2017年10月 7日 (土)

ピアレスピンクは勝てなかったが。。。

今日は。。。午前中はお仕事。。。12:30に終了し、家に着いたのが13:10でした。。。そこからは、、、、そうです!京都7R!!ピアレスピンクのレースです!!!

結果は・・・以下の通り。
1710070
ピアレスピンクは3着に。
穴をあけると思っていました(本当は勝つと思っていました)がその通りに!!

今日は午前中からひぃくん愛馬馬券でレッドランディーニ(東サラ)と“桃羊”ことメサルティム(キャロット)馬券でプラスになっておりましたので、意気揚々とピアレスピンク馬券を購入しました。

ひぃくんから『複勝馬券購入』のお知らせが。。。これは・・・『イケるね!』って思いました。

それから、渾身のパドック写真もいただきました。『ありがとうございます』
1507383797622_21507383814038
1507383817161_31507383840964
京都競馬場で一番ついている『福男』を味方につけたわけですから。

午前中の馬券でもお世話になった『福男』を味方につけ更に厚めに馬券を。。。

馬体重はプラマイ0。飼い葉の心配をよそに体重を維持。パドックも好気配でした。(←パドックは間に合いませんでしたので、後でVTRチェックですが)

レースは、好スタートから終始外の好位を。最終コーナーで先団に並ぶも・・・今日は馬場が湿って、前も止まらない。。。内側前でうまく折り合っていた人気のミッキーグッドネスメイショウサチシオに離されてしまいました。すぐ後ろにキャロットのクルークハイトに迫られましたが、ピアレスピンクはもうひと伸び。1番手で抜けたミッキーグッドネスは安全圏。2番手のメイショウサチシオを追い詰めたところで・・・3着でゴール。

ローレルクラブからのコメント
ピアレスピンク
3着
川又賢治騎手「スタートからの芝で滑っているような感じはありましたけど、外枠で揉まれずに運べました。ダートに入った所で外の馬に前をカットされ入られた時に、走る気を失ってしまわないか心配しましたが大丈夫でした。その点以外はスムーズにリズム良く走れましたし、最後まで手応えはあったのですけど、勝ち馬と脚色が一緒になってしまいましたね」
山内研二師「3㎏減が利いているね。ジョッキーが乗りたいと言っているし乗せてあげたいから、次は川又騎手に合わせて新潟行きを考えてみよう」

ということで、よく頑張りました。そして、2017年12戦目が準備されました。中1週でD1200でしょうね。牝馬限定戦。。。

そして、、、馬券。。。最近はあまり買っていないのですが、今日のレースで。。。
久々の万馬券!3月から半年ぶり。。2017年3本目の万馬券です。
1710071_2
いつもは愛馬の1着固定で3連単を買うことが多いのですが。。。今回は2頭軸マルチで買いました。

理由は。。。『福男』ひぃくんが買った馬券が“複勝”だったから。。。

“単勝を買っといてくれれば”と、、、

逆に考えれば、僕に万馬券を引き寄せてくれたワケですから。。。いいのかな?

馬券で一口分稼ぎました。賞金を考えれば、、、複数口出資パワーで2口にはギリギリいかないくらい入りますが、、、今回の出資は慎重に。。。『この件で増資はありません!』強い意志で、一口馬主に向かい合います。

先週と今週でいい感じ♪

ピアレスピンク。。。次走は勝ちたいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

グローバルリーチが2歳戦勝利

ユニオン入会15年。。。初めて2歳戦で勝ち星を挙げることができました~

【2歳未勝利】(阪神1R、2R、3R)~ユニオンローズグローバルリーチヘンリーバローズが勝利 [News]

阪神2Rの2歳未勝利(芝1200m)は3番人気グローバルリーチ岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気スギノアルテミス、さらにハナ差の3着に1番人気クォーターバックが入った。

グローバルリーチは栗東・高橋康之厩舎の2歳牡馬で、父シニスターミニスター母マスターセイレーン(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 グローバルリーチ岩田康誠騎手
「スタートで出負けしたので、どうかなと思いましたが、前走よりもさらに良くなっていました。脚もたまっていましたし、直線では弾けました」
1709301_2
スタートはイマイチでしたが、後方3番手に待機策。道中も折り合って待機しておりましたが、切れる脚がなさそうで掲示板止まりかと思った瞬間もありましたが。。。直線で馬場の外側に出し、グーンと伸びてきました。粘るクォーターバックをしっかり差し切って1着でゴール。。。。このメンバーだったからと言うところはあるかもしれませんが、万全な勝ち方でした。

ユニオンからの情報
2017/09/30  阪神2R 晴 良 2歳未勝利 芝1200
1:10.3(-0.2) 1/9 54岩田康誠 452(-4)
無理に行かず控えて後方で脚を溜め、後方3番手で3角へ。4角から前と差を詰め始め、直線に向くと外から勢いよく伸びて前を一気に交わし、最後は2着に1馬身の差をつけて快勝した。「強かったですね。本当はもっと前に行きたかったんですが、ゲートの中で変な格好をしている時にスタートを切られて少し出負けしたので、思い切って後ろから行きました。3コーナーまではものすごい行きっぷりでしたし、前回とは全然違いましたね。馬が良くなっていました。直線でもしっかりと伸びてくれましたよ。それにキックバックも大丈夫。距離はもう少し延びても良さそうですし、これからも楽しみですね。ありがとうございます」(岩田康誠騎手
1709302_2
当ブログにもおめでとうコメントをいただきまして本当にありがとうございます。まだまだ受け付けておりますので是非。。。一言いただければと思います。

相手は少し恵まれた感はありましたけど、時計もいいですし
内容も良かったと思います。

シニスターミニスター産駒芝初勝利?という噂が出ていましたので調べましたが、エクスシアが2歳新馬、ゴールドクイーンフェニックス賞を勝っていましたね。共に芝1200mと言うことで、シニミニ産駒は芝1200で走るようですね。

ユニオン2015年産世代1番星と我がファミリーこの世代1番星はこのグローバルリーチは間違いありません。

ということで、この仔を募集締め切り直前に薦めてくださった場長さんにお礼の電話をさせていただきました。
『良かったです。でもこれくらいは走ると思っていましたし、上でも全然やれると思いますよ。芝も走れますけど、ダートは絶対にいいので底を見せていない魅力もありますよ。キックバックが大丈夫みたいだったけど、ダートでも大丈夫ならかなりいけると思いますよ。』と、、、この先の目標を高橋康之先生がどこへ定めていくのか楽しみです。。。そして、場長さんのおっしゃっている通り上でどれくらい活躍するのか。。。楽しみです。

4Rのアイスグレーも惜しいレースでした。ハートフルタイムさえ居なければ。。。大事なレースで2着になり、再ファンドへの道が開けたかな?と、思っています。
1709303
この時期の勝ち上がりは楽しさが広がります。

本当にありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

疲れは癒されず

未勝利戦を勝てませんでしたね。。。ハイチーズアイスグレー。。。2頭ともチャンスありと期待していましたが、甘くはないですね。

最近はレースを振り返る記事は書かないようにしていました(頭数が多いので書ききれないという理由で)が、今日はちょっと振り返ろうと思います。

まずは

8月20日(日) 札幌1R 2歳未勝利 芝1500m ハイチーズ 4着 丸山元気騎手

馬体重は4キロ減の470キロ。少し細目に映ったのは気のせいでしょうか?入れ込んでいる感じはありましたが。。。
レースはゲートで出遅れ。そして、その後も思っていた以上に前と離されての追走となりました。『どうした?前について行けないのか?』と、一瞬不安に感じましたが、テンのスピードだけは速かったレースでした。300mくらい走ったところではペースがゆっくりに。。。
ハイチーズも捲り気味に前へと被せに行ける能力は見せましたが、そこから更にギアを上げられない。。。
直線ではバテはしていませんが、可もなく不可もなくペースでゴール板を通過。。。4着でした。これで2戦続けての4着です。

ローレルクラブからの情報
ハイチーズ
4着
丸山元気騎手「スタートの1歩目は出ているのですが、2歩目から脚捌きがバラバラになってしまいポジションを取れませんでした。落ち着いてからは走りのバランスは戻り、良い感じで追走出来ていたので、ワンペースを考慮して早めに仕掛けて上がっていきました。最後までバテていませんが切れ負けしてしまうので、今後の洋芝ではない硬いコースよりはダートが合うと思います。あと、返し馬やレース後、それにクールダウン時も走ると止まらくなっているように、気持ちが入り過ぎているので注意が必要です」

勝ち馬は強かったですし、2着馬にも届くか・・・といわれると厳しいと思います。でも、3着には残せた能力を持っていたと思います。馬券的には残念で仕方がありません。

『ダート向きでは?』のコメントは、勝ちきれなければ出てくる言葉だと思っていました。(←後出しでごめんなさい)

それでも、このメンバーで、あのスタートで4着は合格点を与えてもいいと思います。でも、勝つのにはもう少し足りないものがありますね。

中1週で札幌で使って欲しいけど、入れ込みがきついようなので無理かな?札幌最終週は2歳未勝利戦が4鞍あるからね。メンバーもばらけるし、ダート1700mは結構合うんじゃないかな?
ハイチーズの状態次第ですけど、頑張って出て欲しいなぁ~

続いて。。。

8月20日(日) 小倉2R 3歳未勝利 ダート1700m アイスグレー 9着 鮫島克駿騎手

478キロは4キロ減。幾分緩さは感じますので、良化途上な感じ。
スタートは下手ですね。立ち上がる感じで後方から。『やっぱりこういう形になるか・・・』と思ったら、向正面で動いていき一気に先頭へ。しかし、内から盛り返されると、それでも前に行こうという気力は残っておらず、乱ペースに乱された馬は後退。アイスグレーは伸びるほどの余力もなく、徐々に後退。。。9着でゴール。

結果論ですけど、距離は前走の1800mでも最後が甘くなったし、100m短くなったくらいでも距離を気にして乗らないとこのような結果になる可能性は高かったワケで。。。でも、鮫島克駿騎手も勝たせようと思って動いたワケですし、結果が伴わなかったことは残念ですが、仕方ないですね。次走は鮫島克駿騎手で行くのか、兄鮫島良太騎手に戻るのか分かりませんが、ラスチャンスになることでしょう。

ローレルクラブからの情報
アイスグレー
9着
鮫島克駿騎手「ゲートがゆっくりだったので、最初は後ろからの競馬を考えていたのですが、1コーナーあたりから一気にペースが落ちて極端にスローな流れになってしまいましたので、自分から動いて行きました。あのまま後ろにいても、行く気を我慢することに馬が消耗してしまい、結果的に引っ張り殺してしまいそうでしたからね。動いたとは言ってもあのペースでしたから、まったくの馬任せで押して行ったわけではありません。特別キツい競馬ではなかったのですが、途中から手応えが怪しくなったのは、距離が原因ですかね。ゲートの問題はありますが、本質的にはもう少し短いところが合う馬だと思います」

ちょっとストレスの溜まる2つのレースでした。来週は巻き返したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

キングディグニティが勝ちました~

今日で2017年7月の出走が終わりました。詳しくは定例反省会で振り返りますけど、素晴らしい1ヶ月でした。

そして、最後の出走日にキングディグニティが勝ってくれました。
1707301
パドックも落ち着きがあって、程よい気相乗りでした。

レースはスタート直後に④クィーンズロードと⑥キンシノスパークに挟まれ後退。コーナー直前でも⑬ジーエンゲージに前をカットされクビを上げる仕草もあったりして、スムーズなレースとはいかず、不利も多かったと思いますが、直線では余裕の抜け出し。。。スーッと外に出した時には『勝つなぁ~』と、安心して見ていられました。走っているフォームもきれいですし、この後の活躍も期待できますね。

キングディグニティはこの世代で一番人気があった馬だと思います。

勝ち上がりは遅れましたが、まずは結果を出しました。調教の動きもよく、素質の高い馬であることは間違いないと思います。これからの更なる活躍が楽しみです。

昨日は『好走フラグが立ちました』と書きましたが、、、あることとレース結果の因果関係に気付いてしまいました。。。ということで、今回は。。。そのジンクス継続です。(タルトリンツァーについては。。。長距離戦になって、成績が向上してきたことがそれに関連があったワケで)

掲示板等でもいろいろと書かれたりしましたが、今日は手のひらを返したように、誉め言葉と『信じていた』的な言葉のオンパレードでしたね。あんまりそのことに触れるとこちらが悪になってしまいますので、感じていただければ幸いです。

ローレルクラブからのコメント
キングディグニティ
1着
水口優也騎手「スタートで出てくれましたし、豊さんの後ろのポジションが取れて折り合えました。直線はビュンと弾けましたね。1000は忙しすぎるかなという気も多少ありましたが、ダートの短距離を進言して結果が出て嬉しいです。また勝てるように仕上げてくれた厩舎力にも感謝します」

ありがとうございました~。これからの活躍も期待しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

名古屋で勝利。地方卒業式

2017年。。。口取りはまだありませんが、愛馬の勝利を目の前で見ることができました。。。地方登録ですけど、、、関係ない。今日は感動しました。
170727
ユニオンからの情報
2017/07/27  名古屋7R 曇 重 C ダ1400
1:33.3(-0.1) 1/9 54筒井勇介 494(-4)
出たなりで3番手の外めにつけ1角へ。3角に入るとやや前から離されたが、直線に入るとじわじわと盛り返し、ゴール前で先頭を捕えて1着でゴールした。*地方転籍後3勝目を挙げ、中央再転入の条件クリア。

詳しくは写真を整理して、レポートを書きますが。。。地方競馬ライブでパドック映像を見たりレース映像を見たりして、ベストティアラの馬体の素晴らしさには気づいていましたが、実際に見ると本当にいい馬です。1歳時、3歳時にベストティアラと会いましたが、4歳夏。。。今が一番いいんじゃないかな?ということで、成長している気がします。ダートでは苦しみましたが、芝でこその馬。。。本領発揮してくれるんじゃないかな?

思い出に残る1勝。。。ベストティアラの地方勝利を入れると2017年5勝目になりますが、それはちょっとね。。。ということで、スコアできないことが残念ですが・・・次は中央に戻って堂々と『1勝』をスコアできると思います。そのときが今から待ち遠しいです。

半休を取って、名古屋に行った甲斐がありましたぁ~

自分に『ナイス判断!』と言ってあげたい。

筒井勇介騎手笹野博司先生。。。そして、佐藤友則騎手。。。チーム笠松。皆さん本当にありがとうございました。

地方競馬卒業です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

スプレーモゲレイロが勝ちました

中京開催、福島開催が終わりました。
先週の競馬場観戦レポートと今週の競馬場観戦レポートは、、、明日以降に。。。

今日はコチラ。

競馬ラボの記事
7月22日(土)、2回福島7日目1Rで障害3歳上未勝利(障2770m)が行なわれ、植野貴也騎手騎乗の6番人気・スプレーモゲレイロ(牡4、栗東・佐藤正厩舎)が優勝。勝ちタイムは3:03.0(良)。
1707231
2着には1馬身1/4差で2番人気・トーアディラン(セ4、美浦・藤原辰厩舎)、3着には7馬身差で4番人気・マイネルヴォーダン(牡5、美浦・伊藤圭厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたインパルスヒーロー(牡7、美浦・国枝厩舎)は競走を中止した。

その前に。。。22日(土)のスポニチの記事。

【プラスα・福島4R】障害血統
<福島4R・スプレーモゲレイロ>半兄ショウリュウケンは障害オープンを2勝し、10年阪神スプリングJで2着。同じく半兄バードバーニングも障害で勝ち星を挙げた。障害試験は1回でパス。いきなり激走があっても驚けない。  【福島4R】

スプレーモゲレイロの激走を予想していた記事が掲載されていました。嬉しい。スプレーモゲレイロが主役の記事は恐らく初めて。。。嬉しい~~

ということで、話を戻しますが(時間は経過させますが)、スプレーモゲレイロが勝ちました。障害戦5戦目で勝利。。。1戦ごとに成長し、成長を肌で感じながらの勝利。。。本当に嬉しいです。

ジョッキーコメント
競馬ラボ
1着 スプレーモゲレイロ(植野騎手)
「以前に福島で使ったときと比べて、馬がタフになっていました。いつも前に行って止まる競馬だったので、今日は中団で溜めようと思っていました。最後まで脚を使ってくれましたし、飛越も上手です。前に追いついたときに止めようとしていましたし、それだけ余裕があったということでしょう。競馬が上手なところを生かせました」

クラブ公式コメント
植野貴也騎手「京都で後ろから追い上げたレースの内容が良かったので、それをイメージして、今回は控えて脚を溜めていきました。直線では前に追いついたら止めようとしていましたが、そこでびっしり気合いをつけたら、もうひと伸びしてくれました。よく頑張ってくれましたね。前に福島で出走した時より体がしっかりしましたし、大分力をつけていますね。今週の追い切りをセーブしたのも良かったと思います。かなり目の周りが黒くなってきましたし、ここで勝てて本当に良かったです」

障害レースは個人的には好きなんですが、なかなかこのステージで走れる仔が出てきませんでした。

過去の障害挑戦馬
ハルカチャン(1戦0勝)⑭
パシスタ(6戦0勝)⑪⑩⑪⑨⑨⑨
ワイルドアンセム(2戦0勝)⑤⑧
ローレルブレット(4戦0勝)⑭⑧⑤⑩
ということで、4頭で13戦0勝5着2回。

スプレーモゲレイロの先週までの成績は
スプレーモゲレイロ(4戦0勝)⑧⑪⑤⑦

チームとしても4着以上の壁を越えられませんでした。。。が、、、4着の壁を打ち破り一気に頂点へ!
スプレーモゲレイロ(5戦1勝)⑧⑪⑤⑦①
となりました。

この勝利で、障害戦初勝利を記録しました。同時に障害戦最多獲得賞金馬に。

そして、ユニオンで初のオープン馬が誕生しました。オープン平場を勝つことが次の目標となりますが、重賞出走も。。。まだ気が早いかな。

以前はローレルクラブに障害戦で活躍する馬が多く、『障害クラブ』と言われていましたが、現在はユニオンが『障害クラブ』になりつつあります。JGⅠで活躍中のルペールノエルに障害戦初戦を圧勝し可能性を秘めるマジェスティハーツが活躍していますからね。この2頭とはまだ比べられませんけど。。。

関東、関西で134頭目の障害オープン馬です。ここから更に上に行くことは簡単なことではないですね。

そして、個人的なもう一つのニュース。何と、このスプレーモゲレイロが我がファミリーユニオン馬で初の2勝馬。。。

ユニオンでの勝ち上がり馬
クオン(42戦1勝)
ハナカゲ(10戦1勝)
アステュート(13戦1勝)
ワイルドアンセム(14戦1勝)
この勝利で
スプレーモゲレイロ(16戦2勝)

ユニオン継続の条件に『3勝馬の出現』を設定。スプレーモゲレイロが王手をかけました。

本当に大きな1勝でした。。。これからのスプレーモゲレイロの活躍にも期待したいと思います。

厩舎の皆さん、植野貴也騎手。。。スプレーモゲレイロに関わってくださった皆さん。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

エランサゲレイロがタイムオーバーデビュー

昨日でいろいろひと段落。。。ちょっと余裕が出るかな。RUGBYの方は、結果はなかなか出ませんけど、近隣チームとの差はかなりなくなってきました。。。でも、スコアで勝たないと。。。今の我がチームにはそれが一番必要。

最近はあまりレースを振り返りませんけど、今日は久々に。。。

6月25日(日) 阪神2R 3歳未勝利 D1200m エランサゲレイロ 16着 富田暁騎手

馬体重482キロ。パドック映像でみたエランサゲレイロはお腹も出ており、明らかに太目残り。まだまだ絞らないといけないですね。2人引きで一生懸命さも多少伝わってきますが、緩さが目立ちますね。ただ、見栄えはします。グッと締まったら走りそうな雰囲気は感じました。
本馬場入場時も、デビュー戦らしくゆっくり歩かせての入場でした。
土曜日にも書きましたが、ここまで緩いとタイムオーバーの心配が。。。結果論ではなくpaddock周回時に過りました。

レースはいきなり後肢に体重が乗って立ち上がるようなスタート。その後も脚の回転数が全然上がらず。。。あっという間に離された後方へ。3コーナーでは既に息切れ。。。内ラチ沿いをかろうじて走っている状態。。。いつ歩き始めるか。。。という心配も。
直線もテレビ画面に映らなかったのでどんな走りで頑張っていたのか分かりません。。。
結果はタイム1分17秒5で5.7秒差の16着。

ローレルクラブからのコメント
富田暁騎手「喉の音が出たのは入線後の止め際だけで、レース中は大丈夫だったのですが、途中からはもう苦しく、直線はヨレて内ラチに接触してしまいました」
藤野助手「デビュー戦が既走馬相手で脚抜きの良い馬場になってしまったのは、運が悪かったですかね。でもここまで来たのは彼の頑張りがあってのことですし、現状の中で良く走ってくれたと思います」

2017年6月26日(月)
本馬はタイムオーバーにより平成29年7月25日まで平地競走の出走制限を受けました。また、今回の結果を受け、本馬の今後につきましては関係者間での協議に入りました。

と、言うことでいきなりその時は来ました。

どうなりますやら。

目があるなら再ファンドを希望します。

中央では権利を獲らないと全然レースに出られません。エースに使いながら馬体を絞った方がいい馬ですので、このタイミングで地方に出て毎開催ごとに出走。喉は悪いですけど脚元は丈夫な馬。。。半年走り続けて2勝。。。どこかでできるんじゃないかな?2勝して、12月に復帰してくれればいいかな?と思っています。
まだまだ、調教もろくに走れていませんから。2歳馬よりも仕上がっていません。あと半年くらいきっちり調教しないと競走馬になれないでしょう。我慢して使い続けて欲しいですけど(地方でもかまわないので)
『もうダメだ~』と、陣営が匙を投げちゃうようでしたら仕方ないですけどね。

頑張れエランサゲレイロ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

ダイヤインザラフ勝ちました~

スイマセン不定期更新が続いておりまして。今日のレースのダイヤインザラフの前評判を書こうと思っていたのですが、どうも家に帰って気を抜くと寝てしまう。。。疲れが抜けておらずこんな生活が続いていましたが。。。
1706101
今日は、元気です!興奮が冷めません!!
命名馬ダイヤインザラフが東京2R三歳未勝利戦を勝ちましたぁ~~。。。本当に良い勝ち方でした。うまく先行しましたが、内に包まれたときはちょっと苦しいかも。。。と思いましたが、ダートでは安定した力を発揮するし、牡牝混合戦で勝負根性を感じる競り合いでの強さ。。。今後も楽しみでなりません。

馬体重412キロ。小柄ですが、非力さをあまり感じることは無いですし、ダートにおいてもキレを感じる末脚は頼もしい限りです。今日は体重を減らさなかったですし、パドックでの映像を見ても雰囲気も良さそうでしたし、馬券も行かせていただきました。。。その馬券もきっちり的中。孝行娘の誕生です。

ツアーでは当歳から見ていますけど、、、価格の安さと尾関知人厩舎でチェックを入れておりましたが、いくつかの不安も感じておりました。
(当歳時ツアーはコチラ
1歳時ツアーはコチラ
2歳時ツアーはコチラ
身体の小ささは気になるところでしたが、ムーンエクスプレスも小柄ながら活躍馬になっていますし、この仔にもその可能性は感じておりました。

それよりも、同じスマートファルコン産駒でいかにもパワーがありそうで強そうだったローレルメーゼの存在が大きく、どうしても比較対象にもなりますので、そこで迷ったことを今でも思い出します。
勝っためでたい日にこんなことを書くのも何なんですが、ローレルメーゼより早く勝ちあがるとは思っていませんでしたし、この世代2番目に勝ち名乗りを挙げる馬であるとは思っておりませんでしたから。。。

これで、一旦休養に入り昇級戦を戦うことになります。大きなことは言えませんけど、ダート戦での安定したレース振りを見ると、大崩れは無さそうですし賞金を加えて帰ってくる馬主孝行な馬になってくれると思います。あの末脚があればどこかで勝てるんじゃないかな。。。そう思っています。

この勝利で、ローレルクラブの大連敗もストップ。。。63連敗でストップです。
因みに、ここ3勝はムーンエクスプレス猪名川特別(2016/12/17)→ムーンエクスプレス石清水S(2017/01/22)→ダイヤインザラフの三歳未勝利戦(2017/06/10)ですので、僕の命名馬が勝ち続けていること。そして、ムーンエクスプレスダイヤインザラフも出資者が少ない馬であり、その馬が勝ったということ。。。出資者の方が多い馬が勝つことを願っております。。。みんなで喜びたいですね。。。

そして、ローレルクラブの連勝ジンクス。。。勝ち馬が出ると翌週、その翌週と勝ち馬が出続けるジンクス(今となってはちょっと古いジンクスですが)、そして、2014年産世代も呪縛が解けて、来週あたりもローレルヴィクターキングディグニティが勝つような気がしています。(僕個人としてはグローバルリーチも勝つような気がしてますけど)

2017年も間もなく下半期。。。ローレルクラブの逆襲を期待したい。。。ダイヤインザラフがその突破口を開きましたよ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

2017年3月期愛馬レース回顧

今日は送別会。。。僕も43歳になっております。職場には先輩も後輩もいる立ち位置になりました。。。先輩から教わることも多数ありましたが、後輩からもいろいろと教わることが多かったんだなぁ~と、改めて感じました。僕は自分が立派だと思ったことは無いのですが、いろいろな方の支えがあって今があること。。。忘れずに生きたいと思います。また、来週には新しい方々を職場に迎えます。人生の先輩後輩を迎えるワケですけど、職場の先輩として頼られる人物でありたい。。。そのためには自分自身がしっかり成長しなければいけない。。。頑張ろう!!

さて、今日は3月のレースを一挙振り返ろうと思います。

今月最初のレースは、、、名付けた馬のデビュー戦でした。
3月4日(土) 中山4R 3歳新馬 ダ1200m ダイヤインザラフ 5着 田中勝春騎手

418キロと軽量ではありましたが、いい雰囲気はありました。
レースは、、、ゲートは速かったけど速い二の脚がなかったです。トモの力がまだついていない感じです。
砂を被ることでちょっと躊躇しました。。。砂を被らない位置を獲れる二の脚が欲しいです。
最後の直線は伸びました。出来の良さは実証しましたしいいところもあることは確認できました。
でも、勝ち切る力をつけるのにはもう少し時間が必要かな。。。
今回のメンバーならもう少しやれても良かったと思います。

クラブからのコメント
田中勝春騎手「ゲートは出たけどハマらなかったなぁ(トモが入らない感じ)前に進んで行かなくて苦労したよ。直線では脚を使えたし良いモノは持っているから変わるでしょう」
尾関知人師「初めての競馬ですからね。ゲートで待たされたのも良くなかったと思うし、砂を被るのも初めてだし、色々と経験してですからね。中山に着いてもう少しピリッとするかと思っていたら落ち着き過ぎていたのも良くなかったかな。ただ使って次は変わると思います」

報道コメント
田中勝春騎手
まだ少し緩いところがあるし、使って良くなりそうですよ。体ももう少し大きくなってほしいですね。

同じ日に。。。
3月4日(土) 小倉5R 3歳未勝利 芝2000m ジェルファルレイ 9着 秋山真一郎騎手

相変わらず立派な馬体ですが、気性の悪さが画面を通してでも感じられました。
レースはやっぱりゲートが悪い。ゲートの練習は馬に負担がかかります。故障のリスクも出てきますし気性的に更にキツくなるリスクも背負いますので難しいところです。
道中はいい感じでしたがペースアップについていけませんでした。
身体が強いことがこの馬の良いところの一つ。調教も走りますので可能性は常に感じていますが武器を身に着けていない印象。何かジェルファルレイの特徴が表現できるといいと思います。

クラブからのコメント
秋山真一郎騎手「ゲートで前掻きをしながら後ろにもたれかかるようにしているから出遅れてしまいました。ちゃんと四肢を地面に着けている時がないものね。ゲートで遅れなければ流れに乗って行けるのでしょうけど、後ろからだとどうしても後手後手にまわってしまい、ペースが上がった時に余裕を持った追走ができませんでした。ゲートの改善が先決だと思います」
池江泰寿師「厩舎装鞍の時は落ち着いてくれていたけど、どうも調教の良さが競馬で活きてこないな。少し前の位置からだけど同じようなところからウチのもう1頭は伸びて来ているのにどうしたのだろうね」


2週目も土曜日出走でした。。。
3月11日(土) 阪神7R 4歳上500万下 ダ1400m グランパルファン 11着 水口優也騎手

馬体重減。スッキリした感じでの出走となりました。
スタートは。。。僕は元々切れるタイプとは思っていませんでしたが、思っていた通りのスタートでした。それでも1400mであれば好位置を取れます。いい感じでレースを進められたので、期待していましたが、直線での伸びは案外。。。距離延長が響いたのかなぁ~。。。でも、1200mだと、速い馬もいます。グランパルファン自身もズブくなっているのでこの距離で頑張るか1200でも通用するスピードを身に着けるか。。。いいモノは持っていると思いますけど、上手く結びつかない。。。左回りならまた違うのかな?そこに期待したい。新潟→中京?東京→中京?降級前にもう一つ勝ちたいけど。。。

クラブからのコメント
水口優也騎手「前目でという指示から行く馬は行かせて、勝ったミルコを見ながらの位置に付けられたのですが、3コーナー過ぎたらもう手応えが怪しくなってしまっていました。今回距離を延ばしましたが、僕が乗った感覚では1200の方が良さそうです」

報道コメント
水口騎手コメント
ポジションやレースぶりは悪くなかったのですが、少し他の馬を気にする面があります。それに距離も長かった感がありますね。1200メートルがいいと思います。

行きたかったけど行けなかったデビュー戦
3月20日(月) 中京5R 3歳未勝利 芝1400m キングディグニティ 9着 川田将雅騎手

やっぱり馬はいいですね~。。。走ってくる馬だと再度感じました。成長過程ではありますが、もう少しパンプアップすることを望みます。
スタートはセンスを感じるもの。ゲートもいいし、二の脚も既走馬相手に前につけられるスピード。当歳より評判の高かった本馬の能力です。
道中も流れについていくことはできましたが、勝負所でのギアチェンジがうまくいかず、単調な走りになってしまいました。
川田将雅騎手は1200mを推奨。持っているスピードは確かですが、器用さに欠けるところがあるのでしょう。いろいろと覚えてくれるといいですね。
一応、在厩のまま調整がされる予定です。ありがたいことです。

クラブからのコメント
川田将雅騎手「良いスピードを持っているし、気性が気性なので、そのスピードを活かすなら現状1200の方が良いでしょう。経験馬相手で初めての競馬だったから、4コーナー辺りで他の馬が動き出した所から反応が鈍くなりましたが、一度使って中身は変わってくるはずだから、次は良くなるはずです」
池江泰寿師「直線伸びあぐねてしまったね。川田は1200が良いというからそこを中心にしたいと思うけど、芝短距離は節が必要になってくるから、在厩か牧場で調整かはテンションや脚元など上がりの状態と想定を見ながら考えたいと思います」

報道コメント
川田騎手コメント
馬込みの中でも問題なかったし、前半はスムーズに前、前で運べていました。レース慣れしてくればもっと良くなってくると思います。


そして今週
3月25日(土) 中山10R 春風S ダ1200m スティンライクビー 7着 勝浦正樹騎手

メチャメチャ期待していました。ここで一気にオープン入りと思っていましたがなかなかうまくいかないものです。
スタートも決まり、二の脚も衰えは感じませんでしたが、今回は逃げ馬2頭が速過ぎました。スティンライクビーも今のレベルを維持できれば、先手を取れる競馬も十分可能。メンバー次第ですけどね。
勝浦正樹騎手も絶妙な位置取りだと感じましたが、7着。。。もう少し粘れても良かったように思いますけど、砂を被ると多少苦戦しますね。内枠も災いしたように思います。
まだまだ戦えることが確認できました。

クラブからのコメント
勝浦正樹騎手「行く気になれば行けたけど、あれ以上は競らない方が良いからね。それにしても道中の感じならもっとヤレても良いのに、直線で気を使ってしまい手応え程は走ってくれなかったです。力んでいるから、もう少し余裕を持って追走出来れば良いのかな」
田村康仁師「あの展開なら掲示板には来て欲しいよね。ただ状態は良くなって来たので、問題なければ続戦で行きたいと思います」

3月のトリもこの馬
3月26日(日) 中京4R 3歳未勝利 芝1400m ダイヤインザラフ 13着 木幡初也騎手

やっぱり二の脚が。。。やっぱり少々非力な感じがします。ゲートは速いが二の脚が遅い。
ダートか芝かと言われても少し判断し辛いところですが、小回りの地方交流だったらゲートの速さだけでうまくレースを運べるかも。。。と思いました。
ゲートを出たあとはかなり下げて、そのまま流れの中でゴール。。。工夫次第では上位もありそうですけど、こちらも時間が少しかかるかな。。。競馬って難しいです。

クラブからのコメント
木幡初也騎手「変な癖もなくキャリアが浅い割りに落ち着いた競馬の出来る馬ですが、道中は追っ付け通しで追走には苦労しましたから、今回の感触だけで判断するなら距離はもう少し長い方が良さそうです」
尾関知人師「この馬なりに脚は使えていましたし、最後までバテてはいなかったのですが、他の馬達と同じような脚色になってしまいましたね。芝・ダートどちらが良いのかについては今日の競馬では判断し辛いですが、距離に関してはマイルぐらいあった方が前目で進められるぶん良さそうですね」

以上3月期レース回顧。。。停滞気味です。
ブレイクする馬が出現して欲しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

2017年2月のレースを振り返る②

もう少しお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧