2017年12月12日 (火)

遅れてきた大器アイスグレー

今までも忙しい中で、書いてきましたが、、、やっぱりこの時期は超忙しい。11月末の北海道レポートも書きたい気持ちはあるんだけど、1頭につきやっぱり1時間くらいかかっちゃいそう。そうなると、ちょっと気持ちが引けちゃいます。もう少し仕事の方で見通しがついたら書く感じかな・・・とりあえず、速攻で書かなければいけないことを中心に。

今日はこれ。

今日の結果
12月12日(火)アイスグレー→(園田にて)優勝

2017/12/12(火)
7R
C2一
ダ1400m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:14:10
19回園田4日目 3歳上   10頭
本賞金:35、8.4、4.2、2.8、2.1万円
1 ビースティ 牡6 56 永島太郎
2 ミステリーモリオン 牡3 56 宮下康一
3 アイスグレー 牝3 54 下原理
4 スイフトアタック 牡4 56 川原正一
5 ウインドフェスタ 牡3 55 ☆長谷部駿
6 マイネルクレイモア 牡5 56 杉浦健太
7 マルメロ 牡4 56 松浦政宏
8 ハウトア 牡4 56 田野豊三
9 レッドバルトーク 牡4 56 板野央
10 マヴィア 牝3 54 大山真吾

クラブからのコメント(レース前)
盛本信春師「今週は除外されると思って登録しましたが、除外権利がなくても入りました。予想外でしたが、週末の動きも馬なりながらしっかりと走れていましたし、時計が出過ぎない様に抑えるほどの気合いを出していました。大外枠の馬と人気を分けあって、マッチレースになるのではないでしょうか」

★★★ひぃくんの持ち馬とここで対決となるとはね。。。レッドバルトーク。もし馬券を買えたのならアイスグレーレッドバルトークで買ってたでしょうね。
転厩初戦のアイスグレーマヴィアの一騎打ちムード。僕も『強い馬が一頭居るなぁ~』と、警戒していましたが。。。杞憂に終わりました。
ゲートの心配がありましたが、綺麗に出ましたね。トップジョッキー下原理騎手のお陰です。そして、ハナを切って終始自分のペースで、走っただけですが・・・アイスグレーのペースについてこられる馬もおらず。。。直線では更に突き放し2着に10馬身差をつけてのゴール。圧勝でした。
1712121
1712122

クラブからのコメント(レース後)
盛本信春師「ゲートの出があまり良くないので心配していましたが、上手く出てくれましたね。中段くらいからの競馬になると思っていたので、逃げられるとはびっくりです。今日の馬場は時計が掛かっているみたいなので、タイムはこんなものでしょう」

園田競馬場で10馬身差の勝利と言えば・・・ローレルクラシックの地方転厩初戦と一緒。ローレルクラシックは2戦2勝で園田を卒業。中央再転入後は小倉でレコード勝ち。1000万下特別戦でも2着に入るなど活躍。獲得賞金3,511万円を稼ぎました。
ローレルクラシックの圧勝と比較すると、タイムは・・・アイスグレーの方が遅いんですが、条件もいろいろと違うので単純には比較できません。ローレルクラシックは2戦目も5馬身離して勝ちました。アイスグレーにはそれ以上の差で勝って欲しいな。そうすれば・・・中央でもかなりやれるんじゃないでしょうか?
僕はそこを期待しています。

ということで、今日はここまで・・・

仕事しないと。。。嫌だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

2017年12月2週目のレースを振り返る

今週は。。。追加出資に向けての資金作りを考えていましたが。。。愛馬の賞金も得られず、馬券も微マイナス。。。ローレルクラブキャンペーンには乗れませんでした。ということで今週ののレースを振り返ります。

リアル業務ではボーナスが出ました。昨年より多くいただきましたが・・・ムスコが大学受験中ということで、どれだけかかるか分かりませんしとりあえず貯金です。

今週日曜日の結果
12/9(土)ローレルティーダ→8着
12/10(日)キャプチュード→6着

ローレルティーダは調教の動きが激変。ダートでスタートのモタつきも誤魔化せると思うので、上位進出を期待していました。幾分馬体も締まっていましたし、何となく良さそうな感じもありました。ゲートはやっぱりモッサり。二の脚もなくアッサリ後方へ。この距離だとこの時点で相当な力がないと上位進出は厳しく。。。3コーナーでスパートをかけ少し前進しましたが・・・直線はバテずに伸びましたが、上位までは行かず8着。気がつけば上がり3Fのタイムも38.1秒の3番目。スタミナはありそうですので、序盤にある程度ポジションを取れるようになれば、チャンスもありそうです。長距離戦で期待しましょう。

クラブからのコメント
ローレルティーダ
8着
中竹和也師「スタートして3歩目くらいから、バサバサしてスピードに乗って行けない感じだね。これで芝なら新馬の時のように今日以上に後方になってしまって競馬にならないけど、ダートならそこまでではなかったから、しばらくはダートで使って行きましょう。直線はジワジワ伸びていましたしね」

キャプチュードはかなり期待していました。馬体重462キロ。馬体も成長を感じさせ、いい感じ。
ゲートもうまく出て、鞍上にうながされて前へ。内側に馬を置いた状態だったので距離ロスはちょっとありましたね。でも、前につけられる脚を持っているので、今後も楽しみです。
最後の直線まで3番手から4番手の外を上手く回ってきましたが、更に外を勝ち馬のレンジストライクに捲くられ、あっさり交わされるとバテてネコマヒカにも交わされ6着でゴール。。。掲示板は何とかして欲しかったなぁ~。。。

クラブからのコメント
キャプチュード
6着
柴山雄一騎手「まだ子供だね。道中でコースのハロー掛けの跡に驚いて跳ねていたよ。それでもポジションを取りに行って前で流れに乗れたし良い物は持っている馬だからチャンスは有りそうだね」
和田正一郎師「使いながら力を付けている段階ですからね。調教の動きも良くなっているし気持ちも前向きな面が出て来ました。出来れば権利は欲しかったけど、上がり問題なければ続戦て行きたいと思います」

来週は、キングディグニティがD1200に出走するかどうか。。。個人的には走って欲しいですけど。。。桑名特別にエントリーするかな?って思いましたが、それはありませんでした。2017年最後・・・1勝でも積み上げて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

171203レース振り返り

それでは続きを。先週の日曜日のレースを振り返ります。

先週日曜日の結果
12/3(日)マリアスパン→優勝
12/3(日)キングディグニティ→5着

阪神1R。土曜日に続いて日曜日も愛馬が一番人気。そして1着ゴール。。。いろいろは阪神競馬場レポートで振り返ります。
ここも各メディアベースで振り返ります。
レース分析
ボリウッドが先手をとってマリアスパンが続いた。これら先行勢が直線に入っても叩き合っていた。外からピリカクルが迫っていき、3頭がほぼ並んで入線。真ん中のマリアスパンが1着。

マリアスパン短評
内からボリウッドが行ったので、それを見ながら2番手で進んだ。直線、並んでいって首位争い。外からはピリカクルが追い込んできたが、ゴールでは僅差で先着していた。

マリアスパン短評
軽く仕掛けて前へ。無理な競り合いを避け、2番手を追走する。その後は引っ掛かるところを見せていたが、すぐに折り合いはつき、スムーズにレースを運ぶ。直線ではボリウッドとの叩き合いになり、これを制してV。

マリアスパンひと言
幸騎手
ペースが遅く、引っ掛かっていました。それでも、最後までよく伸びてくれました。

未勝利戦診断
マリアスパン・・・★★★
小差の2番手へつけ、ゴールまで逃げた馬とびっしり叩き合った。レース運びがうまく、持続的に脚が使える印象。長めのダートが合う。

グラブからのコメント
幸騎手「強かったですね。スローペースだったので道中は少し掛かり気味でしたが、よく我慢してくれました。直線に向いても手応えは良く、最後は際どかったですが、よく凌いでくれました。上のクラスでも頑張れそうですし、これから楽しみですね。今日はありがとうございました」
大橋勇樹師「改めてリプレイを見たけど、内の馬は本当にしぶとかった。最後はよく交わしてくれたね。良い根性をしているよ。それにしても、まずはひとつ勝つことができて良かった。これからもっと良くなるんじゃないかな。年明け1週目にダ1800があるけど、無理する必要はないからね。少しリフレッシュさせてから、また来年頑張ってもらおう」
★★★調子はあまり良くなさそうだったけど、ポテンシャルと勝負根性はなかなかのもの。特に、秘めた勝負根性は相当で競り合いになったら絶対に譲らない。前走の2着争いもそうだし、今回の優勝もそう。まだまだ良くなる馬ですし、馬がパンとしてきたらかなり楽しみ。今回の放牧後の復帰戦は競らずに勝ちたいですね。

そして、キングディグニティ。こちらも先ずは
キングディグニティ短評
ゲートは出たが、外枠なので無理することなく中団でレースを進める。4コーナーで2着馬に先を越される感じになったものの、直線で外めへ出すといい脚で追い上げてきた。

キングディグニティ
ひと言
川田騎手
自分の形で運べていますし、ラストまで精いっぱいに走ってくれています。

グラブからのコメント
川田騎手「現状、キ甲が抜けていない体型で成長途上なので、前に行こうという気持ちとのバランスが取れずに、後手後手になってしまいます。加えて、まわりの方が速いから気後れしている感じですね。体型が追い付いてくれば、自分が思うようなポジションで競馬ができるようになってくると思いますよ」
兼武助手「距離はこれくらいでいいと思います。延ばしたらその分止まってしまうとジョッキーが言っていました。今日行きっぷりがイマイチだったのは、前と微妙な距離だったので、砂のキックバックを気にして、行きたい進路を取れなかったのも大きかったようです」
★★★5着だと取り上げられ方も薄いですね。
ゲートもイマイチでしたが、二の脚もイマイチ。
何となく中団よりも後ろからの競馬。コーナーで『勝つのは無理かな・・・後ろ過ぎる』と、思いましたが、、、逆に末脚を効かせて思ったよりも着順を上げたな・・・と、思ったくらい。しかし、馬の能力を考えたらこの結果には不満が残ります。
次走は芝1200とかどうかな。。。少し、試してみたい。皆さんはどうでしょう?

先週は1着×2。5着×2。着外×1。
よく頑張ったと言えば頑張りましたけどね。
こんな結果が続くといいな。

今日はここまで。
明日も頑張って書きます。

1712033


| | コメント (0) | トラックバック (0)

171202レース振り返り

本日もまだ出張中。blogを更新する環境がなかなか揃わず。。。しかし、書きたいことはいっぱい。
北海道レポートに阪神競馬場レポート。

出張から戻ったら整理して書いていこうと思います。

今日はこれ。

先週のレースを振り返ります。

先週土曜日の結果
12/2(土)ダンケシェーン→優勝
12/2(土)ローレルヴィクター→11着
12/2(土)スプレーモゲレイロ→5着

阪神土曜日の朝イチで1.2倍の圧倒的人気のダンケシェーンが人気に応えて勝ちました。
いろいろと短評やコメントを戴いているのでそちらで振り返ります。
レース分析コメント
序盤はメイショウアキツが先頭も、二の脚でダンケシェーンがハナに立っていった。直線に入ってもダンケシェーンの勢いが衰えずに押し切った。2着にメイショウアキツが粘り、追い上げたマコトモンジョワが3着。

ダンケシェーン短評1着
最内枠からスタートはよくなかったが、二の脚は速く先頭を奪っていった。そのまま軽快に逃げ、直線に入っても先頭。余力があり、後続とのリードを保って1着。スピード上位だった。

ダンケシェーンレース短評
芝スタートのためなのか、出はもうひとつだったがすぐにスピードが乗り、ダートコースに入るときにハナへ。向こう正面では外に張り気味だったが、コーナーへ入るとスムーズ。勝負どころで後続をグッと引きつけ、直線でゴーサインが出るとスッと突き放した。

ひと言
横山典弘騎手
落ち着きがあり、使って馬も良くなっていました。まだ適性を探りつつですが、素材はいいですし、今日に関しては順当勝ちじゃないかな。このまま順調に成長していって欲しいですね。

未勝利戦診断
ダンケシェーン・・・★★★★★
スタートの後手をたちまち挽回して単独ハナ。4コーナーで迫る2着馬をあっさり振り切る別格の強さ。調教の動きを含め、ポテンシャルは高い。

グラブからのコメント
横山(典)騎手「正直この馬としては物足りない勝ち方だった。馬なりでも突き放せると思っていたからね。もしかしたら、今週の追い切りで動き過ぎた反動かもしれないけど、まずは2戦目で勝てて良かったよ。まだまだ色々な可能性を秘めた馬だから、無事に成長していって欲しいね」
昆師「装鞍所ではかなりうるさかったようだし、最低限勝つには勝ちましたが、調教師としては恥ずかしい競馬の内容でした。不安視していた右回りの時に外へ張り気味になるところが、スタート後モロに出てしまったからです。この先、左回りの競馬場しか使えないのでは困るので、少し時間をもらってトレセンに在厩させながら改善に取り組みたいと思っています」
・・・と、言うことで、昆先生横山典弘騎手共に当レースについては低評価。暖冬への格別な期待を感じます。次走は1月27日(土)東京競馬場。得意と思われる左回りで確勝を狙います。
『悪くても勝つ』これが強い馬の証。どこまで強くなるのか・・・スーパー複数口馬に夢を乗せて期待したいと思います。

ローレルヴィクターは相変わらずゲートが遅い。後方から堪らずに向こう正面で上がっていきましたが、直線では伸びることなく後退。13頭中11着に終わりました。
いい馬だと思うし、もう少しの成長が必要だと思っています。(この馬も複数口出資馬でした)

グラブからのコメント
三津谷騎手「スッと行き脚のつく馬ではないので後方からの競馬にはなりましたが、向正面でペースが遅くなると今度は行きたがって仕方ない感じでしたので、思い切って外から前を交わしに行きました。でも、いざペース上がるとトモが全然ついてきませんでした」
羽月師「使いながら脚元は固まってきましたが、背腰の疲れは使う毎に溜めているという現状です。休養を挟みながら進め、できるケアはしっかり行なってきたのですが、状態の良かった夏頃と比べると、背腰は正直だいぶ傷んでいますので、なかなか厳しいですね」
羽月師「少なからず無理をさせ格上挑戦した反動で、背中からトモにかけて痛んでしまっています。この先は障害に進ませようと思っていますが、今の状態では練習は到底無理ですので、まずは牧場で痛んだ箇所を良化させ、馬体回復を図ってから開始したいと思います」
。。。現時点では活路を見出だすのに難しく、障害へ向かうとのこと。先生がこの馬の素質を高く評価してくださっていること。ありがたく思います。
スッと前に出せるダッシュ力はあるので、障害への適性もありそうな気がします。
楽しみです。

書きながら思い出すと、ローレルヴィクターのレースよりもスプレーモゲレイロのレースの方が先でしたね。でも、書き始めちゃったので、そのままいっちゃいます。
こちらも先ずは、メディアベースで。

スプレーモゲレイロ短評
勝負どころで先団に取り付くのに脚を使い、最後は伸びきれず。

ひと言
植野騎手
飛越は上手だし、大きな障害の方が合う。ただきょうは少し距離が長かった。もう少し短い距離ならもっとやれる。

グラブからのコメント
植野騎手「よく頑張ってくれましたね。前回は不利があって力を発揮できませんでしたが、今日はスムーズに進められました。大きな障害の方が合うと思っていて、最後の飛越だけ少し危なかったですが、他はスムーズに跳べていました。オープンでも通用すると思っていた馬なので、少し結果を出せて良かったです。あとは距離ですかね。今日も道中は無理せず脚を溜めて、内々を回ってロスなく進められたんですが、最後は少し甘くなってしまいましたからね。今後、なんとか距離を克服できればと思っています」
佐藤正雄師「どこでやったのかは分かりませんが、右前を落鉄していたようです。あれがなければもうちょっと差を詰めることができたと思うのですが…。でも、馬は頑張ってくれました。やっぱり中山の大きな障害は合いますね。次はもっと良くなりそうですよ。次走については悩みましたが、ジョッキーも話していたように距離が長かったようですからね。大障害に向かいたい気持ちはありますが、まだ先のある馬だし無理させない方が良いでしょう。年明けまで待つつもりです」
・・・スタートはイマイチでしたが、飛越センスと気合いで少しずつ進出。勝負どころの最終障害で飛越の際にバランスを崩しスピードが落ちてしまいました。スタミナ不足と落鉄の影響でしょう。次走は1/8中山(月)「中山新春ジャンプステークス」(ダ3200)の予定と言うことで、得意の距離短縮。障害の立ち回りは確実に巧くなっていますので、ここはチャンスだと思っています。
この仔も2018年飛躍の年になって欲しいですね。
来年こそはGⅠ出走を。
と、言うことで、長くなってしまったので日曜日のレースはこれから書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

3日連続の勝利はならず

明日から出張で沖縄です。先週は北海道へ。。。昨日は阪神仁川へ。そして、沖縄・・・日本を北から南から。。。贅沢ですね(笑)
沖縄は出張であり仕事なのですが、研修の指導者側。。。責任は負いますが、自分で再拝出来る分、気は楽です。。。ブログも連載しますので読んでやってください。

3日連続で愛馬が出走していました。。。金曜日には気にしていましたが、土日はJRAのことと、出張前に仕事を片付けなければいけない必要がありまして、土曜日はびっちり仕事。日曜日は阪神競馬場から帰ってから夜中まで仕事。。。月曜日のレースのことを今日の11:00頃まで忘れていました。

ジークグランツが笠松で出走していました。
8R
サラ系C22組
ダ1400m / 天気:曇 / 馬場:良 / 発走:15:00
15回笠松1日目 一般   10頭
本賞金:18、4.2、1.8、1.3、0.9万円
1着アンヴェルス
2着ムーンシュトラール
3着ジークグランツ
1712031
同じ馬主である(株)ヒダカ・ブリ―・・・すなわち、ユニオンの再ファンド、JRA復帰目標組に負けました。アンヴェルスは速いですね。。。中央に戻っても頑張って欲しいですね。
ジークグランツもまずまずいい走りをしたのですがね。。。勝ち上がるには、そしてJRAに戻るにはもう少し力が必要ですね。
まだまだ非力な感じ。馬体がしっかりする前に中央へ戻りたいところ。。。年内にもう1走すると思います。。。もう1勝しないと。。。頑張れ~~ジークグランツ

明日は4:30に家を出て、お昼前には沖縄。。。せっかくアクセス数が増えているのに、こうやって短い文章乗っけると、アクセス数も激減します。でも、早く寝ないと、、、明日は、移動時間を含め積極的に更新しますので、ちょくちょく覗きに来てください。

今日はここまで~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

171125今週のレースの結果

明日はJ1昇格プレーオフ一回戦。僕の応援しているジェフ千葉が登場。我が家からほど近い名古屋パロマ瑞穂競技場で行われます。『これは応援に行かなくては』と思っていましたが、カミさんから『病み上がりだし北海道もあるんだからやめなさい』と、一刀両断。北海道旅行も間近になりましたので、カミさんの言う通りにしました。。。自宅から千葉の応援をします。

今週の結果
11/25(土)キャプチュード→6着

18番大外枠はゲートインのときに『最後のゲートインはキャプチュード』と、名前を確実に言ってくれますし、ちょっと嬉しい。
そして、スピードにやや難のあるキャプチュードにとっては包まれないでレースを進められる外枠は良かったように思います。
馬体重は4キロ減の460キロ。それでもまだ緩く見せる馬体。まだ良くなりそうですし、締まってきそうです。歩様もキビキビしていましたし前向きな気性は好感が持てました。
レースはゲートは五分でしたが、そこから押して好位へ。。。二の脚は速かったですね。一気に4番手へ。結構脚を使ったように思えましたので、途中でバテないか心配しましたが。。。馬場の外側を先団についてき、3番手の外でコーナーを回り直線へ。直線で粘ろうとするコスモグラトナスマイネルセッカに続いて脚色の良いキャプチュード。『これは3着以内もあるかも・・・』と言ったところで、ダークナイトムーンにあっさり交わされるもマイネルセッカを交わし、まだ期待を持てる状態。
外からギャラッドにつけられると、それを嫌がり内側に。。。怖がりなところがあって、並ばれると逃げちゃうところがあり、勝負所で馬場の悪い内側に進路を取ったことで、更に伸びを失い、後ろから来たジェイケイバスターにも交わされ6着。。。頑張って5着をキープしてくれれば。。。と、思いましたが、439.0倍の18番人気でこのレースは素晴らしかったと思います。

クラブからのコメント
キャプチュード
6着
菊沢一樹騎手「良い馬です。スタート出ましたが、競馬を教える事も考えてポジションを取りに行きました。内に馬がいると外に逃げ気味だし、逆に外に馬がいると内に行こうとするように少しビビりな面が有りますが、これは競馬を使いながら慣れて来ると思います。今日の内容なら近い内に勝ち負けになる馬だと思うので機会が有れば、また乗せて下さい」
和田正一郎師「芝での走りも悪くなかったので使える選択肢が増えて良かったと思います。まだ体に緩さを残していますから使いながら変わって来ますよ。権利が取れなかったのは残念でしたが在廐のまま年内1戦を目指したいと思います」

芝でこれだけ走れれば上出来。レースの選択肢が増えました。もう少し距離が延びても良さそうな感じもしました。
ダートもダメじゃないですので、登録の少ないレースを選択してやり繰りできそうです。年内のもう1走。。。次走もそれほど人気にならないと思いますが、一発ありそうな・・・そう思わせます。

『この馬に出資してよかった』とか『勝ち上がりが期待できる』と言ったコメントが聞こえてきます。

僕も同じことを思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

いっぱい報道されますね

競馬で上位に入ると、、、いろいろなところで報道されますよね。。。

先々週、先週と2週連続で新馬戦で2着。。。新聞等に掲載されたコメントや短評を羅列してみました。

マリアスパン新馬戦2着
短評・・・内枠を生かし、好位のインを確保。3コーナー過ぎにバテた馬はいたが、これをうまくかわしてスタミナを温存しながら進める。直線半ばで先行勢の外めへ出し、ゴール前でケールダンセールを捕らえて2番手へ浮上する。牝馬でも馬格に恵まれ、これからさらに上積みが見込めそう。

短評・・・内枠から先団を見ながら進んだ。直線、外へ出されつつ上がっていった。先頭に立ったテーオーエナジーにはやや離されたが、ゴール寸前でケールダンセールを交わして2着。

ひと言・・・
幸英明騎手
上手に競馬をしてくれましたし、砂をかぶっても大丈夫でした。使ってさらに良くなりそうです。

幸英明騎手
「上手に競馬をしてくれました。砂を被っても大丈夫でした。1回使って次はもっと良くなりそうです」

【次回注目馬】低評価を覆して2着に好走したマリアスパン ダートの短距離なら初勝利近い
マリアスパン(11月11日、京都6R・2歳新馬・ダート1800メートル=2着)
 9番人気と評価は低かったが、マリアスパンは好位で砂をかぶっても問題はなく、直線でしぶとく伸びてゴール前でケールダンセール(3着)をつかまえた。騎乗した幸英明騎手は「上手に競馬ができました。使って良くなりそうです」と評価。大橋勇樹調教師は「新馬からはどうかな」とレース前は慎重だったが、次走へ期待を持てる内容だったといえる。
 父ハードスパンの産駒は今年、芝で1勝に対し、ダートで6勝。この6勝は全て1400メートル以下だが、母プリンセスキナウはダートの中距離で4勝。同馬はこのぐらいの条件で安定して力を発揮しそう。順調に調整が進めば、2戦目での初勝利を期待できる。

クラブからのコメント
「調教の感じがすごく良かったのに、やけに人気がないなぁと不思議に思っていたんですよ。やっぱり、このくらいは走れますね。今日は窮屈な位置での競馬となりましたが、流れが遅くて若干むきになるところがあったくらいで折り合いもつきました。それに、砂を被っても大丈夫。3、4コーナーでの反応も良かったですし、最後までしっかり伸びてくれました。レースセンスがありますね。ダートの1800mも合っている感じがします。この先も楽しみですね」(幸英明騎手

大橋勇樹師
「頑張ったなぁ。馬群に入れても平気だったし、砂を被っても大丈夫。最後もよく伸びてきた。上手に競馬していたね。初戦としては上等。これだけ走れれば充分だね。1度使って、次はもっと良くなるだろう。それに、幸騎手も良い手応えを掴んでいたようだからね。ちょうど中2週で牝馬限定戦があるし、そこに向かおう。ああいうレースができればこの先も楽しみ」

ダンケシェーン新馬戦2着
【今日のキラ星】ダンケシェーン
 【東京4R】母の半姉の子に高松宮記念&スプリンターズSの勝ち馬ローレルゲレイロがいる。父ヘニーヒューズは今年の2歳戦のダ1400メートル戦で全種牡馬トップの5勝と好成績。「今週の併せ馬は遅れたけど、水準の動きは見せている。いいスピードを持っているよ」と昆調教師は期待を込めて送り出す。

短評・・・好スタートからすんなりハナに立つと、絡まれずにマイペースの逃げに持ち込む。直線では満を持して後続を突き放しにかかる、完全に勝ちパターンの競馬。今回は相手を褒めるしかない。次走は確勝級。

短評・・・最内枠から先手をとってスムーズに逃げていた。そのまま直線に入り、粘っていたが、ただ1頭、イダペガサスが迫ってきた。叩き合いの末、競り負けて2着。ただ、後続には差をつけた。

ひと言・・・
昆貢調教師
いい走りをしてくれたけど、負けは負け。仕方ないですね。能力的には500万下でも通用するものがあると思うし、次は確勝級でしょう。

2着ダンケシェーン(昆貢調教師)
「良い走りをしてくれました。負けは負けですが、仕方ありません。もう500万レベルにあると思いますし、次は確勝だと思います」

クラブからのコメント
横山典弘騎手「いやー、相手が悪かったね。スタートで跳ねて出る感じになったが、楽に行けたよ。後ろからの気配はわかっていたんだけど、こっちも手応えはあったからね。今日は運がなかっただけだよ」

昆貢師「勝ちパターンの競馬だが、新馬だけに相手が良くわからないから、バケモノみたいな馬がいたら嫌だなとは思っていた。さほどゲート練習はしていないのにスタートが良かったし、センスはあるね。上がり3F36秒だなんて2歳の新馬ではなかなか出せない時計。3着以下は離しているし、次だね」

2頭とも次走は勝てると思っています。楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

171118レース結果

何で気持ちが大きくなったのか分かりませんけど、愛馬馬券を買い過ぎました。それによって大負け。。。ダンケシェーンの馬券は一部当たりましたけど、人気サイドですし、トリガミもいいとこ。センスの無さを反省しています。

先週のレースを振り返ります。

今週の結果
11/18(土)ハイチーズ→9着
11/18(土)ダンケシェーン→2着
11/18(土)ピアレスピンク→10着

ハイチーズは希望していた良馬場だったので前進を期待していましたが、、、前半のレース運びは問題ありませんでしたが、直線に入って全く伸びず。。。後がついてこないと言うことで、しっかり身体ができるまで苦戦が続きそうですね。
芝での走りも悪くありませんでしたので、使うなら芝を使って様子を見る感じでしょうかね?芝でも、切れる脚が無いので、勝つのには展開の利が必要となります。
しかし、レース前の入れ込みが激しかった。気性の成長も必要でしょうか。。。

1番人気の期待を背負って登場したダンケシェーン
パドックの様子を見てもいい馬ですし、華があります。昆貢先生がおっしゃっていたような『緩さがまだある』ってところも、よく分かります。更に良くなるのはこの先です。楽しみですね。
レースは、ちょっと飛び上がるような仕草でしたが、周りの馬も遅く、あっさりと先頭へ。各馬牽制し合いながらのスローペース。ダンケシェーンはハナに立ちましたが、すぐ後ろにはイダペガサスの影が。。。しっかりとマークされていましたね。
直線残り100mまで先頭も最後の最後で差されてクビ差の2着。ラスト2Fが11.7-11.3で3Fも36.0秒。2歳馬がダートで出せる時計ではありません。それを更に越えてきたイダペガサスは凄く強い。。。3着の評判馬キタサンデイジーに9馬身差。そして4着馬は更に7馬身差と言うことで、ダンケシェーンの強さも確認できましたが、メンバーレベルが低かったことも事実だと思います。
ダンケシェーンが重賞を勝てる器であることの評価は変わりません。今後も期待します。年内に出走あるかな?2歳勝ち上がりを期待しています。

ピアレスピンクパドックでも少し覇気がなかったように感じました。連戦や遠征の疲れがあるのでしょうか?
それでも、馬体重も維持できていましたし、最近の充実ぶりから期待をしていましたが。。。
ゲートはしっかり出たもののその直後に寄せられて後退。馬場の内側で我慢できていましたが最後の直線でも寄られる不利を受けて、競馬にならず。。。10着のフィニッシュでした。
力があるところは認めますが、なかなか難しいですね。そして、条件が揃わないと好走できないし、条件が揃うことも難しい・・・勝つのには苦労する馬です。
マオジャパンの大城さんからも今シーズンでの引退が濃厚だと聞いておりましたので、今回のレースで引退の可能性も少なからずあるのかも。。。と思いながらも、山内研二先生はもう少しヤル気があるようなコメントなので、春まで引っ張ってくれるのかな?勝てる能力は秘めているだけに、何とかさせたい気持ちもあります。

今週もダンケシェーンの2着はまずまずと言えたとは思いますが、ローレルクラブは厳しいですね。現在年間5勝。。。10勝に到達しなかったのは2010年の6勝以来7年ぶりの危機。2010年当時は特別勝利もありましたし、2着3着も多かったので賞金的には倍近く稼いでいます。収得賞金1億円以下(現在8,135.8万円)は18年ぶり。。。事実上過去最低の結果と言っていいと思います。
何とかしないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

171113今週のレースを振り返る

今日は我がチームの試合がありました。相変わらず弱いのですが、、、かなりの成長の跡を見せておりまして、今日も強豪相手に善戦。。。もう少し頑張らないといけませんけど、少し期待しています。2歳の愛馬を見る感じですかね(笑)

今週のレースを振り返ります。

今週の結果
11/11(土)マリアスパン→2着
11/11(土)グランパルファン→13着
11/12(日)キングディグニティ→5着

土曜日はイレギュラーで平常業務。仕事が終わった後の夕方にレースを確認しました。

マリアスパンのデビュー戦。。。パドックの様子は良かったですね。パドックの様子を先に見ていたら馬券を更に買っていたと思います。
結構絞った感じでしたが、ガレている感じもなかったです。これで筋肉が更についたら面白い馬だと思いました。
レースはもさッとしたゲートの出でしたが、二の脚もまずまず。4~5番手の内側にポジションを取りました。砂を被っても怯まず我慢できたことは立派。コーナーでは狭い内側も開かず、外側もワンテンポ遅れて開きましたので、マリアスパンとしてはイメージ通りの追い出しではありませんでしたが、頑張って伸びました。テーオーエナジーは強ったですけど、ケールダンセールとの2着争いを心折れることなく戦い続けて競り勝ちました。この勝負根性も凄い。
密かに1着を狙っていたので大喜びではありませんが、潜在能力の高さは想像以上かも。。。と期待も持てました。
次走が非常に楽しみです。

福島で走ったグランパルファンは、ダート短距離でも先行できたハナのスピードを確認できたことは良かったですが、競られながら息を入れられない展開だと最後がだらしなくなりますね。13着はちょっと負け過ぎ。左回りと一回使った効果で中京で走ることができるであろう次走は期待していますが、そこでも苦しいと。。。あとがない感じになりそうです。つきっきりで面倒を見てくれている水口優也騎手の手腕に期待しましょう。

日曜日はキングディグニティ
最終追い切りの様子を見て、かなりの自信がありました。。。
464キロの馬体重は正直残念に思っていました。もう少し増えていて欲しかったです。それでもパドックの様子は良かったですし、、、勝てる雰囲気だったと思います。
レースはスタートが悪く中団から。力のある馬が先団に集まっていたので、レース途中から『勝つのは苦しいだろう。。。』と思っていました。あとはどれだけ挽回できるか・・・
短い直線でも結構頑張って伸びてきましたが、前もなかなか垂れてくることなく、最終的には脚色が同じになり5着でゴール。水口優也騎手の言う通りスタートの反応は良くなかったですけど、道中は何とかできなかっただろうか。。。そう思っちゃいました。優先権を獲れたことは非常に意味のあることで、次走は中京か阪神のダ1200メートルだと思いますけど、期待が持てますね。年内にもう一つ勝ってもらいたい仔ですので、池江泰寿先生にもしっかりレースを選んでもらって勝ちに行ってもらいたいと思います。

ということで、今週もちょこっとずつ賞金を稼ぎました。

週末は。。。ダンケシェーンの出走があるかもしれません。除外にならないように願っています。
グローバルリーチは秋明菊賞への登録を見送りましたね。と、いうことで万両賞へ向かうことになると思いますが、朝日杯フューチュリティSに向けて一発勝負です。頑張ってもらいましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

11月1週目4頭の結果

ムスコの受験によりユニオン懇親会はキャンセルに。。。『行く』といっておきながら予定を変更してしまい申し訳ございません。来年は行けるといいなぁ~

11月1週目のレースを振り返ります。

11/3~11/5の結果
11/3(金)スプレーモゲレイロ→9着
11/3(金)ピアレスピンク→4着
11/4(土)キャプチュード→9着
11/5(日)ローレルティーダ→10着

最近は何度も登場しますがムスコの準決勝、決勝があり馬券も買わず競馬は二の次の週でした。

スプレーモゲレイロは馬体の成長&能力アップを感じさせるレースでした。しかし、気合が入り過ぎて掛かって行ったり4コーナーで故障した馬をさばくのに苦労したりとうまくいかないレースでしたからね。それでも、このクラスに目途の立つレースでした。消耗も少なく次走は12/2中山(土)「イルミネーションジャンプステークス」(芝3570)ということで、植野貴也騎手とのコンビでどこまでも頑張って欲しいです。

ピアレスピンクは内枠が少し心配でした。そこでまさかの出遅れ。。。うるさかったモズワッショイの影響で出遅れたようで、そして勝ったのもモズワッショイ
それでも、ピアレスピンク自身の成長を見せるレースで直線追い込んで4着に。。。出遅れが無ければ。。。と思わせるレースですが、なかなか掴みどころのないところは相変わらず。権利を生かして戦うようなので、4節以内に出走。。。本当によく頑張ってくれています。

デビュー戦を福島で迎えたキャプチュード
馬体からスピード不足を懸念していました。。。スタートはもさっとしたスタート。『やっぱり』と、不安を感じましたが、馬群の中で闘志を見せて前についていこうと頑張っていましたし、最後までしっかりと走れました。僕の中では9着でも合格です。次走は良くなりそうですし、成長も見込めそうです。時間はかかるかもしれませんが勝ち上がりを期待できる気がしました。

ローレルティーダもデビュー戦。
こちらはまだまだ良化途上。成長待ちの部分が多く、レースに参加できるかどうか心配でした。殿負けタイムオーバーの心配すら感じておりましたが。。。道中は離れた最後方。そこでもしっかり追ってくれた森裕太朗騎手のお陰もあり、レッドラギドを含め3頭を交わし13頭中10着に。この結果に満足ではありませんが。。。よく頑張った方かと思います。
まだまだ本格化するのは先の馬ですので、今はガッカリすることもないかと思っています。しかし、僕が想像している成長を今後約束されているワケでもありません。希望を持って成長を待ちたいと思います。

ということで、ピアレスピンクが嬉しい入着。その他は8着に届かず。。。

もう少し頑張りが欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧