん張りさせることが出来ませんでした。引退レースになるかもと聞いていたので、なんとかしたくて鞭を叩きましたが、申し訳ありませんでした」

ピアレスピンクの競走馬としてのピークがいまだと思います。ゲートもよくなってきたし、馬群の中でも我慢できるし、馬宮を捌くのもうまい。今回も内枠でインコースで先行していたら勝っていたような気もします。一枚速い馬がいて、番手だったら更に強い競馬ができていたでしょう。そう感じさせる近走の動き。
本当に、晩成であり良くなってきました。

これで引退ということで少し残念ですが、ピーク時に引退して繁殖入りすると産駒が活躍するようなイメージがあります。
また、ピアレスピンクの引退セレモニーは後日書きたいと思っておりますので、今日はレースを振り返るに留めようと思います。

いいレースでした。お疲れ様~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

レーヌビクトリアが5着

大きな仕事が片付いたので、日曜日から気持ち的には楽です。でも、のんびりしていると。。。年度末はすぐ来てしまいます。残務整理に取り掛からないと。気を引き締めて頑張ります。

ピアレスピンクのファイナルレース。今週の中京になりました。日曜日はどうしても空けられません。土曜日の出走であれば駆け付けたいと思っていましたが、、、メンバーは日曜日の方が明らかに手薄。ピアレスピンクのことを思えば日曜日の方がいいですね。

頑張れ。ピアレスピンク

では、レース結果を。

先週の結果
3/4(日)レーヌビクトリア→5着

レーヌビクトリア頑張りました。10番人気の低評価。馬体重は10キロ減でしたが前走が22キロ増での出走。明らかに余裕がありましたので、このくらいの体重がいいのではないでしょうか?434キロ。。。
パドック映像を見ましたが、キビキビと動いており、調子は良さそうでしたし、硬くてギクシャクしている感じもあまり見られませんでした。

ゲートの出は悪くありませんでしたが、芝での二の脚が他馬に遅れる。。。芝の走りがイマイチなのと和田竜二騎手も前走のイメージがあるので、恐る恐る出している感じでした。
それでもダートに入るとスピードに乗り、他馬と遜色ないというか、レーヌビクトリアの方がいい感じでした。
ラチ沿いで砂を被っても我慢できていましたし、直線入り口で進路を変えて外に出すところもセンス良く出てきました。
馬場の内側で脚も貯めれていましたので、大外での伸び脚はなかなか。最後もうひと伸びあれば3着もありそうでしたが、テーオーパートナーを捕まえたところで、やや脚色が鈍りましたね。
ということで、不人気ながら堂々の5着。

1R短評
中団の内めで少し促しながらレースを運ぶ。直線入り口で外へ出してエンジンがかかると、最後は大外から上々の伸び脚。休養がいい方に出たのか、以前とは違う走りを見せた。

1Rひと言
和田竜二騎手
休ませて馬が良くなっていましたし、歩様も良化。ただ、やはり前半はついて行けない感じでした。叩いたことで、次はもう少し行きっぷりが良くなると思います。

和田竜二騎手コメント
前半はついていけないところもありましたが、間を割ったところからジワジワと伸びてくれました。休養前より馬が良くなっていますし、常識にかかってきたと思います。

クラブからのコメント
和田竜二騎手
「テンに行けずスピードに乗るのに時間が掛かったね。だからと言って1800とかが良いとは思わないけど…。途中内にモタれるような感じがあったので、チークを着けてみるのも手かもしれない。ジリジリと脚は使えていたし、馬が良くなっていたよ。次はもっと走れるんじゃないかな」
鈴木孝志師「スタートから芝の所や向正面の走りを見ると、やはりダートの方が良さそうです。頑張って権利を取ってくれたので、使いたい所に使えるのは大きいですね。何ともなければ中2週で同条件を予定しましょう」

次も同条件。。。阪神かぁ~遠いなぁ。。。中京も1400ありますよ。牝馬限定ではないけど。
1400mは東京以外はスタートが芝なんですよね。未勝利牝馬を東京に連れていく可能性は低そうですし、レーヌビクトリアに芝スタートを鍛えてもらうか、スタートがダートの1200mとか1800mとかにするか。。。とりあえず、ひと叩きして調子が上がりそうな次走でビシッと決めて欲しいところです。期待しています。

今回、この血統のなせる能力の高さの片鱗を見ることができました。大きな収穫だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

2月は・・・良くなかったね

1ヶ月間、愛馬の結果を放置しておりました。2月は牧場見学やら新年交流会やら競馬場参戦といろいろあったので、言い訳は満載ですけど、ここで一挙放出といこうと思います。

2/4(日)ダイヤインザラフ→12着
2/6(火)ジークグランツ→優勝(笠松)
2/7(水)アイスグレー→6着(園田)
2/10(土)ピアレスピンク→3着
2/13(火)ベストティアラ→10着
2/13(火)ジェルファルレイ→7着(園田)
2/18(日)スプレーモゲレイロ→9着
2/18(日)ダンケシェーン→10着
2/21(水)ハイチーズ→3着
2/22(木)アイスグレー→2着
2/24(土)ピアレスピンク→6着

いっぱい居ますので、公式コメントベースでサーッと流していきます。

ダイヤインザラフは12着
黛弘人騎手「こんな馬場は合わない感じです。スタートが良かったし前半は手応え良く行けましたが、息が入る時がなかったので、もう少し距離を延ばして前半はフワッと乗った方が良いと思います」
ということで、いいところなく。。。もっと馬込で頑張れるタイプだと思っているんですけどね。
一旦放牧へ。立て直しです。

ジークグランツは地方卒業。中央で大威張りって感じではないですけど、2400とか2600とか、長距離でどうか・・・期待はしています。
笹野博司師「直前になって少しソエを気にし出したので、なんとか勝つことができてホッとしています。レースを走って負担が掛かったのか、ちょっと右前を痛がっていますね。レントゲンでも少し骨膜が出ているので、ある程度落ち着くまで様子を見てからイクタさんへ移動させたいと思います。芝の長いところ向きの馬ですし、中央に戻ってからも頑張ってほしいですね」

アイスグレーは6着と2着。。。
2/7(6着)盛本信春師「前に行かれた勝ち馬を追い駆けて止まってしまいました。いつもよりトモや胸、肩に張りがあるように見えたので、今日はいいと思ったのですが…距離ですかね。息遣いに異状はありませんが、次は念のために舌を縛っておきましょう」
2/22(2着)盛本信春師「今日は前残りが多い馬場状態でしたし、中央再登録に向けてあとが無い状況だったので、ジョッキーとどのような競馬をするか、いつも以上に綿密な打ち合わせをしてから臨みました。逃げた馬と番手に付けた馬が同厩舎で、逃げ馬を可愛がる作戦を立ててくるのを把握していたので、早めに仕掛ける予定通りの展開になったものの、逃げ馬に上手く乗られて速い上がりタイムで逃げ切られてしまいました。高い能力があるにも関わらず、結果に結び付けられず残念です」
地方デビュー戦が衝撃のレースで期待していたのに。。。難しいものですね。再ファンドは解消で、僕の手からは離れますが、園田競馬場で現役続行とのこと。頑張って欲しいです。

ピアレスピンクは3着と6着。帰厩緒戦が3着。一つ叩くと順位が落ちる。。。
2/10(3着)森裕太朗騎手「ゲートでガチャガチャして立ち遅れてしまいました。先生からは出たなら先行、でも遅れ癖があるのでそうなっても慌てず、どちらでも競馬はできるからと言われていたので、腹をくくって乗りました。遅れはしましたけどその後が速かったですし、すぐに流れに乗れました。前残りの展開や馬場状態の中でも脚は使ってくれましたよ。まともだったらもっとやれていたと思うと悔しいです」

8Rの短評
ピアレスピンク・・・スタートはひと息だったが、その後は内で自分のリズムを守り立ち回る。3着を確保する。今回は休み明け初戦だったが、それを考えると上々の内容。

8Rのひと言
森裕太朗騎手ピアレスピンク3着)・・・『ラストはいい感じで伸びていましたけど、それだけに出遅れが痛かったです。このクラスでも頑張って走ってくれていますし、チャンスはあると思います。』

2/24(6着)武豊騎手「ゲートは出ないと聞いていたけど上手く出たね。道中は良い感じで走れていたけど、勝ちに行ったぶん小出しに脚を使っていたから、最後は余力がなくなったしまった。溜めて行く方がいいようだし、このクラスで通用する力は持っているよ」

やっぱり休み明けがいいということ。そして、2/10はペースも含め嵌りましたね。力はありますが。。。2/24はスタートが良く外枠だったこともあって、前に壁ができませんでした。間もなく引退のこの時期になって馬込に入った方が良くなっているのかも。次はあるのか?

ベストティアラ・・・10着。
義英真騎手「道中はリズム良く進めることができました。終いもしっかり伸びてくれましたが、開幕週の馬場で前も止まりませんでしたね。3コーナーで馬場の緩いところを通った時に多少バランスを崩しましたが、そこで止めることもなく最後まで集中して走っていました。馬群に入っても問題はなかったです。体も太い感じはなく、ちょうど良いくらいでした。もう少し行きっぷりが良ければとも思いますが、休み明けの分もあったんでしょう。叩いて次はもっと良くなりそうですよ」
着順は良くないですけど、微かな光を感じました。次に期待です。鼻出血で放牧へ。

ジェルファルレイはまさかの7着。ちょっとビックリです。巻き返しを期待。
森澤友貴師「中間の気配はこれまで以上の雰囲気でしたし、返し馬の感じも良かったので期待を持っていましたが、展開が向かなかったのかなと思います。平均以上のペースで流れたレースだったために、脚を溜められるシーンがなかったとジョッキーが言っていました。たまに1870だとこういう流れができてしまいますが、1400なら中団から溜めてラストもひと脚使える2走前のようなことができます。今日は走れていないので、中1週や距離変更、メンバーも検討しながら次走を決めたいです」

スプレーモゲレイロは疲れが見えるレースで9着。中村将之騎手もちょっと大事になり過ぎましたかね?
中村将之騎手「ある程度は出たなりで、それほど前には行き過ぎないようにと考えていたのでポジションはあれで問題ありませんでした。ただ、水濠でトモを落としてしまったんです。練習でも小さい障害ではそんな感じもあったんですが、ちょっとリズムを崩してしまいました。でも、直線ではもっときそうな雰囲気もあったんですけどねぇ…。もうひとつ伸び切れないというか、ワンパンチ足りませんでしたね。噛み合えば、もっと良い競馬ができると思いますよ」

ダンケシェーンは現地観戦も10着。
横山典弘騎手「バテたね。初戦から良いファイトをしてくれたし、3回も東京へ輸送してそろそろかなと思っていたら、返し馬でヤバいなという感じがしたからね。でもやっぱり乗り味の良い馬だし、負けはしたけど評価は変わらないよ。まだまだ4~5年頑張ってもらわないといけないんだから」
昆貢師「完全にガス欠ですね。まだ幼く芯が入り切っていないから、堪えてしまったんだろう。少し休ませて充電させます」
抜群のスピードを持っていることを再度確認できました。期待は高まるばかりです。
放牧後の快進撃を期待。今はゆっくり休みましょう。

ハイチーズは笠松交流競走3着。1着2着はノルマンディーの2頭。
小島茂之師「内枠は良いと思っていたら逆でしたね。地方のペースならスッと行けると思っていましたが、器用さが足りないので囲まれてポケットに入れられてしまいました。勝負処でペースが上がった時もワンテンポ遅れた感じでした。コースへの対応力の差が出た感じですね。時計も今日は前回の交流に比べて速い決着でした。内容を考えるともう少し距離があればと思える競馬でしたので、1600や1800の距離の交流を狙っても良いかと思います。いずれにしても、帰った後は状態を確認してから短期放牧を挟みたいと思います」
力はありますが、ハマる展開になるかが問題ですね。

ということで、一挙振り返りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

ジークグランツが地方3勝

速報!

ジークグランツが2018/02/06(火)笠松6Rサラ系C19組ダ1400mにて勝利。地方転籍後3勝目を挙げ、中央再転入の条件をクリアしました。
1802061
今日は完勝でした。力もつけてきている感じがします。中央復帰即通用かは自信満々に言えませんが、良化していることは間違いありません。転厩先もはっきりしませんけど、まずは良かったです。
1802062
3コーナーで鞭が一発。直線でもビシビシ鞭を入れられて、じわじわと伸びましたが、ズブい感じがしました。この仔の成長力に期待して中央でも頑張って欲しい。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ダンケシェーン連勝

今日も出張で、ブログ投稿が遅れました。

日曜日はローレルクラブの新年交流会です。

雪の心配もありましたが大丈夫そうですね。ということで、牧場巡りを敢行します。どうしても行きたいところがるので・・・またその件は詳しく書きます。

先週の結果
1/27(土)ダンケシェーン→優勝
1/27(土)スプレーモゲレイロ→競走中止

両極端の結果となりました。

まずはスプレーモゲレイロから。

タマモプラネットが逃げて速い流れになり、スプレーモゲレイロは控えて後方から。。。勝負処で前で躓いたドリームはやてに接触し落馬中止。その後もスプレーモゲレイロ自身は気分よく走っていました。

ラジオNIKKEI
京都8Rの競走中止について
京都8レースで、6番ドリームハヤテ北沢伸也騎手)は。2周目5号障害飛越着地時に、転倒したため競走を中止した。人馬に異状なし。
 また、9番スプレーモゲレイロ植野貴也騎手)は、2周目5号障害飛越着地後、先に転倒した6番ドリームハヤテに触れてつまずき、騎手が落馬したため競走を中止した。人馬に異状なし。

スポニチ
【競走中止】▽8R…ドリームハヤテ(2周目5号障害着地時に転倒)、スプレーモゲレイロ(2周目5号障害飛越後、転倒したドリームハヤテに触れ騎手が落馬)

クラブからのコメント
植野貴也騎手「内めに入って、良い感じで上がっていくことができたんですけどねぇ。ドリームハヤテが目の前で落馬して、そこに乗り掛かってしまいました。まだ寝ていてくれたら飛び越えられたんですが、ちょうど起き上がったところだったので、避け切れませんでした…。すみません。でも、オープンを勝つだけの力はあります。今日もスムーズだったら、少なくとも4、5着争いはしていましたよ。次は巻き返したいですね」
佐藤正雄調教師「ちょうど内を突いて上がっていったところでしたからね。あれでは避けられないでしょう。残念でしたが、仕方がありませんね。ドリームハヤテと接触しましたが、幸い、今のところ打撲などはなさそうです。放馬したダメージも特に感じられませんよ。明日から軽く乗ってみて、大丈夫そうなら再来週の競馬に向かおうと思います。力はあるので挽回したいですね」

後ろから行くとこのようなアクシデントに巻き込まれやすくなりますね。今回も勝てるとは言えませんが、上位には絡める走り。2週間後に走る予定でいるようなので、怪我もなく良かったと思います。次走に期待しましょう。


ダンケシェーンは絶対勝つと思っていましたが、控えたところで『ダメだ~』と本気で心配しましたが、さすがは横山典弘騎手。落ちついてエスコートしてくださいました。横山典弘騎手でないと勝てなかったと思います。
個人的には、能力的に群を抜いていると思っていたのでこの僅差の勝利には不満。もっと圧勝を期待していました。しかし、内容としては悲観するものではなく、かなり強い内容だったと言えます。

競馬ラボ
7Rで3歳500万(ダ1600m)が行なわれ、横山典弘騎手騎乗の3番人気・ダンケシェーン(牡3、栗東・昆厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:37.4(不良)。
1着ダンケシェーン(藤野助手)
「今日もゲートを出てすぐ左にモタれていましたが、左回りの分何とか頑張ってくれました。ジョッキーの話では、距離も大丈夫なようです。まだ緩さがあって能力だけで走っている感じですし、これから更に良くなると思います」

ラジオNIKKEI
東京7Rの3歳500万下(ダート1600m)は3番人気ダンケシェーン横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒4(不良)。アタマ差の2着に2番人気ラムセスバローズ、さらにアタマ差の3着に4番人気マリームーンが入った。
ダンケシェーンは栗東・昆貢厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ母ゼフィランサス(母の父キングヘイロー)。通算成績は3戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 ダンケシェーン(藤野調教助手)
「今回もゲートを出てから少しもたれていたのですが、左回りの分頑張れたと思います。ジョッキーは距離も大丈夫と話していましたし、まだ体も緩くて能力だけで走っている状況ですから、これからもっとよくなりそうです」

サンスポ
7R500万下(ダ1600メートル)=ダンケシェーン(栗・昆、牡、父ヘニーヒューズ
◆藤野助手 「ゲートを出てすぐ左にモタれていたけど、左回りのぶん、頑張ってくれた。乗り役(横山典騎手)の話では距離は大丈夫」

ギャロップ
7R短評
ダンケシェーン…今回は控える競馬。道中は中団でなだめながら運び、直線に入ると外から馬也で先頭集団へ。ラスト200メートル付近で満を持して追い出されると力強く脚を伸ばし、激しい追い比べを制した。着差以上に強い内容でかなり奥がありそう。

7Rひと言
藤野調教助手(ダンケシェーン1着)・・・『前走もそうだったようにゲートを出てすぐに左にモタれていたけど、左回りの分頑張ってくれた。乗り役(横山典弘騎手)の話では距離は大丈夫。まだ体が緩く、能力だけで走っている。もっと良くなってくると思います』

netkeiba
レース分析
グレートシールが先手をとって緩みのないペース。直線、外から1番人気ショームが抜け出しかけたが、その外からダンケシェーンが交わして1着。内を突いたラムセスバローズが2着。追い込んだマリームーンが3着。

注目馬 レース後の短評
1着:ダンケシェーン
昇級戦で外枠ということもあって無理はせずに控えて追走。緩みのない流れになり、結果的にいいポジションとなった。直線、外から押し上げ、1番人気ショームを交わして抜け出し、1着。

クラブからのコメント
横山典弘騎手「やっぱり素直で乗りやすい馬だね。砂を被っても平気だったし、折り合い付いて思った通りの競馬ができた。今後のことも考えていかないといけないからね」
藤野助手「具合が良かったですし、相手関係からももっと楽に勝てるかと思いましたけど、案外際どくなったのは距離の影響なのかなと感じました」
昆貢調教師「騎乗指示の必要のないジョッキーだし、典ちゃんも色々考えた上での競馬だったはず。距離は持つと言っていたから、今後も1600以上の距離も使っていきたいと思っています。ただ、上がりは若干ソエ気味です。左前肢の振り出しの格好が悪いので、左回りの方がバランスは取りやすいようだけど、身体に負担はかかるから、その影響もあるのかな。硬い馬でもあるし、長く活躍を期待したいので、余程のことがない限りダートから芝への変更は考えていません。また、先の事を考えて、次走後は結果を問わずに一度放牧しようとも思っています」

距離の心配は個人的には感じていますが、横山典弘騎手昆貢調教師ともに大丈夫だということなので、行けるのでしょう。
私自身、一口馬主生活15年以上で初めての連勝馬。嬉しいですね。いい馬に巡り合えました。この後はヒヤシンスSということ。そして、芝には向かわずダート一本で。個人的にはドバイミーティングUAEダービーに行けるようにスケジュールを空けておきました。多分放牧に出して、UAEダービーには間に合わないと思いますけど。。。もしかしたらのために空けておきます。

そして、こんな記事も・・・

日刊スポーツ
500万VダンケシェーンヒヤシンスS
1月27日東京で500万を勝ったダンケシェーン(牡3、昆)は2月18日東京のヒヤシンスS(3歳オープン、ダート1600メートル)へ向かう。

中日スポーツ
1802031

有力馬扱いですよ。。。嬉しい。


ということで今日はここまで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

速報!勝った~(追記あり)

卒業式が終わりました。

そして、ダンケシェーンが勝ってくれました~

スプレーモゲレイロは落馬中止に。人馬ともに無事であって欲しいです。

馬券は買えませんでした。
卒業式中に馬券でソワソワしたくなかったので。

儲けが減りましたが、仕方ないか~

コメントはこちらへ。。。
1517033108236

(以下追記分)

10万円。。。

先ほど家に帰ってきました(23:00)
ムスコが6年間通った学校。。。いい卒業式でした。
朝はバタバタ。買える余裕がなかったワケではありませんが
『馬券は卒業式が終わってから買おう』
と、決めておりました。これは父親としてそうしようと思ったこと。
ムスコの門出よりも馬券購入を優先したくなかったので、決めていました。

卒業式は12:00に終わる予定だったし、予定通りに終わりました。予定外だったのはこの後・・・いろいろな人に話しかけられ写真に納まり。。。

フッと時計を見ると13:10。。。

頑張れば馬券を買えましたが、皆さんが居る中でおめでたい雰囲気の中、血眼になってスマホを操作するのはいかがなものか・・・と、考え辞めちゃいました。
ダンケシェーンだけ買わず、スプレーモゲレイロとアンブロジオの馬券を買うのもなんだかなぁ~と思ったので、『今日は馬券無し!』と、なりました。

結果を見て配当を見てビックリ。。。三連単2万馬券?三連複5,000円?

単勝もいつも厚めに行きますので、いつも通り買っていたら10万円のキャッシュバックがあったのに・・・昨日バイクを車検に出して、キャブレターの整備もしなきゃいけなくて、約10万円かかることに。バイクのお金をこの馬券で相殺したかったなぁ~。

賞金はそれ以上いきそうなので、我慢しなければいけないところですけど。。。今回は絶対勝つと思っていたので、勿体なかったなぁ~人気もなかったし。

事前情報も聞いていたので、もっと圧勝するかと期待していましたが、思った以上の苦戦。格の違いを見せつけるところまではいきませんでした。やっぱり距離なのかな?元々1200mの方がいいのでは?と言われていた馬でしたから。でも、1600mでもやれることを証明しました。しかし力があります。

今後も楽しみでなりません。

重複する内容も出てきそうですが、また改めてレースを振り返ります。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧